ブログランキング

  • 皆さんのお力を頂ければ幸いです。下のバナーをクリックすると、ポイントが入ると同時に、現在のランキング状況の確認も出来ます。皆さんの温かいワンクリックを宜しくお願いします。↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 脳ハウ(know How)。 | トップページ | 心は歳をとらない。 »

2010年1月26日 (火)

キング・コーンの恩恵。

突然ですが、皆さんは映画「キング・コーン」という作品を知っていますか?

食通の方やドキュメント映画に興味がある方は既にご存知の方も多いかと思います。イアンとカートの大学生二人が食べ物について調べ、DNAの検査をしたところ身体の大半がコーンに由来する食物からできている結果が出たことから始まる作品です。

Dsc04693

ここで出てくるアメリカで生産されているコーンは、所謂 我々が普段から美味しく食べているスイートコーンではなく、デントコーンと呼ばれる種の品種。実はこのデント種は世界で最も作付けされており、食用ではありません。スイートコーンは世界中で生産されているトウモロコシの数%に過ぎず、実は日本人も知らない内に大量のコーンを食べていることになります。

では、このデントコーンがどのように生産され、どのような過程を経て世の中に出回っているのか?という内容で物語は進行していきます。アイオワの壮大なコーン畑の中、お気楽な二人のキャラクターやBGMとは逆行して、食文化の恐ろしい真実を浮き彫りにしていくストーリーは見ものです。

Dsc04694

ここでは、コーンの約32%が輸出や燃料として、約4.5%がコーンシロップなどの甘味料として、残りの約半分以上が飼料となっており、その飼料となる60%以上がコーンなのです。昔の牛は牧草や干草などを食べ、飼育に何年も費やしていまいた。今の飼育場で育つ牛は、動かないから太る、更に安い飼料の成分がほぼコーンと抗生物質を混ぜたものなのだそうです。その結果、食肉市場で出される牛の値段は下がる。しかし、コーンばかり食べさせられる牛が胃潰瘍などの病気にもなっているという事実も浮かびあがってきます。

Dsc04695

「ハンバーガーは肉に見えるが、ほとんどは脂肪である」という一言も。65%のカロリーが脂肪からできており、これもコーンで育った牛肉だから値は安くなる。基本的にコーンに栄養素はなく、甘味料や炭酸飲料もこのコーンにより製造されているため、牛だけに留まらず、人間も肥満や糖尿病という形で病気になっています。
「炭酸飲料を1日1杯飲んだだけで、飲まない人と糖尿病になる確率は倍になる。」

イアンとカートがその現実に落ち込み、農家の方に助言を求めるも「気にするな!農業はおかしなもんだ。質は関係ない。カスを育ててる。見たこともないカスを育ててる!」と発言する姿がなんとも生々しい(笑)。しかも、農家の方がコーンを口にすることはありません。コーンのことをよく知っているからです(苦笑)。ではなぜ、農家はプライドを捨てて仕方なくコーンを育てるのか?それはアメリカ政府からの助成金により、安定した収入を得られるからです。政府はその助成金を出して、ファーストフード店を促進させています。バーガーの肉、炭酸水、フライドポテトのコーン油・・・どれもコーンだらけです(笑)。

Dsc04696

昔では高かった食料品も、今は安く簡単に手に入れられるようになりました。今現在の食料品の安さはコーンによるものである。と言っても過言でないほど、我々は知らない内にコーンの恩恵を受けているようです。しかし、これも低価格を求める消費者が行き着いた先の産業の在り方なのかも知れません。これを良しとするのか、改善の必要があるとするのか、皆さんはいかが思われるでしょうか?

Dsc04697

個人的には食の恐ろしさも気になりましたが、イアンとカートの二人がコーンシロップを自分たちで調べて手作りするシーンも見ものでした♪素人二人が「なんて難しいんだ!」と言いながらもチャレンジする姿はご立派♪しかも、この二人はこの映画を制作するにあたり、本当に小さな土地を購入して、一年間コーンを育てます・・・まぁ、コーンを作る過程においては差ほど難しい様子はありませんでしたが(笑)。いずれにせよ、見どころ満載の作品でした♪以前、ブログで紹介しました「ダーウィンの悪夢」同様、観るだけで人生観が多少なりとも変わること間違いありません(笑)。

Dsc04698

私たちは知らないことが多過ぎる中で、無知なまま日々を無意識に過ごしているのだなぁ・・・と改めて感じさせられました。今日 読んでいた本の内容でも「問題意識を持って物事に接しているかどうかが大事」という台詞がありました。
①目の前の事象(事件・現象・情報・光景)に対して、何が自分にとって重要かという意識を持つ。
②その事象について理解できていることと、充分に理解できてないことが何かを区別する。
③理解できていない事柄を解明し、自分で努力して正しい見解に達するようにする。

Dsc04699

ものごとをどう捉えて、どう考えるのか?皆さんは日頃から分からないことに対して、自分で解決する術を身につけていますか?「気にするな!知らなくても関係ない。知らなくても生きていける。」なんて発言していると、誰からも助勢してもらえなくなっちゃいますよ♪

« 脳ハウ(know How)。 | トップページ | 心は歳をとらない。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

映画から深い洞察をしていらっしゃいますね。
本日の記事とても興味深く拝見いたしました。
頭の中に何だか揺さぶりをかけられたようです。
知らないことは本当にたくさんあります。
知らないと思った時点で知ろうと努めていましたが、
その本質まで考えていなかったということを発見いたしました。ありがとうございます。

最後のお言葉の
「問題意識を持って・・・」からの三項目がとてもわかりやすく脳にインプットされました。
今読んでいる本に
「主体的に生きる」という言葉が出てくるんですが、
それとリンクしていて心から納得いたしました。
素敵な記事をありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1273283/33134518

この記事へのトラックバック一覧です: キング・コーンの恩恵。:

« 脳ハウ(know How)。 | トップページ | 心は歳をとらない。 »