ブログランキング

  • 皆さんのお力を頂ければ幸いです。下のバナーをクリックすると、ポイントが入ると同時に、現在のランキング状況の確認も出来ます。皆さんの温かいワンクリックを宜しくお願いします。↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 小さな光。 | トップページ | 命をかけて残すもの。 »

2010年5月16日 (日)

「各々の人生」=「一つの歴史」。

今日も昨日に引き続き、一日中 嫁さんと史跡巡りを楽しんできました♪
主に「新撰組(新選組)」の舞台を中心に、先ずは「高幡不動尊」へ足を運びます。

Dsc03859 Dsc03871 Dsc03896

この高幡不動尊では、仁王門、不動堂、奥殿の建造物三棟が国重要文化財に指定されています。
関東三大不動尊の一つであり、厄除け・交通安全の神様として信仰を集めています。

Dsc03901 Dsc03908 Dsc03932

その他、明治21年に完成した市指定文化財の近藤勇・土方歳三顕彰碑土方歳三の銅像などがあり、新撰組を好む方々が多く訪れています。
今日の客層は非常に幅広く感じましたが、若い方はデジカメを持ちながら土方歳三の銅像の周囲に集まっていたのが印象的でした♪

Dsc03874 Dsc03878 Dsc03933

その後は「土方歳三資料館」へ足を運びます♪
函館で戦死した新撰組 副局長 土方歳三の命日となる明治2年5月11日にあわせ、4月18日から5月16日の今日までの間、年一度の期間限定で歳三の貴重な愛刀 和泉守兼定(いずみのかみかねさだ)が公開されていました。
この和泉守兼定の刀身は、日野市指定有形文化財に指定されています。

Dsc03941 Dsc03943

住宅街の中に突然現れる、普通の家を資料館にした土方歳三資料館内は10畳ほどの狭いスペースに約50名近くの客で溢れかえっており、その人気ぶりに改めて驚かされました。
しかも、若い方の多いこと!特に私の年齢含め(笑)、若い方々がその約7割を占めていました。

Dsc03944 Dsc03945

館内では、土方歳三の子孫にあたる方が丁寧にその生い立ちから歴史を細かく説明してくれました。
生々しく残る遺物はどれもとても印象的でした。

Dsc03952_2

次に向かうは、その資料館から数分歩いた先にあります真言宗の寺院「石田寺」です。
土方歳三の墓地があります。墓地とはいっても、ここもやはり相当な参拝者数でした。次から次に男女問わず、参拝者が訪れていました。

Dsc03956 Dsc03963

実際には、土方歳三の遺骨は埋葬されていない「引き墓」という形式で残っています。
考えてみると、私は土方歳三が戦死する函館の地にて「土方歳三最期の地」へも訪問したばかりです。
(過去の2010年3月16日ブログ『函館にて出会った学び。』より)

Dsc03965 Dsc03969

※墓石を掲載するのには少々悩みましたが、遺骨が埋葬されていないという点、日野市教育委員会の看板がある点などを考慮し、今回は掲載することに致しました。

その後、場所を変えて向かった先は「龍源寺」です。
新撰組の局長 近藤勇が葬られた菩提寺で、山門横に近藤勇の胸像、本堂裏に墓があります。

Dsc03989 Dsc03988 Dsc03978

近藤勇は板橋で処刑されたあと、甥の宮川勇五郎が、刑場の埋葬塚から肩に傷のある首のない遺体を掘り出し、密かに生まれ故郷の当地に運ばれ、野川にかかる相曽浦橋で親族と無言の対面をしたと伝えられています。

Dsc03981 Dsc03983

その後、龍源寺から少し歩いたところにある「近藤勇生家跡」へ足を運びます。
近藤勇(旧姓宮川勝五郎)は、天保5年(1834年)多摩の農家である宮川久次郎の三男に生まれ、天然理心流師範 近藤周助の養子となり、後の活躍の基盤を築きました。

