ブログランキング

  • 皆さんのお力を頂ければ幸いです。下のバナーをクリックすると、ポイントが入ると同時に、現在のランキング状況の確認も出来ます。皆さんの温かいワンクリックを宜しくお願いします。↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 笑顔のある風景。 | トップページ | 最近読み終えた著書。 »

2011年4月 9日 (土)

視界。

昨日は福岡県福岡市から長崎県南島原市へ仕事に足を運んできました。車で片道4時間以上の道を往復して日帰りするのは正直 久しぶりに疲れました(笑)。
週末で疲れが溜まりぎみであったのと、雨が降っていたこともあるかも知れません♪(写真は昨日撮影した福岡市~南島原市の風景です)

Dsc04638 Dsc04637

途中、雲仙普賢岳を経由するコースを走りました♪この辺りになると、霧なのか雨そのものなのか、ほんの少し先が真っ白で何も見えないくらい視界が悪くなっていました。天気が良ければ、とても良い風景だったに違いありません(笑)。

Dsc04639 Dsc04641

視界が悪いと、日ごろ見えている風景も見えなくなってしまうものです♪疲れも溜まるし、危険が迫っていても気づかないことすらあります。
これは、日ごろ生活している“知識”にも同じようなことがいえるのかも知れません。

Dsc04642 Dsc04643
Dsc04644 Dsc04645

とある仕事先の方から伺った話があります。

日本人は、大学や高校を卒業することで勉強を止めてしまう人が少なくないのだそうです(笑)。20代のうちは社会に入り、嫌でも上司からあれこれと怒られたり、指示をされながら仕事をするので、黙っていても自然と教育されている部分があるようです。それが 30代になり自分で仕事を身につけ始め、40代を迎える頃にはある程度の立場や地位を持たされるようになるので、自分自身が自ら知識を身につけたり勉強しない限りは、“いつの間にか教育を受けていられる有難い年齢”を過ごせるのは、せいぜい20代までだ
というのです。

Dsc04648 Dsc04654
Dsc04656 Dsc04657

つまり、人は30~40代を迎える頃には、少なくとも自分自身が意識して知識を身につけようとしない限りは、思考を停止させてしまいがちになり、やがてはその時期をどのように過ごしたかで大きく人生に差が現れる。というのです。

Dsc04658 Dsc04659
Dsc04660 Dsc04662

これは、現在読んでいる『超思考(北野武著)』という著書の中にも同じようなことが書かれていました。

面倒なことはすべて思考停止の状態にしてしまう。

Dsc04663 Dsc04664

また、北野武さんは“年齢”に関しても次のように述べています。

人生というものは、四季のようにはっきり季節が分かれていない。
相撲取りで四十歳なら年寄りだし、政治家は五十歳でも若造よばわりされる。いくつになったら老人、という具合に割り切れない。自分の老いは自分で見極めなきゃいけない。

Dsc04668 Dsc04669
Dsc04671 Dsc04674

もっとも、私がこの著書で目を引いたのは“世の中が極端な金持ちと貧乏人に二極化するのは、お天道様が東から昇るのと同じくらい当然のことだ”という文面から始まる章でした(笑)。

一部の金持ちは別にして、一般大衆の世論は当然のことながら二極化には大反対だ。けれど口先では反対しながら、実際には自分自身の行為で二極化を推進している。安売りの行列に、平気な顔をして三時間でも四時間でも並ぶ。平気な顔というよりも、最近ではまるでそれが楽しみのようなことになってしまった。
あれほど恥ずかしいこともないと思うのだが、「いつから並んでいるんですか?」なんてレポーターにマイクを向けられようものなら「一昨日の夜からです」とか、ものすごく得意気に答えたりしている。
(中略)
見ているこっちまで恥ずかしくなるような光景だけれど、本人たちはちっともそういう風には感じていないらしい。
そもそもそういうバカみたいな安売りが、回り回って自分の亭主の給料を減らし、子供たちの首を絞めているのだということをなぜ考えないのだろう。二百円とか三百円でランチが食べられる。おかげで助かってます、なんて笑ってるけれど、薄利多売のしわ寄せは、最終的には働く人間が背負うことになるのだ。貧乏人が貧乏人の首を絞め合っているだけの話なのに、それを見せ物にして得意になってる。背後にいる金持ちは、素知らぬふりで笑っている。いつの間に、こんな悪趣味な世の中になったのか。(本文より)

Dsc04675 Dsc04676

ドキリとされた方もおられるかも知れません(笑)。たしかに、耳が痛くなるような話ではありますが、ここで武さんが言いたいのは、
政治が間違っているとか、社会のせいだとか、いろいろと言われているが、本質は自分自身の問題である。
ということのようです♪私自身は、それが正しいとか正義である ということを言いたいわけではありません(笑)。そのような考え方、視点もある。ということです♪

Dsc04677 Dsc04678
Dsc04679_2 Dsc04686

今よりも遥かに貧しかった時代、日々の食べ物にも事欠いた時代に、それでも胸を張って生きている人はいた。大不況と騒いでいても、世の中には食べ物があふれ、皆そこそこ楽しそうに生きている。なのに世の中の人は、なぜこんなにも貧乏くさくなったのだろう(本文より)。

Dsc04681 Dsc04682
Dsc04683 Dsc04684

今現在は、大震災の影響もあり日本中があちこちで軋みつつあります。それでも、世界中を見渡せば 日本はまだまだ裕福な国だと思います。

メディアなどの一方的な発信をそのまま受け止めるのではなく、自分自身の視界を持てる一人の人間になれるためにも、もっともっと多くの著書やDVDなどから知識を得たい。そう感じている今日この頃です(笑)。

Dsc04689 Dsc04691
Dsc04693 Dsc04699

「人間が変わる方法は三つしかない。一つは時間配分を変える。二番目は住む場所を変える。三番目は付き合う人を変える。この三つの要素でしか人間は変わらない。もっとも無意味なのは“決意を新たにする”ことだ。」by.大前研一

「人は女に生まれない。女になるのだ。」by.シモーヌ・ド・ボーヴォワール

「そもそも、オレら人間を含めた動物の本能には“やりたい”か“やりたくない”かのどちらかしかないはずだよな。“やりたいけど忙しいからできない”みたいな真ん中はない。」by.高橋歩

「無難な道を選ぶくらいなら、私は生きる死を選ぶ。」by.岡本太郎

「問題解決の秘訣は、第一歩から“何ができないか”ではなく、“何ができるか”と人々に考えさせることである。」by.大前研一

「出来そうなことの中から探しているうちは、きっと何も見つからない。」by.高橋歩

「不景気のせいで二極化しているのは、人の心といった方が正しいのかもしれない。」by.北野武

Dsc04701 Dsc04702
Dsc04708 Dsc04710

皆さんは、日頃どのようにして自分自身の目を養っていますか?

今日も長文にお付き合い頂きまして、まことに有難うございます。つづきはまた今度♪

Dsc04716 Dsc04715
Dsc04713 Dsc04719

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

« 笑顔のある風景。 | トップページ | 最近読み終えた著書。 »

■九州地方」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1273283/39542631

この記事へのトラックバック一覧です: 視界。:

« 笑顔のある風景。 | トップページ | 最近読み終えた著書。 »