ブログランキング

  • 皆さんのお力を頂ければ幸いです。下のバナーをクリックすると、ポイントが入ると同時に、現在のランキング状況の確認も出来ます。皆さんの温かいワンクリックを宜しくお願いします。↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月の記事

2010年9月30日 (木)

9月に読み終えたビジネス本。

さて、9月に読み終えたビジネス本は以下の通りでした。

・『いまここ』
阿部敏郎著

Photo

一冊のみです(笑)。
先月末から9月中旬にかけて引っ越しの準備をしていたことや、iPadを購入してそちらに意識を取られていたことが重なり、ビジネス本だけでなくその他の本に関しても ほぼ読むことができませんでした。

自宅に関してはほとんど落ち着いてきましたし、できるだけ本を読める時間を作り、勉強していきたいなと思っています♪

九州で暮らし始めて2週間が経とうとしています。
未だ会いたい古くからの友人たちとはほとんど会えていない状態です(苦笑)。
そんなこともあってか、最近は東京での暮らしと福岡での暮らしが交差し、奇妙な感覚に陥ってしまう瞬間が度々あります(笑)。

Dsc03893 Dsc03881

ノンビリしている福岡での暮らし。
毎朝、素晴らしい鳥や虫たちの鳴き声に囲まれながら朝を迎え、通勤中には山や海などの自然を毎日 目にすることができる上、大きな空に浮かぶ真っ赤な夕日やピンク色に染まった雲の美しさを眺めることができる福岡での暮らし。

Dsc03889 Dsc03917

日々 必死になり、時間単位で生活していた東京での暮らし。
毎朝、トラックやバスの騒音で目を覚まし、大渋滞や大勢の人々の隙間を早足で駆け抜け、必要なものはどこの駅でも大抵の場合は手に入れることができ、便利さも不便さも両極端に共存していた東京での暮らし。

Dsc05681 Dsc05684_2

どちらも同じ日本の中なのに、それぞれ全く異なる環境。
しかしながら、確実に環境に左右されずに成長し続ける人間は存在しており、そのような人は東京であろうが福岡であろうが、確実に成長をするのだろう・・・
などと考えていると、この福岡での暮らしもいつまでもノンビリ気分に浸っているわけにもいかないのかも知れません。東京で夢に向かって生きている人たちと同じような姿勢で臨んでも追いつくはずもありません(笑)。
どんな人間でも与えられた一日の時間は24時間

Dsc01260 Dsc09966

過去や将来にしがみつく事なく、“いま”“ここ”を噛みしめながら、そして自分に湧き上がる思いを大事にしながら素晴らしい大自然と福岡の街を楽しみながら過ごしていければ。
そのように感じています。
(添付の写真は、過去の写真を引用しています。)

Dsc09987

皆さんは、自分自身の生活と、全く異なる生活をしている人々を肌で感じ、危機感を感じることはありますか?

つづきはまた今度♪

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2010年9月29日 (水)

夢のかたち。

今日は仕事の都合で、長崎県佐世保市まで足を運んできました♪
主な関東地域はほとんど車で通りましたが、九州の佐賀県~長崎県は私が思っていた以上に山の多い地域に感じました。
まるで、軽井沢辺りを運転している気分です(笑)。

Dsc00066 Dsc00068

この佐世保市には、私と9つの歳が離れた唯一の弟(夫妻)が住んでいる所でもあります。

Dsc00070 Dsc00069

私の弟は、いまでこそ姿形は私と似たような姿になりましたが、なにからなにまで私とは全くの違う人生を歩んできているように思えます(笑)。
幼少の頃から悪坊主だった私とは逆に成績優秀、短気だった私とは逆にオットリとして平和主義。
お酒の飲み方も、私を知る古くからの友人や親戚は充分に私の飲み方をご存知かと思いますが、一方の弟はビール缶1本で耳まで真っ赤にして眠ってしまうほど お酒に弱く、それぞれの生活の拠点も 私は福岡市名古屋市東京23区と日本の中でも栄えた地域で暮らしている一方で、弟は北九州市(実際には中間市)~広島市佐世保市(長崎県)
と割と地方の方で生活の拠点を置いているところまで生活・性格が異なっています(笑)。

Dsc00077 Dsc00080

そんな弟は小さな頃からプラモデルを作るのが好きで、幼い頃からガンダム、戦車、戦艦などを作っていましたが、ある日 私に「将来は、バンダイかタミヤに就職したい。」と語ってくれたことを今でも覚えています♪

Dsc00081 Dsc00085

もっと上の大学を目指せる成績でしたが、「自分の受けたい授業の科目が特殊過ぎて、ここでないと受けられない。」との理由から広島大学へ入学し卒業。現在では、造船業という職でこの佐世保市に移り住むようになりました。
オモチャでは満足できず、本物の船を造る仕事です(笑)。

Dsc00088 Dsc00089

私自身も学生の頃にエレキギターを片手に、バンドを組むなどして青春時代を過ごしましたが、ギターを作りたいとの意思で名古屋の専門学校へ入学し、そこで貴重な2年を過ごしました。

