ブログランキング

  • 皆さんのお力を頂ければ幸いです。下のバナーをクリックすると、ポイントが入ると同時に、現在のランキング状況の確認も出来ます。皆さんの温かいワンクリックを宜しくお願いします。↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月の記事

2010年3月31日 (水)

無縁社会。

私はここ最近、テレビを好んで視聴していません(笑)。テレビは思考を停止させてしまいがちだからです♪
しかしながら、ラジオは好きでよく聞く機会があります♪
今日は年度末という事もあり、ラジオ局などで最終回を迎える番組が多く聴かれました。

さて、1月末に放映されたNHKスペシャル「無縁社会」の中で(私は視聴しておりませんが)、年間に3万2000人もの方が無縁死しているという事実が社会で話題になっているようです。
かつての日本社会には、血縁・地縁・社縁といった個人間の相互扶助システムが機能していたが、いまはそれらの縁を失い孤立し、一人で死んでいく無縁死が急増しているというわけです。

私個人は、地球上の自然・生物において考えると、むしろ“惜しまれながら死ぬ”“見守れながら死ぬ”というのは人間特有の性質であるような気がしています。
最近見たテレビの中で、高齢の猿が死を迎えるにあたり、己から群れを離れ、寂しそうにゆっくり死んでいく姿を見て、とてつもなく寂しい気持ちにさせられました。しかし、そもそもの自然界の中ではそれが普通なのかも知れません。

そうした中、今日のラジオで 同じ番組制作者やファンの方々から“惜しまれながら”番組を終え、涙しているラジオパーソナリティーの姿に、とても共感させられ、幸せな気持ちを分けて頂きました♪

私たちは日頃 何気なく生きていますが“惜しまれながら死を迎えること”を念頭におきながら(意識しながら)毎日を暮らす、これから先の人生の歩み方が変わり、“より素敵な最後”を迎えられるのかも知れません。

一方で、香山リカさんは次のように述べています。「自分らしく生きることが第一。孤独死に怯える必要はない。親類縁者に囲まれて賑々しく死ぬ・・・その一瞬のためだけに、親族付き合いを何十年も嫌々したところで、道に倒れてパッタリ死ぬかも知れない。死の瞬間のために、健全な時間を犠牲にして自分らしく生きていけないなんて本末転倒である。

皆さんは、どのように思われるでしょうか?

今日は『3月に読み終えたビジネス本。』と合わせ、珍しく2本立てになりましたが、お読み頂きまして本当にありがとうございます。
明日が皆さんにとって、素晴らしい一日になりますように♪

3月に読み終えたビジネス本。

今年になって、もう3カ月が過ぎようとしています(笑)。今年も既に、4分の1は終わるわけです。

さて、3月に読み終えたビジネス本は以下の通りでした。

・『ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣』
美月あきこ著

Photo

・『富を「引き寄せる」科学的法則』
ウォレス・ワトルズ著

Photo_2

・『サービスの手帳』
林田正光著

Photo_3

・『イノベーション・シンキング』
ポール・スローン著

Photo_4

・『成功者の告白』
神田昌典著

Photo_5

・『知の現場』
久恒啓一監修

Photo_6

今月からビジネス本とは他に小説を読み始めたので、少しペースが落ちていますが、構いません(笑)♪

私の周囲には読書をする方が多いのですが、まだまだ日頃から読書をする習慣のない方も多くおられるようです♪
以前から、このブログ内でも何度も述べていますが、是非 読書をすることをお薦め致します。ジャンルはとりあえず何でも良いと思います(笑)。

最近は“脳”についての話がブームになっていますが“脳は年齢と共に退化する”のではなく“脳は使わないと退化する”ということが分かってきています。

日頃から読書をする習慣のない方が、口を揃えて“読書をしない理由”に次のような台詞があります。
「本を読むのが遅い(苦手)だから・・・」
「読解力がないから・・・」
「時間がないから・・・」
冗談のような台詞ですが、これはお笑いのネタなどではなく、実際によく耳にする言葉です(笑)。

日頃から読書をしない方が、読むのが遅かったり、読解力が無いのは驚くような話ではありません♪
むしろ当然であるとも思えます。

もしかすると、「何から読んだら良いのか分からない。」とまで言い出す方がおられるかも知れません(笑)。
何でも良いと思います♪まずは自分自身の足で 本屋さんや図書館へ踏み込んで、手当たり次第に本を実際に手に取り、中身を確認しながら、興味が湧いた本を選べば良いのだと思います(笑)。

今回のブログは、決してお子様向けではなく、私自身も含め大人の方へも該当する事です。
基本的なことではありますが、とても大事なことだと思います♪

お読み頂きまして、ありがとうございます。

2010年3月30日 (火)

目的と手段。

皆さんは、どんな夢を持っていますか?

Dsc01065

人が何らかの行動を起こす時に、最も重要となる要素の一つとして【目的と手段】があります。
「何を目的として、どのような手段を取るのか?」

Dsc01068 Dsc01069_2

最近に始まった事ではありませんが、その要素が面白い具合に近代的に活用されている事の一つとして「婚活」というものがあります(笑)。
つまり「“結婚”したいために“理想の人”を探す」

Dsc01070

私個人は、「婚活」を否定するつもりは全くなく、むしろ私には考えられない思考なので、感心すら致します(笑)。
なにせ、目的と手段をきっちりと持ったコンセプトなわけですからね♪

Dsc01072 Dsc01081

そもそも私の話をすると、私自身は元々“結婚願望”を持っていませんでした(笑)。今、結婚しているのは現在の嫁さんと出会ったからであり「“結婚願望”が湧いた」という事になります。
私にとって“結婚”「“結婚したいと思える人(理想の人?!)”に出会ったから“結婚”した」という事になります。
つまり、「婚活」とは全く逆なのです(笑)。私個人が「婚活」を否定しないまでも、思考が理解出来ない一番の理由は、「そもそも、どうして結婚がしたいのか?」であります(笑)。私には理解できませんが、「婚活」をされている方々には、それぞれの理由があるのだと思います♪

Dsc01079_2 Dsc01080

一方で、“恋愛感情”の中では(特に片思いの際は)、気をつけなければならない点もあるかと思います♪
「人は“(相手から)愛されたい”から“(相手を)愛する”わけではなく、“(相手を)愛している”から“(相手から)愛されたい”と感じるもの」です。

Dsc01084 

その意味を履き違えて、自分の愛を中心に考えてしまい 相手に何かを求めてしまうと、捉え方によっては単なるエゴだけが残ってしまう場合があります。

Dsc01090

そんな中、皆さんも色々な夢をお持ちだと思います♪
結婚、起業、旅行、マイホームなどなど・・・。その夢について「そもそも、どうしてそのような夢を求めているのか?」と自分自身に問いかけてみると、意外な己の本当の姿気付くかも知れません(笑)♪
どうして、そのような夢を手段として選んだのか、本当の目的をいま一度 考えてみる。

Dsc01086

皆さんは、どんな夢を持っていますか?
そして、そもそも何故そのような願望を描いたのですか?

Dsc01092

お読みいただきまして、ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日になりますように♪

2010年3月29日 (月)

万人に共通する10の特徴。

皆さんは春を迎える準備が出来ているでしょうか?
まだまだ東京は寒いです(苦笑)。そんな中で、今日は色々な方からメールで悩みを伺うことが出来たので、とある著書で読んだ【万人に共通する10の特徴】たるものを載せてみたいと思います。

Dsc01022 Dsc01025

①全ての人が一番恐れているのは「拒絶される」ことである。
②全ての人が一番必要としているのは「受け入れられる」ことである。
③人を動かすには、相手の自尊心を傷つけない。もしくは、くすぐるようなやり方をとらなければならない。
④人は皆、例外なしに どんな状況にさしかかっても「自分はどうなるのか?」という不安を、少なくともある程度は抱く。
⑤人は皆、例外なしに 自分にとって個人的に大事なことを話したがる。

Dsc01028

⑥人は、自分が理解できることだけに耳を傾け、自分の中に取り入れる。
⑦人は、自分に好意を持っている人を好み、信じて頼る。
⑧人はしばしば、はっきりとした理由もなく、行動する。
⑨上流階級の人の中にも、料簡の狭いつまらない人間がいる。
⑩全ての人には、例外なしに「外面」がある。

Dsc01030 Dsc01037

私は この言葉に出会ってから、人生における視点が大きく変化致しました(笑)。

Dsc01039

いかがでしょうか?
これらのことは、見返す度に何かしら教わる新しい発見があるかと思います♪

Dsc01046 Dsc01050

皆さんは、このブログ内からどのような事を理解し、どのような内容を自分の中に取り入れるのでしょうか?(上記、⑥事項より)

Dsc01048

お読みいただきまして、ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日になりますように♪

2010年3月28日 (日)

春を迎える心構え。

今日は井の頭公園へ花見の様子を見てきました。
東京は今日一日、太陽が顔を出す機会も少なく非常に寒い一日でした(笑)。そのせいもあり、井の頭公園での桜は未だ6~7分咲き・・・それでも、多くの方で賑わっていました(笑)。

Dsc00971 Dsc00973

昨日のブログの内容『DNA鑑定の精度。』が、twitter内でも非常に好評で、話題として挙げられていました♪
見知らぬ方々(中には弁護士の方や教師をされている方もおられたようですが)から嬉しい言葉の数々を頂きました。
お読み頂きまして、まことにありがとうございます。非常に励みになりました♪

Dsc00974 Dsc00976

明日からまた新しい一週間が始まります♪この記事をお読み頂いている方は、新しい週を迎えたばかりの方が多いかも知れません(笑)。そこで新しい週を迎えるにあたり、今週を素敵に乗り越えられる(かも知れない?!)ための一つの心構えについて述べたいと思います(笑)。

