ブログランキング

  • 皆さんのお力を頂ければ幸いです。下のバナーをクリックすると、ポイントが入ると同時に、現在のランキング状況の確認も出来ます。皆さんの温かいワンクリックを宜しくお願いします。↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 帆の張り方。 | トップページ | バランス。 »

2011年9月11日 (日)

ウミ。

今日で、9.11米同時多発テロより10年
3.11東日本大震災より半年9月11日を迎えます。

Dsc08565_2 Dsc08561

Dsc08560 Dsc08559

被害の大きさや「11」と数字が共通することもあり、よく比較されることもある二つの被災ではありますが、決定的な違いがあるのも確かです。

東日本大震災は、あくまでも大自然による天災。
米同時多発テロは、人災。

Dsc08562 Dsc08563

Dsc08564 Dsc08566

これらの二つの出来事は、我々に なにを残し、そこから我々は なにを学ばなければならないのでしょうか?

Dsc08568 Dsc08567

Dsc08571 Dsc08570

さて、昨日は嫁さんの希望により福岡県粕屋郡宇美町にある神社『宇美八幡宮』と、志賀島』へ足を運んできました。

この宇美八幡宮をWikipediaで検索してみますと、

社伝「伝子孫書」によれば、
神功皇后が三韓征伐からの帰途に応神天皇を産んだ地に、敏達天皇3年に応神天皇を祀ったのに始まる。
「宇美」の地名も「産み」に由来するものである。

と紹介されています。

Dsc08572 Dsc08573

Dsc08574 Dsc08575

境内には、
神功皇后が出産のときにすがりついたという「子安の木
応神天皇の産湯に使ったと伝えられる「産湯の水」
などがあります。

Dsc08576 Dsc08577

Dsc08582 Dsc08584

境内末社・湯方殿の傍には「子安の石」と呼ばれる こぶし大の石が奉納されており、
妊婦は安産を祈願してこの石を持ち帰り、出産後は別の新しい石を添えて返すという風習
があります。

参考サイト:宇美八幡宮公式ホームページ』
http://www3.ocn.ne.jp/~umi8man/u_frame_1.htm


Dsc08581 Dsc08578

Dsc08580 Dsc08583

まだ、うちの嫁さんは妊婦ではないはずですが(笑)。

それにしても、こちらの神社にある樹齢二千年と推定される「湯蓋の森」「衣掛の森」などは迫力あり、大自然の力を思い知らされます。

Dsc08586 Dsc08589

Dsc08607 Dsc08590

私たち夫婦は、こうして神社やお寺を定期的に訪問する機会を、日ごろから多くつくるよう心掛けています。

東京在住時も、2~3か月に一度のペースで訪問するようにしていました。

私個人は、特定の宗教を持っていませんが、このような神社やお寺を訪問すると心が休まります♪

Dsc08591 Dsc08594

Dsc08595 Dsc08603

その後 更に移動し、自宅から少し離れた志賀島[シカノシマ]を訪れます。

私たち夫婦がいまの自宅を選んだ理由は、大きく二つあります。

Dsc08611 Dsc08615

Dsc08657 Dsc08625

一つ目が、嫁実家が近くにあること
二つ目が、志賀島が近くにあること

私は、この志賀島から眺める海が大好きで、日ごろから何度も足を運んでいます♪

Dsc08622Dsc08623

Dsc08631 Dsc08632

波の音を聞いていると、心が休まります(笑)。
神社で聞こえてくる木の葉や鳥の鳴き声に近い、穏やかな感情が湧いてきます♪

これらの素晴らしい光景が、いつまでも残ってくれることを心よりお祈りさせて頂きました。

Dsc08634 Dsc08635

Dsc08643 Dsc08639

「人は困難を克服することで、幸福になれる。」by.タル・ベン・シャハー

「必要なことは、夫が妻にも、結婚生活にも、理想を求めないことである。理想どころか、平均値も求めないことだ。」by.曽野綾子

「人間が本当に必要としているのは、不安のない状態ではなく、価値ある目標のために努力することである。」by.ヴィクトール・フランクル

「孤独であって、充実している、そういうのが人間だ。」by.岡本太郎

「目の前のことを一生懸命にやらないといけない。その先に未来がある。」by.中谷彰宏

Dsc08646

Dsc08640 Dsc08653

そんな昨日も志賀島の海を眺めながら、

うむうむ。
宇美(ウミ)もいいかも(笑)。

などと、ニンマリしてしまうのでした。

皆さんは、両親から どのような寵愛を受け、この世に誕生したのでしょうか?

Dsc08649 Dsc08652

Dsc08598

今日も長文にお付き合い頂きまして、まことに有難うございます。
つづきはまた今度♪

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

« 帆の張り方。 | トップページ | バランス。 »

■九州地方」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1273283/41621077

この記事へのトラックバック一覧です: ウミ。:

« 帆の張り方。 | トップページ | バランス。 »