ブログランキング

  • 皆さんのお力を頂ければ幸いです。下のバナーをクリックすると、ポイントが入ると同時に、現在のランキング状況の確認も出来ます。皆さんの温かいワンクリックを宜しくお願いします。↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« コミュニケーションの原点。 | トップページ | 始めるから始まる。 »

2010年4月20日 (火)

自らが手にする選択肢。

皆さんもスーパーマーケットなどへ買い物など行かれる経験があるかと思います。
では、同じような商品が並んでいた際に、実際にどのような事を基準にして商品を選び、買い物カゴに入れたり レジへ並んでいるのでしょうか?

とある心理学者の著書の中で、
人間の頭脳は、独特のてっとり早い方法を見つけ出す。複雑な判断を迫られると、手元の選択肢にどの程度の手間をかけるかを決め、「まぁこれならいいだろう」というものを選び出す。
と述べられていました。

スーパーマーケットの店頭で客がパッと判断する方法は、よほどの凝り性でもない限り、消費者は商品を選択するために必要な膨大な知力を動員できない(あるいは“しよう”としない)。

実際に、様々な消費者調査で、大半の消費者は以前に買った経験のある商品を選ぶ。
ということが分かっているそうです。

最高の何かを探し求めるのではなく、まぁこれならいいだろう、と商品選択を曖昧なまま脳を使うことを止めてしまっている・・・こうした経験、皆さんにもないでしょうか?

私は周囲の方から割と凝り性に思われがちですし、ある程度の自覚もしています。しかしながら、そんな私でも「まぁこれならいいだろう」と、以前にも買った経験のある商品を選ぶことはあります(笑)。新しい商品が並んでいても、いま現在使っているものが一番安心だと思い込んでしまうのです。

とはいいつつも、なぜか私だけに留まらず、私の周囲の友人に関しても、「少し捻くれているのではなかろうか?」と首を傾げてしまうほど“凝り性”の友人も多いような気が致しますが・・・いや、失礼しました(笑)。

全てのことに、必要以上に神経を尖らせる必要はないとは思います。
しかしながら、こうした手抜き判断を日々繰り返してしまっていると、おそらく私たちは自分自身の意識がないところで気づかないままに、TVや新聞の報道、あるいは町や商品棚に飾られている広告紙などにつられるままに動いてしまう・・・そんなことには絶対にならない。そう言い切れなくなるかも知れません(笑)。

しかも これが、商品棚から物を選ぶくらいならまだ良い方かも知れません。
これが私たちに与えられた政治家選びの投票権などへも影響を及ぼしているかも知れません。(ちなみに“誰にも投票しない”というのも一つの選択肢といえると思います。)

そして、この考え方は私たちが選ぶ生き方(習慣)にまで及ぶ。
そんな気がしてなりません(笑)。

皆さんは、どのように思われるでしょうか?
レジで並んでいる最中に「そもそも、自分はどうしてこの商品を選んだのだろう?」なんて少し考えてみると、なにか新しい“気づき”があるかも知れませんね。

↓共感頂ければ、ポチッして頂けると幸いです♪

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

« コミュニケーションの原点。 | トップページ | 始めるから始まる。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1273283/34314706

この記事へのトラックバック一覧です: 自らが手にする選択肢。:

« コミュニケーションの原点。 | トップページ | 始めるから始まる。 »