ブログランキング

  • 皆さんのお力を頂ければ幸いです。下のバナーをクリックすると、ポイントが入ると同時に、現在のランキング状況の確認も出来ます。皆さんの温かいワンクリックを宜しくお願いします。↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

映画・テレビ

2012年4月30日 (月)

杏(力をもらえる言葉)。

昨日は、昨年にも訪問させて頂きました

福岡県粕屋郡宇美町にあります

『宇美八幡宮』

と、太宰府市にあります

『太宰府天満宮』

へ足を運んできました♪

(写真は、4/29に撮影した風景です。)

Dsc02013 Dsc02014

宇美八幡宮へは

昨年9月、
(過去ブログウミ。』[2011年9月11日]より)

太宰府天満宮へは

今年1月に足を運んだばかりです(笑)。
(過去ブログ日本の文化(大宰府天満宮にて)。』[2011年1月14日]より)

Dsc02015 Dsc02017

私自身、このように

定期的に、神社やお寺参り

をする習慣があります♪

世間でいうところの

「パワースポット」

という言葉には全く興味はありません(笑)。

そうとはいえ、

これらのような地には

足を運べば必ず なにかしらの

新たな“気づき”

を得られるのは確かです♪

Dsc02016 Dsc02019

おかげさまで、昨日も

非常に有意義な一日

を過ごすことが出来ました。

Dsc02018 Dsc02020_2

さて、昨晩放映されたテレビで

「ソロモン流 [テレビ東京]

に、女優でもありモデルさんが出演されていました。

人によりましては、

渡辺兼さんの娘さん

といった方が分かりやすいかも知れません。

参考サイト:
http://www.tv-tokyo.co.jp/solomon/back/index.html
http://74423.blogspot.jp/2012/04/blog-post_561.html

Dsc02021 Dsc02023

年間120冊以上、本を読む読書家
(歴史家でもある)

で、ご存知の方もおられます通り、

家庭の事情から高校1年で中退し、

働かなくてはならない状態になり、

寝る間を削り、

昼間はモデル、夜中はバイト

を掛け持ち。

一日3~4時間しか寝ない日

を2~3年を過ごされた

のだそうです。

Dsc02024 Dsc02025
Dsc02027 Dsc02028

そのような非常に厳しい環境の中でも、

「腹をくくって頑張ろう とかいうのがあったので

 そんなに苦悩とかいうよりは

 覚悟を決めて頑張ろうと思って、

 後で後悔しないぐらいの決断をする。」

「迷うときは迷ってもいいんですけど、

 迷わなくてもいいんだったら迷わないで

 ちゃんと建設的に色々と

 現実的にやった方がいいのかな

 と思いました。」

と答える彼女の言葉に心を打たれました。

Dsc02032 Dsc02030
Dsc02031 Dsc02034

そんな彼女は、実は

人前に出るのが得意でなかった。

といいます。

Dsc02042 Dsc02045

幼少時代は

お母さんのスカートの裾から出てこないような

引っ込み思案で恥ずかしがり屋だった。

Dsc02046 Dsc02049

人前が苦手だからこそ、

どう表現すればよいのかを真剣に考えた、

それがモデルとして成功した要因だった、

のかも知れません。

Dsc02051 Dsc02052
Dsc02056 Dsc02061_2

そんな彼女は、周囲の方々から

「努力の跡を見せない。

 疲れた顔なんて

 一度も見たことがないですし、

 本読むのが辛いなんて、

 それこそ聞いたことがない。」

と言われるほど努力家。

Dsc02063 Dsc02065

早朝6時、冷え込む公園での仕事の際、

朝4時半に起きて仕事をしても

「モデルのときはこれぐらいは普通だったし、

 眠いですけど、

 そんなに慣れてなくはないです(笑)。」

Dsc02066 Dsc02073
Dsc02067 Dsc02068

普通なら撮影の合間に

バスの中で仮眠をしている

と思えますが、その間も

仕事の合間の時間を利用し、

他の仕事の準備をしていました。

Dsc02074 Dsc02076
Dsc02077 Dsc02080

挑戦を続ける彼女の生き方。

「まだまだ知らない自分

 を表現してみたいという思い

 は すごくあるので、

 そのチャンスが巡ってきたときに

 なんでも返せる人でありたい、

 と思います。」

彼女の一言ひとことが

私にも新たな“気づき”を与えてくれます♪

Dsc02081 Dsc02084

そんな彼女の座右の銘

「向いている方が前。」

Dsc02086 Dsc02088

「どこの方向を向いていても

 自分が前だって思ったところが前だ

 って思えば

 きっと、歩んだところが

 道になったりしていく

 のかなと思って、

 “これで良い”っていうものより、

 “これが良い”っていうもの

 を大事にしていきたい。」

Dsc02090 Dsc02092

父が渡辺兼さんということ、

新聞・報道でも話題になったように

大変な借金を抱え込んでいた状況などなど

決して、恵まれた環境・過ごしやすい環境

ではなかったはずにも関わらず、

「25、6年生きたところで、

 “いやぁ、色々とありました”なんて

 口が裂けても言えないような状況だと思うので

 これからもまだまだ、

 たくさん楽しい事、辛い事あると思うので

 本当に、いよいよ“これからだ”

 という気持ちで

 いつも初心を忘れない

 で頑張っていきたいと思う。」

このひたむきで、謙虚な姿こそが

いまの彼女を創り出したのかもしれない。

そのように感じました。

Dsc02093 Dsc02095

「やっていない人ほど“やっている”といい、やっている人ほど“やっていない”という。」by.福島正伸

「知識は本の中にはない。本の中にあるものは、情報である。」by.ピーター・ドラッカー

「人は幸運のときは偉大に見えるかもしれないが、真に向上するのは不運のときである。」by.フリードリヒ・フォン・シラー

「良くない部分があったとき、それを無視し、あとで直せばいいというのは駄目だ。」by.スティーブ・ジョブズ

「したい人、10,000人。始める人、100人。続ける人、1人。」by.中谷彰宏

Dsc02098 Dsc02099

案内人、船越英一郎さんの締め括りの言葉。

「表現者として水のようでありたい。」

という杏さん、

水は温度も変われば

気体にも固体にもなれる。

そんな変幻自在な水となり

一体どんな形のグラスに注がれていくのか、

これからの杏さんを楽しみにしたいと思います♪

この言葉は、

我々 一人ひとりに共通していえること

なのかも知れません。

Dsc02101 Dsc02102

このたびのご訪問、まことに ありがとうございます。

↑ポチッと押して応援して頂けると非常に嬉しいです♪

Dsc02103 Dsc02107

これは完全に私的な感想ですが、

テレビ東京 さんでは

「ソロモン流」の他にも

「ガイアの夜明け」

「カンブリア宮殿」

などなど、非常に勉強になる番組が多く

新たな“気づき”を得られるものが放映されています♪

皆さんの目の前には、どのような景色が広がっていますか?

