ブログランキング

  • 皆さんのお力を頂ければ幸いです。下のバナーをクリックすると、ポイントが入ると同時に、現在のランキング状況の確認も出来ます。皆さんの温かいワンクリックを宜しくお願いします。↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月の記事

2010年8月31日 (火)

明日の保証。

今日は、一緒にお仕事をさせて頂いた中でも、最もプライベート面においてもお世話になった方と、茨城県にて一緒にお仕事をさせて頂きました。
もう4年近くお世話になっていますが、毎年 夏になると立派な梨を送って下さったり、嫁さんのことを気遣ってくれたりと、非常に良い交流をさせて頂いております♪

Dsc09617

ここ最近、このような方々に東京を離れ福岡へ戻ること、いままでの感謝を述べることが続く度、少々切ない気持ちになります(笑)。

今日も笑顔で
「じゃあ、また。」
といって別れます。

現代では、電話一本で何度でも語り合えるし、交通手段も非常に発達しているので、昔ほど会えない環境ではありませんが、こうして笑顔で語り合ったり、触れ合える機会は以前より減ってしまうことは間違いありません。

Dsc09622 Dsc09619

ところが、よくよく考えてみると、
全ての事柄に関していえるのかも知れませんが、
「“自分自身はもちろん、相手にも寿命がある。”
という絶対的事実を、日頃から忘れてしまっている。」

そのような気も致しました。

Dsc09621 Dsc09620

「じゃあ、また。」
といって、次に会える機会がいつでもある。
と思い込む
のは、大間違いなのかも知れません。

この世で生きている以上、なにが起こるか分からないのが人生です(笑)。

Dsc09623

「来年になったら、好きな人へ結婚を申し出よう。」
「3年後には、海外へ留学へ行こう。」
「週末になったら、嫁や息子に感謝の気持ちを伝えよう。」
「半年後、家族旅行をしよう。」

その日がくる保証は残念ながらありません。

Dsc09624 Dsc09625

もし、三日後に自分の身に大事が起こってしまう。
としたら、今日一日を同じように過ごしていただろうか?

誰かに伝えなければいけないことを、いま伝えておく必要はないのだろうか?

Dsc09626

そのようなことをフッと考えながら、今日もお世話になった方へ笑顔で手を振りながら、心が締め付けられる思いが致しました。

Dsc09628 Dsc09629

皆さんが死ぬまでにしたいことは何ですか?
そして、いますぐ感謝を伝えたい方へ、きちんと感謝の意を表せていますか?

つづきはまた今度♪

Dsc09630 Dsc09631

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2010年8月30日 (月)

8月に読み終えたビジネス本。

さて、8月に読み終えたビジネス本は以下の通りでした。

・『いい言葉は、いい男をつくる』
里中李生著

Photo_2

・『私はこうして発想する』
大前研一著

Photo_3

・『リーダーになる人に知っておいてほしいことⅡ』
松下幸之助著

Photo_4

・『才能が目覚める男の生き方』
里中李生著

Photo_5

着々と東京を離れる準備をしています(笑)。
昨日も、嫁さんとディズニーシーを楽しみながら上京した当時の頃や、東京で学んだことなどを語り合いましたが、私が東京へ来て、得たものは非常に貴重な体験ばかりで、決して福岡に残っていただけでは得られることのない貴重な6年間だったと思います♪

Dsc09380 Dsc09398

私の人生の転機を細かく分けると本当にキリがないくらいですが、大きく数回に分けるとするならば、一回目は高校を卒業して名古屋で一人暮らし(とはいえ、共同トイレ、風呂なしの寮生活でしたが)で親元から離れたことが第一、そして今回の東京で嫁さんと二人で引っ越してきたことが第二の大きな転機になると思います。

Dsc09404 Dsc09415

学生時代に、あまり(その当時の)環境に満足しておらず、自分の将来や夢などの不安を抱えながら日々を生活していた私が求めたのは、親や友人関係も含め福岡という土地から離れて自分自身 一人っきりの環境の中で、もう一度 自身を見つめ直し、本当にやりたいことや自分の力や役割を再確認してみたいということでした。

Dsc09435 Dsc09453

そして、当時好きだったエレキギターを作る勉強をするために名古屋へ行き、福岡で当たり前に生活していた環境とは全く違う経験の連続に驚かされながら、そして今までの自身の甘さに気づかされながら、更に名古屋で出会った良き友に支えられながら、最終的に得たことは
「親や福岡(土地)などの環境から逃げてみたところで、なにも変わらない。結局は自分自身が変わらなければ、なにも得られることはない。」
ということでした♪そう、当時の私は“他人に依存する人間”でした(笑)。

Dsc09463 Dsc09513

そしてこの度(とはいえ6年前から今日に到るまで)、東京へ来て再度 感じたことは
「環境により多くのヒントに気づきやすくなる条件は増えるが、それでもやはり自分自身がそれに気づけなければ、なにも得られることはない。」
ということでした。

Dsc09532 Dsc09550

「変わらなくていい、“ここ”に気づくだけでいい。」

私は、名古屋でエレキギターを作る勉強をしたのではなく、自分自身の生き方をどうするのか を学んだのかも知れません(笑)。

皆さんの人生の転機は、いつでしたか?
そして、今後 自分が求めている人生に対し、どのようなことに気づき、どのような行動をすれば、新たな転機を迎えられると思いますか?

つづきはまた今度♪
(写真は昨日のディズニーシーで撮影したものです)

Dsc09592 Dsc09613

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2010年8月29日 (日)

心のコンパス。

昨日は仕事で早朝から静岡県焼津市へ、今日はお休みを頂きディズニーシーへ行ってきました♪

Dsc09389 Dsc09397

今週末は夏休みの最終の週末を向かえる方も多いせいか、焼津市へ向かう東名高速道路も、ディズニーシーもかなり混み合っていました(笑)。
皆さんはどのような夏休みを過ごし、どのような経験を積まれたのでしょうか?

Dsc09407 Dsc09413

来月の福岡への引越しを考えると、しばらくディズニーリゾートへ足を運ぶ機会は減ることになるかと思われます。
素敵なアトラクションや街並みを眺めながら、初めて上京してからディズニーに足を運んだことなどを思い出していると、今日のディズニーリゾートは いつも見ている光景とはまた少し違う光景に感じられました。

Dsc09418 Dsc09423 Dsc09427

ディズニーシー内にあるシンドバッドのアトラクションでは
「いかなる時も、心のコンパスに従うんだ。」
「人生は冒険だ。地図はないけれど、宝物を探そう。」
など、素敵な言葉が響き渡っていました♪

Dsc09428 Dsc09431 Dsc09436

何度も何度も足を運んだディズニーランド(ディズニーシー)ですが、足を運ぶ度に新しい“気づき”を得ることができます(笑)。

Dsc09437 Dsc09443 Dsc09444

日々の暮らしについても同じことがいえるのかも知れません♪
毎日、毎日、新しい気づきを得ている人と、同じ毎日を過ごしている人。

Dsc09449 Dsc09452 Dsc09464

個人的には、どちらも正しい人生を送っており、互いがそれぞれを支え合っているのかも知れない。
そのように感じています。

Dsc09466 Dsc09467 Dsc09472

著書「道元“禅”の言葉(境野勝悟著)」内にも次のような言葉が出てきます。
「変わらなくていい、“ここ”に気づくだけでいい。」

Dsc09475 Dsc09479 Dsc09480

人はそれぞれの観点から様々なことに気づき、考えた上で行動しています♪
人それぞれの好みも違えば、得意不得意というようなこともあるかも知れません(笑)。

Dsc09484 Dsc09487 Dsc09492

地球上にある存在(いや、宇宙にある存在とまでいえるかも知れません)は、全てなにかしらの影響力を持っており、全く意味のないものなど何一つないと言い切ることが出来る。とまで言っても過言ではないと思います。

Dsc09494 Dsc09496 Dsc09511

そして、そのようなそれぞれの存在が意識的であろうが無意識的であろうが、それぞれが発するエネルギーを周囲の存在に、また別のエネルギーとして影響を与えています♪

Dsc09515 Dsc09517 Dsc09519

自分自身の思考や行動に責任を持とうが持つまいが、もっというと他人に依存していようがしていないであろうが、自分自身の心に思ったことや気づいたことに従って生きているのだと思いました。

Dsc09521 Dsc09531 Dsc09536

長々と“当たり前”のようなことを述べてしまいましたが、実はそのような“当たり前”のことも日常の中では、時々しか思い出さないものです(笑)。

Dsc09539 Dsc09544 Dsc09548

「生きるということは、突き詰めれば 食べて寝て、そして自分なりになんとか時間を潰すことでしかない。」by.ドミニック・ローホー

「自修自得しているか?」by.松下幸之助

「他人の引き立てのうえに、自分の成功が成り立っている。」by.美月あきこ

Dsc09552 Dsc09556 Dsc09572

「目標にとらわれすぎて、人生を失うな。」by.フリードリヒ・ニーチェ

皆さんの心のコンパスは、なにを差していますか?