実は うちの家族では、私だけが楽器をするわけでなく、父も弟(ドラムやエレクトーンなど他にもいくつか)も演奏します。

なにからなにまで異なる性格の家族のように思えて、実は非常に似た部分も持ち合わせているのかも知れません(笑)。

Dsc00090 Dsc00091_2

私も弟も、素敵な嫁さんをもらいました♪
日本中を飛び回っている私ですが、弟も造船の勉強でデンマークなどのヨーロッパの方へ何度も出入りしています。
実際にいま現在も(数日前から)デンマークへ渡っており、10月初旬まで日本にはいないのだそうです(笑)。

互いに全く異なる環境で、全く異なる性格で過ごしましたが、似たようなことをして生きているのかも知れません。

Dsc00093 Dsc00094

いつか、そんな弟と二人で ゆっくりとお酒を交わす日がくればいいなぁ♪(お酒は厳しいかな・・・)
なんて思った今日一日でした(笑)。

「あなた自身の選択を信じなさい。」by.ウォレス・D・ワトルズ

「目標を達成した時は、お祝いをする時ではなく、新しい目標設定をする時である。」by.ピーター・ドラッカー

「大切なのは、自分の外側を探すのではなく、自分の内側を深く探求すること。」by.奥健夫

「最高に強い種が、最高に知的な種が、生き残るわけではない。周囲の変化に、最も敏感に適応した種が、生き残る。」by.ダーウィン

Dsc00096 Dsc00095

皆さんが、思い描いた幼少の頃の夢は何でしたか?
そして、その夢は現在 どのような形に姿を変えていますか?

つづきはまた今度♪

Dsc00099 Dsc00100

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2010年9月28日 (火)

すべては一生の羅針盤から。

やっと仕事の方も本格的に稼働し始めてきました♪
しばらく、福岡帰省で部屋の片づけや懐かしさなどを満喫させて頂いていましたが、いよいよ九州を中心に再び日本全国を飛び回るスケジュールが次々と埋まっていきます(笑)。
仕事があるというのは、本当に有難いことです♪

Dsc00055 Dsc00056

さて、現在読んでいるいくつかの本の中で『すべては一杯のコーヒーから(松田公太著)』という著書があります。
松田公太さん。知っている方も多くおられるかと思われます♪
97年8月にタリーズコーヒー1号店を銀座にオープンされたタリーズコーヒージャパン創業者であり、今年の参議院選東京選挙区にて見事に当選をされた政治家でもあります。

Dsc00058

その『すべては一杯のコーヒーから』の一文の中で非常に心を打たれた一文がありましたので、そのまま紹介させて頂きます。

Dsc00059

使命とは、ある日突然、天から雷のように落ちてくるものではない。ふとしたきっかけで それを発見する幸運な人もいるが、ほとんどの人の使命は奥底に眠っているものを自分で探し出さなくてはならない。
今まで自分が歩んできた人生を、足元からじっくり見直してみれば、きっとどこかにヒントが隠されているはずである。

宇宙の誕生や、地球上に生命が生まれた時に遡[サカノボ]って考えてみてほしい。
人は誰しも天文学的な確率でこの世に生を受けているのだ。
私たちは生まれたときから特別な存在であり、一人一人に必ず「天意」が授けられている。それに気づかずに生きるのは、自分に与えられた一生の半分も全[マット]うしていないのと同じではなかろうか。

Dsc00060 Dsc00061

更に、松田公太さんは次のように述べています。

「夢」と「目標」は全く別物だと私は考えている。
目標とは、具体的な計画に基づいて、自分の実生活の羅針盤として必要なもの。
一方 夢とは、たとえ具現性が乏しいとしても、思い描くだけで心が満たされるものだと思う。

Dsc00062

今日、仕事の合間にいくつかの書店に足を運びましたが、やはりどのような書店にも(例え小さな書店であったとしても)良書は存在し、それらが私たちに様々な訴えを放ってくれています♪

「努力をしても結果が出ないのではなく、結果が出るまで続けるのが努力である。」by.福島正伸

「“必要なら”動け、“可能なら”ではない。」by.スティーヴ・ジョブズ

「世の中は人がつくる。人に出来ない世の中はない。出来ると信じ、やろうと思うか否かだ。」by.塩田政利

Dsc00064 Dsc00063

皆さんの夢と目標は何ですか?

