ブログランキング

  • 皆さんのお力を頂ければ幸いです。下のバナーをクリックすると、ポイントが入ると同時に、現在のランキング状況の確認も出来ます。皆さんの温かいワンクリックを宜しくお願いします。↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 発展する街、北京。 | トップページ | 誇り(中国 故宮にて)。 »

2012年1月 8日 (日)

天安門。

1月4日から引き続き連載中となります(笑)。

正月にて過ごしました

中国での体験を

紹介させて頂きます♪

(添付の写真は2012年1月2日に、中国 北京市内にて撮影したものです。)

Dsc06141 Dsc06148

元旦の晩から過ごすホテルは

外観も内装も素晴らしい

「ルネッサンス北京キャピトル ホテル[RENAISSANCE BEIJING CAPITAL HOTEL]」さん♪

Dsc06149 Dsc06139

中国で過ごす3日目(1月2日)。

朝早めの朝食をホテルで済ませた後、

いよいよ、北京の中心に位置する

「天安門広場」

へ向かいます♪

Dsc06146 Dsc06153

日本でもよくテレビなどでも見かける

この天安門広場ですが、

中華人民共和国が成立され、

40万平方キロメートル

もの広大な地です。

Dsc06156 Dsc06158

ここで収容できる人数は なんと

50万人。

国家行事や歴史上の大事件の舞台ともなってきた

まさに革命運動の地ともいわれる地です。

Dsc06161 Dsc06168

広場には いたる所に、武装警察隊が配備されており、

ガイドさんからは

「警察隊の前では、決して走らないで下さい。」

と指示を受けました。

これは、怪しい人物とみられて

その場で取り押さえられる可能性があるから、

とのことでした。

Dsc06169_2 Dsc06172

かつて、2回もの

“天安門事件”
(1976年:四五天安門事件、1989年:六四天安門事件)

が起きた場所でもあるため、

中国政府や中国共産党に

批判的なデモ活動が再発し、

それらが世界に報道されないように

対策が行われている、

ということのようです。

Dsc06173 Dsc06177

実際に見てみると、

その広大な広場といい、天安門といい

とにかくスケールが大きいこと(笑)。

Dsc06185 Dsc06192

天安門に掲げられた

毛沢東 主席

の絵画の大きさ(縦は約6メートル)にも驚かされます。

Dsc06197 Dsc06199

この絵は当初、

張仕振という方が描いた完全な絵だったようですが、

現在は写真をもとに精密に描かれたものになっており、

建国当時から掛けっぱなしというわけでもなく、

何度か、書き換え・掛け替えられているようです。

Dsc06205 Dsc06206

ちなみに、この“天安門”の意味ですが

「天命を受けて安定した国を治める。」

という意(一つの説)があるのだそうです。

Dsc06216 Dsc06212

この天安門をくぐった先に、

映画「ラストエンペラー」の舞台などでも有名な

世界遺産故宮[コキュウ](旧 紫禁城)

があります。

Dsc06231 Dsc06233

次回は、この天安門の先

「故宮(紫禁城)」

を掲載する予定です。

Dsc06243 Dsc06247

「世の中のクソッタレな奴は、人の汗のかき方にケチをつける奴だ。自分は何もしないで、他人の行為に文句をつける。クサくったっていい。熱く生きた方が人生は面白い。遊びも本気になれない奴が、人生 本気で楽しめないだろう?」by.GACKT(ガクト)

「単なる批判から何かが生まれることは ほとんどない。」by.小田全宏

「それが必要であり、やらねばならないことがあれば“即刻やる”。また、やってはならないことであれば 仮に金があっても“やらない”。」by.松下幸之助

「学問にとらわれすぎて“できない言い訳”ばかりを上手に言うのではなく、やり切る気力が必要。」by.小田全宏

「自分を賭けることで 力が出てくるんで、能力の限界を考えていたら 何もできやしないよ。」by.岡本太郎

Dsc06249 Dsc06252

このたびのご訪問、まことに ありがとうございます。

これらの歴史から、私たちはなにを学ぶことができるのか?

皆さんは、どのように感じますか?

今日も長文にお付き合い頂きまして、まことに有難うございます。
つづきはまた今度♪

Dsc06257 Dsc06266

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

« 発展する街、北京。 | トップページ | 誇り(中国 故宮にて)。 »

■海外」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1273283/43652924

この記事へのトラックバック一覧です: 天安門。:

« 発展する街、北京。 | トップページ | 誇り(中国 故宮にて)。 »