つづきはまた今度♪

Dsc09577 Dsc09581 Dsc09606

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2010年8月27日 (金)

幸運の準備。

この一週間、私にとって“試練”ともいうべき厳しい日々が続いています♪

なかなかブログを更新できないことに関しまして、ご了承下さい。

さて、昨日とても大切な友人から質問を頂きました。
「運って、使うと減ると思いますか?」

私自身は、明確な回答を持っていて、
運は、“使うから減る”とは思っていません。

このことに関しては、以前から何度かブログでも紹介させて頂いていますが、
逆にいうと、“運は使えば減る。”という根拠がそもそもないことに付け足して、
“運はどこにでも転がっている”
ということが言えるような気がしています。

個人的な意見になりますが、運は“使う”とか“減る”だとかいう次元ではなく、
普段から日常生活の中で、実は“どこにでも転がっているもの”であって、
“掴む”“掴めない”かだけの差のように感じています。

もちろん、運を使う。減る。という意見を完全否定するつもりはありません。皆さんはいかが思われるでしょうか?

「目に見える世界(現実)を変えたければ、目に見えない世界(思考)を変えればよい。」by.松永修岳

「常識に従っても“運”は良くならず、常識から外れれば“不運”となる。ポイントは、“常識を超える”ことである。」by.松永修岳

「変化を感じとり、流れを掴めば、おのずと運命は変わる。」by.桜井章一

「準備万端の人にチャンスが訪れることを、“幸運”と呼ぶ。」by.ジョン・F・ケネディ

皆さんは、今後の人生の中で、どれだけの運を掴めると思いますか?
つづきはまた今度♪

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2010年8月25日 (水)

先ずは行動することから。

とても暑い日が続きます♪

既に福岡へ戻る日程が決まっているだけに、あとはそれまでの段取りを取ることにより、自分自身のやるべき事や やらなければならない事のスケジュールを調整していると、無駄に出来る時間は一日とありません(笑)。

Dsc09335

友人や会社の仲間などの話を聞いていると、目標や計画に対して「明確な日付け」を決めている人は、その目標や計画を達成するための段取りをきちんと立て、日々の生活を無駄なく送れています。
一方、特に計画のないまま毎日を過ごしている方がおられるのも事実で、私自身も数年前までは特に大きな目標や計画もなく日々を過ごしていました(笑)。

どちらの日々を過ごしていても、毎日のスピードは同じです。
もちろん、感覚的には差があるのかも知れませんが、事実上 変わりはありません。

Dsc09336

今日は、新しく入社したばかりの新人社員が、来年の結婚に向けての具体的な夢を語る姿を見ながら、私も幸せを分けて頂きました♪
彼は、結婚をするまでの金銭や生活の安定性を多少不安に感じ、「タイミングの難しさ」を気にしていました。

私は、全てのタイミングは“先ず行動することから”だと思っています。
もちろん、ものごとには全てのことに対し、タイミングがあります。
しかし、その多くは考えても考えても何も始まらないことがあるのも事実です。

Dsc09338

そのために、私自身は というと、
やるべきこと。
やらなければならないこと。
の他に、
やるべきではないこと。
も明確に決めて、行動・計画するようにしています♪

Dsc09339

実は、「やらないこと」を決めることにより、「やりたいこと」を確実にする手にできることが多くあるように思います。

仮に、もしそのことで誰かを傷つけてしまったり、期待を裏切ったりしても(そうならないに越したことはありませんが)仕方ないと割り切っています(笑)。

もちろん、誰かを傷つけたり、期待を裏切るのを好んではいません。
しかしながら、どれだけ周囲の人や他人を満足させることができたとしても、自分自身に嘘はつけないものです♪
自分にだけに与えられた、自分だけの人生を、親や地球から譲り受けたわけですから、他人に依存しない自分自身の人生を生きることができれば本望だと思います(笑)。

Dsc09340

ジョン・C・マクスウェルさんの素敵な言葉を紹介させて頂きます♪

「本当の悲劇は、人生が短すぎることではなく、本当の人生を生き始めるまでに時間をかけすぎることだ。」

「“リスクをもたらす苦痛”と“後悔することの苦痛”のどちらを選ぶか。」

「とにかく行動すること。恐怖心は誰にでもある。恐れることと、怖くて身動きできなくなることは全く別である。」

皆さんが計画している近々の目標、長期目標は何ですか?
そのための、どのような行動を行っていますか?

つづきはまた今度♪

Dsc09341

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2010年8月23日 (月)

新しい気分。

昨日やっと、話題の(もう話題性も少し落ち着きましたが・・・笑)iPad WiFi 64Gモデルを購入致しました♪
会社仲間や友人が使っているのを見て、非常に便利で扱いやすかったため前々から欲しかったのですが、どこの店でもずっと品切れ状態で購入できませんでした。
ずっと欲しかった割には、購入するまでに少し時間がかかりました(笑)。
※写真は先日の鎌倉旅行に撮影したものです。

Dsc09085

元々、仕事上はもちろんプライベートでも、iPhoneを手放せない私でしたので、このiPadも周囲の人たちからどのアプリをダウンロードすると便利か、など聞きながら早速触ってみましたが、今後も非常に活躍してくれそうです(笑)。

Dsc09091

また、今週から仕事の方が非常に多忙になりそうな予感がしています♪
今日、うちの会社では新人社員が入社致しました。また、来週も新人社員が入社予定となっています♪
どのような人も新たな環境でのスタートとなると、その意気込みもまた新鮮で純粋なものです。
とはいえ、毎朝起床する度に 新たな一日を送っているのも、また事実ではあるのですが(笑)。

私自身も、引っ越しの準備も取りかかっている最中なので、このまま9月末までのスケジュールを見越しながら、あっという間に時間が駆け抜けていきそうな気がしています♪

Dsc09119

さて、著書「いまここ」にて阿部敏郎さんは、次のように述べています。

実はね、“悩み”や“落ち込み”が、自分にしがみついているんじゃない。
自分が、しがみついているんだ。
“悩み”や“落ち込み”を選んでいるのは、自分なんだよ。

いろんな事情はあるんだろうけど、
そうしてたほうが楽だし、同情してもらえるし、人の関心を自分に向けられるし、特別な人になれるし、責任取らなくていいし、相手のせいにできるし・・・・・

そんな気分を選ぶのはもうやめにしよう。
誰も幸せにならないから。

Dsc09122

深い一言に、なるほどなぁ。と思わずにいられませんでした。

「日々の経験は、気分が作り出していると言っても過言じゃない。」by.阿部敏郎

Dsc09125

皆さんは、最近なにか新しいものを手に入れたり、新しい取り組みを始められたことはありますか?
つづきはまた今度♪

Dsc09331

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2010年8月21日 (土)

魅力。

今日は神奈川県鎌倉市~横須賀市を嫁さんと軽く日帰り旅行してきました♪

関東へ引っ越してきて、まる6年。
仕事上で鎌倉周辺を訪れたことはありますが、プライベートな旅行で訪問するのは実は初めてです(笑)。

Dsc09081 Dsc09085 Dsc09083

先ず最初に訪問したのは、「鶴岡八幡宮」です。
源頼朝が創建して以来、昔も今も鎌倉の象徴として親しまれている鶴岡八幡宮♪

Dsc09088 Dsc09089 Dsc09090

源平池にあるハスの葉が非常に美しく、以前 読んだ著書「生き方が変わる!空海 黄金の言葉」にある言葉を思い出します。

「蓮(ハチス)を観じて自浄(ジジョウ)を知り、菓(コノミ)を見て心徳(シントク)を覚(サト)る。」by.空海

Dsc09091 Dsc09094

「ハス(蓮)の花を見ては自分の心が清浄であることを知り、その実を見ては心に徳が備わっていることを思う」
という空海の言葉。

ハスはどんなに濁った泥沼に育っても、その花はけっして泥に染まることなく、本来の清浄な姿を見せてくれる。

Dsc09096 Dsc09097

そのために、お寺でも池にハスを浮かべるところが多いのだそうです。

ときには、自分の心を見つめ直すこと
とても重要なことかも知れません♪

Dsc09101 Dsc09107 Dsc09118

さらに「源頼朝の墓」、「高徳院」などを訪問します♪
正直、源頼朝公のお墓に関しては偶然 嫁さんが気づいて立ち寄ることになりました(笑)。
まさか、頼朝公のお墓を拝めるなどとは頭に全くなかったため、非常に光栄でした。

Dsc09121 Dsc09122 Dsc09127

高徳院では、ご存知「鎌倉大仏」があります♪
高さは約11.312m、頭部の螺髪(ラホツ)には小さな右巻きの髪の毛が656個並んでおり、口は東洋的といわれる微笑をたたえた口元。

Dsc09141 Dsc09147 Dsc09148

奈良大仏とともに日本二大大仏に数えられ、鎌倉の仏像で唯一国宝に指定されています。
現在の大仏様の鋳造が始まったのは建長4年(1252年)とされ、完成年は不明となっているようです。

Dsc09149 Dsc09156 Dsc09159

国家事業として造られた奈良大仏に対して、鎌倉大仏は庶民の寄付によって造られたのだそうです。
鎌倉大仏の側にも、ハスの像が添えられていました♪

Dsc09164 Dsc09165 Dsc09168

鎌倉大仏様の胎内も拝観させて頂きました。
大仏様の背中部分に窓があるとはいえ、胎内は非常に暗く蒸し暑かったです♪

Dsc09181 Dsc09197 Dsc09205

高徳院内には、与謝野晶子歌碑もあり、
「かまくらやみほとけなれど釈迦牟尼は美男におはす夏木立かな」
と刻まれています。

Dsc09210 Dsc09211 Dsc09226

その後、海岸沿いに江の島稲村ヶ崎近くを通りながら、逗子海岸を経由し、横須賀へ向かいます♪
横須賀へは「信楽寺(シンギョウジ)」「久里浜ペリー上陸記念碑」へ足を運んできました。

Dsc09219 Dsc09220 Dsc09223

信楽寺といってもピンとこない方も多いかと思いますが、この地には「坂本龍子ノ墓」があります。
そう、坂本龍馬の妻と呼べるただ一人の女性で「お龍(おりょう)」という名で知られています。
龍馬ファンの方にとっては、例外なく興味ある方の一人かも知れません。

Dsc09232 Dsc09243

龍馬の女性関係に関しては、数名の女性の名が挙げられる中、私個人は千葉佐那子さんに特別な想いがあるため、正直この お龍さんに関しては複雑な想いもありますが、龍馬の死後も お龍さんは終生 龍馬のことを忘れられず、鬱積が晴れることがなかったと言います。
もし、千葉佐那子さんに興味のある方は過去ブログ(「出会い。」[2010年7月16日]より)をご参照下さい。

Dsc09245 Dsc09250 Dsc09251

坂本龍馬は時代を変えた人でもありましたが、多くの人から愛される人でもありました。
その魅力はいったい何だったのでしょうか?