Dsc02106

今日も長文にお付き合い頂きまして、まことに有難うございます。
つづきはまた今度♪

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2012年4月21日 (土)

マネーボール(執念と香り)。

最近は出張が続いており、

久しぶりに昨日、自宅に戻り

部屋の香を思い出しました(笑)。

(写真は4/19に仕事にて訪問させて頂きました
 宮崎県宮崎市都城市
 にて撮影した風景です。)

Dsc01454 Dsc01455
Dsc01456 Dsc01458

ちょこちょこと休日出勤もありますが、

“仕事がある”ということは

そこに困っている方々がおり、

そのお手伝いをさせて頂いているわけで、

自分自身の存在価値を見出すため、

更には、自分自身が

そこで新たな学びを得られる上で

非常に有り難いこと

なのかも知れません(笑)。

Dsc01462 Dsc01463
Dsc01464 Dsc01465

そのような中、今日は

つかの間の休日を得られ、

ブラッド・ピットさんが出演されている映画

『マネーボール』

という作品を鑑賞させて頂きました♪


ブラッド・ピット主演『マネーボール』予告編(You Tubeより)
http://www.youtube.com/watch?v=4cn-GMnMzt4

Dsc01466 Dsc01469

野球好きの方はご存知の方も多いかと思います♪
(ちなみに私は 全く野球を観ません、笑。)

メジャーリーグオークランド・アスレチックス

リーグ最低クラスの年俸総額でありながら、
(2002年に、年棒総額が1位であった
 ニューヨーク・ヤンキースの3分の1程度の戦力[年棒])

全球団で最高の勝率

を記録し、黄金時代を築いたストーリーです。

「マネーボール」オフィシャルサイト
http://bd-dvd.sonypictures.jp/moneyball/

Dsc01471 Dsc01472
Dsc01475 Dsc01479

財力のある球団と そうでない球団の格差の中、

自分たちで育てた良い選手(人材)

がことごとく金満球団へ引き抜かれる中、

「不平なゲームに勝つ技術」

を思考錯誤しながら編み出す内容や

自分自身の信じる信念

を、貫き通す生きざま

は 非常に感動しました。

Dsc01480 Dsc01482
Dsc01483 Dsc01484

生きていると、

様々な悩みが湧いて出てくるもの

ですが、

悩むこと、苦しむこと。

これは逆に考えると、

それだけ必死に生きている証し

なのかもしれない、

そのように この映画を通して

考えさせられました♪

Dsc01485 Dsc01486
Dsc01487 Dsc01488

そのうえで、やはり大切なものは

ブレない執念と情熱。

改めて、そのように気づかされました。

Dsc01489 Dsc01490
Dsc01491 Dsc01492

「粘りにビジョンが加わることで、それは“執念”になっていく。」by.桑原晃弥

「自分が正しいことをしているとわかっているときは、他人にどう思われようと気にならない。」by.ロビン・シャーマ

「ビジョンは大きいことではなく、焦点がハッキリしていることが重要。」by.アラン・M・ウェバー

「かけがいのない人間であるためには、人と違っていなければならない。」by.ココ・シャネル

「人を説得できない、と嘆く前に 自分のビジョンが本物か、本気で実現したいのか と問いかけてみることだ。」by.桑原晃弥

Dsc01493 Dsc01494
Dsc01496 Dsc01501

自分自身の

現在の立ち位置が良くない状況・環境

であるならば、

「いったい、なにが問題なのか?」

と、問題の本質を見極める必要がある

のかも知れません♪

Dsc01503 Dsc01504

このたびのご訪問、まことに ありがとうございます。

↑ポチッと押して応援して頂けると非常に嬉しいです♪

Dsc01507 Dsc01511

最近、外を歩くと花や木の香がしてきます♪

皆さんは、最近どのような香りに気が付きましたか?

Dsc01513 Dsc01512

今日も長文にお付き合い頂きまして、まことに有難うございます。
つづきはまた今度♪

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2012年4月20日 (金)

選択の先にある運(思い)。

昨日は、宮崎県宮崎市にて朝を迎えます♪

宮崎市内で2件、

都城市へ移動し、

日頃からお世話になっているお客様へ

挨拶含め、新たな商談です。

(写真は4/18に仕事で訪問させて頂きました
 宮崎市日向市宮崎市
 にて撮影した風景です。)

Dsc01363 Dsc01364
Dsc01365 Dsc01366

特に、都城市でお世話になっている方とは

約3ヶ月ぶりの再会です♪

前回の訪問時には沢山の著書を頂きましたので

私も福岡にて購入した

「博多通りもん」

を準備させて頂きました(笑)。

(過去ブログ運のつかみ方。』[2012年1月30日]より)

参考サイト
博多西洋和菓子「博多通りもん」明月堂 公式サイト):
http://www.meigetsudo.co.jp/index.html

Dsc01368 Dsc01369
Dsc01373 Dsc01374

今回も素敵な著書がズラリと並ぶ書斎へ

通して頂きました♪

しかも、前回の訪問時より

著書が いちだんと増えていました(笑)。

Dsc01375 Dsc01376
Dsc01379 Dsc01380

話を伺うと、実はこの書斎に並んでいる著書

は ほんの一部に過ぎず、2階の部屋には

他にも千冊近くの著書が並べられている

とのことでした(笑)。

Dsc01383 Dsc01384
Dsc01386 Dsc01387

商談も お客様に非常に喜んで頂くことができ、

いつものように雑談も盛り上がります♪

Dsc01388 Dsc01390
Dsc01392 Dsc01393

しかも、今回は

7月に行われる(お客様の仕事仲間でもある)

とある著名人のセミナー講演のチケット

を 私と私の嫁さん分の2枚、

お客様にプレゼントして頂けることになりました♪♪♪

Dsc01394 Dsc01396
Dsc01397 Dsc01398

商談を終えて、お客様の書斎を出る帰り際、

いつものようにズラリと並んでいた著書の中に

私も購入し、NHKでも放映されていました

“白熱教室シリーズ”

でも知られています

シーナ・アイエンガー 教授の

「選択の科学」

が並んでいました♪

参考サイト(NHK 白熱教室):
http://www.nhk.or.jp/hakunetsu/

Dsc01399 Dsc01400
Dsc01401 Dsc01402

私が気がついて、感激していると

「どうぞ(笑)、お持ち帰り下さい♪」

ところが、私も購入したことを告げると

「ははは♪さすがに、既にお持ちでしたか(笑)。」

Dsc01403 Dsc01405
Dsc01406 Dsc01407

お客様はまだ読み終えてないとのことでしたが、

筑波大学の教授より薦められた著書の中の一冊

ということで購入した、

のだそうです♪

Dsc01408 Dsc01409
Dsc01410 Dsc01412

その横に並べられていた著書

「非才(マシュー・サイド著)」

も同じように、教授より薦められた著書

ということで、

「どうぞ♪(笑)」

やっぱり今回も頂くことが出来ました(笑)♪

Dsc01514

「光輝くチャンスを逃すな。」by.ティナ・シーリグ

「豊富な選択肢は、必ずしも利益にはならない。」by.シーナ・アイエンガー

「一つの扉が閉じれば、もう一つの扉が開く、しかし閉ざされた扉ばかり、未練がましく見つめていると、開いている扉に気づかないことが多い。」by.ヘレン・ケラー

「あなたに苦痛をもたらすのは、あなたの思いだけ。」by.本田健

「本も、読む人を選ぶ。」

Dsc01414 Dsc01415
Dsc01416

前回 訪問させて頂いた際に

お客様が語って下さった言葉、

「幸運な人は、

 日々の習慣・気づき・一期一会(ご縁)

