ブログランキング

  • 皆さんのお力を頂ければ幸いです。下のバナーをクリックすると、ポイントが入ると同時に、現在のランキング状況の確認も出来ます。皆さんの温かいワンクリックを宜しくお願いします。↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 心がつくりだしているもの。 | トップページ | 社会の中で。 »

2010年11月19日 (金)

伸びる人、止まる人。

今日の仕事先は、四国地方 香川県坂出市です♪
つい先日、瀬戸大橋渡りを初経験したばかりでした(過去ブログ『かみしめながら。』[2010年10月27日]より)が、やはり一度行った仕事先は必ず何度も足を踏み入れる地となります(笑)。
これは、仕事の成果が出ているという意味で、とても良いことだと思います♪

Dsc01889 Dsc01890

さて、今日も 昨日購入したばかりの著書『40歳から伸びる人、40歳で止まる人(川北義則著)』を開きます。

私自身は36歳を迎えたばかりですが、本だけでなく音楽にしろ、年齢やジャンル・性別などには極力囚われないような受け入れる心掛けを意識しています。
7月にも『50代からの選択(大前研一著)』を読ませて頂きましたが、非常に新鮮でした♪

Dsc01891 Dsc01892

この『40歳から伸びる人、40歳で止まる人』の中で、出てくる名言の中で、
「愚か者は、金をもって死んでいくために貧乏で暮らす。」
という言葉が出てきます。

本著書では、基本的に貯蓄好きな日本人が、お金を使うことに及び腰であることを皮肉った言葉として、紹介されています(笑)。

Dsc01893 Dsc01894

考えてみると、私が学生だった頃、叔父がよく私に言っていた言葉がありました。
「お金はなぁ。使わないことには、入ってこないんだ。」

Dsc01896 Dsc01898

正直、私はこの言葉の意味をよく理解しないまま、社会人となりました。
二十歳の私が最初に就いた仕事先の月給は、手取り14万円という現在では考えられないような金額でした。
結局、一年しかその職場にはいませんでしたが、その間の一年はお金を使うことも少なく、ただひたすら貯蓄した記憶があります(笑)。

Dsc01899 Dsc01900

手取り14万円の状態で、貯蓄をした私もなかなかだと今になって思いますが、やはり限界がきてその一年後には その反動で逆に、お金をどんどん使うようになりました(笑)。
しかし、これがきっかけで叔父が私に何を伝えたかったのか、なんとなく理解できるようになりました。

Dsc01902 Dsc01903

人はお金を使うと少しずつ贅沢を覚えてきます。
そして、いままでに味わったことのない経験をすることにより、更に贅沢を求めるようになります。
その結果、いままでの収入では足りず、稼ぐ必要が出てきて、仕事を更に頑張ったり(ここでいう仕事の頑張りとは、決して残業手当を不当に貰おうという努力でなく、自身の力で稼ごうという意味での努力です)、そこでの昇給が見込めなければ転職したりして、更に収入を増やそうとします。(もちろん、中にはこの段階で間違った方向に進んでしまい、カード地獄や借金地獄に陥ってしまうケースもあるようですが)

Dsc01906 Dsc01908

そこで、自ずといままで知り得ることのなかった知識を得たり、様々な能力のある人と出会うことにより、更に知識を得たり贅沢を得ようとお金を使って、自分に投資し始めます。
そこで、お金を使って投資を始めると、
いうまでもありません。さらに知識や様々な人やモノと触れ、さらにさらに、収入が増えていく方向に繋がっていきます。知識や経験の積み重ねは、本人はもちろん会社にとっても大切な財産となります♪
もちろん、それなりの努力が必要とはなりますが(笑)。

「お金は水と同じ」と経済学的な観点からもよく言われますが、皆がお金を使い始めるとそれだけお金が回り始めることは、ごく当たり前のように言われています。それでも「お金を無駄にしてはいけない」「お金をつかうことへの罪悪感」という教育が根強く植え付けられていると、どうしても お金を使うことを躊躇う機会も多くなるものです(笑)。

Dsc01912 Dsc01910

お金を使わないと、(一概にはいえませんが)街などへの外出する機会も減り、こもりがちになり、世間の生の姿を見ることよりも、TVやネットの世界で他人からの視野に依存する傾向が強くなりがちになってしまう気が致します。
そうなると もちろん、新しい刺激を得る機会も少なくなりますし、知識どころか収入が増えるということも、そう簡単ではなくなります。
その結果、更に現状維持しようとし、お金を使わなくなってしまう。

ある意味、この現状維持とは“現状を維持させよう”とするその時点・ものの考え方自体が、既に現状維持できなくなる状態になってしまうわけでもありますが(笑)。

お金を使わなくとも知り得る知識や経験はある。」
そのような意見もあるかと思います♪もっともな意見にも思えます。しかしながら、
お金をうまく使って知り得る知識や経験」とは、そのスケールが全く異なることは避けられない事実だとも思えます。

Dsc01913 Dsc01916_2

川北義則さんは、次のように述べています。

お金を使うことが、人を成長することを身をもって学ばせてくれる。
貯め込んで使わなければ、お金は量的な存在でしかない。
量の多さ自体に意味がないわけではないが、使ってはじめて生きる価値もある。

Dsc01919 Dsc01923

その結果、いま現在の私は“自分自身が満足できる贅沢”なことにはお金を使いますが、無駄使いをする機会が非常に減りました。
正直、くだらない事にお金を使い過ぎたことにより、多くの無駄使いをしてしまったことも同時に学んだわけです(笑)。

いまの私の収入が、他人様と比べて多いとまでは決していえません。それでもいまの仕事に就いて毎日が楽しいですし、私自身が会社に頼る収入の稼ぎ方をしていない分、それほど大きな不満も持っていません。

もちろん、お金は考えながら使うものであり、出費が多ければ良いというわけでもありませんし、単純に収入が多ければ良いというわけでもありません
更に、お金を使った分だけ自分自身も成長する心構が必要なのかも知れません。

Dsc01937 Dsc01943

「人生の方程式は、“人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力”である。」by.稲盛和夫

「その思想がたとえ高潔なものであっても、人間の最終目標は思想ではなく、行動である。」by.トマス・カーライル

「困難だから やろうとしない のではない。やろうとしない から困難なのだ。」by.セネカ

「幸せは、到達する場所ではなく、自分でつくりだす状態である。」by.ロビン・シャーマ

「失うことは、別のものを得ることである。」by.川北義則

「逆説的に聞こえるかも知れないが、一つのことに集中すると、視野が広がっていく。」by.ジョン・C・マクスウェル

「金持ちはお金のために働かない。中流以下の人たちはお金のために働く。」by.ロバート・キヨサキ

Dsc01938 Dsc01940 Dsc01939

考えてみると、私も十年前までは随分と転職を繰り返したものです。
これは、私だけでなく叔父の人生にも同じことが言えそうですが(笑)。

皆さんは、どのようにお金と付き合っているのでしょうか?

今日も長文にお付き合い頂きまして、まことに有難うございます。
つづきはまた今度♪

Dsc01944 Dsc01946

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

« 心がつくりだしているもの。 | トップページ | 社会の中で。 »

■四国地方」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

おはようございます^^

「人生は大いなる暇つぶし」

仕事を通じての自己成長、自分や人様への
喜びや幸せ届けは、お金では買うことはできませんが
青い鳥のように、求め続けるものではなく、”気づく”
事ではないかと思います。


このブログを読んで自己投影することで
そんな”気づき”を、 いつも頂いています。

ありがとうございます。
年末も近づいてきました。

是非、また お会いしたいです^^

ご多忙と思いますが、お体には十分留意下さい^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1273283/37741178

この記事へのトラックバック一覧です: 伸びる人、止まる人。:

« 心がつくりだしているもの。 | トップページ | 社会の中で。 »