Dsc09253 Dsc09254 Dsc09256

私が思う魅力的は方とは、
明るく、ポジティブで、好奇心旺盛で、向上心を持ち、失敗を恐れず、また失敗しても諦めず、堂々と自分自身の思想を語り、そして行動できる人。

Dsc09259 Dsc09260 Dsc09265 Dsc09268

そのような方とであれば、一緒にいても安心できるし、自分自身も影響を受け強くなれる。
そして、その方のためであれば、一生を捧げることもできると思います。

Dsc09282 Dsc09285 Dsc09289

「久里浜ペリー上陸記念碑」にはペリー記念館があります。
もちろん記念館内も見学させて頂き、当時の文化や歴史を勉強させて頂きます。

Dsc09303 Dsc09310 Dsc09313

日本に開国を求めて来航したアメリカの提督ペリーが嘉永6年6月9日(新暦1853年7月14日)に久里浜海岸に上陸したことを記念して建てられたもので、“北米合衆國水師提督伯理上陸紀(記)念碑”は初代内閣総理大臣 伊藤博文の筆によるものだそうです。

Dsc09316 Dsc09318 Dsc09326

今日は、鎌倉時代~幕末までの広くの日本の歴史を勉強させて頂きました。
私の身近な親戚も、2泊3日の京都旅行を本日終えたと聞いています♪
どのような学びや気づきを得られたのでしょうか?(笑)

旅や歴史は、自分自身に新しいものを取り込み、色々な刺激を生み、そして積み重ねることにより多くの経験となり、学びや自信・成長へと繋がります。

最近、皆さんはどこへ旅をしましたか?

今日も長文にお付き合い頂きまして、ありがとうございます。
つづきはまた今度♪

Dsc09329 Dsc09332 Dsc09334

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2010年8月20日 (金)

それぞれの時間。

今日は秋田県秋田市で朝を迎え、仕事を終えて東京の自宅へ帰宅します♪

Dsc09043 Dsc09044

帰路に着くまでの秋田新幹線内はまだお盆の影響や夏の行事が残っているせいか、非常に混み合っていました。
そんな中、途中で私の隣の席に乗り込んできた小学3~4年生くらいの一人の少年がフッと気になりました。

Dsc09045 Dsc09046

彼は中学生くらいのお姉さんとその友達との計3人行動で、秋田から東京へ向けて乗車していたのですが、途中で自分自身の財布を取り出して、何枚か札があるのを確認し、車内販売の女性にお金を払い、牛タンの駅弁(1,000円)を購入して食べ始めました。

Dsc09047

その事に気付いたお姉さんは、
姉「あなた、いつの間に買ったの?お小遣いで買ったの?」
弟「うん、お腹空いたから。」

Dsc09049

いまのお子さん達は、どのくらいのお小遣いをもらっているのでしょうか?(笑)
私が小学生だった頃からすると、あまり考えられない光景だったため(私だけかも知れませんが)不思議な光景に思えました(笑)。

Dsc09050 Dsc09051

そのように、新幹線内の車内の様子を眺めていると色々な情景が目に入ってきます。
本を読んで過ごしているサラリーマン。
ひたすら眠っているサラリーマン。
お化粧直しをしている女性。
賑やかに旅行を楽しんでいる高齢者たち。
ゲームをして過ごす学生。
などなど。

Dsc09052 Dsc09053

それぞれが、それぞれの価値観の元で時間を有効に使おうとしている。
その光景は、あたかも日常の中の何気ない一つの風景に過ぎませんが、その過ごし方が一カ月、一年と過ぎることにより、それぞれの人生が分かれていくのも間違いない事実だと思います。

もちろん、自分の人生です♪楽しく過ごせるのが一番だと思います。

Dsc09054 Dsc09055

五体満足で生まれた身であれば、与えられた条件に大きな差はないと思われます。
(もちろん、政治家の息子や著名人の娘などに生まれたならば若干の差はあるかも知れませんが)

人は、自分自身で、その才能を見出のだなぁ。
と改めて、車内の風景を見ながら気づかされました♪

Dsc09058 Dsc09061

「“誰も見ていない時”あなたは何をやっているか?」by.ジョン・C・マクスウェル

Dsc09066_2 Dsc09069

つづきはまた今度♪

Dsc09074

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2010年8月19日 (木)

エネルギー。

今日は、秋田県大仙市秋田市にて商談です。

大仙市といえば、約一週間後に開催される「第84回全国花火競技大会」でいま非常に盛り上がっています♪
明治43年から始まった大曲の花火は、今年(明治43年)で100年を迎えるのだそうです。
途中、戦争のため一時中断はあったものの、2010年で84回の歴史を数えるにいたっています。今や世界一のレベルにまで発展進化した、それが「大曲の花火」なのだそうです。

Dsc08954 Dsc08959

その大仙市では少し大きなビジネスの話で大いに盛り上がりました。
詳細な話はここでは出来ませんが、そこで出会った とある方は大仙市に大きく貢献している地位も名誉もある素晴らしい方でした。

Dsc08963_2 Dsc08965_2

今後の10~20年後に向けての街づくりのために、大きな夢を持っており、自分自身がこの街にどのような貢献が出来るのかを常日頃から考えている、とても素敵な方で大きく感動させられました。

Dsc08970 Dsc08976

その方は現在63歳。
年齢からは想像も出来ないほどのエネルギーを放ち、その夢を語る姿は“仕事をリタイアしても良さそうな年齢”からは想像出来ないほど元気でした。

Dsc08978 Dsc08980

「先人たちが残して下さった良い文化や環境を、俺たちはねぇ、次の世代の人たちにきちんと残していかなきゃならんのだよ。ねぇ、そう思わない?」

リタイアどころか、まだまだ街の貢献に力を注ぐエネルギーで満ち溢れています(笑)。

Dsc08981 Dsc08982

話に意気投合した私たちは、時間をすっかり忘れて(元々、話好きな私ではありますが)2時間以上も話し込んでしまいました(笑)。

商談後は、一週間後に迫った花火大会の現場へ連れていって下さいました♪一週間後とはいえ、その規模の大きさを物語る光景が 既にそこには広がっていました。

この方は今後も活躍される方だと思われます。
私も一つでもその手助けをさせて頂ければ幸いです。

Dsc08985 Dsc08986

さて、今日も新幹線の中で著書「才能が目覚める男の生き方(里中李生著)」を開きます。
その中で、“才能を開花させる方法”として次のようなことが述べてありました。

若い人は努力する。ひたすら努力する。
若くない人は休む。休んでアイデアが出てくるのを待つ。
年齢は関係ない。
自分が若いか若くないかは、あなた自身が決めるのだ。

Dsc08991 Dsc08992

また、“運がいいだけの成功者を疑え”では次のように述べています。

強者が弱者を虐めたり、集団が個人を攻撃したり、全体主義が個性を潰したりするのは醜い。
だが、強者が強者を見下すのは、闘いである。
そこから生まれるのは、劣等感ではなく、エネルギーだ。
あなたは、長いものに巻かれていないか?
それがあなたの反骨精神を目覚めさせないのである。
自分を弱者だと思ってはいけない。
庶民だと思ってもいけない。
どんなに苦しい生活が続いても、努力して這い上がる意思を持たないとだめだ。

Dsc08993 Dsc08994

日頃から、自分自身のことを弱者だとか庶民だとか思っている人がどれほどいるのか、私にはわかりません。
私自身、そのようなことを日頃から考えていないということもありますし、もちろん強者だとか成功者だとかも思ってもいません(笑)。
私にとっては そのような肩書きはどちらでもよく、問題は
いま何をしているのか?
これから何をしたいのか?

それだけで、自分自身の居場所がわかるような気がしています(笑)。

Dsc08999 Dsc09025 Dsc09005

以前にも、このブログ内で述べさせて頂きましたが、この里中李生さんは非常に毒舌なものの書き方をされるため、賛否両論あるかと思います。
私自身は、否定するつもりも全くなく、むしろその挑戦的なものの言い回しが、以前の私の荒れていた頃の生き様に共感する部分もあり(いま現在としては“ものの言い方”としては好みませんが)、彼がどれほど苦しい中で頑張られてこられたのか伝わってきます(笑)。

Dsc09002 Dsc09003

そんな彼が敢えて悪者になり、男たちに次のような激を飛ばしています。

「悔しかったら、這い上がってこい。存在価値がない男のままでいいのか。女に慰められているだけの男でいいのか。」
おまえの女は言うだろう。「あなたは、今のままでいいの。お金がなくても、あたしは幸せよ」と。
そんな言葉はクズだ。
男を甘えさせる最低の愛の表現だ。
才能があれば突き進め。才能がなければ努力しろ。
女は「お金がなくても幸せよ」と言ってもいいが、男は「金がないとダメだ」と歯を食いしばらないとだめだ。

Dsc09004 Dsc09010

毒舌ぶりが耳元で伝わってくるような台詞ですが、皆さんはどのように思われるでしょうか?(苦笑)
重要なのは“ものの言い方”や“お金”という部分ではなく、“なにを伝えたいのか”という本質の部分だと思います。

Dsc09018 Dsc09019

今日、お会いした方にしろ、里中李生さんにしろ、熱くものを語るその後ろ姿には、なにか大きなものが写っているのかも知れません(笑)。

Dsc09026 Dsc09027

皆さんは、人に語れる素敵な夢をお持ちですか?

