ブログランキング

  • 皆さんのお力を頂ければ幸いです。下のバナーをクリックすると、ポイントが入ると同時に、現在のランキング状況の確認も出来ます。皆さんの温かいワンクリックを宜しくお願いします。↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 決めるもの。 | トップページ | 過去から学ぶ。 »

2011年3月29日 (火)

正義とは?

今日は仕事の都合で福岡を出発し、岡山県岡山市へ車を走らせます♪
いつものように長い車内では、セミナーを聞きながら過ごします(笑)。今日は、先週購入した著書「日本で“正義”の話をしよう[DVDブック付]」のDVDセミナーを聞きながらの運転でした♪

Dsc04162 Dsc04165

今、どこの書店へ入っても『これから「正義」の話をしよう』(マイケル・サンデル著)の著書が並んでいるのでご存知の方も多いかと思います。また、ここ最近は「なにが正義なのか?」についてをテーマにしたドラマや映画が多く出回っているのも、このサンデル教授の影響が大きいに違いありません(笑)。

Dsc04172_2 Dsc04170

年末年始にNHK教育テレビにて長時間、サンデル氏の講義『ハーバード白熱教室』全12回分が放映されたのでご覧になられた方も多いかと思います♪
私自身、まだ『これから「正義」の話をしよう』を読み終えていませんが、サンデル教授に関しては非常に関心が高かったため、DVDとはいえ やっと講演を聞くことができました♪

Dsc04173 Dsc04175

教授と500人が繰り広げる対話の先にある「正義にかなう社会の姿とは?」

コンサートのチケットを高値で転売する「ダフ屋」行為は許せても、医療や教育へのアクセスがお金で取引されることに、多くの人が抵抗をおぼえるのはなぜか?

遺伝子操作でより優れた人間をつくる。こうした試みがはらむ、我々が見落としがちな本当の問題は何か?
などの問題定義を考えさせられる素晴らしい講演でした♪

Dsc04176 Dsc04177

そういわれてみれば、同じような議論が日本国内でも大々的に報道されました。とある大学生が大学入試問題をネット上でカンニングした事件です。

Dsc04178 Dsc04179

私自身は、この事件に関して
「へぇ、他の人がやらない手口で、なかなか面白い方法を考えたものだな」
程度で、むしろ“事件”という視点ではなく、その大胆不敵なカンニングの仕方に関心すらさせられ、今後の試験方法は“覚える”ではなく“手法を考える”や“自分で調べて答える”という手法を用いるべきでは?などと思ったりもしたものです(笑)。

Dsc04180 Dsc04181

街頭で答える学生や主婦の方々が
「このカンニングした学生が受かることで、他の一生懸命に勉強した誰かが落ちることが許せない」
という言葉をおっしゃっていました(笑)。たしかに、そうかも知れません♪
でも、今の私がその落ちた人間の一人であれば、入試に落ちた理由を そのカンニングした学生のせいにすることはないと思います(笑)。むしろ
「もっと他の人より、圧倒的に負けないぐらい勉強しておけば良かった」
と反省していたでしょう(笑)。

Dsc04182 Dsc04184

結局、この事件(?!)は予想以上にマスコミの方々が大袈裟に報道したことを、脳科学者である茂木健一郎氏や上杉隆氏など様々な著名人がtwitterやメディアを通じて、マスコミに対し「クズ新聞」などと非難したことや、東北関東大震災のこともあり沈下してしまいました。
皆さんは、この報道についてどのように思われたのでしょうか?

Dsc04186

そもそも、入試の際にカンニングをしてしまった学生は、このネットを利用した学生だけだったと言い切れてしまうのでしょうか?(笑)
本当の問題は、
ネットを利用したカンニングの方法だったのか?
いや、カンニングそのものにあったのか?
いや、茂木先生のいう通り“ネットを介した新たな活用方法”により、メディアそのものが危機感を感じたことにあったのか?

本当の問題はどこにあったのでしょうか?

Dsc04190 Dsc04188
Dsc04189

“なにが正義なのか?”
同じひとつの出来事であっても、状況や見解が少し違ってしまうだけで変化してしまいます(笑)。だから「考えても仕方ない」と思考を停止してしまうのではなく、だからこそ「さまざまな形の正義が存在する」と受け入れながら、知識として知っておくぶんには非常に役に立つのかも知れません♪ここで言いたいのは、何が正しくて何が間違いである。ということではなく、人によって様々な考え方がある。ということです(笑)。

人間が生きる上で、非常に考えさせられる著書ですので、興味のある方は書店へ足を運ばれてはいかがでしょうか♪

「人も知識を少しずつ習得していくことによって、ついには真珠のように光り輝く思考をもっているのです。」by.ヘレン・ケラー

「不決断こそ最大の害悪」by.デカルト

「事実というものは存在しない。存在するのは解釈のみである。」by.ニーチェ

「正義が滅びるなら、人はこの世界に住む必要はない。」by.カント

皆さんは、正義について考えたことがありますか?

Dsc04193 Dsc04194
Dsc04202 Dsc04204

今回も長文にお付き合い頂きまして、まことに有難うございます。
つづきはまた今度♪

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

« 決めるもの。 | トップページ | 過去から学ぶ。 »

■中国地方」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1273283/39414038

この記事へのトラックバック一覧です: 正義とは?:

« 決めるもの。 | トップページ | 過去から学ぶ。 »