ブログランキング

  • 皆さんのお力を頂ければ幸いです。下のバナーをクリックすると、ポイントが入ると同時に、現在のランキング状況の確認も出来ます。皆さんの温かいワンクリックを宜しくお願いします。↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 一日の終わり。 | トップページ | 信念の周囲に存在するもの。 »

2010年6月19日 (土)

元気に生きる余力を残す。

今日はスーツを購入しに新宿へ行ってきました♪
いつものHUGOで2着のスーツを購入、これで仕事も更に身が入ります。考えてみると、最近の私のお小遣いは本と仕事関連しか購入していません(笑)。
その後、またいつもの紀伊国屋で2冊の本を購入しましたが、著書のタイトルが『「あなたと会うと元気になる」といわれる人の共通点』。このタイトルを見ると、すぐに嫁さんを想像してしまいます(笑)。

さて、そんな嫁さんが最近は“自分自身のやりたいこと”を率先して、次々とこなす姿がよく目につくようになりました。そこで感心させられるのは、次から次へとアイデアが出てくるようで、それを完璧にこなそうとする姿です(笑)。

考えてみれば、以前は私も所謂「完璧主義」だったような気が致します(笑)。
しかし、最近この「完璧」ということに対して、実は「完璧でないくらいが丁度良い。そのような考え方に変わってきました♪

なにか一つのことをする際に、80%の力で80%の出来具合に留めておく。
残りの20%を次の課題へと残し、次の課題に余力を残しながら、新たな挑戦に向けて再び走り始める♪

100%で何か一つのことに取り組むと、出来上がった時に大きな脱力感を感じ、良い結果が出ればまだいいかも知れませんが、逆に悪い結果が出た際の修正が効かない・・・そのような気が致します(苦笑)。

自然界でも似たようなことがあるようです。
たとえばライオンがシマウマを襲う。
しかし、どんなに飢えたライオンでも、シマウマの肉を最後まで食べ尽すことはないのだそうです。その食べ残しを、次はイヌワシがやってきて食べる。そして、そのイヌワシも少しの肉を食べ残し、その肉をハイエナがやってきて、残り物を食べる。更に、ハイエナが食べ残したものを虫がたかる。
そんな虫もシマウマの跡形もなくなるまでに始末できないのだそうです。やがて食べかすの肉は腐り、大地の養分となる。そして草木を育て、それを草食動物が食べる。その草食動物を、再びライオンが襲う。
これが自然界の「共存共栄のしくみ」というのです♪

常に80%の出来具合にしておくと、残りの20%の課題を目標として、次の新たな課題へ取り組めるため、次から次へとアイデアが湧いたり、行動力が増す。人間の行動や思考にも、ある程度の余力を残しておく方が動力が増す可能性があるかも知れません♪
掲げられた目標を最後まで、完璧にやり遂げなければならないと、ムキになって意気込む必要はないと思います。
完璧になにかを遂げようとする人の姿は恐ろしく見えたり、近づきがたく感じることもあります(笑)。
そういう意味では、余力を残しながら行動をする人の姿の方が気持よく接することが出来たり、多少の失敗が生じても笑顔が漏れたりする場面もあるかも知れません(笑)。

今日はワールドカップ 日本対オランダ戦があります。
個人的には、どのような結果になるか少し楽しみでもありますが、結果以上に試合内容が気になっています♪

皆さんはいま、どのような事に取り組んでいるでしょうか?

つづきはまた今度♪

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

« 一日の終わり。 | トップページ | 信念の周囲に存在するもの。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

元気印の奥様なんですね♪
余力を残す・・・・なるほど。
次にまわすための力を残しておく。

完璧主義の傾向にあるのですが、
そんな私の姿ははたからみて
おそろしいのでしょうか?
そんなことをふと考えてしまいました・・・・

素敵なきづきをありがとうございます
応援凸!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1273283/35363796

この記事へのトラックバック一覧です: 元気に生きる余力を残す。:

« 一日の終わり。 | トップページ | 信念の周囲に存在するもの。 »