今日も長文に お付き合い頂きまして、まことにありがとうございます。
つづきはまた今度♪

Dsc09029 Dsc09040

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2010年8月18日 (水)

心はお香、体は花。

昨日の話の続きになりますが、会社の同僚の健康状態の結果が出ました。
そのまま入院しなければならないほど、よくない状態でした。
彼は今日から2週間~一カ月の入院をすることになります。

Dsc08936 Dsc08937

病気というものは、徐々に身体を蝕んでいくものと、急激に襲いかかってくるものとがあります。
私自身も、昨年末に意識を失い倒れてしまいましたが、本人が気づいていない状態から急に病気になる状態は、非常に危険な状態が多いと聞いたことがあります。

Dsc08940 Dsc08939

そんな彼を心配しつつ、私自身もほんの少し大変な状態になったなぁ。
と思っていると、目の前の本棚に置いてあった著書の中から「マザー・テレサ 愛の言葉」を見つけました。

Dsc00917

その中の今日の日付け、“8月18日”のページを開いてみると、次のようなことが書かれてありました。

どんな病気に対しても、
医薬品や治療法があります。
けれど、だれからも必要とされないという病気は、
喜んで差しのべられる奉仕の手と、
愛するための愛の心があるところでない限り、
癒されたことはないと、わたしは思います。

「マザー・テレサ 愛の言葉-8月18日-」より

Dsc08953

なるほど、どんな病気も根源は一つ、ストレスだといいます。

心の病、これほど難しい病気もないのかも知れません。

だからこそ、自分自身も
“人から喜んで手を差し伸べられるような存在”
になれるように、
“他人に対しても常に、喜んで手を差し伸べられている存在”
になれているのだろうか?
そのようにも自問しながら、少し反省を致しました。

Dsc08941 Dsc08942

日頃の自分自身の生活態度が、人へ安らぎや和みを与える態度であれば、本当に自分が困った時には 救いの手が差し伸べられるのかも知れません。

そう思っていると、以前に読んだ著書の空海の言葉が頭を過ぎります。

「心を洗って香(コウ)とし、体を恭(つつし)んで、花とす」by.空海

Dsc08944 Dsc08943

心はお香のように、体は花のように。

人に安らぎと心地よさを与えて消えていくお香と、見返りを求めずに、ただ無心に咲いて人を和ませる花を手本とする名言です。

Dsc08947 Dsc08948

皆さんは、さりげなく人の役に立てていますか?

つづきはまた今度♪

Dsc08949 Dsc08952_2

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2010年8月17日 (火)

試練。

非常に暑い日が続きます♪
そんな中、私は9月の中旬には東京を離れ、地元である福岡へ戻ることが決定しています。
そういう意味では、プライベートな時間だけでなく、仕事に関しても引っ越しを意識した仕事へ切り替えたい。
ところが、そのようにことが順調に進まないのが人生です(笑)。

Dsc08928

8月末までには自分自身の関東でやり残している仕事を片付けながら、今までにやってきた仕事を仲間へ引き継ぎ。
9月に入ると、関東でお世話になった方々への挨拶周りも含め、新人社員の研修。
そのようなプランを立てていた中、先週末 肝心の会社の同僚が悪性のウイルスに感染し、療養を要さなければならない事態が発生します(最悪は1~2週間の入院の可能性も)。

Dsc08930

更には、以前 共にうちの会社で一緒に汗水ながして働いていた仲間が、ライバル会社へ入社し、うちの会社に対して攻撃をしかけてくるという事態も、同じ先週末に発生致しました(笑)。

いつのときも、一つ狂った歯車というものは、いくつもの不運や不幸な出来事を増殖しながら襲いかかってくるものです(笑)。

本来、
・私が抱えている仕事
・引き継ぎに関する仕事
・新人教育をする仕事
にも増して、
・同僚のいま抱えている仕事の代役(引き継ぎ)
・ライバル会社への対応
が一気に増えることにより、私が抱えている仕事も手薄になり、本来 引き継ぎたかった私が引き継ぎを受けることとなってしまいました(笑)。

Dsc08931 Dsc08932

これも、一つの試練ですね♪

物事は常に自分中心には回ってくれないし、不幸な出来事が起こっても立ち向かう以外に、問題はなに一つ解決してはいきません。
その結果、いつの間にか自分が成長できていたり、いままでにない苦労により人よりも少しだけ大きくみられることもあるものです♪
すべては、試練と経験により人間は少しずつ大きくなれるのだと感じました。

実際、(物事の大小はあれ)やればなんとでもなるものです♪

Dsc08933

ここ暫く、とてつもなく多忙な日々が襲いかかってきそうです♪こうなるとワクワクするしかありません(笑)。

「可能性というのは、いつだって自分の価値観や想像を超えた別の方向からやってくる。」by.フランソワ・デュボワ
「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ。」by.勝間和代
「できると思っても、できないと思っても、いずれも正しい。」by.ヘンリー・フォード
「現実そのものが直接的に影響を与えているのではなく、その見方、認識の仕方が影響を決めている。」by.阿部敏郎
「すべてを“あるがまま”に受け止める。」by.ウォレス・D・ワトルズ

Dsc08935

皆さんも、身体には充分に気をつけながら、日々の試練と向き合っていけることを願っています♪

皆さんがいま抱えている試練、辛い出来事はなんですか?

Dsc08934

つづきはまた今度♪

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2010年8月15日 (日)

必要なら動け。

今日は日本の終戦の日。
1945年、第二次世界大戦の中 正午、昭和天皇が「戦争終結の詔書」を読みあげる玉音放送により、ポツダム宣言受諾・連合国への降伏が日本国民に伝えられました。

Dsc06396

過去の歴史があり、現在があります。
自分自身のいまの姿も、過去の自分自身が創り上げた集大成でもあります。

今日、twitterにて出会った素敵な言葉をいくつか紹介させて頂きます♪

Dsc04279

常にチャンスを探しているかどうか。何も考えていない人は目の前に美味しいチャンスが転がってきても全く気が付かない。わかってる人間からすれば大笑いモノの光景であっても。でも商売人はそれを啓蒙するのではなく利用するのが正しいと思う。」

「新しいものがなんでもいい、って言ってるんじゃない。試しもしないで新しい技術を否定し、古い手法に固執し続けるのは愚かだ。自分たちが経験した範囲内でしか未来を描けないなら、そこに進化や発展はない。

人の心に響くカッコイイことを言える人ほど、カッコ悪い経験を沢山しているもの。

「職業選択の用意ができている者は驚くほど少ない。強みは何か、弱みは何かと聞くと、怪訝な顔をする。仕事についての知識で答えようとするが、それは間違いである。履歴書でも、依然として、経験してきた地位を階段のように列挙する。」by.ピーター・ドラッカー

「本当に好きなことをして暮らしている人は何が何でもそうしたいとこだわっている人だ。」by.ニール・ドナルド・ウォルシュ

「長い間の経験から、アイデアというものは、それを一心に求めてさえいれば必ずくるということを発見した。」by.チャールズ・チャップリン

「幸せになりたいならば、“あの時、ああしていれば”と言う代わりに、“この次はこうしよう”と言うことだ。」by.スマイリー・ブラントン

「人生は、私たち一人一人が、それぞれの目を通して見ている映画です。そこに何が起こっているのか、ということは大した違いはありません。それをどのように受け取るかが重要なのです。」by.デニス・ウェイトリー

「志の低い人間は、それよりさらに低い実績しか挙げられない。」by.落合博満

「万物は、見る人物の人格で見え方が変わる。」by.孫正義

「“必要なら”動け、“可能なら”ではない。」by.スティーブ・ジョブズ

Dsc06660

皆さんの、心に響く言葉はいくつありましたか?

