ブログランキング

  • 皆さんのお力を頂ければ幸いです。下のバナーをクリックすると、ポイントが入ると同時に、現在のランキング状況の確認も出来ます。皆さんの温かいワンクリックを宜しくお願いします。↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 知識の価値。 | トップページ | 歴史が動く場所。 »

2010年4月28日 (水)

4月に読み終えたビジネス本。

毎月のまとめとして、その月に読んだ著書(基本的にビジネス本のみ)を紹介させて頂いていますが、この内容をまとめる度に月日の早さを感じさせられます(笑)。

さて、4月に読み終えたビジネス本は以下の通りでした。

・『「一勝九敗」の成功法則』
ジョン・C・マクスウェル著
Photo

・『第1感-「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい-』
マルコム・グラッドウェル著
Photo_2

・『魂を売らずに成功する』
アラン・M・ウェバー著
Photo_3

・『世界を知る力』
寺島実郎著
Photo_4

・『ランズバーグ先生の型破りな知恵-常識を転倒させる実証経済学-』
スティーヴン・ランズバーグ著
Photo_5

・『努力しない生き方』
桜井章一著
Photo_6

今日はいま読んでいる『超訳 ニーチェの言葉』より2つの言葉を紹介致します。

「快・不快は考え方から生まれる」
快感とか不快感は、何かが自分に与えてくれるものだと私たちは思い込んでいる。けれども実際には、自分の考え方が動かしているものなのだ。
例えば、何かをした後で私たちは“ああしなかったら、上手くいったのに”と不快感を覚える。逆に、“こうやったから結果が最上になった”と快感を覚える。
こういうふうに思えるのは、自分はやり方についてどちらの選択もできたと考えているからだ。
つまり、自分にはいつもどちらも選べる自由があるという前提から生まれた考えなのだ。
自分には選択の自由があったというその考えさえなければ、こうなったという現状に対して、快感も不快感も生まれる隙はないのではないだろうか。

「安定思考が人と組織を腐らせる」
類は友を呼ぶというけれど、同じ考えの者ばかりが集まり、互いを認め合って満足していると、そこはぬくぬくとした閉鎖空間となってしまい、新しい考えや発想が出てくることはまずなくなる。
(中略)
反対意見や新しい異質な発想を恐れ、自分たちの安定のみに向かうような姿勢は、かえって組織や人を根本から腐らせてしまい、急速に頽廃(たいはい)と破滅を促すことになる。

私は明日からゴールデンウィークに入ります♪このまる一週間をいかに活用できるでしょうか?
幸運なことに、4/29~5/3までのスケジュールはほぼ埋まりました。5/4~の時間の使い方が今後の課題になりそうです(笑)。

明日は数年ぶりに、共に二年間の青春時代を過ごした戦友にも近い友人たち(不謹慎な言葉に感じた方がおられれば申し訳ございません。悪気は全くありません♪私にとっては、それほど大事な時期に大事な友に出会えたという意味のつもりです。)と会えることになっています♪きっと、皆の大きな成長を見れると思っています。非常に楽しみにしています♪

皆さんは、このGWをどのように過ごされるのでしょうか?

↓新たな“気づき”があれば、ポチッして頂けると幸いです♪

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

« 知識の価値。 | トップページ | 歴史が動く場所。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1273283/34431767

この記事へのトラックバック一覧です: 4月に読み終えたビジネス本。:

« 知識の価値。 | トップページ | 歴史が動く場所。 »