ブログランキング

  • 皆さんのお力を頂ければ幸いです。下のバナーをクリックすると、ポイントが入ると同時に、現在のランキング状況の確認も出来ます。皆さんの温かいワンクリックを宜しくお願いします。↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 二匹の狼。 | トップページ | 目の前にある奇跡。 »

2011年5月 3日 (火)

洋上での出来事。

ある暗い嵐の夜、洋上を航行中の艦船の艦長は、必死で自分を起こす声に目を覚ました。
「艦長、艦長、起きてください」
「どうしたんだ?」
「お休みのところを起こしたりしてすみません。でも大変な問題が起きたものですから」

「何だね?」
「進路の数マイル先に船が停止していて、動こうとしないんです」
「移動するよう伝えなさい」
「すでに伝えたんですが、それでも移動しないんです」

Dsc05327 Dsc05328

「私が言ってやる! 20度進路を変更せよ」

すると相手の船から合図が返ってきた。
「そちらのほうが20度進路を変更されたし」

「何てこった、いったいどこのどいつだ?私が艦長だってことを知らんのか?やつに私がだれだか伝えてやれ!」
と艦長は怒鳴った。

Dsc05329 Dsc05332

そこで、
「こちらは第26隊、ホラシオ・ホーンブロアー艦長。ただちに20度進路を変更するよう命じる」
相手側からはこんな合図が返ってきた。
「こちら第3隊、上等水兵カール・ジョーンズなり。ただちに20度進路を変更するよう命じる」

Dsc05333 Dsc05334

「とんでもない無礼者め。こっちは戦艦なんだぞ。あいつらなんぞ一撃で粉砕できるというのに。やつらに思い知らせてやれ!」
「こちら第7艦隊・旗艦ミズーリ号なり」

今度はこんな合図が返ってきた。
「こちらは灯台なり」

Dsc05335 Dsc05336

これは『海軍諸事マニュアル』に掲載されていた実話なのだそうです。
上記のような出来事が起こった理由は、どこにあったのでしょうか?

これは笑い話ではありません。

昨日、嫁さんから 結婚一週間前を迎え、準備も着々と整え終えていた身近な会社仲間が、実は式直前で破局を迎えていた。との話を聞かされました。

まだまだ世の中には、これらと同じようなことを頻繁に耳にする機会が多い気がして、少し淋しい気分にもさせられてしまいますが、まずは自分自身の身から「もう一匹の狼(過去ブログ『二匹の狼。』[2011年5月2日]より)」に餌を与えないように心掛けなければならないのかも知れません。

Dsc05337 Dsc05339

「間違いを犯すことは一つの問題であるが、それを認めないのは もっと大きな問題である。」by.スティーブン・R・コヴィー

「人生、無駄な努力は何ひとつありません。ただ、努力してきたことを無駄にしている人が多い、というだけのことではないでしょうか。」by.鍵山秀三郎

「人間には二通りある。一つは仕事にありつけないとヘコたれてしまう人間。もう一つは、たとえ仕事がなくとも、必ず自分に何かやれる仕事があると信じている人間。」by.ウォルト・ディズニー

「弱い者ほど相手を許すことができない。許すということは、強さの証だ。」by.マハトマ・ガンジー

「問題は自分の外にあると考えるならば、その考えこそが問題である。」by.スティーブン・R・コヴィー

Dsc05340 Dsc05341

皆さんは、現在の自分の人生について、満足できる生き方ができていますか?

つづきはまた今度♪

Dsc05343

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

« 二匹の狼。 | トップページ | 目の前にある奇跡。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1273283/39843295

この記事へのトラックバック一覧です: 洋上での出来事。:

« 二匹の狼。 | トップページ | 目の前にある奇跡。 »