Dsc00977 Dsc00979

仕事にしろ プライベートな時間にしろ、日頃の生活の中で「NO!(ダメだ!)」という答えや返事をされ、行き詰る機会がいくらでもあるかと思います。

Dsc00982 Dsc00983

そこで、失望や挫折を味わった時にも言えることではありますが、問題は“それをどう対処するのか?”ということなのだと思います♪
実際には、色々な受け止め方や対応の仕方などあるかと思います。ここでは、その一つを挙げてみたいと思います。

Dsc00984

個人的な攻撃として受け止めず、感謝の気持ちを示しながら学ばせて頂く。”

Dsc00998

相手は個人的(恨みや悪意があって)に「NO!」と言っているのではなく、いまのアイデアや対応に関して“その形のままでは「NO」である”と言っているに過ぎない可能性が非常に大きいということです。
であるとするならば、何らかの改善点や新しいアイデアによっては十分に「YES」に変わる可能性はある。

Dsc01001

もちろん「NO!」という答えや返事は、自分自身が望んだ答えや結果ではないに違いありません(笑)。
しかし、それを言った人は態々 自分のために時間を裂き、アイデアを聞き、それについて考えてくれた可能性があるわけです。そのことについては、むしろ感謝すべきことであります♪

Dsc01000

今日から一週間 何らかの機会で、人から
「それではダメだ!」
「その方法では納得・満足できない!」
「何か物足りない!」

などと言われる機会があるかも知れません。そんな時は、
“個人的な攻撃として受け止めず、感謝の気持ちを示しながら学ばせて頂く。”
そうすることで、新しい光に導かれるかも知れません♪

Dsc01020

「NO!」と言われても、今日の東京のような寒さに負けることなく、温かい春を迎えるような気分で感謝する♪
厳しい寒さや心を傷つける言葉を癒せるのは、自分自身の心構えしかありません(笑)。
皆さんは、どのように思われるでしょうか?

お読みいただきまして、ありがとうございます。
皆さんにとって、素晴らしい一週間になりますように♪

2010年3月27日 (土)

DNA鑑定の精度。

TVのニュースを見ていると、足利事件・菅家さんの無罪判決に関して、多くのメディアが取り上げています。
そのことについて、TVに出演している方や新聞各社が色々な事を述べています(捜査能力が劣っているだとか、DNA鑑定の精度だとか)が、そうした中で私たちがいかに無知であるか?を含め、TVではあまり語られることの無い「DNA鑑定の精度」について、今回は珍しく趣向を変えて述べてみたいと思います♪

Dsc00919 Dsc00923

いま現在のDNA鑑定の精度が、どれほどであるか皆さんはご存知でしょうか?
以下の内容は、私自身も とある著書の中で初めて知った事実です。

Dsc00925 Dsc00926

DNAの証拠がはじめて導入されたとき、多くの専門家が、偽陽性は起こり得ないと証言しています。
今日の専門家は、DNA判定の精度について述べる時、「ランダムな個人のDNAが犯罪試科のそれと一致する確率は100万分の1か10億分の1である」と証言しているからです。
つまり、「少なくとも“約100万分の99万9999”もの確率でDNA鑑定は立証される。」というわけです。だから、裁判所にて提出されるDNA鑑定”はほぼ間違いない。と、思い込んでしまう。

Dsc00927

一方で、裁判時にしばしば提示されることのない別の統計データがあるようです。
何だと思いますか?

Dsc00929

それは、研究所がDNAの試料を採取したり操作したりする際に、偶然混ざり合ったり取り違えたりして、間違いを犯すことが有り得るという事実です。更に、その間違いが、解釈の誤りや不正確な報告書作成による場合もあるというのです。

もちろん、こうした間違いは非常に稀なケースではあります。しかしながら、事実そうした間違いが過去にアメリカのオクラホマで発生し、裁判所はティモシー・ダーハムという男性に禁固3100年以上を言い渡してしまったケースが発生しているのです。

Dsc00930

その著書の中では「人間的要因による間違いの推定値は色々だが、多くの専門家はそれを約1パーセントとしている。」とあります。要するに100分の1の確率で、(研究所内などで)人間的要因による間違いが発生する可能性があるのです。この確率がいかに恐ろしいものか、ご理解頂けるかと思います。

Dsc00937

つまりは結果、DNAの偶然の一致と研究所などでの間違いを 確率の計算により算出すると、
「偶然の一致(10億分の1)+人間的要因による間違う確率(100分の1)」
二つの確率の和は「(研究所など)人間的要因による間違う確率」にかなりよい近似で一致し、その確率は100分の1になるのです。
つまり、極論にはなりますが裁判所に提出されるDNA鑑定の精度は100分の1にまで下がる可能性を含めている」という事です。

Dsc00943

これはもちろん確率論の一つです。
我々は、一方から提出される「DNA鑑定の精度」だけに目を向けがちではありますが、こうした別視点から見えてくる他の事実を知っていないと、完全に間違った知識だけで物事を考え、思い込んでしまう可能性があるわけです。
いずれにせよ、無知ほど怖いものはありません。

Dsc00947

皆さんはこの事実を知っていましたか?そして、このことをどう思いますか?

お読みいただきまして、ありがとうございます。
皆さんにとって、素晴らしい一日になりますように♪

2010年3月26日 (金)

エフェドリン。

今週も週末を目の前にしています♪
昨日の東京は冬を思わせる寒さでしたが、今週末辺りは桜の花見シーズン到来の地区も出てくる頃かと思われます。

Dsc00909

ところで花見の席を除くと、普段の飲み屋さんでの光景より少し賑やかな雰囲気であったり、実際にハメを外す方が多く出てくると思いませんか?
実は、桜の花粉にはエフェドリンという物質が含まれており、そのエフォドリンが人間の交感神経を刺激して興奮を誘発させるのだそうです。(花見程度では興奮作用を得られるほど摂取できないとの説もあるそうです。)

Dsc00910

また、興奮させる作用があるのと同時に、不安を取り除く作用もあるのだそうです。
美しい桜姿を見ると心が和む・・・日本人でなくともそう思われると思います♪

Dsc00913

桜は人を惑わせる、なんて言葉を聞いたことがありますが、科学的根拠が全く無いわけでもなさそうです(笑)。

Dsc00914

一斉に咲き、楽しめる期間の短い桜。錯乱状態にならない程度に、マナーを守って楽しみたいものですね(笑)。

Dsc00915_2

人生も同じ。日頃は忘れがちですが、私たちの生涯には限りがあります。
時間は限られているのですから、チャンスはいつも今です♪

お読みいただきまして、ありがとうございます。
皆さんにとって、素晴らしい一日になりますように♪

2010年3月25日 (木)

美徳や卓越性。

皆さんは、憧れる人物や目標となる人物はいますか?
その方はどのような方ですか?

素敵な方は沢山おられますが、普通に接していても とても感じが良く思えたり、日頃から決してブレない方というのは、そう多くはおられません(笑)。
その方が現れた瞬間、場の雰囲気が(良い意味で)一瞬にして変わったり、その方に出会った瞬間 素敵な気持ちにさせられる・・・まるで何かに包まれたような感覚にすらさせられるような(笑)。
存在そのものが、まるで他の方とは違うような方・・・素敵ですよね♪

人間は、
美徳や卓越性があるから、正しい行動がとれるのではなく、
正しい行動をとるから、美徳や卓越性が身につく。

自制心は努力することで初めて身につく心の習慣です。
成果の80%が“精神力”で決まり、繰り返して行う行動が、その人の人となりを表すのだそうです。
つまり、卓越性とは、一つの行動ではなく、習慣そのもなのです。

皆さんは、日頃 どのような行動・習慣・思考をされているでしょうか?

お読みいただきまして、ありがとうございます。
皆さんにとって、素晴らしい一日になりますように♪

2010年3月24日 (水)

変化の怖れについて。

以前、仕事上でお付き合いさせて頂いていました上司(当時も還暦を過ぎていましたので、今は退社致しましたが)の話で、「同窓会に顔を出すと皆の顔がそれぞれ全く異なっている」という話をしていました。

Dsc00898

この手の話はよく聞きます。幼少時代・青春時代は共に遊んだ・暮らした中でも、年齢を積み重ねる毎に生き方が変わり、やがては表情や皺の入り方など含め、同じ年齢だと思えないほど見た目がそれぞれ異なってくるという話です。
苦労をされた生き方をした方はとても老けているように感じたり、伸び伸びと好きな事ばかりをされてきた方は若々しく見えたりする。

Dsc00899

とある著書で、次のようにありました。
「人は誰しも変化を怖れる。変化は心地よいものではない。なぜなら“変化は勝者と敗者(成功と失敗)を生むから”。」

Dsc00901

誰もが、恥ずかしい思いをしたり、失敗したりするかも知れないリスクをあえて冒すより、いまの快適な環境に留まりたくなる気持ちになりがちです。

Dsc00903_2

しかし、実は何もしないで今の場所に踏みとどまることにもリスクがある。
少なくとも前進しない(現状維持)という意味では、むしろ その方が危険であることも忘れてはなりません。

Dsc00904

挑戦し続ける人は素敵な表情や考え方を持っています。逆に、守りの姿勢に入っている人は疲れた表情をしたり、険しい表情になりがちになったり、(誰もが不安を抱えてはいるのですが)不安が表情ににじみ出ている・・・そんな気が致します。

皆さんは、どのように思われるでしょうか?