つづきはまた今度♪

Dsc00065 Dsc00054

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2010年9月25日 (土)

変化。

福岡へ戻り、再び仕事を再開し始めました♪
福岡の空気にも徐々に慣れ始め、東京での暮らしや福岡での新しい生活が頭の中で交差しながらとはいえ、毎日新しい刺激を受けたり、思い出したりしながらワクワクした気分で過ごしています(笑)。

Dsc00036_2

思えば、福岡から東京へ上京した6年前の私は野心に満ち溢れていました(笑)。
「東京で、自分の実力がどれほど通じるのか。」
なんてことを生意気にも思いながら、貯金をほぼ使い果たし退路を断ちながらも、不安と期待の中 ただただ挑戦的な気持ちを前面に押し出しながら“世界の中心都市”に向き合いながら毎日を追うように過ごしていました。

Dsc00039 Dsc00040

いまから起こるであろう どのような大きな津波にも耐える信念情熱
そして、一歩一歩前進し三十路を迎えた機会に人間として大きな何かを掴みたい。
そのような、自分なりの志を胸に抱きながら、最初の2年間は休みもなくガムシャラに仕事をして過ごしたのを思い出します。

そんな状態でも、常に笑顔でついてきてくれた嫁さんはかなり立派だと思います(笑)。

Dsc00042

そして、3年目辺りから少しづつ経験と心の余裕ができ始め、肩の荷がおろすことが出来ました。
周囲にも同じような境遇の方々が多くいたり、それ以上に大変な状態で自分自身の人生と向き合っている方にもお会いすることができました。その度に、自分の小ささを改めて感じさせられたりしたものです(笑)。

Dsc00044 Dsc00045

自分自身に甘えが出始めた4年目、大きな壁にぶつかりました。
その後、自分自身の甘えを取り戻すため、自分なりに思考錯誤しながら毎日毎日勉強し始めて、昨年の9月に大きく人生の価値観を変える瞬間を迎えました♪

その日が2009年9月17日、北海道出張中の札幌から帯広へ向かっている最中でした。
奇しくも今年の2010年9月17日は、東京から福岡へ引っ越してくるその日となりました(笑)。

Dsc00046

福岡から東京へ戻ったいま、その東京へ上京した当時とは全く別の心情が湧きあがった状態だったのを、帰省中の機内の中で 窓の外の風景を眺めながら強く感じました。
大きな達成感と新たな挑戦を柔軟に受け入れる心の準備。
そこには、そんな穏やかな心情が存在していました♪

Dsc00047 Dsc00048_2

昔の友人に会う度に、変化している人と全く変わっていない人がいます(笑)。
どちらが良くて、どちらが悪いというわけでもないと思います。
どちらにしても その人の表情や口調を伺っていると その人がどのような日々を送ってこられたのか感じることができるものです♪

Dsc00050

皆さんは、昔の友人や初めて会った方からどのような印象を受けたいと思っていますか?
また、この数年をどのようにして過ごされてきましたか?

Dsc00052

「あなたは何によって憶えられたいか?」by.ピーター・ドラッカー

「ある日 突然、特別にはならない。」

「“誰も見ていない時”あなたは何をやっているか?」by.ジョン・C・マクスウェル

「“いつか”を“今日”にするだけで、一気に人生が開けることがある。」by.フランソワ・デュボワ

「美徳や卓越性があるから正しい行動をとれるのでなく、正しい行動をとるから美徳や卓越性が身につくのだ。」by.アリストテレス

つづきはまた今度♪

Dsc00037_2

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2010年9月22日 (水)

高まるために捨てる。

福岡に帰省して、もうすぐ一週間近くが経とうとしています♪
自宅の整理の方もだいぶ安定し、普通に生活するには支障のないところまで片づいてきました。

Dsc09994 Dsc09995

東京に居た頃から、著書『たった1分で人生が変わる片づけの習慣(小松易著)』『シンプルに生きる(ドミニック・ローホー著)』などを読み、新居での生活の在り方をイメージしていたため、割と自分の理想に近いかたちで部屋が片づいてきており、少しホッとしています(笑)。

Dsc09997

私自身、記憶に残っている小学時代からの引っ越し回数を数えてみると、小学から中学へ変わるタイミングで現在の実家へ引っ越したのを一回目とすると(実は他にも幼少時代に、何度か引っ越してはいますが)、実家から名古屋へ、名古屋の間に1回の引っ越し、名古屋から福岡市へ、福岡市内で2回の引っ越し、福岡市から東京へ、そして今回の福岡帰省で・・・8回目の引っ越しを経験しています(笑)。

そんな話を会社の同僚に話していると、なんとその会社の同僚も8回の引っ越しをしていました♪

皆さんは、どれくらいの引っ越しの経験をしているでしょうか?

Dsc00001 Dsc09998

その会社の同僚と話していると、いままでで8回の引っ越しを経験し、その都度 押入れにしまい込み 開けないままのダンボール箱が貯まり込んでしまって、いまも押入れの中には何が入っているのか分からないダンボール箱で山積みになっている・・・なんて笑い話になりました。
しかも、彼は引っ越す度にそのダンボール箱が増えているのだそうです(笑)。
そのような経験、皆さんはないでしょうか?
実は、私もそのような経験を持つ一人です♪

Dsc00002 Dsc00003

そのようなこともあり、今回の引っ越しでは“必ず全てのダンボール箱を開け、整理整頓する”と考えていました♪
まだ、購入したばかりのラックなどが届いていないこともあり、細々したものは片づいていませんが、無事に全てのダンボール箱を処理できるところまでは近づいてきました(笑)。