Dsc03990 Dsc03992 Dsc03993

ここでも驚いたことは、やはり若い方々が次から次にデジカメを持って訪れている風景です。
ここ最近は、いわゆる歴女”と呼ばれる女性たちが増えているようですが、改めて身を持って驚かされました(笑)。

一方“草食系男子”などと呼ばれる、いわゆる「恋愛に積極的でない男性」「新世代で優しい男性」「心が優しく、男らしさに縛られない男性」「傷付いたり傷付けられるのが苦手な男性」「恋愛にガツガツしてない男性」などの存在が(色んな意味で)注目されていますが、この差は何でしょう?(笑)

プライベートな時間を史跡巡りなど自分の好きなように生きる女性が増え、恋愛に憶病になったり、結婚相手を探すために必死になる男性が増える・・・そんな現代を新撰組のような戦士たちはどのように見ているのでしょうか?(笑)

Dsc03995 Dsc03999 Dsc04005

最後に、予定では野川公園でのんびりするつもりでしたが、日が暮れ始めたことと嫁さんの希望もあって「禅林寺」へ足を運び、太宰治森鴎外のお墓参りをしてきました。

Dsc04012 Dsc04013 Dsc04014

太宰治の墓がこの寺院に設けられたのは生前の希望によるものだそうです。
命日である6月19日の桜桃忌には太宰ファンが集うそうです。
もともと、森鴎外の墓は向島の弘福寺にありましたが、大正12年にこの寺院にうつされたのだそうです。

Dsc04010

今週末は2日間にかけて、東京の史跡巡りを堪能致しました。
もともと私自身は日本の歴史が好きなのですが、ここ最近は嫁さんも「歴女」といえないまでも、歴史に深い関心を寄せているようです(笑)。

皆さんは、この2日間をどのように過ごされたでしょうか?

お子さんを公園へ連れて行かれた方もおられると思います♪
買い物へ出かけられた方もおられると思います♪
スポーツ観戦や映画鑑賞をして楽しんだ方もおられると思います♪
試験勉強に精を出した学生もおられると思います♪
友人たちとゲームなどを楽しんだ方もおられると思います♪
休日だからこそ稼ぎ時だったサービス業の方もおられると思います♪
一日中、家の中でゴロゴロして寛いだ方もおられると思います♪
片思いの男性を想い続けた女子などもおられるかも知れません♪(羨ましい~♪)

Dsc03881 Dsc03890

いま、私はビジネス本の他に司馬遼太郎「竜馬がゆく」などを読んでいる最中ですが、嫁さんも今回の史跡巡りを通じて、太宰治や新撰組に関する著書に関心を持ったようです(笑)。

皆さんは、どのように人生を楽しんでいますか?

Dsc03973

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

« 小さな光。 | トップページ | 命をかけて残すもの。 »

■関東地方」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

うちは家族で遊園地行ってきました。
混んでるのは嫌いなんであえて
GWはずしで・・
子供の笑顔は幸せになれます。

たまに楽しく拝見させて頂いてます。

そして、変わりようにハッとします。
学生の頃からすると、想像し難くもありますが卒業してからの期間でこんなにも変化出来るのかと感心します。

ここで、私の持論ですが、「想像できない事はやっても出来ない。なぜなら達成する意思がないから想像が出来ない」のです。
人間到底出来ない事を人に頼まれたりすると、出来ないと思うばかりにやる方法を見失い出来なくなってしまうのだと。

精神論でも何でもなく一つの事実だと思ってます。

ただチャレンジする強い意思と思い込みが必要かもしれませんが。。。

すずかけ台に着きました。
今日はこの変で。!

嫁さん大切に!
本当に良くで来た嫁さんだよね。交換したい(笑)

近藤勇と土方歳三。。。新撰組の光と影、ちなみに歳様ファンです。どーでもいっか・・・一度訪れてみたいですねぇ~!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1273283/34726027

この記事へのトラックバック一覧です: 「各々の人生」=「一つの歴史」。:

« 小さな光。 | トップページ | 命をかけて残すもの。 »