つづきはまた今度♪

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2010年8月14日 (土)

経験でしか得られないもの。

今日は嫁さんの希望で、築地市場へ行ってきました。今年で何度目の訪問でしょう(笑)。
(過去の築地市場については『築地市場。』[2010年3月21日ブログより]、『手中にあるもの。』[2010年5月29日ブログより]を参照下さい。)

Dsc08889 Dsc08890

今日も嫁さんは大好物「築地市場“廻る すしざんまい”」さんの2個498円のウニを2皿、美味しそうに頬張っていました♪
しかしながら、これほど大好きなウニを 実は嫁さんは昨年まで全く食べられないでいたのですから驚きです(笑)。

何事にもいえることですが、
人は本物素材や絶品料理など“本物”に触れない限り、その良さを知ることができません。
どのようなことにしろ、好き嫌いなど自分の頭の中だけでモノを判断するのではなく、実際に足を運んで 手間暇やお金をかけてでも手に触れて、モノと直接触れ合うことでしか、本物の良し悪しは判断できないものです。

Dsc08893 Dsc08894 Dsc08895

あれだけウニを嫌いだった嫁さんが、
「飲み込むのも勿体ない。」
と笑顔で美味しそうに頬張る姿を見ながら、改めて多くのことに気づかされました♪

Dsc08897 Dsc08898

しかも、いまのところ 嫁さんはこの“築地で採れたれのウニ”しか食べられません(笑)。それほど、このお店で食べるウニは味覚も鮮度も他では全く味わえない質ですし、現に他のウニは食べれない嫁さんを見ていても、その違いは歴然としています(笑)。

Dsc08903 Dsc08904

さて、今日はその帰りに嫁さんと共に いくつかの史跡巡りと新宿で買い物を楽しんできました♪
先ず、立ち寄ったのは築地市場のすぐ裏にある「築地軍艦操練所跡」です。
標識の中に嫁さんの好きな勝海舟(私も好きなのですが)の名前を見つけると、
「やっぱり、勝先生はすごい人だったんだねぇ~。」
と、自分自身のことを述べるように意気揚々と嫁さんが独り言を語り始めます(笑)。

Dsc08905

その後は、三田・田町へ移動し「西郷南洲・勝海舟會見之地(サイゴウナンシュウ・カツカイシュウ カイケンノチ)」「西郷南洲 勝海舟 会見の図」を見学に行きます♪

慶応4年(1868年)3月9日、勝海舟の使者・山岡鉄舟が駿府在の東征軍参謀 西郷隆盛と会見。
12日に海舟は池上本門寺に設けられた本営に西郷を訪れ、翌日 高輪の薩摩下屋敷で会談をされたという説があります。

Dsc08906 Dsc08907

江戸総攻撃予定日の前日の14日、田町蔵屋敷で三度 両雄は会見をし、江戸攻撃の中止が決定。
案内標識の
「幕府の陸軍総裁 勝海舟が江戸100万市民を悲惨な火から守るため、西郷隆盛と会見し江戸無血開城を取り決めた~場所です。」
を読み終えた嫁さんは、腕を組みながら、再び愉快そうに私に語りかけてきます。
「100万の市民の命を救った勝先生は、やっぱりすごい人だったんだねぇ~。」

また、実際にこの地に足を運び、気づいたことですが この地の周囲は三菱関連の会社が多く存在していました(笑)。個人的な意見ですが、これも偶然ではないような気がします♪

Dsc08908 Dsc08909

歴史のある地を歩きまわっていると、いままで見えなかったものが、色々な角度から繋がり、現在に到るまでの物語りが急に見え始めてくるものです♪
これは、単に書物などで理解するだけでは到底味わえない、実際にその地を訪れることでしか気づかない、確かな経験に繋がるのだと思います。
もちろん、1度訪れただけでは気づかなかったことも、何度も訪問することで新たな気づきを得られることも多くあります。

Dsc08911 Dsc08912

著書「リーダーになる人に知っておいてほしいことⅡ」の中で、松下幸之助さんは次のように述べています。

実体験も何もせずに言うたってわからへんわけや。
なかには聞いただけで会得する人もあるけども、大部分は「砂糖は甘いもんですよ」と言うたかて、「ああそうか」と言うだけで、わからへん。
なめたらわかると。
そういう実験をせんとわからへん。

Dsc08917 Dsc08918

「商売が成功するかどうかは、規模の大小によるものではなく、いわば経営力があるかないかの問題である。」by.松下幸之助

「独身を貫くのも人生、結婚するのも人生。どちらを選んでも構いません。どちらも、“自立した自分”が幸せの鍵です。」by.江原啓之

「類は友を呼ぶように、あなたが考えたり信じたりすることすべてを、潜在意識がその通りに実現する。」by.ブライアン・アダムス

Dsc08914 Dsc08921

実体験したことでしか、自分独自の意見や感想を述べることは、なかなかできないものです(笑)。

皆さんは、今日という一日を実体験し、実際に どのような新しい気づきを得ましたか?

つづきはまた今度♪

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2010年8月12日 (木)

自修自得。

コメントにて、非常に有難いお言葉の数々を頂きました。
まことに有難うございます。

さて、今日から嫁さんは盆休み、私は盆休み前の仕事に向かいます♪
今日の仕事先の近くが、数日前にもブログに掲載させて頂きました「勝海舟夫妻墓」の近く(過去ブログ『自分磨き。』より2010年7月21日)ということもあり、嫁さんの強い要望もあり、一緒に仕事先へ同行し、その後 勝海舟夫妻墓を寄ることにしました♪

Dsc08756 Dsc08758

仕事の方は順調に終え、嫁さんが好きな勝海舟墓へ向かいますが、今日の東京はあいにくの雨(笑)。
勝海舟墓前で随分長いこと、手を併せていた嫁さんですが、なにを語りかけていたのでしょうか?

Dsc08759 Dsc08762 Dsc08765

その後、帰宅するまでの間に、吉田松陰の祭神「松陰神社」があったため、嫁さんと共に寄ってみました♪
吉田松陰に関しては、過去のブログ『偉大なる教育者たち。』(2010年5月23日)や『みちしるべ。』(2010年7月14日)でも掲載させて頂きましたが、幕末から明治にかけての日本をリードする多くの人材を育てた方でもあります。

Dsc08790 Dsc08791 Dsc08793

松陰門下生には高杉晋作伊藤博文久坂玄瑞など日本人なら一度は聞いたことのある著名な名はもちろん、現代のニッポンはまさにこれらの方々によって作られたといっても過言でないと思われます(笑)。

Dsc08795 Dsc08800

吉田松陰の墓は長州征伐の際に、幕府により破壊されたようですが、のにち木戸考允(桂小五郎)らの手により、ここに修復されたのだそうです。

Dsc08804 Dsc08805 Dsc08808

この松陰神社には他にも「松下村塾での教育」というものを掲げられていました。

多くの書物を読まずに、どうして将来語り継がれるような人になり得るだろうか。
自分の苦労をいとう者に どうして人々の安らかな生活を築くことができようか。決してできない。

Dsc08810 Dsc08812 Dsc08817

「成し難きものは、事なり。失い易きものは、機なり。」by.吉田松陰

この言葉の真意を知り、日頃から身についていれば どれだけいままでの人生が変わっていたのか?
そのことを感じずにはいられませんでした。

Dsc08815 Dsc08814

皆さんにも、心当たりはないでしょうか?
あの時、こうしていれば・・・
あの時、もう少し正直になれていれば・・・

Dsc08820 Dsc08823

失った時間を取り戻すことはできません。
そして、そのことをいま悔いても何も始まらない可能性も高いと思われます。

そのような中で、自分自身にできる“いま最善のことは何なのか?”
この一歩を具体的に踏み出すことにより、未来は開ける。
そのような気も致しました。

Dsc08824 Dsc08827

この松陰神社を訪問して興味深かったことは、このように歴史にまつわる場所を訪問すると、観光している人の中の多くが女性であることに驚かされます♪先日 読み終えたばかりの『いい言葉は、いい男をつくる。』(里中李生著)で述べられていた言葉が頭を過ぎります(笑)。

「もっと欲を持て、欲を出せ。」by.里中李生
「男の器は“お金の使い方”でわかる。」by.里中李生
「“仕事よりも女”になったら男は終わり。」by.里中李生
「自分で苦労を重ねて伸びろ。」by.里中李生
「“信念”こそが人生を分ける。」by.里中李生

Dsc08825 Dsc08826

「有能な者は行動するが、無能な者は講釈ばかりする。」by.バーナード・ショー

「成功は、はじめに心の中に根を張り、そして具体化される。その順番が逆になることはない。」by.ドミニック・ローホー

「自修自得をしているか?」by.松下幸之助

Dsc08828 Dsc08829

皆さんは、最近どのような事から、どのような著書から学びを得ましたか?

つづきはまた今度♪

Dsc08836 Dsc08842

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2010年8月11日 (水)

ささえ。

関東では既にお盆ラッシュが始まっています♪
基本的にお盆の間も暦通りの営業をする人間にとっては、非常に仕事がし辛い期間を迎えることになります(笑)。
私の職場も暦通りなので、今年の盆は一日だけ有給を頂いて、三連休を取ることを計画しています。

Dsc08712

今年のお盆はこのように「基本的には暦通りの方」と「8月7日辺り~8月15日辺りまでの長期休暇の方」とに分かれている。など、ラジオでも伝えられていました。
皆さんはどのようなお盆を迎えられるのでしょうか?

Dsc08716 Dsc08717

さて、個人的なことになりますが 私は残り約一カ月をもって、6年間過ごしてきた東京を離れ、再び故郷の福岡へ戻る予定となっています。

東京を初めて訪れたのが学生時代。
正直、そのとき見た最初の東京のイメージは“私が住める土地ではない”でした(笑)。

それが今となっては、学生時代に過ごした土地、生まれて初めて故郷を離れた土地でもある名古屋にも劣らないほどの愛着のある土地へと変貌致しました。
いずれは“離れなければならない土地”、そう思うだけで“変哲もなかった一つの街”が“特別な風景”に見えてしまうものです。

Dsc08718 Dsc08719

友人から「東京でやり残したことはありませんか?」という質問を頂きました。
私にとっては素敵な質問でした(笑)。
『東京』という土地で、むしろ“何かやり遂げる”などということは無い。そのような気も致しました。

Dsc08720

そして、東京で生活するにおいて、様々な方やモノと出会い、いま考え直しても多くの感謝すべき人や事柄に出会うことが出来ました。
本音は、その一つ一つに本気で感謝を述べていきたい。
心より、そう思っています。

Dsc08721_2 Dsc08722

皆さんは、感謝すべき方へきちんと感謝の意を表せていますか?