先ずは 不必要なものは無くし、本当に必要なものだけを贅沢に残すこと。
を目指しています♪

Dsc00011

それにしても、東京暮らしで慣れた“東京ならではの便利さ”を恋しく思うこともしばしば(笑)。

東京では「欲しい」と思ったものを1~3時間もあれば充分に購入して帰宅できても、福岡のいまの自宅からだと約半日以上を要します(笑)。

そういえば6年前まで福岡で暮らしていた頃は、休みの日がくる度に博多や天神、小倉などまで何度も何度も頻繁に足を運んでいた頃を思い出します。

Dsc00013 Dsc00015

東京で、時間の貴重さを学ぶことができました♪
「地方では3~5年かかることを、東京では1年で達成出来る。」
と語る仕事仲間の言葉を思い出しますが、本当にそのように感じます(笑)。

Dsc00017 Dsc00020

「高まるために捨てる。」by.フリードリヒ・ニーチェ

「目を引くものは数多いが、心ひかれることは数少ない。追い求めるべきは、心ひかれることだけである。」by.ティム・レドモンド

「勇気と努力があっても、目標と方向性がなくては何も達成できない。」by.ジョン・F・ケネディ

「ビジョンは、いつも強化していないと、見る間にかすんでしまう。」by.ポール・スローン

「確固たる信念があれば成功する。」by.塩田政利

Dsc00021 Dsc00026

皆さんは、住みやすい環境作りのため どのような工夫をされているでしょうか?

つづきはまた今度♪

Dsc00033 Dsc00034

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2010年9月20日 (月)

環境の変化。

久しぶりのブログになります(笑)♪

先週の15日の水曜日に東京の(元)自宅を離れ、17日の金曜日に九州の福岡県に引っ越してきました♪
6年ぶりの福岡での生活が始まり、3日を終えましたが やっと片付けが整い始め、福岡での暮らしの感覚を取り戻しつつありますが、まだまだ東京と福岡との生活でのカルチュアショックを受けている最中であります。
・・・元々、私は福岡県出身の人間であったにも関わらず(笑)。

Dsc09974 Dsc09975

引っ越してきて先ず感じたのは、やはり“物の入手”に関して。
東京の杉並区に住んでいた頃は、(元)自宅から片道20分もあれば隣駅の吉祥寺のロフトやパルコ、ヨドバシカメラや東急百貨店、丸井などにて欲しいものは大抵 入手できていましたし、片道30分もあれば新宿に行くことが出来ました。
現在の福岡県東区の自宅からでは、それらの店がある博多や天神に出るまで片道約1時間近くを要します(笑)。
そんな天神も6年前には無かったロフトやパルコができていました♪

Dsc09977

この3日間もの間だけで多くの感動にも巡り合っています♪
先ず、福岡入りしてすぐに感じたのは“大自然の香り”。
特に現在の自宅近くでは、東京ではなかなか感じることのできなかった土の香り緑の香りが、当たり前のように感じることが出来ます♪
先日、嫁さんの父親にも
「このような大自然と隣り合わせで暮らしているのに、鬱病になる人がいるのだろうか」
という話をしていたのですが、逆もあるかも知れません・・・。

自分自身の豊かさに気づかないと、どんな状況であろうと心の病にはかかってしまいますし、競争社会の中で戦う力を失われたり、危機感が薄れてしまう中でも、やはり心の病にはかかってしまうものなのかも知れません。

Dsc09978

そして続いて驚いたのが、物価の安さ(笑)。
6年前は私もこの福岡に住んでいたというのに、これほどまでに物が安いのか?と嫁さんと口を揃えて語りあっているほどです。

Dsc09981

もう一つ、大きな出来事として感じていることは、
東京に6年住んでいた間に、いつの間にか“味覚”が変わっていた。
という点。
これは、嫁さん自身も大きく感じているようで互いに驚いている一つでもあります(笑)。

Dsc09982

6年前、福岡から東京へ上京した時は 東京の食べ物になかなか馴染めずに、福岡での食を恋しく思ったものでした(笑)。
その代表例がラーメン、味噌汁、刺身など。
特に、昔よく嫁さんと食べ歩きをしたラーメンに関しては、東京で出回っている“とんこつラーメン”は一部こそ九州でも味わえるものもあるとはいえ、そのほとんどが所謂“横浜とんこつラーメン”と呼ばれるもので、私が愛する“九州とんこつラーメン”とは全く味も麺の太さも異なるものがほとんどでした。

Dsc09983

今回の福岡帰省に伴い、嫁さんと以前よく食べ歩いていたラーメン屋へ出かけたのですが、私も嫁さんも以前 愛していたそのラーメンの味の変化(実際には、“ラーメンの味の変化”ではなく、“互いの味覚の変化”なのだと思われますが)にかなり驚きました(笑)。

