ブログランキング

  • 皆さんのお力を頂ければ幸いです。下のバナーをクリックすると、ポイントが入ると同時に、現在のランキング状況の確認も出来ます。皆さんの温かいワンクリックを宜しくお願いします。↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 新宿みやざき館 | トップページ | ザ・シークレット »

2009年10月18日 (日)

檻の中の人生

今日は多摩動物公園まで足を運びました♪

Dsc01135

本当は、たくさんの写真を撮影しブログに掲載予定だったのですが、画像サイズを間違ったまま撮影し続けてしまい、上のブログ用サイズのみしか掲載出来ないのが非常に残念です(苦笑)。コアラ、ライオン、チーターなどが印象深く残りました。トラが寝ていてほとんど見れなかったのが残念でしたね。

その動物園を散歩している時です・・・フッと嫁さんが「檻に入れられているけど毎日食料に困らず天敵からも安心して生活できる動物園の動物たちと、食料が不安定で天敵から襲われる可能性もある野生の動物たちのどちらが幸せなんだろう?」と面白い意見が出ました・・・これに関しては人間の人生も同じことが言えて、人それぞれ考え方・見解で分かれるところかも知れませんが、私自身の人生観では「野生動物派」です。

最近、知的生産などの勉強をし始めて少しづつではありますが「自分なりの人生の意味」というのが見え始めてきました。

私は学生の頃から「生きる意味」とか「人生ってなに?」と日頃から悩んでおり、社会に入る自分を想像しながら毎日不安を抱えていました。今になって私なりに考えると、それが結果的に親や社会に対しての反抗期にも繋がっていたと思いますし、あの頃から私にとって学校で学ぶ教育自体に疑問を持っていたし、私が勉強したかったことはもっと違った形のものでした・・・なので、あの頃は朝早く起きて神社を3箇所参りながら神社前にある掲示板に非常にありがたい人生の教訓となる言葉が並んでいるのを見ながら、また悩む・・・そんな日々もありました(苦笑)。同年代の人と話すより近所の散髪屋の父親に近い年齢の方と話す方が安心できたし、戦争を経験したお爺さんに気に入られたいあまり囲碁を一緒に打ったほどです(苦笑)。

人生をどのように生きるか?についても解釈は人それぞれかと思います。私にとって人生は「安定した生活を送りたい」でなく「常にワクワクドキドキの感動をしたり情熱的に送りたい」ということです。洋画「マトリックス」は単なるアクション映画でなく哲学作品としても評価が高いですが、まさにそのマトリックスの内容と同じで、人は「なんとなくバランスを取りながら生きている」という価値の中で生きている人もいれば、「目的と真実をきっちり見極めながら自分自身で人生をコントロールしながら生きている」という人と分かれているのも事実です。マトリックスの中で「今の自分に自信が無いのは過去の自分をシッカリ生きていなかったから」「将来を不安に思う必要はない。なぜなら今の自分が存在するのは過去の己の判断と足が自身を導いてきたからだ」という素敵な台詞がありますが、正にその通りだと思います。

私はどんなに安定していたとしても檻の中の人生は嫌ですね・・・。

長生きするための人生・・・だけであれば生きていて辛いです。電車の広告で「貴方が生まれなければ、生まれなかったモノがある」という素敵なキャッチコピーを見かけましたが、自分が自分らしく生きていくためにも、自分なりの存在に意味付けるためにも・・・そうでなきゃ楽しめない♪

« 新宿みやざき館 | トップページ | ザ・シークレット »

■関東地方」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1273283/32872100

この記事へのトラックバック一覧です: 檻の中の人生:

« 新宿みやざき館 | トップページ | ザ・シークレット »