Dsc00907

お読みいただきまして、ありがとうございます。
皆さんにとって、素晴らしい一日になりますように♪

2010年3月23日 (火)

大人になること。

昨日は、午前に「井草八幡宮」へお参りに、午後からは部屋の片付け・読書などの後に「ちひろ美術館」へ行ってきました。

Dsc00846 Dsc00823

「井草八幡宮」へは月に1度くらいの頻度でお参りへ行っています。
日頃から行き慣れていると意識が薄くなってしまいがちですが、実はこの井草八幡宮は 付近から縄文時代の住居跡や多くの土器・石器が発掘されていたり、杉並区内で最も古い木造建築物であったり、源頼朝が祈願した場所であるなど、歴史的に由緒ある神社であります。

Dsc00819 Dsc00817

「ちひろ美術館」は“子ども”をテーマとした作品を多く残した画家 いわさき ちひろさんの自宅跡に建築された美術館です。いわさきちひろさんの絵画に関しましては、既にご承知の方も多いかと思います♪もしかすると、お子さんがおられる家庭では日頃から触れることが多くあるかと思います。誰もが幼少時代に、身近に一度は触れたことのある絵画ですね(笑)。

Dsc00820 Dsc00822

その絵は 西洋で発達した水彩画に、中国や日本の伝統的な水墨画の技法を生かして、独特の水彩画を生み出した作品です。
印象的な子どもの表情や鳥など、とても個性的な絵を表現しており、一度見ると忘れられなくなるような絵画です。

Dsc00824 Dsc00845

ご興味ある方は下記にアクセスして頂ければと思います。
http://www.chihiro.jp/

Dsc00847 Dsc00852

いわさきちひろさんの絵の中で、とても気になったのは“子どもの瞳”でした。
素直さ・無邪気さ・不思議そうな表情・あらゆるモノに疑問を持つ姿勢・・・そのような表情を、絵画の中の“子どもの瞳”から感じることが出来ました。

Dsc00864 Dsc00866

子どもの瞳は、とても澄んだ目をしています♪
大人になるにつれて徐々に“自分自身”を作り上げると同時に、自分だけの“常識”を作り上げてしまう。
そんな中で、日頃の生活の中から刺激を失っていたり、気付きを見失ってしまっているように感じました。

Dsc00868 Dsc00874

いわさきちひろさんが残した言葉で、次のような一言がありました。
「大人というものは、どんなに苦労が多くても、自分の方から人を愛していける人間になることなのだと思います。」

Dsc00877 Dsc00878

子どもは色々なことに興味を持ち、色々なことに疑問を持ちながら育っていきます。
大人になっても、その“成長するための興味と疑問”は常に持ち続けるべきなのだと、改めて思いました。

Dsc00880 Dsc00889

変わらない大切なものがある。

皆さんは、どのように思いますか?

Dsc00891

お読みいただきまして、ありがとうございます。
皆さんにとって、素晴らしい一日になりますように♪

2010年3月22日 (月)

貴方が目指すもの。

皆さんはどのような人間になりたいですか?
また、お子さんがおられる家庭は 自分のお子さんをどのような人間に育って欲しいと願っているのでしょうか?

Dsc00807

“自分自身を変えたい”という人が多くいます。
であれば、自分が具体的にどのような人間になりたいのか?そして、そのために具体的に日頃からどうする必要があるのか?そのことにきちんと向き合って、行動をしなければ実現はしません。
一番重要なことは“本人の意識が何に向かっているのか?”を知ることなのだと思います。

Dsc00808

自分の親が、兄弟が、子供が、嫁が、友人が、上司が、なかなか自分のいうことを理解してもらえない、という人も多くいます。
人が人を変えようとしても、変えることは出来ません。
もちろん、色々なアドバイスをする必要性はあると思います。
しかし、人は“本人の意識”が変わるまで、どれだけ周囲の人が色々なアドバイスをしても変わりません。本人が“気付く”しかないのです
人を変えようとする前に、自分が変わる。
その方が早いのだと思います。

もちろん、お子さんがおられる家庭は、お子さんに対して 様々なアドバイスや教育が必要になるとは思います。お子さんが、自分自身で物事と向き合い、考えられるようになるまでは温かく見守り、育てる必要があります。そして その中では、お子さんとのキャッチボールが成り立つようなコミュニケーションが重要なのだろうと思います。

Dsc00809

私は、
“環境を自ら作れる人間”
になりたい。

Dsc00811

皆さんはどのような人間になりたいですか?
また、お子さんがおられる家庭は 自分のお子さんをどのような人間に育って欲しいと願っているのでしょうか?

時々でいいと思います。一度、自分自身・自分の身の回りを見渡してみませんか?♪

お読みいただきまして、ありがとうございます。
皆さんにとって、素晴らしい一日になりますように♪

2010年3月21日 (日)

築地市場。

昨日は、東京の「築地場外市場」「浜離宮恩賜庭園」へ行ってきました。
今日の東京は朝から天気が良くありませんが、昨日はとても清々しい天気でした♪

Dsc00632 Dsc00638

実は、東京に5年も住んでいながら築地に足を踏み込んだのは初めてです(笑)。仕事上などで何度も車で通りかかる事はありましたが、昨日は浜離宮恩賜庭園内の菜の花畑を見ると同時に“五感を働かせる”というテーマを掲げて足を運ぶことにしました♪

Dsc00641 Dsc00643

築地市場駅を降りると、駅内でありながらもすぐに魚市場のような匂いがしてきます(笑)。正直、これには驚きました。築地市場へ行く前に、菜の花を見に行きます♪

Dsc00649 Dsc00664

浜離宮恩賜庭園内は菜の花の香りでとても気持ちが良かったです。もちろん、菜の花だけでなく見事な松など他にも見所は沢山ありました。

Dsc00656 Dsc00660

少し風が強かったですが、多くの方で賑わっていました。

Dsc00699 Dsc00698

桜は蕾こそ実っていましたが、咲くのはもう少し先のようです♪

Dsc00673 Dsc00705

築地場外市場では、「廻るすしざんまい(築地2号店)」さんで豪華に寿司を頂きました♪
特に、うに(498円)、かにみそ(198円)、赤貝(598円)は最高に美味しかったです。うには思わず2皿頂きました(笑)。

Dsc00732 Dsc00734

嫁さんと二人合わせても3,700円(笑)。今回は多くの寿司に手を付けることなく、嗜む程度に頂きました♪
この美味さで、この安さはいいですね♪菜の花で嗅覚、寿司で味覚を十分に楽しませて頂きました。

Dsc00737 Dsc00741

お寿司を楽しんだ後は、「築地本願寺」さんへ足を運びます♪インド風の建築物の中で、独特の線香の香りとお経が響き渡っていました。

Dsc00748 Dsc00758

日頃、足を踏み入れないような場所へ行くと とても刺激的で楽しいものです♪

Dsc00774 Dsc00762

「ヨネモトコーヒー」さんで一息入れて(とても美味しいコーヒーでした!!)、テリー伊藤さんのお兄さん(アニー伊藤?!)のお店「丸武」さんで玉子焼を買いました。アニー伊藤さんは、近くでみると少し怖い顔をしていました(笑)。

Dsc00783 Dsc00782

その後も新宿へ立ち寄るなど、とても素敵な一日でした♪
帰宅すると夕飯に、菜の花の天ぷらが出てきました(笑)。いままで、あまり意識したことのなかった菜の花の天ぷらがとても美味しく感じました・・・五感を働かせた効果でしょうか?!(笑)

Dsc00787_2 Dsc00800

皆さんは昨日、いかが過ごしましたか?
何か新しい発見が見つかりましたか?

Dsc00793

お読みいただきまして、ありがとうございます。
皆さんにとって、素晴らしい一日になりますように♪

Dsc00623

2010年3月20日 (土)

目覚めの時。

皆さんは朝、目覚めたら一番に何をしますか?

Dsc00572 Dsc00575

昨晩、札幌から東京へ戻ってきました♪
今回は月曜から金曜まで、一週間の東北~北海道出張でした。そこでの素敵な出会いや素晴らしい出来事にとても感激致しました。多くの方々に感謝したいと思っています。本当にお世話になりました。また今後とも宜しくお願い致します♪

Dsc00577 Dsc00580

さて、皆さんは朝、目覚めたら一番に何をしますか?
以前まで、私はまず「パソコンを開く⇒シャワーを浴びる⇒コーヒーを飲む。」でした。

Dsc00582

今は、「しばらく瞑想する⇒野菜ジュースを飲む⇒シャワーを浴びる。」です。

Dsc00584

この“瞑想”ですが、正直 自分自身で瞑想をしているつもりはありませんでした(笑)。ただ、色んな良書を読む内に 目覚めた直後はすぐに立ち上がるのではなく、自分の夢や今日一日なにをするのかなど、とにかく想像をする事が大事であると書いていたため何気に始めたのがきっかけです。

Dsc00586 Dsc00587

私自身は、学生の頃は酷く目覚めが悪く、両親には大変な迷惑をかけた記憶があるのですが、社会に入ってからはとても目覚めは良い方(ホントに!)になりました。ですので、目覚めた瞬間立ち上がり、行動し始めるのが癖になっていました(笑)。

Dsc00592

今は、目覚めた直後はすぐに立ち上がらずに“宇宙”“地球”“世界”などを想像します。その後、5~10分経ってから起き上がるよう心がけています(笑)。
実は、これを“瞑想”している事だとは気付きませんでした。とある方から、「何か“瞑想”とかそういった事をされているのですか?」との質問を受けて(そうやって質問をされる私は少し変なのか??笑)、「あれっ?私が毎朝している事は“瞑想”に近いのか?」と気付きました(笑)。

Dsc00593 Dsc00597

朝起きて、最初に身体になにを入れるのかも重要なのだそうです。ですので、私は好きでもなかった野菜ジュース(「一日分の野菜(伊藤園)」)を飲むようにし始めました(笑)。これらをし始めたのが、昨年の秋頃からでしょうか。

Dsc00598 Dsc00613

数か月前の正月帰省の際に、嫁父が同じように「朝起きた後は水を飲んだ方が良い」と語りながら朝一に水を飲んでいたのですが、なるほど“知っている”のと“知らない”のとでも差は出るものだし、“知っていながら行動しない”と“知らない”のと同じ結果になるのだなぁなんて事を感じました。

Dsc00616

皆さんは朝、目覚めたら一番に何をしますか?
意識されて無かった方は、意識し始めただけで その日の一日が変わるかも?!

Dsc00618

お読みいただきまして、ありがとうございます。
皆さんにとって、素晴らしい一日になりますように♪

2010年3月19日 (金)

早起き。

最近の話ですが、嫁さんが早起きをするようになりました。

Dsc00515

普段、夜の時間帯に自分の趣味や勉強をしていたのですが、少し早めに起きて朝の時間帯にそれらをすると、とても捗るのだそうです(笑)。

Dsc00518

これはビジネス本を開くと、どの良書にも似たような事が書かれています。人間は目覚めてから数時間の間が一番頭の回転が速くなり、大方 午後の時間からは頭の切れも悪くなるようです。

Dsc00524

午前中は“何かを考える時間”“何かを生み出す時間”として、自分のアイデアや考えを生み出すなどの“アウトプットする時間”として使い、午後からは“色々な視野を取り込む時間”“読書をする時間”など“インプットする時間”として使と、効率が良くなりそうですね♪

Dsc00532

分かっているつもりでも、意識して行動しているのと、日々を無意識に過ごしているのとでは大きな差が出来てしまいます。やはり、時間と使い方というのは生きていく中で非常に重要なことなのだと思いました。

Dsc00545

朝、早起きをすると“時間がない”などと言い訳をしなくても済むようになりますね(笑)。早寝早起きは出来るだけした方が良いのだと思います♪もちろん、お仕事の都合上で朝と夜が反転したり、不規則になる場合があるかも知れませんが、要は時間の使い方を効率化すると、違った新しい時間が生まれるということなのだと思います。

Dsc00566

皆さんは、日々の“時間の使い方”をどのように意識しながら過ごしていますか?

Dsc00570_2

お読み頂きましてありがとうございます。

2010年3月17日 (水)

子供の視点。

今日は、北海道函館市で朝日を迎えます♪今日の仕事先は夕張郡になります・・・移動スケジュールは、函館市~札幌市経由~岩見沢市経由~夕張郡~岩見沢市経由~札幌市・・・少しハードですね(笑)。

Dsc00313 Dsc00340

本州や九州、四国で暮らしている方は意外に北海道の広さを知りません。私も数年前までは函館~札幌の距離感がそれほど無いものだと思い込んでいました(笑)。実はJR特急で3時間~3時間半ほどの時間がかかります。

Dsc00343 Dsc00357

とは言っても読書をしていると、あっという間です(笑)。今回は東京から持参した3冊の本が大活躍しています♪

Dsc00375 Dsc00378

今日、読んでいたのは「竜馬がゆく(司馬遼太郎著)」「成功者の告白(神田昌典著)」です。「成功者の告白」はビジネス書ではあるのですが、単にビジネスマンだけでなく家庭をお持ちの方全員にお薦めできる内容で、非常に読みやすいストーリー展開になっています。

Dsc00387 Dsc00415

「夫婦関係が機能不全(うまくいっていない状態)に陥ると、子供の出番になる。子供にとっては、家庭がすべてだ。(中略)そこで夫婦仲を取り持とうとする。」

Dsc00417 Dsc00422

「(中略)子供は、いい子か悪い子になろうとする。子供が二人いる場合には、ひとりがいい子になり、ひとりが悪い子になる。いい子は親のいうことを何でもよく聞き、優等生になることで、家庭のヒーローになる。そのことで家族の絆を取り戻そうとする。

Dsc00428 Dsc00430

「一方、悪い子は暴力をふるったり、病気になったり、事故にあったりする。そうなれば、夫婦が協力して問題に立ち向かう。こうして夫婦の絆を回復するように働きかける。

Dsc00441 Dsc00445

もちろん、これは無意識ではある。子供は、家族の場を無意識のうちに敏感に感じ取って、親にとっての最適なカウンセラー役となる。(中略)でも子供本人がいちばん傷ついているのだ。心理カウンセリングの世界では当たり前の話である。」

Dsc00451 Dsc00485

お子様がおられる方はドキリとしたかも知れません(笑)。お子様がおられない方であっても、自分自身や周囲のご家庭を見て、心当たりがあるかも知れません。
この著書は、主人公がベンチャー企業を創業し 経営者になる物語ですが、年齢性別問わず、どなたにでもお薦めできる著書だと思います♪

Dsc00491 Dsc00496

私の友人夫婦が「子供に色々と教えているつもりが、実はそうでなく“自分たちが教わっている”ことに気づく事が意外に多い。」と言っていたのを思い出します(笑)。

Dsc00501 Dsc00503

「時間は歪曲(わいきょく)する。」
「何か大切なものをひとつ手放すと、それを上回るギフトが得られる。これが世の中の法則だ。」
「知識がなければ、我々は感情の奴隷になり、パターンにはまり込む。」

この著書には、その他にも沢山の名言が出てきます。

皆さんは、今日なにを学びましたか?

2010年3月16日 (火)

函館にて出会った学び。

今日は、青森県青森市から北海道函館市へ向かいます♪

Dsc00018_2 Dsc00022

世界最長の海底鉄道トンネル青函トンネル(全長53.85km、海底部分の長さは23.3km)を経由します。
ちなみに、世界一海底部の総距離が長いトンネルはユーロトンネル。海底部の長さは37.9Km。しかし、全長では青函トンネルが世界第一位となり、ユーロトンネルが世界第二位となるらしく、2015年にスイスのゴッタルドベーストンネルが完成すると57Kmで世界第一位となるのだそうです。

Dsc00032 Dsc00033

今回も、特急スーパー白鳥の同じ車両に居合わせた方、6名との短い会話(進行方向が分からず、座席の向きを相談し合う程度でしたが貴重な会話でした♪)やタクシー運転手3名との会話など、とても楽しませて頂きました。

Dsc00035 Dsc00048

特に同じ車両に居合わせた偶然の出会いは印象的で、函館に着くと同時に散るようにそれぞれの道へ別れて行きましたが、おそらく二度と会う事のない6名でしょう。

Dsc00050 Dsc00060

そして、各々が向かう先にはまた新たな出会いが待ち構えている。
人と人との結びつきというものは、本当に不思議なものです。

Dsc00068 Dsc00076

函館では仕事の合間に、『土方歳三最期の地』『五稜郭タワー』『函館山』に足を運びます♪

Dsc00088 Dsc00090

私は何度も函館を仕事で訪問してはいたのですが、実は観光地らしい場所へ足を運んだのは今回が初めてです(笑)。今までは仕事のことが頭にいっぱいで、気持ちに余裕がなかったのです。

Dsc00097 Dsc00099

今回は「“時間がない”という言い訳を自分に与えない。」と決めて、函館に来ました♪

Dsc00104 Dsc00110

今回出会ったタクシーの運転手の話によると、江戸時代など昔の方々は半年~一年かけて日本中を歩いて回っていたのだそうです。どうかすると何ヶ月もかかって着いた場所で戦をするわけです。ただでさえ疲れているはずなのに、そこで戦をするなど現代では想像も出来ません。

Dsc00118 Dsc00125

「“時間がない”という言い訳を自分に与えない。」
そう思いながら函館へ入ってきた私に、そのタクシー運転手は笑いながら言いました・・・

Dsc00138 Dsc00209

「僕たちは、何かと“時間がない”なんて癖のように言いますが、昔の方々からすると何と贅沢な台詞でしょうか。これだけ短時間で移動出来る時代に生きていて“時間がない”というわけがない(笑)。我々はあまりの贅沢に慣れてしまい、いかに時間を無駄にしているか?という事にすら気付いてないのでしょうね。」

Dsc00210 Dsc00211

短時間で便利になったのは移動だけではありません。パソコンを開けば世界中の情報が入ってきます♪

Dsc00220 Dsc00224

今の時代に坂本龍馬が生きていれば、どのような視野で日本を見つめ、どのような行動をしていたのでしょうか?10日前、訪問したばかりの高知県の旅行がまたここにきて私に何かを訴えかけようとしています(笑)。

Dsc00276 Dsc00299

それにしても、函館山から見る夜景は美しかったです♪長崎の夜景も大好きですが、函館の夜景もまた全く別の美しさを楽しめました。写真ではその美しさが伝わりにくいのが残念ではありますが、デジカメが修理から戻ってきた事に本当に感謝させられました(笑)。函館の夜景は私の脳裏に焼きつきました♪

皆さんは、今日どのような方と接しましたか?そこから何を学びましたか?

2010年3月15日 (月)

八甲田山。

今日は、東京から青森県青森市へ向かいます♪八戸市へは何度も足を運ばせているのですが、青森市は初めてです。日頃から見知らぬ土地に足を踏み入れることが多いとはいえ、遠方となると少しワクワクします(笑)。昨日、修理から戻ってきたデジカメを片手にする事が出来て非常にツイています♪

Dsc09892 Dsc09896

青森市内からは美しい八甲田山の姿を見ることが出来ます♪商談先の方から聞いた話によると、岩手県の岩手山(過去ブログ2010年2月23日 (火)“岩手山から見つめられながら。”に掲載)は男性的な山の形、八甲田山は女性的な山の形として例えられているそうです。

Dsc09898 Dsc09906

青森市から見る八甲田山は、先日観た「八甲田山」の映画の印象とは全く違った雰囲気を醸し出していました。しかしながら、美しいものは怖い一面を持っているとも言われます(笑)。

Dsc09911 Dsc09917

今回、出張用の鞄に詰め込んだ本は三冊。
・竜馬がゆく(一) 司馬遼太郎著
・成功者の告白 神田昌典著
・マーケティング脳VSマネジメント脳 アル・ライズ、ローラ・ライズ著

Dsc09921 Dsc09924

良書を手にしながら八甲田山を眺めていると、壮大な山と素敵な人間の共通点に気付きました。

魅力的な人というのは、単に見た目がいい、頭が切れる、口が巧い などだけではなく“人間としての土台”がシッカリしている・・・つまり、足元が揺らぐことなく日頃から素敵な習慣・行動をしており、決してテクニックなど小手先の知識や技術に溺れることがありません。

Dsc09928 Dsc09929

テクニックだけを磨くということは、山の上に更に何か大きな物を置いて、高さを誇示するようなものだと思います。上に積み重ねれば積み重ねるほど、土台は揺らいでしまいます

Dsc09933 Dsc09934

高い山になるためには、下の土ごと上に押し上げる必要がある・・たとえ標高が1センチ上がっただけに見えても、山の底辺の面積はとてつもなく広がっており、決して揺らぐことがありません。

Dsc09938 Dsc09941

「旅は世の中を教えてくれる(「竜馬がゆく(一)」より)

Dsc09958 Dsc09959

皆さんは今日、何に気付きましたか?