日頃から“身近に感じている”だけでは、伝わらない想いがあります。
逆に、“遠くにいても感じられる”。そのような感情や信頼も存在致します。

Dsc08725 Dsc08726

正直、私は多くの人に迷惑をかけ過ぎました(苦笑)。
どれだけの感謝を述べたとしても、決して 言い尽くせない程の、多くの支えを授かったと思っています。

私を支えてくれた方がいる一方で、私を憎んでいる方もいるかと思われます。
それでも、私はそのような方も含め、すべての方に感謝させて頂きたい。

東京を離れるからこそ、このような感情が湧きあがるのも、ある意味 必然かも知れません(笑)。
でも、少なくとも、私一人の力がゼロに近いとしても、1(イチ)もしくは2(ニ)あるだけで、周囲の方々の存在があって“掛け算”により、大きく 自分なりに成長できた部分もあるかと思います。

Dsc08729

そして、故郷に住む福岡の皆さまには、また御苦労をかけることもあるかと思います。

様々な想いを抱えながら、日々 福岡に帰省することを想像している今日このごろです(笑)。

Dsc08731 Dsc08732

皆さんは、感謝すべき方へ、日頃から きちんと感謝の意を表せていますか?
そして、このお盆をいかがお過ごしですか?

つづきはまた今度♪

Dsc08734 Dsc08738

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2010年8月10日 (火)

自らがその変化となれ。

以前から、このブログ内で
「“自分が発する言葉”が自分自身をつくり上げている」ことを述べさせて頂いております。

ここ最近、仕事中でもよく感じることですが、

どれほど地位や名誉がある方であっても、
どれほど仕事をさばくことができる方でも、
どれほど頭の回転が速い方でも、

“言葉遣い”
が下品であったり、トゲがあったり、相手の様子を見ながら見下すような話し方をしていると、途端に説得力に欠けたり、ガッカリさせられたり、違和感を感じさせられるものです。

Dsc08705

もちろん、“言葉遣い”どころか“発する言葉自体が、悲観めいた内容ばかり”だとか“ネガティブな言葉ばかり”ともなると、それ以前の話になってしまいます(笑)。

Dsc08706

世間を見渡しても、
立派に活躍されている方は、地位や名誉があっても、どれほど頭の回転が速い方でも、どんな方を相手に話しても常に、驚かされるほど“言葉遣い”が丁寧であるものです(笑)。

Dsc08707

私も、身内に対して話す言葉遣いは、決してよくないかも知れません(笑)。
気づいているのに、“今までの癖”に身をまかせ、直せていない点は反省すべきです。

Dsc08709

「私たちの目に“悪”として映るものは、実際には単に未熟な状態であるだけである。」by.ウォレス・ワトルズ

「“知っている”と“やっている”は、まるで別物である。」by.アラン・M・ウェバー

「試してみなければ、何もはじまらない。」by.ポール・スローン

「世界に変化を望むなら、自らがその変化となれ。」by.マハトマ・ガンジー

「“百耳は一見にしかず”というが、“百耳百見は一験にしかず”ともいえる。」by.松下幸之助

皆さんは、日頃どのような話し方をしていますか?
また、その言葉の使い方や、話す内容が、聞く相手にどのような印象を持たせているか、ご存知ですか?

“自分が発する言葉”が自分自身をつくり上げている。

つづきはまた今度♪

Dsc08710

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2010年8月 8日 (日)

ファナナ。

暑い日が続きていますが、今日の東京は強い日差しもなく、久しぶりに少し涼しく感じられました♪
そんな中、お隣の街 吉祥寺へいつもの週末らしく散歩してきました♪(写真は8月7日撮影したものになります。)

Dsc08685

そこで、旧伊勢丹前で井上昌己(ショウコ)さんという方がライブをしているのを見かけました。
約1時間近くの路上ライブを楽しませて頂きました。
私を含め、男性が好みそうな甘い声をし、私の年齢よりも少し上の人も含め多くの人が足を止めます。

Dsc08686

そんな井上昌己さんのMCを聞いていると、驚いたことにデビューして21年。
見た目は私と同じくらいか少し下くらいの年齢だと思っていましたが、帰宅して調べてみると、おそらく私より5つも年上(笑)。ところが、本当に元気をもらえる素敵な人なのです♪
1989年に発表された曲「YELL!-16番目の夏-」は夏の高校野球のテーマソングとして「熱闘甲子園」などでもオンエアされています。

Dsc08689

そんな彼女が、隣で演奏するギターリストを紹介した際に、
「彼はまだ20代なんですよ(笑)。若いですよねぇ~。」
と言った台詞も気にはなっていたのですが、まさか見た目だけでは年齢は分からないものです。

しかも、CDのジャケットより実物の方が綺麗なこと(笑)。

Dsc08690

更に、今週はあの仙台七夕まつりのイベントでも、暑い中をライブをしたのだとか。
全国22都市で今秋、ライブで全国ツアーをするとのこと。

私も過去ブログ優先順位。 』(2010年8月5日より)で紹介させて頂きましたとおり、同じタイミングで仙台にいた事もあり、これもなにかの縁だと思い、CDを購入させて頂きました(笑)。
私自身も仙台に仕事で行っていた事や、その時の暑さのことなどを彼女と楽しく話をさせて頂き、今後も応援したいと思える素敵な方でした♪握手をした温かい手が印象に残りました。

Dsc08692

ところで、デビューして21年。
余程好きなことでもない限り、21年は続かないことも多いかと思います(笑)。

中には、
・21年以上、同じ職場で仕事をしている。
・21年以上、夫婦生活を続けている。
・21年以上、同じ人やスポーツチームを応援している。

などなど、皆さんにも何らか一つくらいは20年、もしくは10年以上なにかをやり続けているかとがあるかと思います。

Dsc08694

ところが、
「未だ手にせず10年以上、何かを追い求めている。」
ともなると、また話は少し変わってくるかと思います。

例えば、単に10年もの間、
・「夢」を追い求めている。
・「結婚」を追い求めている。
・なにかを「研究」し続けている。
など漠然としたものでなく、
・「具体的な一つの夢」を追い求めている。
・「具体的な誰かとの結婚」を追い求めている。
・「特定の研究」をし続けている。
など、一つのものを10年以上、諦めずに追い求めている。

Dsc08696Dsc08697

皆さんは、何か特定の夢や具体的な成功を掴むために、数十年も諦めずに続けていることはありますか?

購入させて頂きました井上昌己さんのCDの中から詞をいくつか引用させて頂きます。

「誰も彼も顔を揃えては、不景気風。浮かない顔をしてる。特に男たち。
「も一つ、二つ、上を狙いなさい。」
「いつのどんな場面、呼び戻すタイムマシーンあっても、“今”を生きる、誇り高くいこう。」
(「女よ大志を抱け」より作詞:古賀勝哉)

「忘れないで、いつまでも、夢の続きがあるよ。」
「どんな時も、あきらめたりしないで、明日を信じて。」
少しの回り道ならば、ためらうことないよ。その分、素敵な場所にたどり着ける。」
「重たいシューズは脱ぎ捨ててしまおう。空の色も変わって見えるよ。」
(「夢の続きへ」より作詞:井上昌己)

Dsc08699

「この世にいるのは、不安がある人と、ない人ではなく、“不安だからやめてしまう人”と、“不安でも行動する人”の2種類かもしれない。」by.阿部敏郎

「自らに高い要求を。」by.ピーター・ドラッカー

「逆説的に聞こえるかも知れないが、一つのことに集中すると、視野が広がっていく。」by.ジョン・C・マクスウェル

「目を引くものは数多いが、心ひかれることは数少ない。追い求めるべきは、心ひかれることだけである。」by.ティム・レドモンド

「できると思っても、できないと思っても、いずれも正しい。」by.ヘンリー・フォード

皆さんは、10年以上続けられていることが、どれくらいありますか?

つづきはまた今度♪

Dsc08701

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2010年8月 7日 (土)

言葉の温度。

昨日は青森県八戸市にて朝を迎えました♪
先日のトラブルを挽回するための商談です(笑)。

Dsc08636

先日のブログ優先順位。(2010年8月5日ブログ)でも述べましたとおり、今回の商談は そもそも“条件が悪い状態からの商談”でスタートするため、それほど気難しく考える必要もありません(笑)。

起こったトラブルに対して言い訳するつもりもありませんし、頭をペコペコ下げながら商談をするつもりもありません♪
どのような状態から始まろうと、きちんと向き合うことで どのような問題も解決するものですし、きちんと話し合えば どのような相手であろうと理解し合える関係を構築できるものだと思っています。

Dsc08637

人と人との意見が食い違ったり、憎しみ合ってしまうというのは、その間に何かしらの
「認識の違い」
があるだけで、本来 本気で相手を嫌ったり、怒ったり、憎しみたくて、互いが分かり合えないわけではないと思います。

Dsc08638 Dsc08639

もちろん、宗教的問題・歴史的背景などは更に複雑な感情が含まれるため、そう簡単ではないかも知れません(笑)。

しかしながら、1対1の人間関係ともなれば、何とかなるものです。

Dsc08640

・相手の話をきちんと聞きとり、
・相手がどうしたいのか、どのように感じているのか、相手の身になって考えて理解する。
・自分が望んでいる考えと相手との利益を考えた結果、
・互いにとってベストに近いところで話をまとめる。