Dsc09984

そういった点では、東京と福岡の醤油の味の違い(福岡の醤油はかなり甘め)にも驚かされています。
お蕎麦のツユまで甘い(笑)。

Dsc09985

6年前に東京でカルチュアショックを受けた一つとして、関東の方は車の運転の時にマナーよく譲り合う光景がよく見られましたし、仕事の都合上 全国を運転することも少なくないのですが、福岡で久しぶりに運転してみて驚かされたのは、福岡の方は全般的に かなり運転が荒い方だと思います(笑)。
そういっている私自身、6年前はそんな福岡の中でも更に運転の荒い人間だったことを思い出します(笑)。

Dsc09986

このように、現在 東京と福岡での生活の様々な違いを楽しんでいる最中です♪
これも常に自分自身の脳に刺激を与える“変化”としては、かなりよいことなのかも知れません。

Dsc09987

「大切なのは、自分の外側を探すのではなく、自分の内側を深く探求すること。」by.奥健夫

「“自分”という定義に、自分の作った鎧の中に入り込み、枠を作らない。」by.フランソワ・デュボワ

「変化を感じとり、流れをつかめば、おのずと運命は変わる。」by.桜井章一

「将来 何かことを成そうとするなら、まず先立つものは“信用”である。」by.松下幸之助

皆さんは、最近 いつもと違うこととして何をされましたか?

つづきはまた今度♪

Dsc09989

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2010年9月15日 (水)

6年間。

ついに今日、6年間住み慣れた東京都杉並区を離れ、地元の福岡に戻ります。
皆さんは、今住む場所にどのくらい住まれているでしょうか?

私は実家を離れて以来、2〜5年周期で転々としていますが、住む地が変わる度に新しい刺激を得ることができます。

とはいえ、今回の東京は私にとって非常に特別な意味のある6年間でした。福岡から上京してまず感じたのは、スピードの早さ。さすがに世界の中でも中心に値する地であると思わずにはいられませんでした(笑)。

具体的には、人の流れの早さ、情報の流れの早さ、物の流れの早さなど。とにかく、目的をもってなにかを成そうとしている人にとっては最高の場所といえると思います。もちろん、目的無しには逆に窮屈に感じたり、自分だけが周囲から取り残されているような感じを受けるかも知れません(笑)。
今晩から福岡へ移動し、新たな生活が始まります♩そして、毎日がまた新しい一日でもあります。

皆さんは、今日どのような新しいことに取り組みますか?

2010年9月12日 (日)

全体的なモノの見方。

個人的なことになりますが、ついに関東での生活では最後の週末を迎えました。
もちろん、再び東京に戻ってくる機会は何度もあるでしょうし、数年後にはまた生活の拠点の一つになっている可能性も残っているかと思います。
そうはいっても、次の機会がいつになるのか先のことはわからないものです(笑)。

Dsc09887

先週もぎりぎりまで仕事の方のスケジュールを詰めて働かせて頂きました。
来週からは、しばらく引っ越しのこともあり、仕事を休ませて頂きながら荷造りから福岡での荷下ろしまでの作業が中心となります♪
新居に住む実感はまだ湧きませんが、非常に楽しみにしています。

Dsc09889 Dsc09890

さて、今週の金曜も私の大好きなお客様先へ挨拶も兼ねて訪問し、非常に楽しくお話しをさせて頂きました♪
思えば、私は周囲の方々に恵まれていたと思います。
最後にお会いできたクリニックの院長先生は守矢先生
以前にもブログに紹介させて頂いた方で(過去ブログ井の頭公園の空の下に集まる人々』[2009年9月23日より])、ある意味このブログを書くきっかけでもあり、昨年の私の人生を大きく変えた瞬間(過去ブログ札幌~帯広で見つけた空』[2009年9月17日より])を作ったきっかけの一部も、守矢先生の存在であると言っても大袈裟ではないほどの方です(笑)。

Dsc09892 Dsc09893

その金曜日、また守矢先生からまた多くの刺激を頂きました。
(もちろんお仕事の話も少しはしましたが)地球の歴史から紐解く我々の生活、時間の概念、どうして今の日本人は“精神的に弱い”といわれる人が増えたのか、格差社会や“勝ち組・負け組”といわれる社会が作られる根本は間違っていないこと・・・などなど。

Dsc09895 Dsc09896

そのような守矢先生は、医者という職業でもある中、非常に多忙であるにも関わらず多くの著書を読み、そのジャンルも様々です(笑)。
「“忙しい。忙しい。”っていってる人ほど、大したことしてないもんだよ(笑)。」
「“働かざるもの、食うべからず”とは、よくいったものだと思うよ(笑)。」

明日の午後からしばらくの間、休暇を頂く私にとっては何とも耳の痛い話です(笑)。

Dsc09897 Dsc09900

「働かざる者食うべからず」by.パウロ(または、レーニン)

Dsc09901

私たちは何か困ったり、知識やアイデアを得ようとする時、どうしても数冊の本や人の体験談などを聞くことにより満足したり、理解しようとします。

私も守矢先生に少しくだらない質問をしてみました。
「どのような著書を読んだら、そのような知識を得られるのですか?」
守矢先生は、いつものように笑顔で語ってくれます。
「ははは♪一冊や二冊の本では得られないよ(笑)。何年も何年も本を、しかも様々な分野の本を読み続けて、そして自分自身なりの解釈を常に更新しながら持ち続けなきゃ♪そうすると、面白いことに気づく。地球上、宇宙上での出来事は全て一つのことに集約されるんだよ。」

