ブログランキング

  • 皆さんのお力を頂ければ幸いです。下のバナーをクリックすると、ポイントが入ると同時に、現在のランキング状況の確認も出来ます。皆さんの温かいワンクリックを宜しくお願いします。↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« IF YOU WANT。 | トップページ | プロポーズ。 »

2011年10月 3日 (月)

臓器提供。

先日、運転免許証の更新を行ってきましたが(過去ブログ『ジコ(ゆずり愛)。』[2011年9月14日]より)、新しい免許証の裏部分を気にされている方は どのくらいおられるでしょうか?

そこには次のような一文があります。

Dsc08752

「以下の部分を使用して臓器提供に関する意思を表示することができます(記入は自由です。)。記入する場合は、1から3までのいずれかの番号を○で囲んでください。

1、私は、脳死後及び心臓が停止した死後のいずれでも、移植のために臓器を提供します。

2、私は、心臓が停止した死後に限り、移植のために臓器を提供します。

3、私は、臓器を提供しません。

Dsc08753

この一文が免許証の裏にあることで、どれだけの方々が臓器提供を求めているか 伝わってくるような気がします。

皆さんは、いずれに○をつけますか?あるいは未記入のままでしょうか?

この問題、実は 私はいつも迷ってしまいます。

特に、十年前はこの問い(問題)と向き合うたびに回答に迷っていました。
当時は、アレルギーの問題なども多く発生しており、移植後は必ずしも相手の身にとって良い方向に向かうとは限らない、と聞いていたからです。

そういう意味で、提供するか しないか という点 自体に迷っていました。

提供することによって、むしろ命を速めてしまう事態だけは絶対に避けたいと思っていたからです。

また、臓器移植が可能なお金持ちだけに与えられた特権に手を貸すようなことがあってはならないという気持ちが、心のどこかにあったからかも知れません(もちろん、そのようなケースばかりとは限らないと思います)。

Dsc08754

いまは、違う意味で迷っています。

1か2、どちらに○をつけるかで迷ってしまいます。

Dsc08776

結果、現在(とりあえず次の5年後の更新時期まで)は 2に○をつけています。

妙な話に聞こえるかも知れませんが、

私は、どうしても私自身の身体が、自分だけのものとは思えないのです(笑)。

Dsc08777

魂、感情、心は自分自身のものですが

この身は両親から頂いた借り物だと思っています。

ですので、仮に自分自身が脳死と判断された際でも、

私自身がそこに存在しておらず、魂が抜けてしまっていたとしても、

この身が生き続けたいと望むような現象が起こってしまった際は、

臓器提供をするかしないのかは、残された両親や嫁さんに判断を委ねたいと思っています。

Dsc08778

このような判断を委ねられる本人たちは、非常に迷惑でしょう(笑)。

特に、父からは
「いままで、散々いうことを聞かなかったくせに、そのような時だけ、言うことを聞くなんて無責任じゃ。」
とか、
「わしゃ、そんな判断を委ねられる前に 先に逝くわ。」
などと苦笑いしながら、つぶやいている姿が目に浮かびます(笑)。

Dsc08779

「我々の“命の砂時計。“目に見えない砂時計”。いつ砂が落ち切るか、分からない。ただ、さらさらと砂が落ちる音だけが、聞こえてくる。その砂の音に耳を傾け、“死”を忘れることなく“生き切る。この“切る”という言葉に込められた思いが、“悔いが無い”という思いである。」by.田坂広志

「はじめは人が習慣をつくり、それから習慣が人をつくる。」by.ジョン・ドライデン

「成功とは、人生において得た地位によって測るのではなく、成功するために乗り越えた障害によって測るべきことを学んだ。」by.ブッカー・T・ワシントン

「困難だからやろうとしないのではない。やろうとしないから困難なのだ。」by.セネカ

「幸せは、到達する場所ではなく、自分でつくり出す状態である。」by.ロビン・シャーマ

「人間は、自分のためには 何ひとつ墓場まで持っていけない。」by.フランソワ・デュボワ

Dsc08781

いつも応援ありがとうございます。

誤解を恐れず述べるのであれば、

私は“臓器提供をしたい”のではありません。
残念ながら、そのような寛大で心の広い人間ではありません。

でも、
臓器提供をすることによって、
“誰かを救える可能性があるのであれば それに懸けたい。”
そして、
“その命が救われることによって、その家族や友人などに喜んで頂けるのであれば、その応えに応えたい(堪えたい)。”

それだけの自己満足なのかも知れません。

この臓器提供に関する自分自身の意志表明は、生きている間に決めていなければ、残された方の命をひとつでも救うことはできません。

皆さんは、いずれに ○をつけますか?

Dsc08782

今日も長文にお付き合い頂きまして、まことに有難うございます。
つづきはまた今度♪

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

« IF YOU WANT。 | トップページ | プロポーズ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1273283/42240820

この記事へのトラックバック一覧です: 臓器提供。:

« IF YOU WANT。 | トップページ | プロポーズ。 »