・決して、感情的にモノをいわない。
・自分個人の意見だけを貫き通そうとしない。
・明らかに、“できないこと”を、無理して「できる」とはいわない。
・やってもいないことを、「できない」ともいわない。
・どれだけ話し合っても、意見が食い違うのであれば、諦め 時間を無駄にしない。

Dsc08641 Dsc08642

もちろん、昨日の商談は話がトントンと上手く進み、商談先のお客様を怒らせるどころか、反対に口頭で新規の契約を頂けることに至りました♪
しかも、一緒にトラブルを抱えて不安一杯の気持ちの中にいた仕事仲間(そもそものトラブルはここにあったわけですが)からも感謝・感激されるおまけまでついてくれました。

昨日の八戸の気温は、道路標識上には「37度」とまで表記されている所まであり、清々しい暑さの中、仕事仲間と一緒に気持ち良く汗を掻かせて頂きました(笑)。

「あなたは温度をあげるパワーがある。」
そんな嬉しい一言に、非常に有難く感じました♪

東京へ戻る足も、トラブルを前にして望む足取り以上に軽くなります(笑)。

Dsc08643

『見かけの量の多さや圧倒的な迫力に まどわされてはならない』by.フリードリヒ・ニーチェ

『自分の弱さに、正直であることの強さを持つ。』by.斉藤茂太

『解決可能かどうか考える。解決不能なことは悩まない。』by.大前研一

『変化を感じとり、流れをつかめば、おのずと運命は変わる。』by.桜井章一

『奇策とは、百に一つも用うべきでない。』by.司馬遼太郎

『本気でやれば勇気と知恵が湧いてくる。中途半端にやっているから弱気と愚痴が出てしまう。』by.茶谷清志

Dsc08645 Dsc08649

『実学の積み重ねが、一瞬に現れる。』by.松下幸之助

『その問題を解決するカギは、自分の内側にある。』by.奥 健夫

自分自身が発する言葉が、自分自身をつくり上げている。

皆さんは、日頃どれだけ素敵な言葉と出会っていますか?

つづきはまた今度♪

Dsc08651 Dsc08653

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2010年8月 5日 (木)

優先順位。

今日は宮城県仙台市にて朝を迎えます♪
仕事は昼からのため、ホテルを早めにチェックアウトして、仙台の史跡巡りをする事にしました。

Dsc08446 Dsc08447

「るーぷる仙台」というバスを利用すると一日600円で観光地を回れます♪
私の時間は2時間。この時間で回れそうな場所は限られてきます(笑)。

Dsc08489 Dsc08497 Dsc08499

伊達政宗公が生前 非常に愛した地でもあり、霊屋でもある「瑞鳳殿(ズイホウデン)」に立ち寄りたかったのですが、今日は厳しいスケジュールのため、「仙台城跡(青葉城跡)」「大崎八幡宮」を優先させました♪

Dsc08503 Dsc08507 Dsc08514

仙台城跡にはいうまでもなく「伊達政宗公像」があります♪
実は、私は小学生の頃からこの銅像が見たかったのですが、やっと見ることが出来ました。

Dsc08522 Dsc08523

この他、仙台城跡から眺める仙台の町は非常に美しい光景でした。
仙台が“森の都”と呼ばれる所以が、この「るーぷる仙台」に乗っていると分かります。

Dsc08527_5 Dsc08529_5

大崎八幡宮は、仙台藩祖 伊達政宗公が慶長6年(1601年)仙台開府にあたり、安土桃山時代の遺構を残す権現造の典型として国宝建造物に指定されています。

Dsc08531 Dsc08536 Dsc08539

今日の仙台は非常に暑く、汗だくになりながらの旅となりました(笑)。
今日は、私の大切な人も熱中症で倒れたと話を聞いています。
まだまだ、暑い日が続くと思われますので水と塩の補給、そして無理をしない程度に頑張らなきゃいけないかも知れませんね♪

Dsc08579_2 Dsc08553

さて、そんな仙台は明日から三日間、「仙台七夕まつり」を迎えます。
今晩は、仙台の街を1万6千発の花火が覆うようですが、その光景を観ることなく、仙台での仕事を終えた私は次の街、青森県八戸市へ再び北上致します(笑)。

Dsc08556 Dsc08557

ちなみに、再び八戸へ北上したことに驚かれた方のために述べますが、当初の予定では 今日は南下して東京へ戻る予定でした(笑)。

数日前の八戸での商談のトラブルが影響を及ぼし、急遽 明日の関東での仕事をキャンセルさせて頂き、予定外のスケジュールに組み替えさせて頂きました。

Dsc08566 Dsc08573

急な、トラブルや対応において、即座に“ブレにくい自分自身の判断”の決断をするためには、何事においても常に「優先順位」をつけておく必要があると思います。

しかも、トラブルや想定外のことは決まって“突然”やってきます

Dsc08575_2 Dsc08576_2

だからこそ、常に意識して「自分が成すべきこと」「自分の生きた意見」に対して、優先順位が必要となるのだと思います。

Dsc08604 Dsc08593 Dsc08600

「Aを成すためには、Bは捨てなければならないことがある。」
ということを、瞬間的に判断できる。
そのことを日頃から何に対しても、優先的にモノを考える思考を身に着けておく

Dsc08606 Dsc08611

人生は、別れ路の連続です。
自分が選んだ道の先に、自分の未来が必ずやってくる。

Dsc08616 Dsc08621

明日はトラブルの関係上、私が得意とする“条件が悪い状態からの商談”となりそうです♪
そう考えるだけで、非常にワクワクさせられます(笑)。

Dsc08624 Dsc08626

皆さんは、
第一に、目指すもの、
第一に、守りたい(失いたくない)もの

は、なんですか?

今日も長文に お付き合い頂きまして、まことにありがとうございます。
つづきはまた今度♪

Dsc08629 Dsc08631

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2010年8月 4日 (水)

即物的思考法。

今日は少しハードなスケジュールでした♪
先ず、東京から青森県八戸市へ向かいます。
後で分かったことですが、青森県内ではいま祭事(八戸では「三社大祭」。青森では「ねぶた祭」。)の真っ最中であり、希望していたスケジュールの新幹線のチケットが購入できませんでした。
やっと乗れた新幹線内も、非常に多くの人で溢れかえっていました♪

Dsc08402_2 Dsc08404_2

その後 八戸を折り返し、宮城県仙台市へ向かいます♪
ここでも「仙台七夕まつり」の大きな宣伝が仙台駅で向かえてくれました(笑)。

Dsc08413_2 Dsc08412_2

今日は予想外のトラブルの連続でしたが、だからこそ面白いものだなぁ。
そう思わずにいられませんでした(笑)。

Dsc08407_2 Dsc08409_2

今日は移動や待ち時間が長かったため、用意していた「竜馬がゆく(四)」をやっと読み終えました♪
以前のブログにも少し紹介させて頂きましたが、「竜馬がゆく」を読めば読むほど、千葉さな子勝海舟が好きになっていきます(笑)。
もちろん、司馬遼太郎さんも好きになっていきます(多少、脇道に逸れやすいですが)。

Dsc08410_3

「竜馬がゆく(四)」より痺れるほど格好良かった台詞を、2つほど紹介させて頂きます。

奇策とは百に一つも用うべきでない。
九十九まで正攻法で押し、あとの一つで奇策を用いれば、みごとに効く。
奇策とはそういう種類のものである。
真の奇策縦横の士とはそういう男をいうのだ。
清河は、才にまかせ、奇策を用いすぎた。

Dsc08416_3 Dsc08421_3

勝の流儀が万事こうだ。
自分の眼でたしかめぬとすまぬたちである。
耳を信用せず、眼で見てそのうえで物事を考える男であった。

即物的思考法というべきだろうか。
この点で、竜馬の思考法とそっくりであった。
足を使い、眼を使ってじかに物に触れないと、物を考えた気がしない。
観念論者が多かった幕末の日本人のなかでは、ふたりとも珍種に属するであろう。

Dsc08425_3 Dsc08426_3

現代は、ネットで簡単にモノを購入できるようになりました♪
私自身は、ネットでの購入は、余程のことでもない限りしません。
しかしながら、ネット購入を否定するつもりもありません♪
安いし、簡単だし、探す手間が省けます。
ときとして、時間を有効に使いたい時であれば尚更、みごとに効くかも知れません♪

Dsc08428_5 Dsc08432_6

私はネットでの購入は、ほとんどしない。
ただ、それだけです(笑)♪

Dsc08434_7 Dsc08435

日本的なアプローチとしての“即物的思考法”は、
「物に直に触れ、そのものの心を外側からではなく、内側からつかみとること。」
とされているのだそうです。

“ものの心”、それは知覚的、感覚的に“もの”を通して、“ものの本質や背後にあるなにか”を見出そうとする美学♪

皆さんは、どのような こだわりをお持ちですか?