Dsc09918 Dsc09909

その一つのこと、何だと思いますか?
実は、私もやっと自分自身の人生(生命体としての役割り)がなんとなく少しずつ理解できるようになりました(笑)。

Dsc09904 Dsc09905

恥ずかしながら、アインシュタインがいう「そもそも宇宙上での出来事には、過去や現在・未来など、時間の概念はない」という意味も、やっと守矢先生のヒントで理解することができました(笑)。

Dsc09907 Dsc09908

関東へきて、日本中を動き回ることにより、多くの地で素敵な出会いに恵まれました。
その一つひとつに感謝したいと思います。
「君のように全国をあちこち行けると“全体的なモノの見方”に気づきやすくなるかも知れないね(笑)。物事は大きな視点から見なきゃ♪一部だけを見て判断はできない。全てはバランスなんだ。

守矢先生の言葉の一つひとつが、いまも私の頭の中で駆け巡っています(笑)。

Dsc09911 Dsc09913

九州へ戻っても、また全国各地を飛びまわる活動を行い、著書からだけでなく、自分自身の身体でも勉強していきたいと思っています♪

皆さんは、いまどこに向かって歩まれているのでしょうか?

つづきはまた今度♪

Dsc09921 Dsc09919

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2010年9月 9日 (木)

敵に塩をおくる。

今日は仕事で長野県長野市へ行ってきました♪
仕事後に川中島へ行ってきます。
この地は 私が約5~6年前、関東へ来て初めての史跡巡りの地として第一歩を歩んだ土地でもあります。

Dsc09774 Dsc09777

そんな川中島といえば、もちろん戦国武将 武田信玄上杉謙信が5度に渡って戦い、北信濃の支配権を巡って行われた5度にも及ぶの戦いをいうのですが、最大の激戦となった第4次の戦いが千曲川と犀川が合流する三角状の平坦地である川中島を中心に行われたことから、その他の場所で行われた戦いも総称として「川中島の戦い」と呼ばれているのだそうです。

Dsc09782 Dsc09791

いずれの戦いも引き分けたという両雄の因縁の土地でもあり、永禄4年(1561年)の戦いの舞台になったのが、ここ「八幡原の戦い」であり、第一次から第五次にわたる川中島の戦いの中では唯一大規模な戦いとなり、多くの死者を出した地でもあります。

Dsc09796 Dsc09812

そのようなライバル関係にあった信玄と謙信ですが、今川氏真によって信玄が塩止めを受け、信玄が最大のピンチを迎えた時には、氏真の行為を謙信が“卑怯な行為”と批判し、「私は戦いでそなたと決着をつけるつもりだ。だから、越後の塩を送ろう。」といって、信玄に塩を送った言葉から派生し「敵に塩を送る」という諺も生まれました。

Dsc09815_2 Dsc09817 Dsc09818_2

もちろん、この逸話に関しては信頼すべき支書の裏付けはなく、後世の創作ではないかと考えられているとのことでもありますが、少なくとも信玄公の死を伝えを聞いた(食事中であった)謙信は、「吾れ好敵手を失へり、世に復たこれほどの英雄男子あらんや」と箸を落として号泣したと言われています。

Dsc09819 Dsc09822_2 Dsc09825 Dsc09826

「敵に塩を送る」にしろ「勝てば官軍」にしろ、言葉は時代背景と共に曲げられ伝わることもあります。
いずれにしろ、「正しい」もしくは「間違っている」などという観点だけでは、物事は決まらないことばかりなのかも知れません。

Dsc09828_2 Dsc09827 Dsc09819_2

「この世は、あなたの“見方”次第。」by.ウォレス・D・ワトルズ

「美徳や卓越性があるから正しい行動をとれるのでなく、正しい行動をとるから 美徳や卓越性が身につくのだ。」by.アリストテレス

「小さな夢をみる人は、小さな人のまま、生きつづける。」by.ロバート・キヨサキ

Dsc09831_2 Dsc09832 Dsc09834 Dsc09835

皆さんのライバルは誰ですか?
そのライバルに為に、自分自身ができることは何ですか?

つづきはまた今度♪

Dsc09856_2 Dsc09862

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2010年9月 7日 (火)

無駄なプライド。

突然ですが「プライドの高い人」という言葉をよく耳にします♪
皆さんは、「プライドが高い」と言われたことがあるでしょうか?

Dsc09725 Dsc09727

そもそも「プライドの高い人」というのは、どのような人のことをいうのでしょうか?(笑)

人に誇れるモノを持っている人?
それなりに自分の中に何がしかの自信の根拠を持っている人?
人を寄せ付けないほどの精神力の持ち主?
自分自身を持っていて、他人のいうことをあまり聞かない人?
人のアドバイスがなくとも、一人で物事を判断できる人?

