ブログランキング

  • 皆さんのお力を頂ければ幸いです。下のバナーをクリックすると、ポイントが入ると同時に、現在のランキング状況の確認も出来ます。皆さんの温かいワンクリックを宜しくお願いします。↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 表現者。 | トップページ | 流れにのる。 »

2010年2月14日 (日)

聖火台の魂。

今日はバンクーバー冬季五輪フリースタイルスキー女子モーグルの決勝が行われました。
上村愛子選手が4位、里谷多英選手が途中 転倒、アメリカのハナ・カーニー選手が見事1位という結果に終わりました。

私が一番印象に残ったのは、予選の成績を4位で折り返し、決勝で転倒してしまったカナダのクリスティ・リチャーズ選手でした。
非常に高レベルな戦いの中、積極的に見事な責めの姿勢で挑みましたが、その勢いのあまり 転倒してしまいました。転倒していなければ、メダルに絡む成績を収めていたと思います。しかしながら、転倒後も最後まで観客を沸かせる競技を見せてくれました。とても素敵でした♪

このような舞台では、どれほど訓練された方でも緊張してしまったり、運に左右されることも少なくありません。
結果がどのような形であったとしても、この舞台に集まった選手たちは本当に見事な競技を見せてくれました。とてもパワーを頂いた気がします♪

とある著書に、次のような記載がありました。

情熱的な生き様は人々の記憶に残るだろう。
能力を活性化するにも、偉業を達成するにも、情熱が原動力となるのだ。
リスクをものともせずに、常に上を目指し、
何がなんでも目標を実現させるのに必要なものは何か。
それは「情熱」である。

バンクーバーで燃え上がった聖火台の火が、
選手達の魂に燃え移り、
そして、私達の心にも燃え移りつつあると思いませんか?

4年に一度のオリンピック。
人生は一度の壮大なドラマ。

燃え尽きるまで、一日一日 毎日がドラマ。

« 表現者。 | トップページ | 流れにのる。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1273283/33376783

この記事へのトラックバック一覧です: 聖火台の魂。:

« 表現者。 | トップページ | 流れにのる。 »