ブログランキング

  • 皆さんのお力を頂ければ幸いです。下のバナーをクリックすると、ポイントが入ると同時に、現在のランキング状況の確認も出来ます。皆さんの温かいワンクリックを宜しくお願いします。↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 明日の保証。 | トップページ | 絆の時間。 »

2010年9月 3日 (金)

限られた過ごし方。

今日は、都内と埼玉県にて仕事です♪
朝少し早めに出て、途中で通る板橋にて車を止め、史跡巡りをしてきました。

Dsc09662 Dsc09664

「近藤勇と新選組隊士供養塔」です。
ここは永倉新八の墓もあり、明治まで生き残って新撰組の証言を残した永倉が、明治9年(1876年)に松本良順などの援助を得て設けた新撰組の鎮魂・顕彰の墓地となっています。

Dsc09666 Dsc09667 Dsc09669

坂本龍馬暗殺が新撰組の仕業だと決めつけられた近藤勇は、切腹ではなく斬首を言い渡され、さぞかし無念だったに違いありません。

Dsc09670 Dsc09673 Dsc09674

流山(過去ブログニッポンの夜明け。』[2010年6月25日]より)から逃れた土方歳三は、江戸に潜入して に助命を掛け合いましたが、その思いは叶いませんでした。

土方歳三はその後、北上し近藤勇の死を会津若松の地(過去ブログ己を持す。』[2010年7月17日]より)で聞き、更に北上し函館(過去ブログ函館にて出会った学び。』[2010年3月16日]より)まで足を伸ばし自分自身の信念を貫き通します。

Dsc09677 Dsc09678 Dsc09679

さて、今週は お世話になった方々に対しての挨拶を主とした仕事が多かったのですが、ついに来週いっぱいで、関東では仕事収めとなります。
本当はまだまだお会いしておきたい方々が沢山いて、いままでの感謝を述べたい気持ちでいっぱいです。

Dsc09680 Dsc09681

しかしながら、残酷なまでに時間は刻々と過ぎていきます。
いまの内に会いたい方々が沢山いると同時に、自分自身のやるべきこと(やらなければいけないこと)も沢山あり、改めて“時間の貴重さ”を思い知らされている今日このごろです(笑)。

なによりも大事なのは、自分自身の時間の使い方
そのようにも思わずにいられない貴重な日々を実感している最中です♪

Dsc09682 Dsc09684

今日も、私にとって非常に思い出深い女医院長と面談させて頂いた中で、
「やっと福岡で、親と過ごす時間が増えるわね。」
「貴方にとっては東京は生き甲斐のある土地かも知れないけど、長い目で見ると地元や実家が側にあるというのも大きな存在になると思うわよ。」
という言葉を頂き、自分自身にとっても、親はもちろん祖母の存在含め、非常に救われた気分になりました(笑)。

東京に来て以来、“親の死に目にあう機会すらないかも知れない。”そのような覚悟で、自分自身の人生を送っていたのかも知れません。

Dsc09685 Dsc09687

そして私は、東京にきて初めて一人立ちできたのかも知れない。
そのようなことを思いながら、未熟な私を支えて下さった方々やお世話になった方々に、改めて感謝せずにはいられません。

Dsc09688 Dsc09690

考えてみると、福岡に住んでいるころは一年に100本を越える映画鑑賞をしていました(笑)。
そもそも洋画鑑賞が大好きだったということもありますが、自分自身の人生にそれ以上の夢を期待し、行動をするだけの勇気がなかったのかも知れません(もちろん、そうとも限りませんが)。
東京に来てからは、映画を観る機会も減りましたが、ここ何日かは再び映画鑑賞をするようになりました♪
今晩は「ウォンテッド」という作品を観ました。最後の台詞は「キミは最近、どんなことをしたかい?」

Dsc09694_2 Dsc09649

「人間はひとりひとりが自分に出会う旅をしている。」by.神田昌典

「少しの悔いもない生き方を。」by.フリードリヒ・ニーチェ

「考えても答えの出ないものはある。しかし、志のある人は歩いて尋ねて教えを請い、いずれ答えを出すだろう。」by.松下幸之助

皆さんは最近、どのようなことをしましたか?
それは、自分の将来にどれだけの影響を与えると思いますか?

つづきはまた今度♪

Dsc09657 Dsc09656_2

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

« 明日の保証。 | トップページ | 絆の時間。 »

■関東地方」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でございます
いよいよ福岡に行かれるんですね。

私も地元大阪の地を離れ、
関東にすんでいた時期があります。

そのことでたくさんのことが見えました。

今、大阪にいて行っていることの
ベースはそのときに作っていたのかも
しれません。

多くの出逢い
ひとつひとつを大切にされていらっしゃる
お気持ちが伝わってきました。

九州は私にとってもなじみ深い場所です。
なんだか親近感を覚えています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1273283/36523168

この記事へのトラックバック一覧です: 限られた過ごし方。:

« 明日の保証。 | トップページ | 絆の時間。 »