しかし、次のようにも取れないでしょうか・・・

自分が傷つくのを嫌がるタイプの人?
精神力が弱く、自分自身の殻に閉じこもっている人?

Dsc09728 Dsc09729

このようにして、例をあげてみると どれも本当の意味で誇り(プライド)が高いというよりは、むしろ愚かな人間の欲求を基準として判断している内容が多いような気も致します。

内面的に弱いから、プライドという言葉で防御壁をつくり上げている。

Dsc09752 Dsc09753

とある著書で、プライドに関して次のように述べていました。

否定されるとすぐにヘコむのは“無駄なプライド”が影響しており、プライドは「今の自分」でなく「伸びていく自分」に対し持つべきもの。

Dsc09756 Dsc09757

プライドには大きく分けると2つの種類があるのかも知れません♪

弱い人
否定されるとすぐにヘコむ人
「プライドを傷つけられた」と感じる人

結果:ヘコんだり、恨みや嫉妬を抱くようになってしまうプライド。

向上心の強い人
何か言われたことをバネに、伸びる人
「今のままではダメだ」と自己否定できる人

結果:向上心が生まれて成長することができるプライド。

Dsc09760 Dsc09765

一時期、共に静岡県で仕事をしていた友人も、かなりプライドの高い方でした。
そのため、余計なお世話と知っていつつも、何度かそのプライドを捨てるようアドバイスさせて頂いたことがありました。
彼が、そのプライドをいま捨ててしまい、将来のために行動・思考できるようになれば、彼の抱えているプライドの殻をすぐにでも破り捨てることができ、その瞬間 更なる器量を生みだすような気がしたからです♪

Dsc09769 Dsc09772

彼は一瞬たりとも怒りもせず、感謝の気持ちで私の言葉を受け止めて下さいました。
そんな彼とは しばらく連絡を取り合っていませんが、きっと元気で仕事を頑張っていると思います♪

話は全く変わりますが、今日「しずおかコーラ」という面白いものを見つけました(笑)。
緑茶入りのコーラなのですが試しに頂きましたが、違和感なく飲めました♪私自身は、美味しいと思いました。
Dsc09768

皆さんにとって、プライドとはなんですか?

つづきはまた今度♪

Dsc09736 Dsc09740

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2010年9月 5日 (日)

絆の時間。

今日は代官山へ一人で買い物、昨日は神奈川県横浜市に住む友人宅へ嫁さんと顔を出してきました。

昨日の友人宅へ顔を出すのは数年ぶり(実際に彼と会うのは約四カ月ぶり)。
彼と出会ったのが、名古屋の専門学校へ入学して以来(正確には高校三年の夏休みの時期には体験入学の際に、顔を合わせていたのが最初でしたが)ですので、かれこれ20年弱の付き合い。

Dsc09700 Dsc09701

当時は、互いに若さを武器に(?!)路上に座り込んだり、寝転んだりする未熟者でした(笑)。
彼も綺麗な嫁さん(広末涼子さんに似ていた頃よりは少し痩せたかな?)と、とても可愛い二人のお子さんに恵まれ、私たち夫婦と家族共々仲良くさせて頂いております♪

Dsc09702 Dsc09705

私が福岡へ戻る前に会っておきたいとの互いの希望で、何気ない会話からの昼食会でしたが、私にとってはドキッとする大きなワンシーンがありました。

一緒に昼食で盛り上がっている最中に彼が席を立ち、私に持ち出した一皿の“魚の煮付け
彼の「ほらっ、これ♪」の一言に、
その場にいた私だけでなく、私の嫁さんもその意味を感じとって一緒になって驚きました(笑)。

Dsc09707

名古屋の学生時代を送っていた当時の私は、充分に送られていた仕送りがあるにも関わらず、非常に貧粗な食生活を送っていました。
そのような中で、共に寮生活をしながら料理も出来る彼が、ある日 私に一日かけて煮込んだ魚を休日の日に持ってきてくれ、しかもその味が非常に美味しくて感動した、忘れられない思い出があったのです。
(その思い出話を嫁さんにも再三していたために、嫁さんもすぐに気づいたわけですが)

Dsc09708 Dsc09710

昨日、私の目の前に何気なく置かれたその皿は、あの時と全く変わらぬ見栄えと味を保ち、私の心を大きく震えあがらせました。きっと、あの日と同じようにコツコツと作ってくれたに違いありません・・・。
正直、照れもあり自分自身の気持ちを上手く表現出来ませんでしたが、実は涙がこみ上げてくるほどの感情が湧いたのは事実です。
彼が、何を思ってそれを用意してくれたのかも考えると、本当に感謝し切れない気持ちでいっぱいです。
その魚の骨まで軟らかく煮込まれた味と共に、私の身も心も彼の温かさで骨の髄まで包まれました。

Dsc09711 Dsc09713

そんな彼と頻繁に会う機会は非常に少ないですし、実際に同じ青春時代を過ごしたのはリアルタイムには2年しかありません。
しかし、いまも尚、同じ夢を追いかけた戦友にも近い存在として繋がっている絆が存在していることを実感致しました♪

