ブログランキング

  • 皆さんのお力を頂ければ幸いです。下のバナーをクリックすると、ポイントが入ると同時に、現在のランキング状況の確認も出来ます。皆さんの温かいワンクリックを宜しくお願いします。↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 偉大なる教育者たち。 | トップページ | 第三者の目。 »

2010年5月24日 (月)

竹の成長。

最近の私と嫁さんのマイブーム(ウィーブーム?!)は、戦国時代幕末などの日本の歴史跡地を巡ることです(笑)。
歴史は面白い上に、多くの学びを得ることができます♪
※同時に、今年 訪問した歴史的建造物を振り返ってみたいと思います♪

Dsc04425 Dsc04468
会津若松:鶴ヶ城

歴史に限らず、映画や小説でも同じことがいえると思いますが、面白い物語というものは魂を惹きつける力を持っています♪

いま読んでいる著書の中で、
「時と文化を超え、あらゆる神話や伝記には同じ基本的な要素が、変わらぬ一般的な手法で盛り込まれている。」
と述べられていました。

Dsc06295
高知:長宗我部元親像

それは、つまり大きく三つの部分に分けられるストーリー展開で表される。
・旅立ち、生い立ち[エピソード]
・新たな世界に入る[イニシエーション・問題・転機]
・帰還[プロローグ]

・物語には必ず、話の元となる何らかの出来事や生い立ちから始まる。
・イニシエーションの間には厳しい試練が課され、底知れぬ絶望を味わったり苦労をするが、そこには大抵は良き指導者が現れて、かけがいのない授けものをもたらしてくれたり、新たな人格を持った人間へと生まれ変わったり、新たな能力を身につけたりする。
・それから、もとの世界へ戻り、世界の改善に全力を傾けたり、物事を解決していく。

Dsc06378
高知:坂本龍馬像

この構成は、ブッダの物語、アーサー王伝説、スターウォーズ、マトリックス、ウルトラマン、仮面ライダー、エジソン、リンカーン、織田信長、坂本龍馬などの様々な分野・人の物語においても、同じ基盤になっているというのです。

Dsc06679
高知:板垣退助像と高知城

改めて言われてみれば、起承転結・・・当然の構成のようにも思えてしまいます。
では、自分自身の人生を一つの物語にして考えてみると、どうでしょう?(笑)

Dsc00214 Dsc00222
函館:土方歳三像

私でいうと
・幼少時代の気弱な性格、体質。
・学生時代での挫折や屈辱で荒れた生活から、名古屋での独り暮らしや周囲の環境変化による転機。
・社会に入り、プライベートと仕事共に充実な生活。
となるのでしょうか?!(笑)

皆さんも過去の自分自身の劇的な出来事を振り返ると、同様の構成に組み立てられるのでしょうか?

Dsc00127
函館:五稜郭

もしかすると、いま現在“新たな世界に入る「イニシエーション」”の真っ只中といえるかも知れません(笑)。
立ち止って考えてみると、昨日や一週間前と変わっていないような気がして不安になってしまう・・・そんな方も多いだろうと思います。
近い未来、あるいは遠い将来に対して、日々継続して行っている今の行動の一つ一つが、新たな未来を生み出しているわけです♪
いま、自分自身が立っている場所や位置はどの地点なのでしょうか?

Dsc02394 Dsc02427
愛知:清洲城

竹は、最初の4年間は土の中だけで成長し、外からは小さな株と先っぽしか見えないのだそうです。
しかし5年目に入ると、いきなり25メートルの高さまで成長する。

Dsc02444
愛知:織田信長像

人間の生活や環境だけでなく、自然界においてもダーウィンの進化論のように、長い時間をかけなければ実らない進化や成長があるのだと思います。

Dsc03667
静岡:徳川家康像

正しい原則に従い、忍耐強さ、謙虚さ、勇気を身につけてこそ、初めて自分自身に大きなものが降り注ぐ♪

このスピード社会においては、どうしても早い結果を望んでしまいがちにはなりますが、時には竹のように、コツコツと粘り強く努力をしなければ、本物の力は身に付かないのかも知れません。

Dsc03978
東京:近藤勇像

皆さんが、もし・・・
5年前の自分自身にアドバイスできるとしたら、何を言いますか?
5年後の自分が、いまの自分自身にアドバイスをしてくれるとしたら、何と言ってくれるのでしょうか?

Dsc04228 Dsc04262
東京:西郷隆盛像、勝海舟像

↓新たな“気づき”があれば、ポチッして頂けると幸いです♪

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

« 偉大なる教育者たち。 | トップページ | 第三者の目。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1273283/34855903

この記事へのトラックバック一覧です: 竹の成長。:

» 坂本龍馬の歴史事典 [坂本龍馬の歴史事典]
坂本龍馬の歴史事典を紹介します [続きを読む]

« 偉大なる教育者たち。 | トップページ | 第三者の目。 »