Dsc09970 Dsc09975

お読み頂き、ありがとうございます。

2010年3月14日 (日)

失って気付くもの。

デジカメが復活しました。しかも、スーツも修理を終えて共に無事な姿で戻ってきました♪二つ揃い、明日からの仕事も万全です(笑)。

Dsc09883

ここ数日間、デジカメが手元にない事のストレスが、何気ない写真を撮影しただけで感動出来たりするから奇妙なものです(笑)。

Dsc09885

失って初めて“気づく”ものってありますよね♪

Dsc09886

人と人との“出会い”、そして“別れ”とは本当に不思議なものです・・・。

自分自身の事しか見えなくなっていた時、そんな時に身近なものや人を失ったりするのも偶然ではないような気がします。

Dsc09887 Dsc09889

今日もtwitterの中で出会った素敵な言葉をいくつか挙げたいと思います。
「夜明け前がもっとも暗い。」
「何をするにも時間は見つからないだろう。時間が欲しければ自分で作ることだ。」
「ずばぬけた行動やアイデアは情熱や感動から生まれる。」
「人間は、志を立てるのに遅すぎるということはない。」

Dsc09890

皆さんは一人になった時、何をして過ごしていますか?

2010年3月13日 (土)

整理整頓。

今日はとても温かい一日でした♪
昨年から定期的に部屋の中を片付けながら、“快適な空間作り”を目指していましたが、今日は更に一歩踏み込んで、模様変えが出来ないか検討しました(笑)。

早速 家具屋などを転々としながら、部屋内をどのようにレイアウトするかイメージします♪そして、帰宅するとすぐに押入れの中の不要なものを全て掘り返して整理・処分します♪
これだけの作業で夕方までかかってしまいました(笑)。

以前まで貧乏性だったせいか、なかなか“不要なもの”を処分出来ない性分でした(笑)。いつになったら使うのか分からないような物もとっておいたり、いつ開けるか分からないダンボール箱の中に いくつもの物を詰め込んでいたり・・・今は全く変わり、処分する思考は単純明快です♪

いるかいらないか迷った時は、基本的に処分する!

このように思考が変わったのは、色々な本を読んだりセミナーを聞いている内に、とある言葉と出会ってからでした。

「どれだけ大切なモノであっても、墓場まで持っていけるモノは ごく限られたモノだけである。」

この言葉と出会ってからは、物に対する“有難み”や“価値観”なども大きく変わったと思います♪
不要なものは買わない。自分を幸せにしないものは処分する。自分が日頃からよく使っているものは大切に扱う。

その代わり、日頃からよく利用するものや自分を幸せにするものに関しては、どれだけ贅沢と思っても妥協はしません(笑)。

極力、自分の周囲には物を少なくして、自分が本当に愛している物だけを使う暮らしにしたいと思っています♪

皆さんは、どのような暮らしがしたいですか?

2010年3月12日 (金)

三毒追放。

もうご存知かも知れません“三毒追放”という言葉があります。
「妬まない。怒らない。愚痴らない。」

昔の私を知っている方は十分ご存知だと思いますが、学生の頃の私はこの三つを見事なまでに兼ね揃えていました(笑)。

今は少なくとも“妬まない”という部分は無くなったと思います♪たまに愚痴る傾向は残っているのかも知れませんが(残ってるのかな??)、時々同じことを何回も言わせるような質問や何度言っても言葉が伝わらない時に“怒りたくなること”があるのは、まだまだ否定出来ませんね(笑)。

でも、それでも良いと思っています♪「まだまだ」・・・そう思えるくらいで丁度良いのだと思っています(笑)。

私が言うのも何ですが、私は愚痴を聞くのが大嫌いです(笑)。
特に聞いてられない言葉が、
「時間がないから・・・」
「才能がないから・・・」
「幸運に恵まれないから・・・」

どれも環境のせいにしています(苦笑)。

今日のtwitterで出会った言葉です。
「何をするにも時間は見つからないだろう。時間が欲しければ自分で作ることだ。」
「あと何年生きているのだろうか・・・その残された人生で自分は何を成せるのか。小さく固まりかけている事を恥じる。」
「信条がすべてをコントロールする。」

さて、今週も週末を迎えました♪皆さんは、この週末どんな新しい風を取り込みますか?

2010年3月11日 (木)

人と人との繋がり。

皆さんは“おはようございます”“ありがとうございます”などの挨拶について、正しい意味・言葉の由来をご存知ですか?

昨日 読み終えました著書は接客業をされている方に是非、為になる内容が満載でしたので、ここで紹介させて頂きます♪

Dsc00111 Dsc00113

『サービスの手帳(林田正光著)』。かのリィツ・カールトン支配人時代から書きとめてきた“お客様の心をとらえる仕事のヒント”

Dsc00115

この著書の中でも非常に多くの“気づき”と出会いました。中でも
・クレームを恐れるのはやめよう。お客様は“怒っている”のではなく、“困っている”のだから。
・「客人」と書いて「まれびと」と読む、お客様とは「まれな人」、常にそれを念頭に。
・「100%不可能なこと」は想像以上に少ない。
などの言葉は胸に突き刺さりました♪

Dsc00116 Dsc00117

著者は再三「挨拶」の大切さを訴えています♪
私たちは何気なく挨拶を日頃からしています。しかしながら、その言葉の由来や本来の意味を知らずして、無意識にしているのが実状だと思います。その由来や意味を理解しながら、挨拶すると全く違った挨拶になる・・・この本を通じて、思い知らされました(笑)。

ちなみに、“おはようございます”は“お早い時間から、御苦労さまです”や“お早い時間から、大変ですね”、他には“グッドモーニング”より“良い朝ですね”“よい一日になりますように”です。当たり前のようですが、その意味に気持ちを込めると全く違った気持ちになると思います♪

“ありがとうございます”は貴重な機会を頂いたお礼の気持ちを表します。“有り難し”には“滅多にないほどのことを相手の方からして頂く状態”が含まれています。

Dsc00118 Dsc00120

“人と人との繋がり”を改めて感じさせてくれる本でした♪接客業をしている方はもちろん、 是非 皆さんにお薦めしたい著書です。

Dsc00121 Dsc00123

最近、“人と人とのご縁”について、感慨深く思うものがあります。このブログにしろ、twitterにしろ、人は人との繋がりによって支えられているのだなぁ・・・本当にそう思えるようになりました♪

Dsc00125 Dsc00126

今日のtwitterの中でもドキリとする言葉が呟かれていました。
『人は死の間際になってはじめて、本気で生きてこなかったことに気づく。(ヘンリー・ディビッド・ソロー)(望月 俊孝さんのtwitterより)

中谷彰浩さんも
『息は吐き出し切れないと、次の息を吸うことが出来ない』
と、セミナーの中で おっしゃられています。

Dsc00136 Dsc00137

皆さんは今日一日を全力で走り抜けることができましたか?

今日もお読み頂きまして、ありがとうございます。皆さんにとって、今日一日がよい一日でありますように♪

2010年3月10日 (水)

決断力。

昨日のブログにも掲載しましたが、デジカメを修理に出した一日目から生活・仕事に支障が出ています(笑)。
思えば、いま私の中でいきなり失うと生活・仕事に支障が出るアイテムが沢山あることに気づきました♪

・仕事用の手帳
・ノートパソコン
・iPhone
・デジカメ

・携帯電話(プライベートの携帯電話はiPhoneと使い分けて使用しています。)
・iPod touch(音楽携帯)
・RHODIAのメモ帳とボールペン

特に今年手に入れたばかりのiPhoneの利用頻度はかなり大きいですね♪
私の場合はiPhoneでの音楽携帯の利用はほとんどありません(iPod touchと使い分けているため)。iPhoneの利用としては、safari(ネット接続)・マップ(地図)・路線検索・天気予報(weathernews)・産経新聞・Twitterなどでしょうか♪特に出張が多い私にはGPSが利用出来るマップは非常に重宝されています(笑)。見知らぬ土地でも迷子になることがありません♪

いずれはiPhoneとプライベートの携帯を一緒に使いたいと思ってはいるのですが、iPhoneの弱点は一日の電池の寿命だと思っています。私はiPhoneを一日中利用していますし、これに音楽携帯としての利用やプライベート携帯の利用を考慮すると、間違いなく一日は電池が持ちそうにありません(笑)。

そこで、先日の高知旅行へ向かっている最中にTwitterを眺めていると、面白い やり取りが行われておりました♪
(ソフトバンク 孫正義社長に対して)
Aさん:「全てのソフトバンクショップで無料WiFiを提供して貰えませんか?」
・・・・・約2分後。
孫 社長:「やりましょう。ついでに充電プラグも。4月末迄に」
Bさん:「ついでに椅子はいらないから 小さなテーブルと缶コーヒーでも置いてもらえれば 待ち合わせにも使えて助かるのですが。」

・・・・・数分後。
孫 社長:「了解。出来るだけ多くの店で。」

以前から私は孫社長に関して、驚くほど革新的な思考と決断力の高さの方として尊敬をしていましたが、今回のおそらく10分にも満たない この“一見 何気ない やりとり”は鳥肌が立ちました(笑)。

顔も見知らぬユーザーの声にも敏感に反応し、アイデアとして受け取り、対処方法をすぐに決断する。

山崎拓巳さんが「凄いことはアッサリ起きる」と口癖のように語っていますが、本当に見せつけられた気分でした(笑)。

著書『意思決定力(本田直之著)』の中で「“意思決定”に必要なもの」として
・自分を信じるための準備(徹底的にシュミレーションをする)。
・自分を信じるための根拠(客観的に見た上での明確な根拠)。

と挙げる一方で、
・「あらゆる意思決定に“正解”はない」という事も知っておく。
とあります。
決断に自信がなく、行動できないままでは意味がない。

そこでまた再び昨日ブログに掲載しました内容(松下幸之助さんの言葉)が頭を過ぎります(笑)。
『“百聞は一見にしかず”というが、“百聞百見は一験にしかず”とも言える。知っていても実行しなければ知らないことと同じ。いかに的確な判断をしてもそれを為し遂げる勇気と実行力がないと、その判断は何の意味も持たない。』

うむむ。デジカメを失っている間に、深い深い“気づき”をさせられました(笑)。
やっぱり、デジカメが壊れて ついていたようです♪これは間違いなく何かのお告げだと思います(笑)

皆さんは今日、どんな幸運・感動と出会いましたか?

