ブログランキング

  • 皆さんのお力を頂ければ幸いです。下のバナーをクリックすると、ポイントが入ると同時に、現在のランキング状況の確認も出来ます。皆さんの温かいワンクリックを宜しくお願いします。↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 歴史が動く場所。 | トップページ | 旅から学ぶもの。 »

2010年4月30日 (金)

関ヶ原の地。

昨晩は遅くまで同窓会を楽しませて頂きました♪
集まってくれた皆に感謝です(笑)。

Dsc02508_2 Dsc02563 Dsc02516 Dsc02524

共に過ごした年月は僅か2年でした。
出会ってからの18年間、その後の会う機会は少ないといえども 出席率は半数以上(10名弱??)、集まるわけですから立派なものです(笑)。

Dsc02528 Dsc02530 Dsc02540

私自身、葬られてしまっていた記憶の数々が暴露話と共に蘇ってきました(笑)。
周囲の仲間が、過去の私や他の仲間のとんでもない過去の話(伝説?!)などで盛り上げてくれましたが、思い出せば思い出すほど懐かしさと今とのギャップに吹き出さずにはいられない楽しいひとときでした♪

Dsc02552 Dsc02581 Dsc02584 Dsc02590

さて、そんな中で今日は愛知県名古屋市から岐阜県の関ヶ原、更に移動し「日本三大名泉」下呂温泉にて宿泊します。

Dsc02595 Dsc02600 Dsc02602

まずは『古戦場の町 関ヶ原』へ足を運びます。
この関ヶ原にて、東軍 徳川家康西軍 石田三成の決戦が行われたのはいうまでもありません。

Dsc02605 Dsc02613 Dsc02612

日本で最も激しい戦争が行われた“関ヶ原の戦い”・・・その名前はよく知るものの、その土地の空気や匂いなど、実際に肌で知るためには現地へ行ってみたい♪そんな思いで、今回は関ヶ原の地に立ち、更に約4時間かけて歩き回ってきました(笑)。

Dsc02615 Dsc02617 Dsc02650 Dsc02627

関ヶ原の観光名所をあちこちと嫁さんと歩き回りましたが、私はもちろん 嫁さんまでが顔色を変えながらその壮絶だった関ヶ原の戦いで何が起き、どのような悲劇と栄光があったのかを身体で体験することができました。非常に貴重な体験でした。

Dsc02636_2 Dsc02633_2 Dsc02638_2

関ヶ原という一つの場所で、日本全国の名将たちが一度に集結しました。
中でも、大谷吉継の墓に足を運べたのは、私の人生にとっても特別な思い出の一つになりました。
この大谷吉継の墓は、関ヶ原の観光巡りのいくつかのコースからしても少し遠い地になるのですが、カリスマ的な人気もあるせいで多くの人が足を運んでいました。ライ病に冒された吉継の伝説が眠るこの墓は国史跡にも指定されており、花や線香の絶えることが無いといいます。

Dsc02640_2 Dsc02644_2

関ヶ原駅⇒松平忠吉・井伊直政陣跡⇒東首塚⇒徳川家康最後陣跡⇒決戦地⇒石田三成陣跡⇒島津義弘陣跡⇒開戦地⇒小西行長陣跡⇒宇喜田秀家陣跡⇒大谷吉継の墓⇒平塚為広の碑⇒不破関守跡⇒西首塚⇒関ヶ原駅
のコースです。

Dsc02667 Dsc02665 Dsc02662

その後、更に列車を乗り継ぎながら下呂温泉のあるホテル「PASTOR」へ向かいます♪
美しい景色を眺めながらの列車旅、デジカメで撮影した写真では全体像がわかる由もありませんが、この地に身を置き五感に刺激を感じながら日本の美しさを満喫させて頂きました(笑)。

Dsc02671 Dsc02678 Dsc02681

下呂温泉そのものは学生時代に友人と車で来たことがあったのですが、そのときは湯に浸かることもなく通り過ぎただけでした。今回の名古屋同窓会ではその友人とも再会することができました♪

Dsc02691 Dsc02700 Dsc02708

今回は関ヶ原を歩き回った疲れを、ゆっくり癒すことができました♪
うぐいすの鳴き声や川の流れる水音を聞きながら、夕日を背景に壮大な山々に囲まれながらの温泉は最高でした。夕食の飛騨牛のしゃぶしゃぶも贅沢で格別でした♪

Dsc02709 Dsc02711_2

昨日から今日にかけ、様々なところを移動してきました。
しかしながら戦国時代や坂本龍馬の時代の人々は、自分の足一つで数ヶ月 あるいは数年近くかけて この日本中を歩き回ったといいます。

Dsc02716 Dsc02715 Dsc02736

この便利になった現代では、その当時と比べ やりたいことできないことを探す方が難しいほど生きやすい時代になりました♪
今回の旅行は、歴史や自然を楽しみながら、自分の人生を見直す素敵な思い出ができました。

Dsc02748 Dsc02755

皆さんは、どのように日々を過ごされているでしょうか?

Dsc02758_2

↓飛騨牛が美味しそうに見えた方(笑)、もしくは新たな“気づき”があれば、ポチッして頂けると幸いです♪

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

« 歴史が動く場所。 | トップページ | 旅から学ぶもの。 »

■中部(北陸・中央高地・東海)地方」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1273283/34458574

この記事へのトラックバック一覧です: 関ヶ原の地。:

« 歴史が動く場所。 | トップページ | 旅から学ぶもの。 »