 を大切にしている。」

そんな言葉を再び思い出すことが出来ました。

Dsc01419 Dsc01418

そして、著書「選択の科学」の中でも

紹介されていました通り、

日々の暮らしを、流れるままに過ごすのではなく

自分の未来がどのようになるのかを予測しながら、

いま、どのような選択をする必要があるのか

を考えると、

明日への第一歩

も少し変わったものになる。

改めて、そのようなことを再確認させられました♪

Dsc01421_2 Dsc01423

このたびのご訪問、まことに ありがとうございます。

↑ポチッと押して応援して頂けると非常に嬉しいです♪

Dsc01429 Dsc01432
Dsc01433 Dsc01437

お客様の

優しい笑顔温かい言葉の数々

は、再び 私に大きな力を与えて下さりました♪

皆さんは、最近 どのような人からどのようなことを学びましたか?

今日も長文にお付き合い頂きまして、まことに有難うございます。
つづきはまた今度♪

Dsc01441 Dsc01443
Dsc01449 Dsc01453

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2012年4月15日 (日)

自分自身を磨く教育(ねがい)。

先日、

日本テレビ「アナザースカイ」

を見ていると、ゲストに

“尾木ママ”こと教育評論家

尾木直樹 さん

が出演されていました。

(写真は、4/12に仕事の都合で訪問しました福岡県福岡市山口県防府市福岡県粕屋郡にて撮影した風景です。)

Dsc01160 Dsc01161

金八先生のモデル

にもなった方ですし、

頻繁にTVにも出ていますので

ご存知の方も多いかと思います♪

Dsc01163 Dsc01165

そんな尾木さんが

「海外にある、第2の故郷」

として、向かった先は

世界一の教育国と言われている

オランダ

Dsc01166 Dsc01169

その、先進教育

自分でモノを考え、

人との比較・競争をするのではなく、

“自分自身を磨く教育”

でした。

Dsc01171 Dsc01172

時間割がなく、
(時間割は自分で決める。)

学年もなく、

チャイムもなく、

宿題やテストまでない。

Dsc01173 Dsc01175_2


“大人と子供”

ではなく、

“人と人”

としての人間関係を築き上げる。

Dsc01176 Dsc01178
Dsc01179 Dsc01180

B’zというバンド

は皆さんもご存知の方が多いかと思いますが、

彼らが歌う曲の中に

「ねがい」

という曲があります。

Dsc01181 Dsc01182
Dsc01183 Dsc01184

この曲は、私が東京在住時に

日付が変わるか変わらないかの時間まで

一生懸命 仕事をし、

その帰宅をするときに

聴いていた曲でした♪

Dsc01185 Dsc01187
Dsc01188 Dsc01191

「最終電車に揺られて~♪」

から始まるその歌詞が

当時の自分自身に

とても合致していたからです(笑)。

Dsc01192 Dsc01193

Dsc01196 Dsc01197

その歌詞には非常に素晴らしい台詞が沢山含まれています。

「“いつのまにか”じゃない、

 自分で選んで歩いてきたこの迷路。」

「願いよ叶え、いつの日か、

 そうなるように、生きてゆけ。」

Dsc01198 Dsc01199

「僕は僕に。君は君に。

 拝みたおして、泣けばいい。」

誰のためでもない、

 流れ落ちそうな、この熱い涙は。」

他人に頼ることなく、自らの力で道を拓く。

そんな力強い歌詞を

尾木ママの笑顔を見ていると

思い出しました(笑)。

Dsc01201 Dsc01203
Dsc01205 Dsc01206

信念を貫き通す

尾木さんの生き様

あの豊かな笑顔をつくりあげている。

そのようにも感じさせられました。

Dsc01208 Dsc01210
Dsc01212 Dsc01214

「人生は、自分でオーガナイズするもの。」by.滝川クリステル

「人は誰でも、時に過大評価され、時に過小評価される。」by.曽野綾子

「“がんばります”ではなくて、“がんばりました”と言える人間になってほしい。」by.三沢光晴

「“そこまでやるの?”“もうできているの?”と言われて初めてプロの仕事。」by.関正生

「人は、うまくいかない事で試されたり、うまくいく事で試されたりする。」by.福島正伸

Dsc01215 Dsc01216
Dsc01218 Dsc01219

私事ではありますが、

今日は嫁さんが東京で

“自分の願い”を叶えるために

独りで戦っています♪

Dsc01221 Dsc01222
Dsc01224 Dsc01226

私は、福岡に残り

明日からの仕事の準備と、

とあるロックバンドの

LIVEを楽しんできます♪
(元々は一緒に行くつもりでチケットを二人分用意していたのですが)

Dsc01229 Dsc01228
Dsc01230 Dsc01232

このたびのご訪問、まことに ありがとうございます。

↑ポチッと押して応援して頂けると非常に嬉しいです♪

Dsc01234 Dsc01235
Dsc01238

どこにいても、

なにをしていても

ねがいは同じ。

皆さんは、どのような願いを心に抱いていますか?

Dsc01241_2 Dsc01240

今日も長文にお付き合い頂きまして、まことに有難うございます。
つづきはまた今度♪

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2012年3月 4日 (日)

人生の意味(温もり)。

ご存知の方も多いかと思われますが、

いまアメリカはもちろん、

日本国内においてもレンタル店などでも

大人気の

「フリンジ」

という海外ドラマがケーブルテレビでも

放映されています♪

(写真は3/3に訪問しました福岡県福岡市愛知県名古屋市で撮影した風景です。)

Dsc09078 Dsc09079

一昨日晩に放送されたストーリーの中で、

自分の過去や人生そのものに悩み苦しむヒーローが、

「あなたは一体、ここで何をしているの?」

という質問に対し、

「わからない。でももしかしたら、

 意味のない事に、

 意味を見出だそうとしているだけ

 かも知れないな。」

と答えるシーンが印象に残りました。

Dsc09082 Dsc09088

さて、昨日は

先日も掲載させて頂きました
(過去ブログいのち。』[2012年3月2日]より)

