ブログランキング

  • 皆さんのお力を頂ければ幸いです。下のバナーをクリックすると、ポイントが入ると同時に、現在のランキング状況の確認も出来ます。皆さんの温かいワンクリックを宜しくお願いします。↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 親しくなりたい人。 | トップページ | ニッポンの夜明け。 »

2010年6月24日 (木)

周囲の視線の中。

今日は昼食に「すき家」さんに入ってみました♪
営業職をしていると、昼食抜きになることも少ないないため、このような牛丼屋さんなど手っ取り早く昼食を済ませてしまう事もしばしばです(笑)。

Dsc05942

ところが、今日の「すき家」さんはオープン直後だったようで、とても混んでいました。
非常に混み合った中、レジ横のカウンターに座り、うな丼と牛丼が一緒になった「うな牛」と「とん汁サラダセット」(計\870)を注文します♪

そんな中、一人の50~60代前後の主婦が入ってきました♪
彼女は、持ち帰り用の牛丼(小)\250を注文します。

Dsc05944 Dsc05945

この「すき家」さん、オープン記念ということもあり、オリジナル箸を皆さんに記念品として先着順にプレゼントをする 味のあるサービスを行っていました♪
そこで、その主婦が持ち帰り用の袋を片手にしながら、店員に次のようなお願いをします。
主婦「あのね、私 今晩も来るし、私の息子も来るって言ってたのよ♪だから、その時間までに箸が貰えるように、取って置いてくれないかしら?」

Dsc05950

その大声で店員に頼み込む姿に、その場で美味しく食事をしていた周囲の客の箸が止まります(笑)。
もしかしたら、他のお客様まで
「それでしたら、私も明日また食べに来るから その箸を取っておいてくれませんか?」
などと言い始めるのでは?
と思わせてしまうような、なんとも滑稽なお願いです(笑)。

Dsc05946

そのオープン直後の店は、新人の店員が主だったようで、お願いされた店員もどうしたらよいのか戸惑っている様子の中、更に主婦は粘りながら
主婦「この箸がないと、私 困るのよぉ~!お願い、必ず来るから 取っておいてくれないかしら?この箸、貰えないと息子から何って言われるか分かったもんじゃないわ。」
どのような家族関係でしょうか(笑)♪
おそらく、その息子さんは私と同じような年齢・・・本当に、自分の母親に
息子「俺も仕事終わったら食べに行くから、箸をとっておいてもらうように店員に頼んでおいて♪」
などと言うのでしょうか(笑)??
また“その箸がないと困る状況”とは、どのような状況なのでしょうか(笑)?

Dsc05948

ここで、更に追い打ちをかけるような笑い話に発展します(笑)。
その姿を見た別の新人店員が、気の効いた(嫌味なのか、本気なのか定かではありませんが)面白い行動を 主婦に取ります♪
店員「そんなに箸にお困りなら・・・もし、宜しければ、こちらをどうぞ♪」
三本の持ち帰り用の割り箸を、主婦に丁重にお持ちします(笑)。
主婦「・・・。私は、割り箸が欲しいわけじゃないのよ(苦笑)。」

Dsc05949

混み合った店内で、その不思議な理屈を延々と必死に述べる主婦と新人店員のやりとりが響き渡っている中、ようやくベテラン店員の方が奥から出てきて一言、
「こちらの箸は記念品として、皆さまに行きわたるよう“先着順”にお渡しすることになっております♪」
と素敵な笑顔で一括します。

主婦はようやく諦めた様子で、250円の(おそらく、予想以上に長居した為に冷め始めているであろう)牛丼を片手に、店を出て行きました。
その横のカウンターで食べていた私は冷や冷やしながら、その様子を見ていました(笑)。

Dsc05947

どこで、どのような視線を浴られているか分からないものです(苦笑)。

皆さんは、誰からも見られていない時間に何をしていますか?

その無防備な状態・・・そこで人間性は表れるものです♪
まして、見られている状態でも 人は恥ずかしい行為を無意識の内にしているものです(笑)。

日頃の習慣、とても大切なのだと心から感じた一日でした。

つづきはまた今度♪

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

« 親しくなりたい人。 | トップページ | ニッポンの夜明け。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1273283/35475750

この記事へのトラックバック一覧です: 周囲の視線の中。:

« 親しくなりたい人。 | トップページ | ニッポンの夜明け。 »