つづきはまた今度♪

Dsc08438_6 Dsc08439_5

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2010年8月 3日 (火)

いまを生きる。

今日は札幌市で朝を迎え、東京へ戻ってきました♪
夏休みということも影響しているのでしょうか、新千歳空港や羽田空港は人が溢れかえっている状態でした。

Dsc08330 Dsc08336 Dsc08337

今日は新千歳空港内にある かに料理店「きたみなと」さんで豪華に遅めの昼食(おやつの時間にあたる)を頂きました♪店内には著名人のサインで沢山です。
私が選んだのは「北海六色重(ボタンえび、いくら、帆立、カニ、ウニ、サーモンの海鮮重)」です。
サインに劣らず海の幸で沢山です♪
旅先での食事を楽しめないと、旅の楽しさは半減するかも知れません(笑)。

Dsc08342 Dsc08351

札幌での商談先でも笑われたのですが、明日の私のスケジュールを考えると、東京(羽田)を経由する方が早い(笑)♪
特に、いまの世の中はそのようなものです♪

直線距離が、一番の早道とは限りません。

Dsc08358 Dsc08354 Dsc08353

一見、遠道とも思えるルートにこそ、意外な発見や気づき、出会いなどが潜んでいるものです。

Dsc08361 Dsc08364

ところが、東京まで戻ってきて分かったことですが、明日の新幹線のチケットを取ろうとしても、やはり夏休みの影響もあるのでしょうか、希望する時間帯の指定席が「立席」のみになっており取れません(笑)。
旅先にハプニングはつきものです♪
明日からの出張がまたトラブル続きで、楽しくなりそうです(笑)。

Dsc08367 Dsc08374 Dsc08381

今日も羽田に向かいながら、機内の中で素晴らしい光景に包まれながら、昨日購入した著書を読み終えます♪
その著書の中で、天才イチロー選手の胃潰瘍になった時のセリフを用いて次のように述べていました。

「ストレスの原因になることがあるとしても、それはそれで面白いと思います。僕が生きていることの意味が感じられるのは、そうしたことのおかげではないでしょうか?(イチロー)」

ストレスさえも、「面白い」と表現できる強さ。
「ストレスさえ面白がるのが一流。」by.里中李生

Dsc08388 Dsc08389 Dsc08391

他にも次のような言葉を述べていました。
「魅力のある人間は、誰からも愛されるということである。魅力のない人間は、誰からも愛されないということである。」

「親の生涯の成功か失敗かは、子供の結婚の成功か失敗かにもよるらしい。」by.川端康成

Dsc08392

この他にも、賛否両論ありそうな言葉がツラツラと述べられていますが、私自身は興味を持ちましたので更に一冊の著書を購入させて頂きました(笑)。

Dsc08394 Dsc08395

世間では一部が既に夏休み♪
この夏休みをいかに過ごすか?

皆さんは、今年の夏をいかが過ごされる予定ですか?

つづきはまた今度♪

Dsc08397

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2010年8月 2日 (月)

いい面構えになれ。

今日は札幌へ来ています♪
早朝に東京で1件の業務、夕方で札幌市内にて2件の商談です。
もう見慣れた街とはいえ、札幌市内の街は電柱や電線がないため、私が見た街の中では最も美しい街だと思います♪

Dsc08274 Dsc08276

今の仕事が順調に行き始めてから5年近く経ちますが、毎晩寝る前や朝一で仕事のスケジュールを確認する度に、気持ちがワクワクできるようになりました(笑)。
仕事が楽しくない。仕事は楽しめなくて当然。
などと思っている方も多くいるでしょうし、私自身も昔はそう思い込んでいました♪

Dsc08279 Dsc08280

今日も機内で、今朝購入したばかりの著書を広げます♪
「いい言葉は、いい男をつくる。」里中李生著)
毒舌と偏見ともとれる内容が多いとはいえ、大きな視野で受け取ると、興味深い内容がトントンと出てきます(笑)。

Dsc08281 Dsc08284

著者は「“最高の明日”が思い描けるか?」と述べています。
明日は奇跡が起こるかも知れない。
と想像力を巡らせながら、
「なんて、明日って楽しいのだろうか・・・」
そう思えると、確かにワクワクしながら眠りにつけるかも知れません。

Dsc08285 Dsc08289

「人生が楽しくない人、明日が来るのが嫌な人は、想像力不足だ。」by.里中李生

Dsc08290 Dsc08295

そして、著者は次のように厳しく述べています。

金持ちは知恵があり、努力もしている。
そして、他者のせいにする人間は決まって、能なしだ。

「“人のせい”にする男は二流。」

Dsc08300 Dsc08297

男というのは、経験がモノをいう生きもので、その経験の有無が顔に出る。
それを見て、「頼りがいがある」という女性は、世の中に多い。
「“いい面構え”の男になれ。」

Dsc08301 Dsc08303

興味がある方は読まれるといいかも知れません♪

皆さんは、「最高の明日」を思い描くことができますか?
そしていま、どのような表情をされていますか?

Dsc08316 Dsc08323

つづきはまた今度♪

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2010年8月 1日 (日)

つよい、日本。

今日は滅多に訪問できない場所へ足を運んできました♪
「迎賓館 赤坂離宮」です。

Dsc08104_2 Dsc08107 Dsc08116

私の知らない間に、嫁さんが「平成22年迎賓館赤坂離宮参観」の受付をしており(平成22年5月25日をもって現在は受付締め切りとなっています)、その結果 当選し「参観証」のハガキが届きました♪

Dsc08118 Dsc08126 Dsc08129

現在は海外から来日される国王や大統領などが宿泊し、レセプションの場として使用されていますが、江戸時代は紀州徳川家の江戸中屋敷があった広大な敷地の一部にあたり、明治42年(1909年)に当時の一流建築家や美術工芸家を集め、東宮御所として建設されたものです。
日本においては唯一のネオ・パラック様式の西洋宮殿建築となります。

Dsc08133 Dsc08140 Dsc08163

建物の内部は写真撮影禁止となっていますので、パンフの写真からスキャンさせて頂きます。
受付の方の話によると、10日間で2万人が参観でき、1日で2千人が来るのだそうです。その他、近くにいるスタッフの方々へ質問をしても、丁寧にその歴史を教えて下さいます♪

Img_0021 「彩鸞の間(Sairan-no-Ma)」

Img_0022 「花鳥の間(Kacho-no-Ma)」

わが国が国際社会へ復帰し、国際関係が緊密化し、外国の賓客を迎えることが多くなったため、国の迎賓施設をつくる方針がたてられ、改修・新設をする中、昭和49年(1974年)に現在の迎賓館が完成したのだそうです。

Img_0023 「朝日の間(Asahi-no-Ma)」

Img_0024 「羽衣の間(Hagoromo-no-Ma)」

日頃は足を踏み込めない場所であるのはもちろんのこと、歴史的な当時の物語や文化を学ぶことができ、貴重な良い経験をさせて頂きました♪

Dsc08179 Dsc08195

ついでに迎賓館周辺を調べてみると、近くに清水谷公園「大久保公哀悼碑」があるという事で立ち寄ってみました♪

大久保利通は明治維新の元勲であり、西郷隆盛木戸孝允(桂小五郎)と並び「維新の三傑」と称されています。

Dsc08200 Dsc08202

大久保利通の孫娘が吉田茂と結婚、そして吉田茂の娘が麻生家(麻生太郎さんの父親)に嫁ぎ、大久保利通と吉田茂は義理の祖父となり、大久保利通と麻生太郎は高祖父の親族関係にあたる系図となります。

Dsc08215 Dsc08212

歴史はつながっています♪
学べば学ぶほど、現代とのつながりが見えてきます。

自分の些細な行為も、必ずや自分自身の未来に返ってくるものです。
そして、現在の自分自身は過去の自分の思考や行動がもたらした結果でもあります。
歴史はつながっている。

Dsc08217 Dsc08219

親友であった西郷隆盛らと学問を学んだ大久保利通は、幕末から明治維新などにかけ日本の中心人物となって活躍されましたが、明治11年(1873年)5月14日早朝、この紀尾井町で暗殺されました。享年47歳。
座右の銘は「為政清明」「堅忍不抜」
尊敬する人物は意外にも、徳川家康だったという話も。

Dsc08222 Dsc08224

大久保利通が創った明治政府は、諸外国を手本としており、当時の時代に合わせて頭を切り替えることができなかった武士たちにとっては上手く生きられず、それを当時の最高権力者であった大久保利通のせいだと思い、霞が関の自宅から赤坂仮御所へ通りがかっていた利通や馬車を引く馬も御者にも斬りかかったのです。

Dsc08237 Dsc08239

斬りかかったのは、石川県士族 島田一良ら5名の刺客。
なんと、「維新の三傑」は明治10年から11年にかけ、僅か1年もの間に自決、病気、暗殺と次々とこの世を去ることとなります。

Dsc08241 Dsc08242

利通は、親友 西郷隆盛の死亡の報せを聞くと号泣しながら、
「おはんの死と共に、新しか日本がうまれる。強か、日本が。」
と語ったのだそうです。

Dsc08244 Dsc08245

難しい時代だったのかも知れません。
しかし、それは現代も同じ。
我々はいつでも、時代が常々変化し続けている中で、生きている事に変わりはありません。

Dsc08248 Dsc08249

その中で、私たちも どのように変化していく必要があるのか?
時流を掴みながら、自分自身で考え、行動することにより、道は開けるのかも知れません。

Dsc08250 Dsc08251

しかしながら、まだまだ私自身も含め他人依存し、自らの環境や境地を政治や教育のせいにすることも少なくありません(笑)。

昔と比べ、いまほど生きやすい(日本)時代はないはずなのに、自らの足で歩こうとしない人もまた増え続けているといいます。

Dsc08253 Dsc08257

確かに、ニッポンは世界の中でも強い国になりました。
我々、ニッポン人の志はまだ失われていない。
そのようなことを感じつつ、迎賓館・大久保公哀悼碑を後にしました。

Dsc08259 Dsc08264

皆さんは、この週末どのような学び・気づきがありましたか?

つづきはまた今度♪

Dsc08269 Dsc08270 Dsc08272

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »