ブログランキング

  • 皆さんのお力を頂ければ幸いです。下のバナーをクリックすると、ポイントが入ると同時に、現在のランキング状況の確認も出来ます。皆さんの温かいワンクリックを宜しくお願いします。↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 昨年読んだビジネス本たち | トップページ | 情報・知識の入手手段 »

2010年1月 6日 (水)

MRI、ホルター心電図検査

今日は先ず個人的な内容が主になってしまいますが、河北総合病院へ行ってきました。以前、倒れてしまった原因の再検査のためMRI・MRA・ホルター心電図の検査です。仕事の関係上、MRIの話はよく聞いていたのですが実際に体験するのは初めてでした。

MRIに関してはご存じの方も多いかと思います。私も色々と噂では聞いていたものの思った以上に狭いスペースの機材空間での検査(閉所恐怖症の方は無理かも)、時間も20分前後かかったと思います。大きな音がするとの事でしたが、ヘッドフォンをつけていたので個人的にはそれほどまでに気になりませんでした。音の種類が色々と変化し「ウォーン、ウォーン」「ガガガガッ」「グイーン、グイーン」などなど不思議な音がしていました。磁気を使った検査という事もあり、体内や身体に金属類があるといけないとの事でした。私は指輪が抜けない(結婚した時より指が太くなって食い込んでしまっている)状態だったのですが、とりあえず問題ありませんでした。又、やはり強力な磁気を使っているせいか時々ですが、体のあちこちで細胞が微反応を示して(小さな痙攣や違和感)嫌がっていたように思えました。

ホルター心電図は24時間身体に心電図(モバイル型の機材)を装着して、一日の心電図記録を診断するものです。通常の心電図が短時間の記録しかできないこと比べ、24時間装着することでより詳細な結果を得られるというものですね。しかしながら、24時間装着するという事は風呂などの行動範囲も若干ではありますが制限されるため気持ちのよいものではありません(笑)。
しかも「行動記録メモ」が渡され、食事や排尿や起床・就寝から運動などの行動チェックをシートに記載しなければなりません。

Dsc04018

検査結果は今週の土曜の9日に出ます。

« 昨年読んだビジネス本たち | トップページ | 情報・知識の入手手段 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1273283/32884371

この記事へのトラックバック一覧です: MRI、ホルター心電図検査:

« 昨年読んだビジネス本たち | トップページ | 情報・知識の入手手段 »