2010年3月 9日 (火)

幸運の作り方。

今日は静岡県浜松市で朝を迎えます。静岡にて充実した仕事を無事に終え、東京へ戻る途中 雪が降ってきました♪

Dsc06927

今日の仕事の途中、前屈みになった際に上着の背広から何やら怪しげな音が
ビリビリビリッ・・・。
確かめてみると、愛用しているHUGOのスーツ(実は私はHUGOのスーツが大好きで、6着持っているスーツの内の4着がHUGOなくらいです♪)の裏地が破れているではないですか(笑)。

Dsc06929_2 Dsc06931

実は、先日行きました高知旅行の際にも旅行の途中で、毎日愛用しているSONYのデジカメ DSC-WX1が不調でズームが効かない状態に(笑)。昨年9月に購入して未だ半年弱なのですが、さすがにデジカメは日々のブログにも影響しますし痛いダメージです(笑)。

Dsc06937

このスーツの一件、デジカメの件からして、
「ついてる!これは何かのお告げだ♪」
などと思い、すぐに修理に出しました(笑)。

Dsc06939 Dsc06942

以前までなら、このことを『全く、ついてない!』と腹を立てていたかも知れません(笑)。しかしながら、最近は色々な著書を読む上で、随分と物事の受け止め方も変わってきました♪

Dsc06945 Dsc06946

“『ついてる♪』と思う事と『ついていない』と思う事とは、実はいずれの場合の出来事も『ついている♪』と処理できてしまう。”
と思っています。『ついている♪』と思うと、全然苦にならないのです(笑)。

Dsc06961_2

実際、今回の出来事の場合は『ついている』と思っても『ついていない』と思っても事実は変わりません
そんな中でスーツとデジカメを修理に出したのですが、結果 非常に幸運なことがその後 連続しました(笑)。ここでは話が更に長くなりそうなので述べません♪

Dsc06965 Dsc06966

今日、Twitterの中で望月俊孝さんが素敵な言葉(実際は松下幸之助さんの言葉)を呟いていました♪
『“百聞は一見にしかず”というが、“百聞百見は一験にしかず”とも言える。知っていても実行しなければ知らないことと同じ。いかに的確な判断をしてもそれを為し遂げる勇気と実行力がないと、その判断は何の意味も持たない。』

Dsc06967

皆さんは今日、ついていましたか?

2010年3月 8日 (月)

経験が生む常識・非常識。

昨日、高知から東京へ戻ってきたばかりですが、今日は早速 静岡県の焼津市~浜松市へ出張です(笑)。今日は終日曇っており、残念ながら富士山を見ることは出来ませんでした。

Dsc06864

浜松市への出張となると新幹線を使う場合が多いのですが、今回は仕事の都合上 車で向かいます。焼津市~菊川市へ行く途中で美しい茶畑と遭遇しました♪

Dsc06871_2 Dsc06874

前回、浜松市へ訪問したのが1月中旬だったのですが、その時はチェックインしたホテルが好みに合わなかったので、今回はホテル選びに慎重になりました。前回の合わなかった点として、私は日頃から仕事上の関係でパソコンのネット環境が必須のため、ホテル選びとして“全室LAN接続”を一つの基準にしているのですが、そのホテルは“全室LAN接続”と表記しておきながら実際は“モデム貸し出しにより接続可能”だったのです。更にそのホテルは1月中旬の寒い中、部屋の設定温度を28度まで上げたにも関わらず、暖房の効きが非常に悪く、寒くてほとんど寝付けない状態でした(笑)。

Dsc06882 Dsc06884

今回のホテルは前回より値段は若干上がりますが、きちんと“全室LAN接続”と記載されています。しかしながら、チェックインして早速部屋内を確認すると やはりどこにもLANケーブルやLANの接続口がありません(笑)。フロントへ電話すると当たり前のように「そうですか。ではモデムを貸し出しておりますので、受け取りに降りてきて下さい♪」との返事(笑)。

Dsc06880 Dsc06886

私は九州から北海道まで出張や旅行で飛び回り、色んなホテルを滞在しておりますが、このような“モデム貸し出しのサービスによるネット接続”と出会ったのはこの浜松市の2件だけです。しかも、両フロント共にごく当たり前のように言ってくるので、私の認識とのズレは非常に大きかったですね(笑)。
私の認識ではこの“モデム貸し出し”は“全室LAN接続(常備)”という表記ではなく、“全室LAN接続可能”です(笑)。そもそも全室分のモデムがあるのでしょうか?

Dsc06904 Dsc06905

まだまだ、自分の常識と他人の常識のズレというものは有りそうです♪
色んな経験をすることにより、そのズレを縮めていくしか無さそうですね(笑)。

Dsc06911 Dsc06914

皆さんもきっとあると思います♪周囲の人からすると“常識”であっても、自分にとっては全く理解出来ていないこと(笑)。
また、日頃から出張や旅行などで あちこちへ移動する方と、ほとんど仕事場(もしくは学校など)から自宅までの移動しかされない方とでも、その“常識”の範囲は大きく異なるかも知れません。

坂本龍馬記念館で、あの時代でありながら龍馬が西日本全域~関東までを何度も往復していた(しかも、あの若さで!)ことを知って、驚かされました。と、同時にこうやって色々な場所で色々な文化や習慣と触れ合うことにより、他の人にはない思考と知識が身ついたのだなぁ。と改めて感じずにはいられませんでした。

Dsc06924 Dsc06926

今回の認識のズレも同じです(笑)。何事も経験でしか 克服することは出来ないのだなぁ♪なんて思う 今日この頃でした。

2010年3月 7日 (日)

旅行で得た気付き。

今日は高知県土佐市にあります『ヴィラサントリーニ』さんで朝を迎えます♪
ホトトギスが鳴き、神秘的な小雨が静かな朝を迎えてくれました。嫁姉夫婦と共にとても素敵な朝食を終え、惜しみながらホテルを離れて向かう先は、高知城と日曜市です。

Dsc06540 Dsc06563

高知城では、板垣退助が出迎えてくれます♪
「板垣死すとも自由は死せず。」
天守閣から眺める風景も、建設当時と現在とでは随分違うのでしょう(笑)。

Dsc06642 Dsc06652

他にも山内一豊にまつわる銅像もあり、昨日の長曽我部元親といい 戦国武将マニアには鳥肌ものの観光コースともいえるのではないでしょうか(笑)?
このように、城を巡る観光は非常に勉強になります。もちろん、勉強になるだけでなく新しい知識や刺激に触れることもできます♪

Dsc06676 Dsc06683

高知城を離れると共に、今回 一緒に旅行に参加して頂いた嫁姉夫婦とも解散します。本当に、共に楽しく過ごさせて頂きました♪おかげで、とても充実した楽しい週末を過ごせました。ありがとうございます♪
高知城から日曜市を経由して高知駅へ、更にバスで高知龍馬空港行きです。目指すは羽田空港、そう東京です。

Dsc06678 Dsc06690

今回の土曜~日曜の旅行は、普段と何ら変わらないはずの週末です。しかしながら私には、まるでGWや盆休み・正月休みのような 何故か普段とは違った感覚の充実した週末のような感じがしました(笑)。その不思議な感覚を帰路の途中で嫁さんと語り合いました。

Dsc06705 Dsc06748

東京の自宅に帰宅すると、荷物の整理をしていた嫁さんが 珍しく考え込むような仕草で独り言を言い始めました。
「そうかぁ、きっと“人生は旅行と同じ”なんだぁ。」
???えっ?!なに??どうした???
「旅行はね、普段の何気ない週末を、きちんとした計画を組むことにより 充実した週末へと変えるでしょ?人生も、きちんとした目標を立てて日々の積み重ねをすると、目標は叶うんだよ。」

Dsc06771 Dsc06803

「旅行は短い期間だから簡単に予定が立てられる。人生は長いと思い込んでいるから 日常の生活を疎(おろそ)かにしやすくなってると思うのね。でも、旅行も人生も短いか長いかだけの違いで、目標と計画を立てればどちらも同じで、目標や夢は必ず叶うんだよ♪」

Dsc06811 Dsc06820

大胆な発言に思えますが、とても理に敵っており 最もな言葉だと思います。
すべては日々の積み重ねと、将来を見据えながら暮らしているのかで、未来は自ずと決まってくるのだと思います♪

Dsc06821 Dsc06825

今回は単なる“素敵なホテルでゆっくり過ごす”というテーマから、坂本龍馬や高知城の板垣退助、山内一豊など壮大な歴史を学ぶことにより、多くの学びと気付きを得ました♪

Dsc06830 Dsc06834

皆さんは、今週末をどのようにして過ごしましたか?