友人の奥さまの葬儀に参加するため、

福岡県から愛知県尾張旭市へ足を運ばせて頂きました。

Dsc09089 Dsc09091

福岡(博多駅)愛知(名古屋駅)間は

約3時間半弱

いつもは出張などの移動の際は、

本を片手に過ごすことが多いのですが、

今回ばかりは、さすがに読書にも身が入りません。

Dsc09100 Dsc09101

とはいえ、

昔懐かしい青春時代に聴き入った曲が耳の中に入り、

窓の外で流れるように移り変わる景色を

眺めながら考えを巡らせていると、

あっという間です。

(実際、今回のブログの内容の大半は、
 葬儀に参加する前の新幹線内にて
 下書きした内容です。)

Dsc09103 Dsc09104

学生時代、何度も この福岡~名古屋間を

新幹線で行き来してきましたが、

これほどまでに足が重いにも関わらず、

近くに感じる

という矛盾を感じたことは初めてでした。

Dsc09106 Dsc09108

名古屋市内で、

約2年ぶりに不本意な形で
(過去ブログ歴史が動く場所。』[2010年4月29日]より、
 関ヶ原の地。』[2010年4月30日]より)

再会を果たす大切な友人たちと合流し、

共に葬儀に出させて頂きました。

Dsc09110 Dsc09113

いつもはくだらない会話が終始飛び交うのですが、

今回はさすがに足も重く、

口が開きません。

実際、私個人はカレに対しては

一言も声をかけてあげることが出来ませんでした。

Dsc09115 Dsc09117

葬儀の詳細な内容を

この場で述べるつもりはありませんので、

個人的な感情や思考だけを述べさせて頂きますが、

ここで述べる感情や思考におきましても、

日が経てば変化していくようにも思われますので、

(実際にはこの世のもの全てにおいて、
 同じようなことが近い形でいえる
 のかも知れませんが)

これらの言葉に対しても

今回ばかりは、責任を持てる自信もありません。

Dsc09118 Dsc09119

正直、本音をさらけ出すならば・・・

わからなかった、のです。

この出来事が、

私の友人はもちろん、

私自身にとっても、

どのような意味を持ち、

どのように受け止めたら良いのか、が。

Dsc09120 Dsc09121

私個人、

本音は今回の葬儀には参加したくなかったのだと思います。

状況が状況なだけに。

でも一つだけ、

参加させて頂く前から、

はっきりとわかっていたことは、

きっと参加しても、参加していなくとも、

なに一つとして楽にはなれないこと。

だとすれば、私が出来ること。

Dsc09122 Dsc09124

いや、

そんなことを考える気持ちの余裕すらなかった。

気がつけば名古屋まで来ていた。

今回の出来事やそれを取り巻く環境の中、

ただただ、非力で弱い自分自身を支え切れなくて、

きっと、それを分かち合えるであろう仲間たちと、

会って一緒に語り合い、

支え合う時間が欲しかった、

そういうことかもなのかも知れません。

Dsc09125 Dsc09127

このようなときにいうと、

考え方によっては、

非常に不謹慎に受け止められてしまう

のも仕方ないことかもしれませんが、

敢えて誤解を恐れずにいうならば、

この世の中は、

壮大な宇宙から見れば

人間社会の日常の出来事はもちろん、

偉大な功績や

何日間も眠れなくなったり息苦しくなるような苦悩、

いや 人間の死や自然災害でさえも、

とてもとても小さなことに過ぎず、

そのような中で

私たち一人ひとりは、

喜び、もがき苦しみながら、

「意味のない事に、

  意味を見出だそうとしているだけ

  かも知れない。」

本当にそうなのかもしれない、

そのような気持ちにもさせられながら

葬儀に参加させて頂きました。

Dsc09128 Dsc09133

結果として、

今回の葬儀にご一緒させて頂くことができ、

故人を愛した方々、

その愛した方々を支えあっている仲間たち

と一緒に一つになり、

故人を温かく見送り出すことができ、

本当によかったと思っています。

Dsc09136 Dsc09142

そのように、

自分の非力さに押し潰されるような思い

に駆られながらも、

いや それでも私たちは前進するしかない。

そのようにも感じました。

Dsc09146 Dsc09155

「命というものは、はかないからこそ、尊く、厳かに美しいのだ。」by.トーマス・マン

「人生の大きな目的は知識ではなく行動にある。」by.トーマス・ハクスリー

「過去から学び、今日のために生き、未来に希望を持て。大切なことは、何も疑問を持たない状態に陥らないことである。」by.アルバート・アインシュタイン

「花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ。」by.アントニオ猪木

「愛に燃えるその瞬間が“永遠”なんだよ。」by.岡本太郎

Dsc09157 Dsc09158

福岡へ戻るため、

駅で大切な友人たちと別れる際、

共に触れ合った手の平の感触を、

きっと私は忘れることがないと思います。

Dsc09159

このたびのご訪問、まことに ありがとうございます。

↑ポチッと押して応援して頂けると非常に嬉しいです♪

Dsc09161 Dsc09160

皆さんは、手を差し延べたら、きちんと手を握り返してくれる人を大事にできていますか?

Dsc09162 Dsc09166

今日も長文にお付き合い頂きまして、まことに有難うございます。
つづきはまた今度♪

Dsc09173 Dsc09179

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2012年2月23日 (木)

健康維持。

既に ご覧になられた方も多いかと思われますが、

今朝のNHKのニュースの中で、

「“団塊の世代”3割が70歳を超えても働きたい」

という記事が放映されていました。

参考資料(NHK NEWS WEB)サイト:
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120223/t10013220281000.html

(写真は2/21に福岡県福岡市北九州市小倉北区北九州市門司区にて撮影したものです。)

Dsc08391 Dsc08393
Dsc08395 Dsc08397

これは厚生労働省が、

団塊の世代、60歳から64歳までの

約1万3000人

を対象に、

仕事や生活の状況について

6年前から調査した結果

によるものだそうです。

Dsc08399 Dsc08400
Dsc08402 Dsc08404

その調査結果によりますと、

サラリーマンや自営業など

現在も仕事をしている人は

全体の62%。

うちサラリーマンだけに限ると、

約70%が、60歳で定年を迎えた後も

仕事を続けていたのだそうです。

Dsc08406 Dsc08407
Dsc08408 Dsc08409

仕事をしている理由

複数回答で聞いたところ、

・「生活のため」:64%

・「健康維持のため」:30%

・「仕事が好きだから」:24%

・「社会との繋がりを維持したいから」:24%

だったそうです。

Dsc08410 Dsc08411
Dsc08413 Dsc08416

健康状態については、

「良い」と答えた人が

全体の79%を占め、

現在も仕事をしている人のうち

29%もの人が

「70歳を超えても働きたい」

と答えたのだそうです♪

Dsc08417 Dsc08418
Dsc08422 Dsc08424

私個人が、この記事で感じたのは

私の周囲の友人や会社仲間にも共通していえるのですが、

仕事をすることにより、

体調を崩してしまっている人たちがいる

ということ。

その一方で、

仕事をすることにより

健康状態を維持している人たちがいる

と、個々の仕事内容に違いはあれども

“仕事をする”

ということにおいて、

全く逆の効果が見られる人たちが

確かに存在しているという点でした♪

Dsc08426 Dsc08427
Dsc08428 Dsc08431

私個人、日頃から接触している顧客が

病院関連の院長、スタッフが多い

ということもあるので、

余計に自然と耳に入ってくるのですが

体調を崩してしまう原因

のほとんどが

ストレスである

ということもあり、

健康を維持できている人

体調を崩してしまう人

とでは、

実は、仕事の内容そのもの”のストレス

ではなく

“生活習慣そのもの”のストレス

ではないだろうか?

