ブログランキング

  • 皆さんのお力を頂ければ幸いです。下のバナーをクリックすると、ポイントが入ると同時に、現在のランキング状況の確認も出来ます。皆さんの温かいワンクリックを宜しくお願いします。↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 斬捨御免。 | トップページ | 梅雨。 »

2010年6月13日 (日)

歴史の門出。

昨日は、昼からは皇居の桜田門国会議事堂に寄り、夕方には銀座と丸の内、そして夜からは新宿にて幼馴染みの弟分夫妻と食事を楽しんできました♪

Dsc05697 Dsc05663 Dsc05665

「桜田門外の変
日本最大の暗殺事件の行われた場所ですが、まさに今の現代の日本の歴史は ここから大きく変貌を遂げたに違いありません。
幕府崩壊の端緒となった大老、井伊直弼の死は良くも悪くもいまの日本の政治に大きく貢献している。そんな思いで桜田門を鑑賞させて頂きました。

Dsc05673 Dsc05667 Dsc05701

桜田門や国会議事堂近くは、週に一度は必ず仕事の都合で、車で通りかかります。
しかし、自分の足でゆっくり眺める機会はこれまでありませんでした。こうやって国会議事堂を改めてみると、威風堂々としており貫禄があります。
ここで議論を行う方々も、是非もっと貫禄があり品格のある方々が集結して欲しい、そんな思いで議事堂と桜田門を後にしました(笑)。

Dsc05710 Dsc05709

今回の弟分との食事でも約4時間の濃厚な素敵なひと時を過ごさせて頂きました♪
彼らの結婚式が昨年末のこと、そして その帰宅途中に私はJR中央線の電車内で意識を失い、嫁さんに大きな心配をかけてしまいました(笑)。今回もあまりに感情が高ぶり過ぎないように抑えながら楽しませて頂きましたが、無事に帰宅し、喉が枯れた以外は非常に健康です♪

Dsc05721 Dsc05722

彼らとの会話の中で、過去の自分たちの思い出や職場や今後の人生観などの会話を熱く語り合いました。
そして、そんな熱い彼の姿を見て改めて「信念」「志」を持って生きている姿を垣間見ることができました♪

正直 私が思うに、彼は人一倍 頭が固いし、器用な生き方の出来る人間ではありません(笑)。しかしながら、彼は決して「弱音」や「言い訳」など泣き言をいう人間ではありませんでした。

Dsc05706 Dsc05726

彼が自衛隊に就職したての頃、当時は色々と肉体的疲労・精神的疲労を抱え込んでおり、辞めるか辞めないかなど相談を受けました。しかし彼は、そのような追い込まれた状況の中でも、決して自分から逃げることをせず、多くの抱え込んでいた問題と正面から向き合いながら、常に目を輝かせて前進する姿勢を貫いていました。

Dsc05727 Dsc05729

その時から既に10年近くが経つかも知れません。
彼はいまでも自衛隊で勤務しており、当時 彼と同期で入隊した90名近くの仲間は、いまでは10名にまで減ってしまったそうです。
彼はいまでも、その自衛隊の門をくぐり、自分の信念を持ちながら 日本のためにできる自分の仕事を行い、そして明日からの自分や日本を見つめながら毎日を過ごしています。

Dsc05735

私たちがいま通過している門は、自分自身の人生にどのような影響を与えている門なのでしょうか?
今日一日、そして明日の一日、自分の歴史に無意識ながらにも影響を与える自分自身の時間を大事に過ごしたい。
そんな気持ちにさせられた昨日一日の出来事でした♪

Dsc05681

皆さんは今日、明日をどのように過ごしますか?

Dsc05733 Dsc05741

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

« 斬捨御免。 | トップページ | 梅雨。 »

■関東地方」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1273283/35234571

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史の門出。:

« 斬捨御免。 | トップページ | 梅雨。 »