人と人は、
会う時間の長さなどではなく、心と心の絆の結びつきが大事なのかも知れない。
そのように感じました。

Dsc09715 Dsc09716

彼を思い出す音楽で、ミスタービッグ(Mr.BIG)というバンドの“To Be With You”という曲があります♪
この曲を聴く度に、彼や彼の家族を思い出します。

私も彼も、若き日に比べると大きく変化しましたし、その周囲はもっと変化しました。
しかし、なにも変わらない大事なものも確かに存在する。

Dsc09718 Dsc09720

「自分が心の存在であることに気づくこと。その心の広がりが、他人や物事につながる。」by.奥健夫

「何かが始まるとき、そして終わるとき、人は立ちすくむ。」by.スージー・ウェルチ

「この世のすべてはプロセス。どの瞬間も、私たちが究極の真実に帰り着くために必要なことである。」by.阿部敏郎

Dsc09722 Dsc09721

皆さんにとって、変わらない大事なものはなんですか?

つづきはまた今度♪

Dsc09724

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2010年9月 3日 (金)

限られた過ごし方。

今日は、都内と埼玉県にて仕事です♪
朝少し早めに出て、途中で通る板橋にて車を止め、史跡巡りをしてきました。

Dsc09662 Dsc09664

「近藤勇と新選組隊士供養塔」です。
ここは永倉新八の墓もあり、明治まで生き残って新撰組の証言を残した永倉が、明治9年(1876年)に松本良順などの援助を得て設けた新撰組の鎮魂・顕彰の墓地となっています。

Dsc09666 Dsc09667 Dsc09669

坂本龍馬暗殺が新撰組の仕業だと決めつけられた近藤勇は、切腹ではなく斬首を言い渡され、さぞかし無念だったに違いありません。

Dsc09670 Dsc09673 Dsc09674

流山(過去ブログニッポンの夜明け。』[2010年6月25日]より)から逃れた土方歳三は、江戸に潜入して に助命を掛け合いましたが、その思いは叶いませんでした。

土方歳三はその後、北上し近藤勇の死を会津若松の地(過去ブログ己を持す。』[2010年7月17日]より)で聞き、更に北上し函館(過去ブログ函館にて出会った学び。』[2010年3月16日]より)まで足を伸ばし自分自身の信念を貫き通します。

Dsc09677 Dsc09678 Dsc09679

さて、今週は お世話になった方々に対しての挨拶を主とした仕事が多かったのですが、ついに来週いっぱいで、関東では仕事収めとなります。
本当はまだまだお会いしておきたい方々が沢山いて、いままでの感謝を述べたい気持ちでいっぱいです。

Dsc09680 Dsc09681

しかしながら、残酷なまでに時間は刻々と過ぎていきます。
いまの内に会いたい方々が沢山いると同時に、自分自身のやるべきこと(やらなければいけないこと)も沢山あり、改めて“時間の貴重さ”を思い知らされている今日このごろです(笑)。

なによりも大事なのは、自分自身の時間の使い方
そのようにも思わずにいられない貴重な日々を実感している最中です♪

Dsc09682 Dsc09684

今日も、私にとって非常に思い出深い女医院長と面談させて頂いた中で、
「やっと福岡で、親と過ごす時間が増えるわね。」
「貴方にとっては東京は生き甲斐のある土地かも知れないけど、長い目で見ると地元や実家が側にあるというのも大きな存在になると思うわよ。」
という言葉を頂き、自分自身にとっても、親はもちろん祖母の存在含め、非常に救われた気分になりました(笑)。

東京に来て以来、“親の死に目にあう機会すらないかも知れない。”そのような覚悟で、自分自身の人生を送っていたのかも知れません。

Dsc09685 Dsc09687

そして私は、東京にきて初めて一人立ちできたのかも知れない。
そのようなことを思いながら、未熟な私を支えて下さった方々やお世話になった方々に、改めて感謝せずにはいられません。

Dsc09688 Dsc09690

考えてみると、福岡に住んでいるころは一年に100本を越える映画鑑賞をしていました(笑)。
そもそも洋画鑑賞が大好きだったということもありますが、自分自身の人生にそれ以上の夢を期待し、行動をするだけの勇気がなかったのかも知れません(もちろん、そうとも限りませんが)。
東京に来てからは、映画を観る機会も減りましたが、ここ何日かは再び映画鑑賞をするようになりました♪
今晩は「ウォンテッド」という作品を観ました。最後の台詞は「キミは最近、どんなことをしたかい?」

Dsc09694_2 Dsc09649

「人間はひとりひとりが自分に出会う旅をしている。」by.神田昌典

「少しの悔いもない生き方を。」by.フリードリヒ・ニーチェ

「考えても答えの出ないものはある。しかし、志のある人は歩いて尋ねて教えを請い、いずれ答えを出すだろう。」by.松下幸之助

皆さんは最近、どのようなことをしましたか?
それは、自分の将来にどれだけの影響を与えると思いますか?

つづきはまた今度♪

Dsc09657 Dsc09656_2

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »