ブログランキング

  • 皆さんのお力を頂ければ幸いです。下のバナーをクリックすると、ポイントが入ると同時に、現在のランキング状況の確認も出来ます。皆さんの温かいワンクリックを宜しくお願いします。↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 自ら燃える。 | トップページ | 貴重な出会い。 »

2010年11月15日 (月)

問題の本質。

今日は早朝から福岡空港を飛び立ち、新千歳空港札幌を経由し、旭川市に仕事で来ています♪
途中、岩見沢市近辺では吹雪いていました(笑)。

Dsc01515 Dsc01518
Dsc01519

旭川市へ来るのは本当に久しぶりのことで、2009年10月2日以来
過去ブログ『北海道の空の下、学ぶもの。』[2009年10月2日]より)ですので一年以上も来ていなかったことになります。
更に、旭川市での宿泊となると、さかのぼること2007年12月13日以来となります(笑)。

Dsc01521 Dsc01522

旭川には何度か来ているものの、実は宿泊することが少ないのは、旭川空港が遅い時間帯まで飛んでいるというのも一つ原因にあると思います。
それが直接的な原因となっているかどうかはわかりませんが、旭川駅周辺は東京などの都心でよく見かける飲食チェーン店が驚くほど少ないような気が致します。

Dsc01523 Dsc01524

今日は旭川で出会ったタクシーの運転手に面白い話を聞かせて頂きました♪
本土から来た環境客と、北海道出身の人とを雪中で歩いている姿を見ただけで判別できるというのです(笑)。

Dsc01525

北海道出身の方は、雪の上を滑らないように足のかかとに重心を置いて歩くが、雪に慣れていない人は転ぶのを恐れ、身体を前屈みに足の爪先の方に重心を置いて歩くのだそうです♪

Dsc01529 Dsc01530

たしかに私は前かがみで爪先に力を入れながら雪中を歩いています(笑)。
早速、明日から雪道に遭遇したら、かかとに重心を置いて滑りにくく歩けるか試したいと思います♪

Dsc01536 Dsc01537

さて、今日も機内で先日購入した著書『この国を出よ(大前研一、柳井正著)』を開きます♪
ここ数十年の日本の歴史から今後の日本までを鋭い視点で論じている素晴らしい著書だと思います。

Dsc01538 Dsc01539

この著書の中で、柳井さんは「“安定した幸せ”を望む若者だらけの“日本病”」の中で、次のように述べています。

これからどんな未来像でも描くことができるはずの10代の若者に、「将来、どんな自分でありたいか」というアンケートをすると、「家庭を持ち、安定した幸せ」を望む回答が最も多いそうです。
「若者にハングリー精神がなくなった」と言ってしまえばそれまでですが、みんなが「安定」を求めてしまうと、国全体が衰退していき、結果的に「不安定」になるという皮肉な結果が待っています。

Dsc01541 Dsc01543

そのことについて、大前さんは次のように述べています。

日本では、高度成長期以来、ずっと「大量生産」に適応する人材を育てています。
そこでは「答えがある」という前提で問題を解く練習だけを反復します。このため少しでも違った角度から質問すると、答えられません。
自分で「考える」という力がないのです。

Dsc01546 Dsc01549

その結果、
「“問題の本質”を探ろうとしない傾向」
が生まれる。

Dsc01552 Dsc01557

初めて経験した仕事がコンビニエンスストアやファストフード、飲食チェーンなどのアルバイトだという人に共通するのは、業務がすべてマニュアル化されていることにあり、マニュアル通りに仕事をこなしていれば評価され、自分で考える必要がなくなる。

それが仕事なのだと思い込んでしまった若者が、そのまま社会人になったらどうなるのか?

Dsc01566 Dsc01570

更に、次のように述べています。

マニュアルがなくなった代わり、今度はひたすら上司の言う通りに仕事をしていると、壁にぶつかると「もう無理です」とすぐに諦めてしまう。
自分で問題を解決しようとか、そのためのプロセスを学ぼうといった意識が欠如してしまっている。

Dsc01571 Dsc01572

大前さんのいう通り、マニュアルに頼る傾向がある若者の問題は今に始まったことではないと思います(笑)。
この著書を読んでいると、私自身も全くの他人事ではなく、この日本で今まで通りに能天気に働いていられなくなることを切実に思い知らされます。

Dsc01574 Dsc01576

もちろん、これらのことは仕事だけでなくプライベートにおきましても同じことがいえると思います♪
私たちは、本当の意味で、
・なぜ、仕事をしているのか?
・なぜ、いま頭に思い描いている夢を叶えたいと思っているのか?
・なぜ、お金や名誉などの誘惑に負けてしまうのか?
・なんのために、日々を送っているのか?

などなど、自分自身のいきた意見を理解しているのでしょうか?

私自身も含め、もう一度 自分自身の本心・本質を見つめ直すのも良い機会かも知れません♪

Dsc01579 Dsc01582

「“何を売りたいか”ではなく、“顧客は何を求めているのか”を考える。」by.柳井正

「“稼ぐ”というのは、人の役に立つモノやサービスを作って、その代わりにお金をいただき、そして納税をするという“社会貢献”をすることである。」by.柳井正

Dsc01584 Dsc01587

雪道で何度も転ぶことがあるように、人生も 何度転んでも人間としての最低限の一歩を踏み外さない限り、何度でもやり直しができます♪

皆さんは、今日どのくらいの仕事をしましたか?

今日も長文にお付き合い頂きまして、まことにありがとうございます。
つづきはまた今度♪

Dsc01588 Dsc01594

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

« 自ら燃える。 | トップページ | 貴重な出会い。 »

■北海道地方」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1273283/37682548

この記事へのトラックバック一覧です: 問題の本質。:

« 自ら燃える。 | トップページ | 貴重な出会い。 »