そのようにも感じさせられました。

仕事のトラブルの多くが

人間関係(コミュニケーション)や金銭問題能力不足

であるということから考慮すれば、尚更かも知れません。

Dsc08432 Dsc08433
Dsc08434 Dsc08437

このニュースでは、厚生労働省が

「団塊の世代の多くは、健康で、働く意欲も高い。

 高齢者の雇用を促すなどして、

 社会保障制度の見直しが必要だ。」

と話していることで、記事を終えていますが

皆さんはどのように感じられましたでしょうか?

Dsc08439 Dsc08440
Dsc08441 Dsc08443

「一応の健康を維持している人なら、国家にも親にも、依存しないで生きるのが 人間というものだ。」by.曽野綾子

「思い悩んだら、生活の習慣を変えてみよ。」by.大山康晴

「面白い仕事と、面白くない仕事というのはない。面白い仕事のやり方と、面白くない仕事のやり方があるだけだ。」by.大前研一

「足るを知る者は富む。」by.老子

「才能を持っているにも関わらず、開花させられないのは、自分が“ない”と決めつけているからだ。」by.川北義則

「私は災難が起きるたび、結果的にそれが良かったといえるように努力してきた。」by.ロックフェラー

Dsc08445 Dsc08446
Dsc08447 Dsc08449

我々の世代においては

命が断たたれしまう ぎりぎりに近い年齢まで

働くことになる可能性も否定できません(笑)。

Dsc08450 Dsc08451

このたびのご訪問、まことに ありがとうございます。

Dsc08452 Dsc08453

毎日を当たり前のように過ごす中、

当然ながら仕事をする時間というものは

その日々の多くの時間を費やすことになります♪

“どのような姿勢で、仕事と向かい合っているのか?”

その考え方ひとつで、

日々の健康状態

その先に見える夢や理想

が大きく変化してしまうのかも知れません。

Dsc08454 Dsc08455
Dsc08456 Dsc08457

皆さんは、どのような理想を持って日々を過ごされていますか?

今日も長文にお付き合い頂きまして、まことに有難うございます。
つづきはまた今度♪

Dsc08458 Dsc08459
Dsc08461 Dsc08462

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2012年1月28日 (土)

世界を変える視野。

先日、バングラデシュにあるグラミン銀行 元総裁であり、

経済学者でもある

マイクロクレジット

の創始者、

ムハマド・ユヌス さん

のセミナーDVD

『あなたも世界を変えられる』

を鑑賞させて頂きました。

(添付の写真は、1/26に訪問した福岡県久留米市福岡県春日市にて撮影したものです。)

Dsc07447 Dsc07448

司会進行・ゲストとして、

本田健さん、渡邉美樹さん、岡田昌治さん、藤沢久美さん

などなど

多彩で豪華な方々が参加していました。

Dsc07449 Dsc07451

ムハマド・ユヌス さんは

2006年のノーベル平和賞

をはじめ

シドニー平和賞、アストゥリアス皇太子賞平和部門、第9回日経アジア賞など

数々の受賞歴があります。

Dsc07453 Dsc07457

DVDでは、主に

今後の“ソーシャル・ビジネス”の可能性

について述べられていました。

そう、東日本大震災NPO法人などもあり

いま注目されているビジネスの一つです。

Dsc07458 Dsc07459

既に、新聞・報道などで

ご存知の方も多いかと思われますが、

補足として多少触れさせて頂きますと、

利益の最大化を目指すビジネス(PMB)とは

異なるビジネスが“ソーシャル・ビジネス

Dsc07461 Dsc07463

特定の社会的目標を追求するために行われ、

政府やPMBでは入り込めない隙間にて、

社会的利益を追求する企業であり、

貧しい人々により所有され、

最大限の利益を追求しながら

彼らの貧困の軽減を目指そうとしているビジネス

ということになるかと思います。

Dsc07465 Dsc07466

私がこのDVDを鑑賞させて頂く中で

最も注目したのは、

ソシャール・ビジネスそのもの

ではありませんでした。

ゲストとして参加していた

藤沢久美さん

のコメントです。

Dsc07467 Dsc07468_2

「いま、我々 日本人が

 アフリカ(などの貧困国)を訪問すると、

 彼女(彼)らたちは

 憧れの目で私たち日本人を見ており、

 日本みたいになりたい、

 日本人みたいになりたい、

 だからいま一生懸命に勉強して

 仕事を身につけて

 お金持ちになって自由を得るんだ。

 と言ってくれる。」

Dsc07470 Dsc07471

「そういう子たちを目の前にしたとき、

 私は、この子たちから見たら、

 未来人なんだ。

 ある意味、ドラえもん なんだと。」

Dsc07480 Dsc07483

「のび太くんが、ドラえもんに

 “ドラえもん、僕たちの未来はどうなっているの?”

 と聞かれたら、そのとき

 なんと答えるのだろう。」

Dsc07473 Dsc07474

「“未来はね、すごく自由になってね、

  お金も いっぱい手に入ってね、

  物も いっぱい手に入ってね、

  選択肢も いっぱいあってね、

  なにを選んだらいいか分からなくなってね、

  それで、沢山の人が自殺してね、

  鬱病になっちゃうの。”

 って、言っていいのだろうか、

 と思うわけです。」

Dsc07475 Dsc07479

「私たち、こんなに経済的に豊かで

 物質的に豊かになれたのは

 だれのおかげだろうと。」

Dsc07482 Dsc07485

非常に心を打たれるコメントでした。

私たちは先人たちに

『感謝をする』

という心を忘れてしまったとき、

『恩恵を受けている』

という有難さを忘れてしまったとき、

心の貧しい人間

になってしまうのかも知れません。

Dsc07487 Dsc07491

「信頼は“信頼”からやってくる。信頼は“信頼”の上に立つのだ。」by.ムハマド・ユヌス

「自分らしくふるまわないことこそ、様々な神経症・精神異常・感情抑圧の潜在原動力となっている。」by.ジェームズ・ゴードン・ジルキー

「信頼は必要。しかし一番大切なのは、私たち一人ひとりが 自分を信じているか、自分が無限の可能性を持っているということを信じているか、ということ。」by.藤沢久美

「死が近づいてくる恐怖感を味わうまで、本当に生きるという意味を知らなかった。」by.ルシール・ブレイク

「私たちは明けても暮れても美しいおとぎの国に住みながら、目をふさいで見ようともせず、見飽きているため それに喜びを感じないのだ。」by.デール・カーネギー

Dsc07496 Dsc07497

このたびのご訪問、まことに ありがとうございます。

私自身、正月を中国で過ごし、

世界視野から日本を眺めながら

様々なことを考えさせられました。

知らないこと、気づいていないこと、

まだまだ

私たちの身近なところには沢山あり、

それらを一つひとつ拾いながら

日々を過ごすと

さらなる美しい景色が広がって

見えてくるのかも知れません。

Dsc07493 Dsc07505

皆さんは、どのような視野で自分の環境を見ていますか?

