ブログランキング

  • 皆さんのお力を頂ければ幸いです。下のバナーをクリックすると、ポイントが入ると同時に、現在のランキング状況の確認も出来ます。皆さんの温かいワンクリックを宜しくお願いします。↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 函館にて出会った学び。 | トップページ | 早起き。 »

2010年3月17日 (水)

子供の視点。

今日は、北海道函館市で朝日を迎えます♪今日の仕事先は夕張郡になります・・・移動スケジュールは、函館市~札幌市経由~岩見沢市経由~夕張郡~岩見沢市経由~札幌市・・・少しハードですね(笑)。

Dsc00313 Dsc00340

本州や九州、四国で暮らしている方は意外に北海道の広さを知りません。私も数年前までは函館~札幌の距離感がそれほど無いものだと思い込んでいました(笑)。実はJR特急で3時間~3時間半ほどの時間がかかります。

Dsc00343 Dsc00357

とは言っても読書をしていると、あっという間です(笑)。今回は東京から持参した3冊の本が大活躍しています♪

Dsc00375 Dsc00378

今日、読んでいたのは「竜馬がゆく(司馬遼太郎著)」「成功者の告白(神田昌典著)」です。「成功者の告白」はビジネス書ではあるのですが、単にビジネスマンだけでなく家庭をお持ちの方全員にお薦めできる内容で、非常に読みやすいストーリー展開になっています。

Dsc00387 Dsc00415

「夫婦関係が機能不全(うまくいっていない状態)に陥ると、子供の出番になる。子供にとっては、家庭がすべてだ。(中略)そこで夫婦仲を取り持とうとする。」

Dsc00417 Dsc00422

「(中略)子供は、いい子か悪い子になろうとする。子供が二人いる場合には、ひとりがいい子になり、ひとりが悪い子になる。いい子は親のいうことを何でもよく聞き、優等生になることで、家庭のヒーローになる。そのことで家族の絆を取り戻そうとする。

Dsc00428 Dsc00430

「一方、悪い子は暴力をふるったり、病気になったり、事故にあったりする。そうなれば、夫婦が協力して問題に立ち向かう。こうして夫婦の絆を回復するように働きかける。

Dsc00441 Dsc00445

もちろん、これは無意識ではある。子供は、家族の場を無意識のうちに敏感に感じ取って、親にとっての最適なカウンセラー役となる。(中略)でも子供本人がいちばん傷ついているのだ。心理カウンセリングの世界では当たり前の話である。」

Dsc00451 Dsc00485

お子様がおられる方はドキリとしたかも知れません(笑)。お子様がおられない方であっても、自分自身や周囲のご家庭を見て、心当たりがあるかも知れません。
この著書は、主人公がベンチャー企業を創業し 経営者になる物語ですが、年齢性別問わず、どなたにでもお薦めできる著書だと思います♪

Dsc00491 Dsc00496

私の友人夫婦が「子供に色々と教えているつもりが、実はそうでなく“自分たちが教わっている”ことに気づく事が意外に多い。」と言っていたのを思い出します(笑)。

Dsc00501 Dsc00503

「時間は歪曲(わいきょく)する。」
「何か大切なものをひとつ手放すと、それを上回るギフトが得られる。これが世の中の法則だ。」
「知識がなければ、我々は感情の奴隷になり、パターンにはまり込む。」

この著書には、その他にも沢山の名言が出てきます。

皆さんは、今日なにを学びましたか?

« 函館にて出会った学び。 | トップページ | 早起き。 »

■北海道地方」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お仕事 楽しんでおられて素晴らしいですね♪
神田さんのメルマガは毎日みてます。
本田健さん、神田さんと、高橋歩さん 私の大好きな方です。(来月は 中谷さんが浜松に来られるのでそのセミナーに行って来ようと思ってます。)
最近、次の3つのキーワードに意識して情報収集しています。
1.相手へのマナー
2.ロジカルシンキング
3.アイデンティティー

今、市内図書館から拝見させて頂いてます。
私は ここのところ 自分の人生の軸について 自問自答の毎日です^^;

成功者の名言、とても素晴らしいですね!
とても納得いたします。
こちらでご紹介いただく書籍、
いつも楽しみにしています。
こちらの本も是非読んでみたいと思います。
ご紹介ありがとうございます。

束の間の出喜事の管理人さんの
記事からいつも学びを得ています♪
心から感謝します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1273283/33820262

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の視点。:

« 函館にて出会った学び。 | トップページ | 早起き。 »