ブログランキング

  • 皆さんのお力を頂ければ幸いです。下のバナーをクリックすると、ポイントが入ると同時に、現在のランキング状況の確認も出来ます。皆さんの温かいワンクリックを宜しくお願いします。↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 一貫性を持つ。 | トップページ | 学び。 »

2011年5月13日 (金)

いばらの道。

昨日は岡山県井原[イバラ]市へ福岡県から日帰りで出張に行ってきました。
博多駅から岡山駅まで新幹線、岡山駅からJRやローカル路線などを乗り継いで、自宅から目的の井原駅までは4時間の道のりとなります。

Dsc05812 Dsc05816

昼から夕方過ぎまで素敵な方々と仕事を完了させ、自宅へ戻る頃は ぎりぎり日を跨らない程度の時間帯になってしまいます。考えてみると東京在住時は そうやって東京の自宅から秋田県まで新幹線でよく日帰り出張をしていたものです。昨晩は新幹線の帰路の途中、真っ暗な窓の外の風景を眺めながら、様々な思いを巡らせました。

Dsc05824 Dsc05825

ところで、昨日 とある女性タレントの方が自殺をしたという悲しい報道を仕事先で知りました。

私は仕事柄、鹿児島から北海道まで飛び回ることや、東京に6年間住んでいたこともあり、多くの芸能人を見かける機会が多いのですが、実はこの女性タレントの方も先月の東京出張時に羽田空港の南ウイング周辺で多くのスタッフに囲まれている姿を見かけていました(過去ブログ『トウキョウ。』[2011年4月11日]より)。

Dsc05828 Dsc05830

この日は震災から丁度一か月を迎えた日で、羽田空港の人の出入りは未だ非常に少なかったため、芸能人やタレントさんのような存在はいつもより目立っていました(その他にも、福岡空港から羽田空港までの飛行機内でも、とある女性ミュージシャンがスタッフに囲まれながら乗り合わせていました)。

Dsc05832 Dsc05835

敢えて 判別されるようには撮影していませんが、実はその女性タレントさんも私の掲載ブログの写真の中に、非常に小さく写り込んでいます(ガラガラの空港の中で、遠くの一部の椅子周辺にだけ5~6名の集団がありますが、その中にいます)。
皮肉にも、彼女自身のブログにもその時の写真が掲載されていました。

(リンク先「種子島発 みゆ号はっしゃ~」:http://ueharamiyu.fc.yahoo.co.jp/6/580/?a=201104&m=ueharamiyu_19/media/580/1.jpg

Dsc05837 Dsc05838

まだ24歳の若さでした。まだまだこれからの人生だったはずです。

人は生き続けている限り、多くの障害が付きまといます。

特に、“過去の出来事や存在”がいまの生活に、追いかけてくるが如く感情を湧きあがらせてしまうことに、誰もが何度も苦しめられたことはあるはずです。

Dsc05840 Dsc05844

今回の東日本大震災による悲劇で、少なくとも日本人であれば誰もが“命の尊さ”に関して、多かれ少なかれ感じるものがあったと思います。

正直、私個人としては このことで自殺を考える人や無差別事件などが減るのではないか、と 不幸の中から少しでも希望を見出せればと願っていました。

Dsc05849 Dsc05850

しかしながら、そのような考えが甘いものだということを再度知らされたような気がしました。

生き続けるということは、まさに茨[イバラ]の道を駆け抜けているようなものなのかも知れません。

Dsc05855 Dsc05856

相次ぐ芸能人や著名人たちの自殺は、一般の方々がする自殺とは事情も環境も全く違うかも知れません。

しかしながら、この地球上で、自殺をする生物は おそらく人間だけなのではないか?という点におきましては、同じ性質のものを感じます。

その複雑な思考により発達・発展してきた人間が、自らの命を絶ってしまう皮肉をも身につけてしまった事に、非常に切なく感じさせられました。

Dsc05857 Dsc05864

井原[イバラ]を去る列車から眺める外の風景は、駆け抜けても駆け抜けても 真っ暗でした。

Dsc05875 Dsc05879

「人は男であろうと女であろうと、基本的には一人で生きて行かなくてはならない。それができない人は“自由人”ではなく、一人になったらどうしようかという恐怖に捉えられている“不自由人”である。」by.曽野綾子

「ネガティブな思いに落ち込むのは、実に簡単だ。」by.ジョー・ヴィターリ

「長期的な関係にはすべて、いつかは“行き詰まり状態”が訪れる。」by.デイヴィッド・シュナーチ

「目の前のことを一生懸命にやらないといけない。その先に未来がある。」by.中谷彰宏

「人は、過去を美化し、現在に不平を言い、未来を恐れる。」by.ジョー・ヴィターリ

「本当は、教育、結婚、毎日の生活、老後、病気、死と葬式、などというものは、強烈にその人の好みに従っていいものなのである。他人がそうするから、とか、そうしないから、ということが、すなわち自己からの逃走なのである。」by.曽野綾子

「人間が本当に必要としているのは、不安のない状態ではなく、価値ある目標のために努力することである。」by.ヴィクトール・フランクル

Dsc05886 Dsc05893

亡くなられましたタレント、M・Uさんには 心よりご冥福をお祈り致します(正式には 「哀悼の意を表します」「哀痛の極みに存じます」「謹んでお悔やみ申し上げます」 などというのが正しい表現方法だということです)。

皆さんは、命の尊さについて どのように感じていますか?

今日も長文にお付き合い頂きまして、まことに有難うございます。
つづきはまた今度♪

Dsc05898

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

« 一貫性を持つ。 | トップページ | 学び。 »

■中国地方」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。いつも楽しく拝見しています。
また時間を見つけて、遊びに来させて頂きますね!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1273283/39970340

この記事へのトラックバック一覧です: いばらの道。:

« 一貫性を持つ。 | トップページ | 学び。 »