今日も長文にお付き合い頂きまして、まことに有難うございます。
つづきはまた今度♪

Dsc07517 Dsc07519

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2012年1月10日 (火)

歩んできた道(景山公園にて)。

1月4日から引き続き連載中となります(笑)。

正月にて過ごしました

中国での体験を

紹介させて頂きます♪

(添付の写真は2012年1月2日に、中国 北京市内にて撮影したものです。)

Dsc06231 Dsc06243
Dsc06284 Dsc06367

1月2日早朝、

「天安門広場」

「故宮[コキュウ](旧 紫禁城)」

を散歩した後、

故宮の最終門をくぐり抜けたところは

明清代の皇帝の庭園

「景山公園」

です。

Dsc06513 Dsc06521_2
Dsc06526 Dsc06528

紫禁城に殺気が入ることを防ぐために、

背山面水という風水の考え方を用い

紫禁城の真北に作られた

といわれています。

Dsc06533 Dsc06534
Dsc06535 Dsc06536

ここの素晴らしさは

なんといっても

その頂上から眺める

故宮の展望

です♪

Dsc06538 Dsc06539
Dsc06544 Dsc06547

これまで、

「天安門広場」 から

「故宮(旧 紫禁城)」 

を経由し、

更に、この

「景山公園」

の長い階段を上るのは

非常に大変な思いではありました(笑)。

Dsc06552Dsc06553

Dsc06554 Dsc06559

しかしながら、

どのようなことにもいえることではありますが、

苦労した先に見えるもの。

これほど、後々に

大きな なにかを与えてくれるもの

もありません(笑)。

Dsc06557 Dsc06571
Dsc06572 Dsc06570

この日、軽く霧がかかっていました。
(北京市内は非常に霧がかかりやすい天候だとのこと)

それでも

自分自身が これまで歩いてきた

天安門、故宮の風景が

非常に美しく見えました。

Dsc06582 Dsc06584
Dsc06585 Dsc06586

思わず、映画「マトリックス-リローデッド-」に登場します

モーフィアスの名言をここで思い出しました(笑)。

「間違いなく我々の前には、困難な時が待ち構えている。

 だが、戦いに備えるなら、

 まず我々は、恐れに打ち勝つことだ。

 そして、いま

 こうしている私には、恐れなど みじんもない。

 なぜか?

 誰も信じないことを信じているからか?

 違う。

 何も恐れず、私がここに立っているのは

 覚えているからだ。

 私を導いたのは、まだ見ぬ未来ではなく、

 私の歩んできた道が、私を導いたのだ

Dsc06588 Dsc06589
Dsc06592 Dsc06593

ちなみに、

「道を知っていることと、実際に道を歩くことは違う。」

「皆は、来た道を気にするが、大事なのは これから行く道だ。」

など、この「マトリックス」シリーズには

非常に多くの名言が登場します♪

Dsc06594 Dsc06596
Dsc06597 Dsc06598

さて、

景山公園を後にして、

昼食は、

北京名物 ジャージャン麺

を頂きます♪

Dsc06602 Dsc06601
Dsc06603 Dsc06604

昼食後、

什刹海[シーチャーハイ]

へ向かいます。

この地は、

現地の方々はもちろん、

観光客の間でも

人気スポットの一つのようで、

北京市民の日常の姿

を見ることができました。

Dsc06605 Dsc06606
Dsc06607 Dsc06609

一部は観光客用の おしゃれなお店も並んでいましたが、

その多くは 古い町並みが残っており、

家や店の造りに関しても

門、瓦、壁など

どれもが日本とは少し違う生活スタイル

を肌で感じるとることができます♪

Dsc06614 Dsc06616
Dsc06618 Dsc06623

また、おしゃれな店や古い町並みの中心には

広い湖があり、

この日はその湖が凍っており

その上をスケートを楽しむ家庭的な光景で

ホノボノとしていました(笑)。
(一部、氷が割れて危険な地帯もありましたが)

Dsc06626 Dsc06627
Dsc06628 Dsc06631

かつて、このような光景は

私が幼い頃の日本でも

各地で見られていたような記憶があります。

いまでは公園も減り、

その公園でも遊んでいる姿を

見かけることが少なりつつあります。

Dsc06634 Dsc06635
Dsc06636 Dsc06637

夕食に、

様々な種類の美味しい

本場の 餃子 を頂き、
(この店は、世界でも著名な方々が足を運ばれた写真が飾られていました。)

この日、最後のイベントへ向かいます♪

Dsc06641 Dsc06644
Dsc06645 Dsc06646

次回は、この日の夜 向かった先、

前門建國飯店(JianGuo Hotel)というホテル内にある

「北京オペラ(京劇)」

を掲載する予定です。

Dsc06649 Dsc06652

「安全は、一番危険な落とし穴。」by.桑原晃弥

「専門家ではないから、不可能ということを知らない。」by.ジョン・ドボジャック

「自分が世界を変えられる、と本気で信じる人たちこそが、本当に世界を変えている。」by.スティーブ・ジョブズ

「パックがあった場所ではなく、パックが行く先へ滑るようにしている。」by.ウェイン・グレツキー(アイスホッケー選手)

「小さな疑問からは、小さな答えしか得られない。」by.ジェームズ・D・ワトソン

Dsc06658 Dsc06661
Dsc06667 Dsc06668

このたびのご訪問、まことに ありがとうございます。

皆さんが 歩んできた道は、自分の目的・目標に合った道でしたか?

