ブログランキング

  • 皆さんのお力を頂ければ幸いです。下のバナーをクリックすると、ポイントが入ると同時に、現在のランキング状況の確認も出来ます。皆さんの温かいワンクリックを宜しくお願いします。↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 一年を振り返り | トップページ | 競馬、F1におけるドラマ。 »

2009年12月24日 (木)

呼吸・姿勢・生命としてのリズムを大切にする。

今日はクリスマス・イヴなんですよね。私個人がクリスマスより正月の方に意識が向いているせいか、クリスマスの話題を考えようと思ったのですが、浮かんできません(笑)。いつの頃からかあまりクリスマスを意識しない思考になってしまっていました(笑)。

今日は仕事上の関係で以前にもご紹介しました守矢院長と面談させて頂きました。
名目上では「年末挨拶」ですが、院長先生とはそんな間柄以上の人間関係を築きあげられていると思っています。そして今後もそれを維持させて頂ければ幸いに思います。

院長との話の中で、先日倒れてしまったことを話すと笑いながら「だから言わんこっちゃない(笑)。何事もほどほどに頑張るもんだよ♪」と言われました。私個人としては自分の好きなことをしているだけで、頑張っている意識がありません。その事を話すと、何事にも気分転換というのは大切で「何かを考える」と同時に「何も考えずに体を動かす」機会を作る必要があるのだそうです。

私が行っていることの一つにウォーキングがありますが、実はこのウォーキングも考え事をしながら歩くことが多いため、守矢院長から言わせるとスキーなどの「他のことを考える暇すら与えない運動に熱中して、楽しむ」ような運動の方が良いとの事です。確かにスキーしながら他のこと考えていると転んで骨折・・・なんてなりかねないですからね(笑)。

自分で意識できる程度の、体力の消耗を感じたり病気する分はまだ大したほどのレベルでなくとも、自分自身で意識できない状態で体力的に悲鳴をあげていることもあるらしく、余程そちらの方が実際は怖いのだそうです(苦笑)。私自身は病気や身体の不調を自分自身でも認めないことの方が多いため、やっぱり先日の状態はあまりよくなかったのかも知れませんね(笑)。

昨日も読み終えた本の中で『私たちはとにかく思考の重要性ばかりを考えがちだが、生命体としてのリズムを忘れては、思考は成り立たない。私たちは人間で、頭だけでなく心と身体のバランスで生きている』という内容がありました。

自分自身を病気がちであるとか、身体が弱いとか決めつけている人も多い世の中ですが、「自分自身の身体を改めて知る」のも色んな意味で非常に重要なんだなぁと思いました。

« 一年を振り返り | トップページ | 競馬、F1におけるドラマ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1273283/32725894

この記事へのトラックバック一覧です: 呼吸・姿勢・生命としてのリズムを大切にする。:

« 一年を振り返り | トップページ | 競馬、F1におけるドラマ。 »