ブログランキング

  • 皆さんのお力を頂ければ幸いです。下のバナーをクリックすると、ポイントが入ると同時に、現在のランキング状況の確認も出来ます。皆さんの温かいワンクリックを宜しくお願いします。↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 心の四つの窓。 | トップページ | 40歳で止まる人。 »

2010年11月25日 (木)

宇宙論。

ここ数日、北朝鮮による韓国・延坪[ヨンピョン]島 砲撃事件が話題になっており、物騒な出来事が続いています。
国境線や民族問題など様々な原因による北朝鮮の挑発行為。
アメリカとロシア(旧ソ連)の冷戦が終えたいまの時代でもこのような争いは世界中で絶えません。

Dsc01976 Dsc01977

そのような時代ですが、先日ツタヤさんでレンタルしてきた『堀江貴文 宇宙論』を鑑賞させて頂きました♪
堀江さんと科学ジャーナリスト 松浦晋也さんの対談、非常に興味深く勉強になりました。

Dsc01978 Dsc01979

その中で、
世界の宇宙開発は実は60年以上も前に設計された技術に支えられている。
という点で、正直 驚かされました。

そもそも近代宇宙ロケット技術の理論的な基礎は、ロシアのツィオルコフスキー博士により確立され、ナチス・ドイツのフォン・ブラウン博士たちのロケット開発チームにより宇宙到達ロケットができました。

Dsc01980

これまでの国主導の有人宇宙飛行はアメリカ、ロシア、中国の3カ国しか行っていません。
その中で、ロシアは財政危機の為に商業宇宙飛行に参入しており、有人宇宙飛行ビジネスを実現しています。
それは、もちろん宇宙飛行士でない一般の人も宇宙へ行けるということです。
3つあるシートの内、2シートを飛行士が使用するため乗客は一人ですが、そのシートは20億から30億を越える費用がかかるとのことです。

Dsc01982

そのことから、民間に宇宙開発を開放し、一人打ち上げるのに30億かかるのを3000万円にすれば、民間が参入し、今の100倍の人が宇宙に行けるようになる。
そこで、堀江さんは次のように述べています。

「まず、コストを下げることが大切。今の100倍の人が宇宙に行くようになる。そうなれば科学者もやる気になって、技術も進むだろう。そうすれば、外宇宙も目指せる。今は、宇宙にでるのに金がかかり過ぎるから、研究者が、それから先の技術を目指そうとはしないのだ。だから、ボクは宇宙開発の障壁になっているのは、コストだと思っている。更に、様々な視野・考え方を持つ人間が宇宙に出ることによって、新たな発想や文化が生まれ、人々は新たな進化をすることができる。」

Dsc01984

宇宙へ行くことに対しての技術は実はそう問題ではなく、最大の問題はコストにある。

その一言に、夢が広がりました♪

バブル景気を迎える前の日本が、海外旅行を夢見ていた時代。それもコストの問題だけだったと思います♪いまとなっては、海外旅行へは誰にでも行ける時代ですし、海外へ行った経験のある方なら、その海外で経験する世界観や人生観の変化を誰もが感じたと思います。
要は、そのコストさえ下げれば、夢は夢で終わらず実現する

Dsc01987 Dsc01988

100メートル走でも、昔は10秒の壁は越えられないと思われていました。
しかし、一人がそれを破ることにより、続々と10秒を切る記録が出てきました(笑)。

まず「できるのだ」という事実を示す。そうすることで、人々にやる気を起こさせ、それが実現する。
という、人間心理の本質をついた話。
それは、宇宙旅行実現も夢ではないことを証明するまでには、そう遠くかからないかも知れません♪

Dsc01990 Dsc01991

昨年4月、北朝鮮の「飛翔体」が話題となり、ミサイルなのかロケット(人工衛星)なのか?という議論を呼んだことがありましたが、先端に弾頭を載せるか、人工衛星を載せるかの違いだけであり、本質的には何ら変わりはないのだそうです(笑)。

Dsc01997 Dsc01993

しかしながら、現在 北朝鮮が韓国に対して飛ばしているものを考慮すると、悲しいくらいに次元の低い現実を思い知らされます。
もちろん、北朝鮮には北朝鮮なりの事情があるのだとは思います。
しかし、北朝鮮にとどまらず地球は、一国一国の視野に立った事情ではなく、宇宙の外からみた広い視野で物事をみることができれば、もっと大きな発展を遂げることができるに違いない。
そのようなことを感じさせられた今日いちにちでした(笑)。

Dsc01996

「できると思っても、できないと思っても、いずれも正しい。」by.ヘンリー・フォード

「“そんなの夢物語だよ”なんて、俺にとっては褒め言葉でしかない。」by.高橋歩

「情熱がなければ、偉大なことはなにひとつ達成できない。」by.ラルフ・ウォルドー・エマソン

「長いあいだ岸を見失う勇気がなければ、新しい大陸を発見することはできない。」by.アンドレ・ジード

「なぜ絶対と言い切れるか?とても単純な話。俺は出来るまでやめない。だから絶対にできる。」by.高橋歩

Dsc01998 Dsc02001

皆さんは、宇宙を眺めてみたくはないですか?

今日も長文にお付き合い頂き、まことに有難うございます。
つづきはまた今度♪

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

« 心の四つの窓。 | トップページ | 40歳で止まる人。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1273283/37839722

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙論。:

« 心の四つの窓。 | トップページ | 40歳で止まる人。 »