今日も長文にお付き合い頂きまして、まことに有難うございます。
つづきはまた今度♪

Dsc06674 Dsc06678
Dsc06679 Dsc06680

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2012年1月 9日 (月)

誇り(中国 故宮にて)。

1月4日から引き続き連載中となります(笑)。

正月にて過ごしました

中国での体験を

紹介させて頂きます♪

(添付の写真は2012年1月2日に、中国 北京市内にて撮影したものです。)

Dsc06177 Dsc06209
Dsc06249_2 Dsc06257

1月2日早朝、

「天安門広場」

を散歩した後、

天安門をくぐり抜けたところは

1961年、中国国務院より国家重要文化財

1987年、ユネスコの世界遺産(文化遺産)

となっている

「故宮[コキュウ](旧 紫禁城)」

明と清の時代の旧王宮です。

今回の私の旅の中で、

万里の長城と並び、

個人的に非常に関心の高かった場所です♪

Dsc06261 Dsc06266
Dsc06272 Dsc06276

1911年に

“最後の皇帝(ラストエンペラー)”

と呼ばれる

溥儀(フギ)

が退位するまで、

24人もの皇帝

故宮で封建統治の中心としてきました。

Dsc06281 Dsc06283
Dsc06284 Dsc06300

アカデミー賞9部門を受賞し、

世界的に話題にもなりました

映画「ラストエンペラー」でご存知の方も多いかと思われます♪

Dsc06308_2 Dsc06312
Dsc06316

[The Last Emperor (You Tubeより)]
http://www.youtube.com/watch?v=QBUbmT8cCkM&feature=related

Dsc06320 Dsc06321
Dsc06322 Dsc06323

映画「ラストエンペラー」では、

1987年度、ノミネートされた9部門
(作品賞、監督賞、撮影賞、脚色賞、編集賞、録音賞、衣装デザイン賞、美術賞、作曲賞)

全てでの受賞を達成致しました。

溥儀[フギ]役を演じた、香港生まれ中国系アメリカ人の

ジョン・ローン さんの活躍はもちろん、

日本人俳優も多く出演しました。

Dsc06324 Dsc06330
Dsc06328 Dsc06334

中でも

甘粕正彦役兼 音楽プロデューサーとして参加した

坂本龍一 さんが、

日本人 初のアカデミー賞作曲賞

を受賞したことが

当時、日本でも大きく話題となりました♪

Dsc06337 Dsc06339
Dsc06344 Dsc06340

また、

故宮で世界初のロケーション

を行われたことが

世界中でも公開前から話題を呼びました。

この撮影は、

観光名所として、

一日5万人

が訪れる故宮を

中国共産党政府の全面協力により

数週間借り切って行われたのだそうです。

Dsc06348 Dsc06352

そのような映画の影響はもちろん、

日本人にとっても、

溥儀満州国という

日本に非常に近い題材もあり、

お馴染みとなっています。

Dsc06355 Dsc06362

天安門広場の地下通路を通り、

天安門を抜けた後、

歩いても歩いても

最後の門まで抜けることができません(笑)。

いかに、当時の一般人が

皇帝や皇后に近づくことが出来なかったか、

を象徴し、またそれを体感することが

出来る貴重な経験となりました♪

Dsc06360 Dsc06375

それもそのはず、

面積

725,000平方メートル
南北の長さ961メートル東西の幅753メートル

もあり、

世界最大の宮殿遺構となっています。

Dsc06358 Dsc06371

現在では、

博物館となっていますが、

一般にいう

“博物館という場所になにかが保存されている”

のではなく

“建造物そのものが博物館(故宮博物院)となっている”

もので、文物の一つとして一般開放されている

貴重な場所でもあります。

Dsc06369 Dsc06378

正直いいますと、

天安門広場付近では

なにやら怪しげな雰囲気のある人々が

ちらほら目につきましたが、

故宮内に入ると

そのような方々も少なくなります。

(とはいえ、スリなどの犯罪は多いため非常に注意が必要なのは変わりありません。)

Dsc06380 Dsc06383

各建築物を鑑賞していると、

補修工事をされて綺麗に蘇った建物

補修されないままの建物があります。

いくつかの代表的建築物は

2008年北京オリンピック

の際に補修されたのだそうです。

Dsc06387 Dsc06389

周囲の日本人観光客も、私自身も

「古いままの建築物の方がリアルで鑑賞しがいがある。」

と語り合っていましたが、

ガイドさんの話によると

「古い建築物のままでは建築そのものを維持することができず、数年単位で度々 補修する必要がある。」

との説明でした。

素晴らしい建築物も、

私たちの日頃の仕事やプライベートな習慣などと

同じなのかも知れません(笑)。

Dsc06395 Dsc06396
Dsc06400 Dsc06407

そして、そのどれもが

歴史を思わせるもの
(いくつかの骨董物が荒らされていたり)

でした。

また、この故宮(紫禁城)に残されていた

貴重な所蔵品などは

文化大革命などの革命時やクーデター時に奪われてしまい、

現存するもの約180万点(2011年1月「人民網日本語版」調べ)は、

ほんの一部で、その多くが残っていないのだそうです。
(破損、もしくは他国へ略奪・売買されてしまった。)

Dsc06404 Dsc06415

それでも、中国人ガイドさんは おっしゃいました。

「いま、この中国に故宮の所蔵品はほとんど残されていません。

 でも、日本や他の国では綺麗なまま貯蔵され残っています。

 確かに これらは略奪されたり、売買されたもので

 中国にとっては大きな損失にはなりました。

 それでも“残っている”という事実が、私たちにとっては、なのです。」

この言葉は、私の胸を強く 突き刺しました。

Dsc06418 Dsc06422
Dsc06424 Dsc06425

1908年、(日本でも“悪女”として名高い)西太后

光緒帝の後継者として、

溥儀(当時、僅か2歳10か月)を指名したことにより、

溥儀は皇帝に即位させられ、

清朝の第12代宣統帝かつ紫禁城に居を構えることになりました。

Dsc06428 Dsc06427
Dsc06430 Dsc06432

溥儀の人生は、波乱そのものです。

1911年、辛亥革命が起き、

1912年、退位します。
(但し、溥儀とその一族は紫禁城の内廷での居住を許された。)

1924年、クーデターにより溥儀は紫禁城から退去。

1931年、満洲事変が勃発。大日本帝国(当時の日本)陸軍から

満洲国元首の就任要請を受諾し、

日本軍の手引きにより天津を脱出。

1934年、満洲国皇帝に即位

1945年、満洲国の崩壊に伴い、皇帝退位し、その後

日本への亡命途中に、侵略してきたソ連(現在のロシア)の捕虜になります。

1950年、中華人民共和国に身柄を移され収容され、

1959年、釈放されます。

1967年、北京にて死去されるまで

まさに、波乱万丈

人生を 時代に翻弄された

といっても過言ではない人生を送っています。

Dsc06433 Dsc06436
Dsc06438 Dsc06441

途中、休憩場所にて

書道家 ローエン先生という人物を紹介されました。

週に何度かしか この故宮に顔を出されない
(所謂、ボランティア活動として顔を出している とのことのようです)

非常に名高い書道家(正確には“書家)の先生なのだそうです。

Dsc06443 Dsc06442
Dsc06445 Dsc06446

一筆、筆を入れて頂きましたが、

その表情も、その仕草も

一つひとつが非常に紳士な方でした。

また、私たちが説明を受けている

僅かな時間も惜しむことなく、

常に勉強をされている

のが印象に残りました。

Dsc06448 Dsc06449
Dsc06452 Dsc06456

なににしても言えることかも知れませんが、

高貴な方というものは、常に

心穏やかで、

そして 謙虚で、

なにが起こっても物怖じせず

とても豊かな心を持っているものです♪

この地、故宮にて学んだ多くの

歴史・文化

は、この場で到底語り尽くせるものではありません(笑)。

Dsc06461 Dsc06470
Dsc06474 Dsc06476

次回は、故宮(旧 紫禁城)の最終門をくぐった先に見えてくる

「景山公園」

梨園劇場[LIYUAN THEATRE]にて鑑賞させて頂きました

「北京オペラ(京劇)」

を掲載する予定です。

Dsc06475 Dsc06478
Dsc06479 Dsc06481

「世の中で重要なことの多くは、まったく希望がないように思えたときでも、試行錯誤を続けた人々によって成し遂げられてきた。」by.デール・カーネギー

「人は幸運のときは 偉大に見えるかもしれないが、真に向上するのは 不運のときである。」by.フリードリヒ・フォン・シラー

「争いはなぜ起きるのか。必要以上に持っている人間と、必要なものさえ持っていない人間がいるからだ。」by.ヘンリー・D・ソロー

「人間というものは、自分が手に持っているまさにそのものを、つねに他に求めようとしているものだ。」by.ラッセル・コンウェイ

「人間は、人生を理解するために創られたのではない。人生を生きるために創られたのである。」by.ジョージ・サンタヤナ

Dsc06482 Dsc06483
Dsc06489 Dsc06494

このたびのご訪問、まことに ありがとうございます。

皆さんは、これらの歴史からなにを学びますか?

今日も長文にお付き合い頂きまして、まことに有難うございます。
つづきはまた今度♪

Dsc06496 Dsc06499
Dsc06501_2 Dsc06513

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2011年12月 7日 (水)

結婚幸福度。

今日は仕事の都合で、

福岡県福岡市から鹿児島県鹿屋市へ移動し、

2件の商談です。

Dsc02732_2 Dsc02733
Dsc02735 Dsc02736

その後、桜島フェリーにて鹿児島市へ移動します。

福岡市から鹿屋市まで、

車で片道約5時間半の道のりとなります♪

Dsc02737 Dsc02738
Dsc02741 Dsc02742

私自身、これほどまで近くに桜島に近寄ること自体、

初めての経験となりました(笑)。

おかげさまで、

桜島から吹き上がる火山灰で

車が、非常に汚れてしまいました♪

これは、

洗車をする楽しみが増えた。

ということになるのかも知れません(笑)。

Dsc02744 Dsc02747
Dsc02748 Dsc02749

今年の出張は、今回の鹿児島出張で

最後になる予定です(笑)。

Dsc02750 Dsc02751
Dsc02752 Dsc02753

私は(私の同僚の一部も)、仕事の関係で

一カ月に一回のペースで、

一週間から一週間弱の出張が入ります♪

Dsc02754 Dsc02755
Dsc02756 Dsc02757

これは、

独身生活ならまだ大した影響が出ないものの、

妻や子供がいる家庭ともなると

各家庭内で、様々な影響を及ぼしているのかも知れません(笑)。

Dsc02760 Dsc02761
Dsc02763 Dsc02765

さて、先日 放映された

「コロンビア白熱教室」

では、インドにおける

「恋愛結婚」「お見合い結婚」

の幸福度の調査の結果について

述べられていました。

Dsc02768 Dsc02771
Dsc02773 Dsc02774

その結果によると、

「恋愛結婚」

は、結婚時期をピークに

幸福度が 徐々に年を重ねる毎に 下降する傾向にある。

Dsc02775 Dsc02779
Dsc02781 Dsc02782

一方で、

「お見合い結婚」

は、結婚時期を境目に

幸福度が 徐々に年を重ねると同時に上昇し、

数年後には

「お見合い結婚」の方が

「恋愛結婚」よりも

幸福度を上回る結果が出ていました(笑)。

Dsc02783 Dsc02784
Dsc02790 Dsc02799

これは、

「恋愛結婚」

は、後々に相手の嫌なところを

意識してしまう傾向が強くなり、

「お見合い結婚」

では、後々に相手の良いところを

見つけ出す傾向が強くなる。

ということのようでした。

Dsc02801 Dsc02807_2
Dsc02808 Dsc02811

もちろん、

恋愛結婚後も「相手の良いところを見つけ出す」

ことは多くあるかと、

私自身は思っています(笑)。

Dsc02815 Dsc02817
Dsc02823 Dsc02825

私個人の意見としては、、

結婚だけでなく、仕事に対しても

子育てや教育、色々なことに関して、

そこに

“理想”“プライド”

を高く望まないこと。

だと思います(笑)。

Dsc02828 Dsc02829
Dsc02831 Dsc02833

それが、自分自身に対する、プレッシャーを兼ねて

のことであれば、まだ良いのかも知れませんが

「こんなはずじゃなかったのに。」

を、自分自身ではなく

他の人や 他の何かに依存してしまっていたのであれば

目もあたられない状態になってしまいます(笑)。

Dsc02836 Dsc02837
Dsc02838 Dsc02839

私自身、

結婚する前までは、

「私が結婚するようなことになれば、

 きっと相手の女性を不幸にしてしまうであろう。」

と考えていました(笑)。

Dsc02843 Dsc02846
Dsc02848 Dsc02852

実際に、どうなのかは分かりません(笑)。

しかしながら、

少なくとも

私は、非常に幸せな毎日を送っています。

Dsc02853 Dsc02854
Dsc02855 Dsc02856

そこを、敢えて誤解を恐れず厳密にいうならば、

それは

結婚したから、幸せな毎日を送ることが出来ている。」

というわけではないと思っています。

Dsc02857 Dsc02858
Dsc02859 Dsc02860

私自身は、

結婚する前から

“幸せであること”

に気づいていたからです(笑)。

Dsc02861 Dsc02862
Dsc02863 Dsc02864

とは言いつつも、

「結婚することにより、

 幸せが更に増した。」

のは事実です♪

Dsc02865 Dsc02866

「世界は目に見えるものだけで できているわけではない。」by.北野武

「結論を急ぐな。」by.ポール・スローン

「人に好かれようとするより、人を好きでいられる自分でいる。」by.阿部敏郎

「本気でやれば勇気と知恵が湧いてくる。中途半端にやっているから弱気と愚痴が出てしまう。」by.茶谷清志

「何かを捨てようかと悩んだりする必要はない。懸命に行動しているうちに、不必要なものは自然と離れていくから。」by.フリードリヒ・ニーチェ

Dsc02867 Dsc02869
Dsc02870 Dsc02871

結局、

どのような結婚をするのか?

どのようなことを相手に望むのか?

よりも

結婚以前・結婚後 問わず、

自分自身の生き方。

考え、幾度と無く見つめ直すことの方が、

大事なのかも知れません(笑)。

このたびのご訪問、まことに ありがとうございます。

皆さんは“結婚生活”について、どのような理想と現実をお持ちでしょうか?

Dsc02874

今日も長文にお付き合い頂きまして、まことに有難うございます。
つづきはまた今度♪

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