Dsc06838 Dsc06859

皆さんがみている、10年後の夢はなんですか?1年後の目標はなんですか?

Dsc06741

2010年3月 6日 (土)

志を持て。

今日は朝早く起床し、9時過ぎ羽田発の飛行機に乗ります。目的地は高知龍馬空港♪

Dsc06218 Dsc06221

先ずは、はりまやばしに寄り、長曽我部元親の銅像とお墓参りです♪

Dsc06248 Dsc06252

今回の旅は元々、嫁さんが計画したもので高知に来たかったというよりは“お洒落なホテルでゆっくりと一日を過ごしたい。”そんな気分から計画が始まったものです(笑)。

Dsc06267 Dsc06268

ですので、最初に決まったのは場所でなくホテル♪まずはネットで全国のホテルを検索して見つけ出したのが高知県土佐市にあります『ヴィラサントリーニ』さん。その後、周辺の観光をするプランが決定しました(笑)。

Dsc06286 Dsc06289

宿泊先から決まる旅行もなかなか楽しいものです♪

Dsc06293 Dsc06290

高知県で話題なっているのが、ご存知“坂本龍馬”。もちろん坂本龍馬に関する観光先へも足を運ばせます♪

Dsc06328 Dsc06335

桂浜は龍馬ブームの恩恵もあり、多くの観光客で盛り上がっていました。あいにく 小雨が降ったり、やんだりしていましたが、旅は多少のハプニングがある方が盛り上がります

Dsc06374 Dsc06383

坂本龍馬に憧れている方も多くいるのではないでしょうか?日本一 人気のある歴史上の人物とまで言われています♪起業家、会社社長、政治家などの間でも熱烈な愛好家が多くいますね(笑)。

Dsc06390 Dsc06396

皆さんの憧れる歴史上の人物は誰ですか?♪
私も坂本龍馬の歴史に触れることにより非常に龍馬に興味を持ちました(少し遅いか・・・笑)♪

Dsc06408_2 Dsc06410

今回の旅行プランは、坂本龍馬記念館にて大分県から駆けつけてくれた嫁姉夫婦と途中で合流し、一緒にホテル宿泊を楽しんでいます♪このヴィラサントリーニさん、私も海外含め様々なホテルや旅館に宿泊しておりますが、私の(決して多くはないのですが)経験だけの範囲でいうと間違いなく、一番のホテルです。三ヶ月前から予約をしていたのですが、第一希望の部屋は既に予約されていました(笑)。しかしながら、今回予約をした2室も第二希望だったとはいえ、最高です♪ホトトギスが鳴く中でのジャグジーも最高でした(笑)。

Dsc06443 Dsc06473

結婚すると“自分自身の時間の使い方が変わる”というような、様々な環境が変化しますが“家族が増え、互いの家族交流が増える”というようなことも非常に特徴的な一つだと思います♪

Dsc06480 Dsc06488

今日は何から何まで新しい価値観・未経験なことと触れ合い、五感をフル回転させることができました(笑)♪私は仕事上、日本全国を訪れる機会が多くありますが、プライベートでの旅行はまた格段で、身体全体で様々なものを吸収できる気がします♪

Dsc06495 Dsc06521

特に今日は様々なことを多く学びました。ここで全てを載せられないのが非常に残念ですが、坂本龍馬記念館にて司馬遼太郎さんのメッセージ屏風の中にある一言、
『志を持て。』
生まれたからには、自分自身の生きている意味をきちんと把握し、そのことについての志を持つ。この志があるかないかで人生は大きく変わってきます!

最近は自分自身の野望ばかりに力を注ぎ、志の意味を誤解してしまっている方も(意外に多く)いるような気がします。

Dsc06523 Dsc06526

皆さんは今日一日をどのように過ごされましたか?
そして、明日はどのように過ごされますか?♪

Dsc06398_2

2010年3月 5日 (金)

日々の積み重ね。

先ほど、遅めの晩御飯を終え 何気なしに嫁さんと語っていると、突然 嫁さんが何かに とりつかれたかのように(突然、何かスイッチが入ったように)、
「でも、人生って楽しいじゃん♪せっかくの人生なんだから~(あれして~これして~♪)」
と延々と語り始めました(笑)。

Dsc06195

その姿を見て、いままで私が若い頃に苦悩してきた人生観では「人生が楽しい」などと、あまり考えた事も少なかった(もちろん、私の両親は私をきちんと育ててくれました。しかし、私自身が己の甘えから抜け出せないまま、捻くれた性格で若い頃を過ごしていましたから・・・苦笑)のに対し、やっぱり夫婦間でも育ちや考え方がこれほどまでに違うものだなぁ。と改めて思い知らされました。いや、ある意味 気持ちいいほど感心しました(笑)♪もちろん、今は非常に楽しい毎日を過ごさせて頂いています。これは、私の両親と嫁さんと周囲の皆さまのおかげです♪なかなか恩返しする機会もありませんが、本当に感謝をしています。

Dsc06196

しかしながら、夫婦というのは、(どの夫婦においても言えることですが)本当に不思議なもので、その価値観や育ちの違う二人が一つ屋根の下で、暮らしているわけです!人生はまことに不思議なものであります(笑)。

Dsc06197

嫁さんが横で、自分自身の言葉に酔いながら「でもさぁ~、それでさぁ~、だからさぁ~」と愉しげに語りかけてくる言葉を聞きながら、私は深々と人生の面白さを感じながら このブログを更新しつつ、目の前のパソコンと向き合っている・・・・(笑)。

Dsc06198

やがて、嫁さんは自分の言葉に酔いしれて 満足した様子で「よしっ!明日は早いから寝よっ!」と言って、先に床につきました(笑)。

Dsc06206

人によって価値観や育ち、成長、喜び、悲しみ・・・様々と異なります。私もこのブログ内で、好き勝手に書かせて頂いています(笑)。人生は周囲の環境(人やモノなど)の中で、様々な視野で物事を学び、最終的な結論を 自分自身の価値観に基づきながら決断を下す連続です♪そうやって、常に自分自身(の価値観)と向き合いながら 日々を瞬間瞬間を選択してきたから今の自分自身が存在しています。

Dsc06207

だからこそ、注意しなければいけない点があります。
・他人のせいにしない。
・環境のせいにしない。
・運命(宿命)のせいにしない。
・自分自身の今の才能のせいにしない。

Dsc06211

今日という一日は二度とやってきません。人は、知らない内に日々の積み重ねによって自己を形成し、そんな無意識の中で 自分自身の価値や環境を作り上げています。

Dsc06214

皆さんは、今日をどのようにして過ごしますか?

2010年3月 4日 (木)

変化を恐れない。

今日は昨年を思い返す意味で、お台場にあります「科学未来館」(2009年9月19日観覧)にて学んだ言葉を振り返りたいと思います。

Dsc06168

「自然は人間が施す教育以上の影響力を、その内に抱いている。」(by.ヴォルテール)

Dsc06172

「幸運の女神は準備のできた者のみに微笑みかける。」(by.ルイ・パスツール)

Dsc06181

「一見、無関係に見えるものの間に、共通する性質を見つけ、これを“結びつける”ことで新しいものを生み出す力ができる。」(by.ガリレオ・ガリレイ)

Dsc06183

「常識とは、18歳までに身につけた偏見のコレクションである。」(by.アルバート・アインシュタイン)

Dsc06184

自分自身の成長を促すためには、日頃のありきたりな生活から一歩ずれたところで、新しい価値観を発見したり、今までに無かった刺激を受けるのが一番だと思います♪

皆さんは、どのくらいの頻度で旅行へ行ったり、県外を離れる機会があるのでしょうか?見知らぬ土地へ足を運ばせることは非常に刺激的で新しい知恵を授かることができます♪よく、海外旅行を経験された方とされてない方とだけでも単純に大きく価値観が変わるといわれています。

Dsc06188

私の経験からしても、海外旅行は最大の刺激でした♪普段は伝わるはずの言葉が通じない中での極限の経験・・・経験された方はよくご存知の通りです(笑)。日頃から海外へ旅行・出張されている方などは、日本を一歩も離れたことない方と比べると全く価値観や習慣までも違っているのかも知れません。

もちろん、単に海外へ足を運ばせた方だけが大きな成長を遂げているわけでもありませんが(笑)。日本国内中を旅される方もされない方と比べると非常に大きな経験を味わえますし、極端にいうと展示会や美術館などの芸術・文化に日頃から触れている方と触れていない方でも色んな意味で、思考の違いに差が出ているのだと思います(笑)。

Dsc06190

「自分は変化を望まないタイプである。」そう思い込んでいる方も多くいると思います♪

実は私も元々はそのタイプでした、嫁さんと出会うまでは(笑)。

私は「自己主張」だけは一人前のように持っていましたが、「変化」を望まない性格でもありました♪嫁さんとは、全く違う感性の中で育ってきたのです(苦笑)。でも、嫁さんが生き生きとした姿で「変化」を苦もなく受け入れ、更に成長する姿を見せつけられ 私も刺激を受けてきたのは明らかです(笑)。「自己主張」は大切な事の一つでもありますが、己を見ずに自己主張ばかりする方が多いような気もします。見栄や意地というものは、自己破滅の原因でもあります。

Dsc06192

この場を借りて、私に「自己主張できる強さ」を与えて下さった両親に感謝致します。そして、私に「新しい刺激」を与えてくれている嫁さんと、嫁さんを育てて下さいましたご両親にも感謝致します。更に、私の我がままを温かく見守ってくれたり 見逃して頂いた古くからの友人や仕事上の先輩方々へも深く感謝致します。

Dsc06194

皆さんが、自分自身の変えたいところがあるとすれば 何ですか?そして、変われていない理由は何ですか?

2010年3月 3日 (水)

地球の中での 一つの存在として。

米航空宇宙局(NASA)のジェット推進研究所は2日、マグニチュード8.8を記録したチリ大地震によって、地球の自転速度がわずかに増し、1日の長さが100万分の1.26秒短くなり、地軸の傾きも約8センチずれた可能性があるとする分析結果を発表しました。
2004年のマグニチュード9.0を記録したスマトラ沖地震についても試算すると、この時は1日が100万分の6.8秒短くなり、地軸の傾きは約7センチずれたとの事。【ワシントン=共同】より

Dsc06152

多数の死者が出て、大惨事の状況である事は十分に承知です。その事とは別の問題として、宇宙レベルの変動が起こった事実として、率直に驚いたのと同時に、先日 読ませて頂いた「2025年 あなたの欲望が地球を滅ぼす(足立直樹著)」の中で述べられていた 著者の一言を思い出しました。

私たちはもともと、この自然のシステムを構成する一員でしかない。それを自分たちが好きなように支配できるなどと考えることは、とんでもない思い上がりである。

Dsc06154

昨日参加してきました「勝間和代vs香山リカ-リアルガチンコ対談-」の中でも、勝間さんが述べていました。

我々は全体(全世界の人々)で社会を築き上げている中での一人である。
だから 一部の人を切り捨てて、一部の人を救うということではなく、全体が長期継続的に、かつ上手くいくような仕組みにしなければ、結局は自分にしっぺ返しがくる。

Dsc06156

普段から地球レベルや世界レベルで物事を考えている方はよく、「宇宙・世界レベルでのバランス」に目を向けていると思います。私はまだまだ勉強不足の身ではありますが、最近はこの「バランス」というものが意識的に頭に思い浮かぶ機会が非常に増えてきており、ますます人生をワクワク過ごせるようになってきました♪

Dsc06158

しかしながら、普段の日常の業務や生活だけに慣れてしまうと、思考がマンネリ化してしまう・・・そんな風にも感じます。もちろん、マンネリ化している人生を嘆き悲しむ必要もないと思います(笑)。

Dsc06159

昨日の、勝間さんと香山さんの議論がまだ私の頭の中でグルグル回転しています(笑)。色んな人が存在して、いろんな立場でバランスを取り合っている・・・身の周りを見ても、沢山のものに囲まれている。そして、私もその中の一つの存在に過ぎない(笑)。

Dsc06160

私はどのような人間でありたいのだろうか?
ピーター・ドラッカーさんの言葉が頭に思い浮かびます。
「あなたは、何によって憶えられたいか?」

Dsc06161

皆さんはそう質問されて、次の瞬間からどのような一歩を踏み出しますか?
それとも、立ち止ったままで居られますか?

2010年3月 2日 (火)

努力で幸せになれますか。

今日は、新宿紀伊国屋サザンシアターにて「勝間和代vs香山リカ-リアルガチンコ対談-」のトークショーに嫁さんと参加してきました♪女性が多く集まるのかと思いきや、年齢層も性別も様々なお客さんが集まっていました(笑)。

Dsc06143

1時間40分があっという間に感じるほど、終始楽しいトークショーでした(笑)。
今回、勝間さんや香山さんを目の前にしたのは初めてのことでした。お二人共、著書の中で知る印象やTVでお見かけする印象と、実際に目の前にして話される印象とで、随分違って感じました♪

Dsc06144

特に勝間さんに関しては、どこか冷たい機械的なイメージがあったのですが、お話を聞いている内に非常に温和で親近感を持てました(笑)。
いくつも 為になる言葉が交わされましたが、特に頭に残ったのは勝間さんの次の言葉でした。

Dsc06145

「私は“失敗”するのが当たり前だと思っています♪」
「多く挑戦をする上で3割当たれば、良い方だと割り切っています♪」
「人生の95%は“運”で決まると思います。残りの5%の力で、95%の“運”のブレ幅をどのように好転できるのか?に影響を与えるのだと思います。」
この言葉には非常に同意させて頂きました(笑)。

Dsc06146

今回のテーマの中で、“挫折”しやすい人とそうでない人の話が持ち上がりました。
私が個人的に感じる“挫折しやすい”または“落ち込みやすい”性格の方の傾向として、少しの失敗だけですぐに落ち込んだり、すぐに結果を出そうとして落ち込む傾向があるように感じています。
もちろん中には、色んな努力をしている中で環境が原因であったり、自分自身の力ではどうする事も出来ない状況に陥ることもあるとも思います。ですので“挫折しやすい人”を責めるつもりは全くありません♪“落ち込むのも無理はない”とも思います(笑)。
でも、それで終わってしまうのは 時間が勿体ないですよね(笑)。“生きていられる時間”には限りがあるわけです♪少し落ち込んだとしても、落ち込み続ける時間があれば また次の挑戦をし始めてしまった方が良い♪それが私の考えです。もちろん、そう思わない方がおられても良いのだと思っています(笑)。そうしたいけど「できない」のです!と言いたくなるのもよく分かります♪

「やる」のか「やらない」のかを決めるのは自分自身であって、どちらも間違いではないと思います。どちらの選択をしたにしろ、他人を僻む[ひがむ]ことなく自分自身ときちんと向き合っていれば、どちらの選択でも良いのだと思います♪

ちなみに、かのエジソンは電球を完成させるまで9千回以上の実験を繰り返している事をご存知ですか?

Dsc06148

勝間さんが、「私は“失敗”するのが当たり前だと思っています♪」と述べた直後に、会場からはドッと笑いが起こりましたが、あの笑いは色んな意味で それぞれが別々の観点から感じた笑いにも思えました(笑)。
個人的には、「それはそうだなぁ♪いきなり自転車に乗れたわけじゃなかったよなぁ♪」と思いながら笑いましたが、中には「勝間さんが“失敗”することなんてあるのか?」とか「“失敗するのが当たり前”なんて事は無いでしょ!」などという失笑もあったのかも知れません・・・。
私なんて、幼少時代に自転車の最初の練習で転んで トラウマになってから、次に乗れるようになるまで数年の時を経ました(笑)!今でこそ、何度も失敗を繰り返えせるようになれたり、いまもなお 失敗から色々なことを学び続けている最中ではありますが、昔は逃げてばかりの人生でした(笑)。

Dsc06149

お二人の会話のやりとりを聞きながら、スペンサー・ジョンソン著『チーズはどこへ消えた?』の内容が、頭の中に浮かんできました(笑)。
もし、いま 様々な努力をしているつもりでも なかなか状況が好転していなかったり、今の現状に悩まれている方がおられるのであれば、一読して頂けるとよいかと思います♪童話調で書かれている内容ですし、かなり厚さの薄い本ですので、すぐにでも読み終えることが出来るので 読書の苦手な方にもお薦めです♪

勝間さんも香山さんも、とても素敵な方々でした♪♪お二人は、目指している方向性は似ているのですが、普段からお付き合いする人たちの影響もあって、考え方に「認識」の違いが多少あるだけのことだと思います(笑)。

皆さんは、自分自身の“運”を味方にすることができていますか?

2010年3月 1日 (月)

今月の5W1H。

今日、テレビのカンブリア宮殿で『タカラトミー』の社長、富山幹太郎社長がピックアップされていました。

Dsc06094

最近はTVを見る機会が昨年と比較しても随分と減りましたが、時々 このような番組だけは見ています。今回は特に面白かったですね♪

Dsc06098 Dsc06104

富山社長の言葉が、いくつも私の鼓膜を、いや脳を刺激しました(笑)。

Dsc06106

「目に見えるものは20年もすれば、変わるものばかりである。いや、変わらないといけない。」
「私は失敗ばかりしている。逆にいうと失敗しても、やることを諦めなければ良い。」
「変化のために捨てるものは捨てる。守るために捨てる。」

私個人は非常に好感が持てる社長さんでした♪
穏やかな表情の中に、温かい優しさと厳しい決断力、そして社会への熱い使命感を感じさせて頂きました。

Dsc06108

先日読んだ松永修岳さんの著書『運の管理学』の中でも、
「弱気でためらいがちの人にとっては、新しい試みすべてが不可能に見えてしまう。そのため、『不安がなくなってから進もう』と考えるから、永遠に進めない。なぜなら不安はいつもでも(誰にでも)あるからです。」
と述べられていました。

Dsc06111

今年も3月を迎えました♪裏を返すと、今年に入って既に2カ月は過ぎたわけです(笑)。この2カ月間で何が出来て、何が出来ていないのか?少しだけ、振り返り 軌道修正するのも良いと思います♪
私は今年から毎月 自分自身に課題を与え(自身にわかるよう紙に書いて)定期的に「自分が与えた目標」と向き合えるようにしています(笑)。

Dsc06117_2

私は、今まで無意識の中で自分自身と向き合っていました。今は本当の意味で真正面から 意識しながら、自分自身と向き合えるよう日々を過ごしています♪これはかなり効果的です(笑)!過去の私が、今の私に心地よいプレッシャーをかけてくれます♪
このブログの問いかけを、上手く利用して頂いている方は 既にその効果を感じて頂けている方がいるかも知れません(笑)♪

Dsc06127

明日は、勝間和代さんと香山リカさんのトークショーに参加してきます♪
「なぜ、こんなやさしくて よい人が“負け組”などと呼ばれなければならないのか」by.香山リカさん。
「やる気や能力は開発できるもの。努力そのものが幸せなんです」by.勝間和代さん。
お二人がどのような対談をしてくれるのか?そして私たちにどのような課題を突き付けてくれるのか?非常に楽しみにしています(笑)。

Dsc06128

さて、皆さんはいま どのような(what)課題を自分自身(who)に突き付けていますか?
それは、なんのため(why)に。そして、いつまでに(when)。どのようにして(how)課題と向き合いますか?

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »