ブログランキング

  • 皆さんのお力を頂ければ幸いです。下のバナーをクリックすると、ポイントが入ると同時に、現在のランキング状況の確認も出来ます。皆さんの温かいワンクリックを宜しくお願いします。↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

書籍・雑誌

2012年4月20日 (金)

選択の先にある運(思い)。

昨日は、宮崎県宮崎市にて朝を迎えます♪

宮崎市内で2件、

都城市へ移動し、

日頃からお世話になっているお客様へ

挨拶含め、新たな商談です。

(写真は4/18に仕事で訪問させて頂きました
 宮崎市日向市宮崎市
 にて撮影した風景です。)

Dsc01363 Dsc01364
Dsc01365 Dsc01366

特に、都城市でお世話になっている方とは

約3ヶ月ぶりの再会です♪

前回の訪問時には沢山の著書を頂きましたので

私も福岡にて購入した

「博多通りもん」

を準備させて頂きました(笑)。

(過去ブログ運のつかみ方。』[2012年1月30日]より)

参考サイト
博多西洋和菓子「博多通りもん」明月堂 公式サイト):
http://www.meigetsudo.co.jp/index.html

Dsc01368 Dsc01369
Dsc01373 Dsc01374

今回も素敵な著書がズラリと並ぶ書斎へ

通して頂きました♪

しかも、前回の訪問時より

著書が いちだんと増えていました(笑)。

Dsc01375 Dsc01376
Dsc01379 Dsc01380

話を伺うと、実はこの書斎に並んでいる著書

は ほんの一部に過ぎず、2階の部屋には

他にも千冊近くの著書が並べられている

とのことでした(笑)。

Dsc01383 Dsc01384
Dsc01386 Dsc01387

商談も お客様に非常に喜んで頂くことができ、

いつものように雑談も盛り上がります♪

Dsc01388 Dsc01390
Dsc01392 Dsc01393

しかも、今回は

7月に行われる(お客様の仕事仲間でもある)

とある著名人のセミナー講演のチケット

を 私と私の嫁さん分の2枚、

お客様にプレゼントして頂けることになりました♪♪♪

Dsc01394 Dsc01396
Dsc01397 Dsc01398

商談を終えて、お客様の書斎を出る帰り際、

いつものようにズラリと並んでいた著書の中に

私も購入し、NHKでも放映されていました

“白熱教室シリーズ”

でも知られています

シーナ・アイエンガー 教授の

「選択の科学」

が並んでいました♪

参考サイト(NHK 白熱教室):
http://www.nhk.or.jp/hakunetsu/

Dsc01399 Dsc01400
Dsc01401 Dsc01402

私が気がついて、感激していると

「どうぞ(笑)、お持ち帰り下さい♪」

ところが、私も購入したことを告げると

「ははは♪さすがに、既にお持ちでしたか(笑)。」

Dsc01403 Dsc01405
Dsc01406 Dsc01407

お客様はまだ読み終えてないとのことでしたが、

筑波大学の教授より薦められた著書の中の一冊

ということで購入した、

のだそうです♪

Dsc01408 Dsc01409
Dsc01410 Dsc01412

その横に並べられていた著書

「非才(マシュー・サイド著)」

も同じように、教授より薦められた著書

ということで、

「どうぞ♪(笑)」

やっぱり今回も頂くことが出来ました(笑)♪

Dsc01514

「光輝くチャンスを逃すな。」by.ティナ・シーリグ

「豊富な選択肢は、必ずしも利益にはならない。」by.シーナ・アイエンガー

「一つの扉が閉じれば、もう一つの扉が開く、しかし閉ざされた扉ばかり、未練がましく見つめていると、開いている扉に気づかないことが多い。」by.ヘレン・ケラー

「あなたに苦痛をもたらすのは、あなたの思いだけ。」by.本田健

「本も、読む人を選ぶ。」

Dsc01414 Dsc01415
Dsc01416

前回 訪問させて頂いた際に

お客様が語って下さった言葉、

「幸運な人は、

 日々の習慣・気づき・一期一会(ご縁)

 を大切にしている。」

そんな言葉を再び思い出すことが出来ました。

Dsc01419 Dsc01418

そして、著書「選択の科学」の中でも

紹介されていました通り、

日々の暮らしを、流れるままに過ごすのではなく

自分の未来がどのようになるのかを予測しながら、

いま、どのような選択をする必要があるのか

を考えると、

明日への第一歩

も少し変わったものになる。

改めて、そのようなことを再確認させられました♪

Dsc01421_2 Dsc01423

このたびのご訪問、まことに ありがとうございます。

↑ポチッと押して応援して頂けると非常に嬉しいです♪

Dsc01429 Dsc01432
Dsc01433 Dsc01437

お客様の

優しい笑顔温かい言葉の数々

は、再び 私に大きな力を与えて下さりました♪

皆さんは、最近 どのような人からどのようなことを学びましたか?

今日も長文にお付き合い頂きまして、まことに有難うございます。
つづきはまた今度♪

Dsc01441 Dsc01443
Dsc01449 Dsc01453

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2012年2月24日 (金)

旅にまさることなし。

先日も含め(過去ブログ感動体験。』[2012年2月21日]より)、

このブログ内では頻繁に

旅をすることの素晴らしさ

を述べさせて頂いています(笑)。

(写真は2/22に福岡県福岡市飯塚市田川市にて撮影したものです。)

Dsc08464 Dsc08465

そのような中、現在 読んでいる著書

『20代から折れない自分をつくる 100の言葉(川北義則著)』

の中にて、川北義則さんが

述べられている一説を

そのまま紹介させて頂きます♪

Dsc08466 Dsc08467
Dsc08468 Dsc08469

「万事思ひ知るものは、旅にまさることなし。」(浅井了意)

旅には二種類ある。

旅人のする旅と、旅行者の旅。

現代人の旅の多くは

旅行者の旅である。

観光したり温泉に入ったり、

たいてい道連れがいる。

Dsc08470 Dsc08471
Dsc08472 Dsc08473

こういう旅も悪くはないが、

できたら年に一回は

「一人旅」

をしてもらいたい。

ふだん味わえない人生に出会えるからだ。

Dsc08474 Dsc08477
Dsc08478 Dsc08479

こんな経験はないだろうか。

出張を命じられて、一人、新幹線に乗る。

目的地に着くまでの時間、

入念な準備に費やす勤勉実直な人もいるだろうが、

車窓の景色を眺めてぼんやりするときもあるだろう。

Dsc08480 Dsc08482
Dsc08483 Dsc08484

そんなとき、

頭に去来するのは

「自分は、いまのままでいいのかな」

といった非日常的な考ではないか。

Dsc08485 Dsc08486
Dsc08487 Dsc08489

だが、それは つかの間のこと。

ケータイで連絡が入ったりなど、

すぐ日常に連れ戻される。

Dsc08490 Dsc08492
Dsc08493 Dsc08494

この つかの間しか訪れない

「非日常感覚」

を、じっくり一人旅をすることで、

存分に味わってほしいのだ。

Dsc08495 Dsc08497
Dsc08498 Dsc08500

それでなくても現代人の日常というのは、

公私共にあわただしいものになってしまっている。

昔は見聞を広げるためにも旅をしたものだが、

いまはむしろ、

自分を取り戻すためにも一人旅は必要ではないだろうか。

旅の刺激が自分を見直すきっかけになる。

Dsc08501 Dsc08504
Dsc08506 Dsc08507

旅の素晴らしさに関しましては、

この川北義則さんの

言葉に尽きるような気がしました(笑)。

Dsc08508 Dsc08510
Dsc08511 Dsc08513

「旅に出さえすると、私はいつも本当の私となった。」by.田山花袋

「経験は最上の教師である。しかし、授業料は高くつく。」by.カーライル

「旅こそが報いである。」by.スティーブ・ジョブズ

「何かを学ぶためには、自分で体験する以上にいい方法はない。」by.アルバート・アインシュタイン

「無能な人々は、いつも外的なマイナスの要因を言い訳に使う。」by.ホアキン・ロレンテ

「苦しみなしには計れないのが、幸福である。」by.川北義則

Dsc08514 Dsc08515

私個人は、幸いながら

仕事の出張においても、

プライベートにおいても

旅をする機会

一人の時間を過ごすこと

を意識して、機会を極力つくっている

ということもあり、

川北義則さんのいっている意味が

分かる気が致します。

Dsc08516 Dsc08517

このたびのご訪問、まことに ありがとうございます。

Dsc08518 Dsc08519
Dsc08521 Dsc08522

『20代から折れない自分をつくる 100の言葉(川北義則著)』

では、他にも多くの素晴らしい言葉が述べられています♪

書店を立ち寄る機会があれば、

お手に取ってみてはいかがでしょうか?

Dsc08526 Dsc08527
Dsc08528 Dsc08530

皆さんは、旅をしていますか?

今日も長文にお付き合い頂きまして、まことに有難うございます。
つづきはまた今度♪

Dsc08531 Dsc08533

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2012年2月14日 (火)

鏡の法則。

今日は、仕事の都合で

福岡県飯塚市田川市へ訪問してきました。
(写真は2/14の田川市~飯塚市にて撮影したものです。)

Dsc08130 Dsc08131

途中、休憩のために立ち寄った書店にて

目にとまったのが

『鏡の法則(野口嘉則著)』

発売当時、TVなどでも非常に取り上げられ

話題になった著書なので

ご存知の方も多いかと思います♪

Dsc08132

1時間もあれば、

即読み終えてしまう内容ではありますが、

非常に感動させられました。

短い物語の中に

運を開く

大きなヒントがあったように感じました。

Dsc08133 Dsc08134

「現実に起きる出来事は、一つの『結果』です。

 『結果』には必ず『原因』があり、

 その原因は、あなたの心の中にあるのです。

 つまり、あなたの人生の現実は、

 あなたの心を映し出した鏡である。」

Dsc08135

もし、

未だ読まれたことがない

ということであれば、

書店にて手に取ってみられては

いかがでしょうか?

Dsc08136

「人は幸運のときは偉大に見えるかもしれないが、真に向上するのは不運のときである。」by.フリードリヒ・フォン・シラー

「言葉は 理屈を超えて、ハートに突き刺さる。」by.竹内一正

「貧しさは、貧しいと感じるところにある。」by.ラルフ・ワルド・エマーソン

「死ぬほど練習すれば、死ぬような失敗はしない。」by.竹内一正

「やっていない人ほど“やっている”といい、やっている人ほど“やっていない”という。」by.福島正伸

Dsc08137 Dsc08138

この著書では、

その他に

『生き方(稲盛和夫著)』サンマーク出版

『原因と結果の法則(ジェームズ・アレン著)』サンマーク出版

『生きがいの創造(飯田史彦著)』PHP研究所

『ゆるすということ(ジェラルド・G・ジャンポルスキー著)』サンマーク出版

『地球大予想Ⅱ オーケストラ指揮法(高木善之著)』総合法令出版

『幸せ成功力を日増しに高めるEQノート(野口嘉則著)』日本実業出版社

がお薦めの書として推奨されています♪

私個人も、

『生き方(稲盛和夫著)』『原因と結果の法則(ジェームズ・アレン著)』

は大好きな著書の一つです♪

Dsc08139

このたびのご訪問、まことに ありがとうございます。

Dsc08140 Dsc08141

皆さんは、今日どのようなことに気づきましたか?

今日も長文にお付き合い頂きまして、まことに有難うございます。
つづきはまた今度♪

Dsc08142 Dsc08143

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2012年2月10日 (金)

本人次第。

一昨日は、宮崎県延岡市日向市にて商談。

昨日は、延岡市から大分県大分市へ移動し、

2件の仕事を終え、

そのまま自宅のある福岡県福岡市

戻ってきました♪
(写真は2011年2月9日宮崎県延岡市~大分県大分市~福岡県福岡市にて撮影したものです。)

Dsc07888 Dsc07890
Dsc07891 Dsc07892

宮崎県での出張中は、

ホテルの中や待ち時間など

少し空いた時間を活用させながら

読書などをして、

快適に過ごさせて頂きました。

Dsc07893 Dsc07894
Dsc07895 Dsc07896

今回、手に取った著書は

先日も少しご紹介させて頂きました

『強運を呼び込む51の法則(本田健著)』

と、

『20代から折れない自分をつくる 100の言葉(川北義則著)』

当の私は、随分と前に20代を過ぎてしまいましたが(笑)。

Dsc07897 Dsc07898
Dsc07899 Dsc07900

その著書の中で、

次のようなことが述べられていました。

準備が大切だということは誰もが知っているが、

現実には「準備への自覚」に欠けていることが多いのではないか。

いまは便利な世の中で、

万全の準備をしなくても

大概のことは、その場で何とかなるからだ。

Dsc07901 Dsc07902
Dsc07903 Dsc07905

この一文には

思わず深く頷かされました(笑)。

なにを隠そう、私自身にも

この言葉は無視できない言葉でもありました。

Dsc07906 Dsc07907
Dsc07908 Dsc07909

現代の(特に日本)社会では

あまりにも

便利な生活環境恵まれた環境

が、まるで当たり前のように存在し、

自分らしく生きる選択肢

というものが

むしろ溢れかえっている、

そのように私自身が感じる機会が

ここ最近、非常に多かったからです(笑)。

Dsc07910 Dsc07911
Dsc07913 Dsc07914

今回の

宮崎県出張の商談の際にも

「仕事前の事前準備」

というポイントの点で、

商談の流れ

を大きく動かす一連の出喜事(出来事)

がありました♪

Dsc07916 Dsc07917
Dsc07918 Dsc07920

この著書に触れていなければ、

もしかすると商談を落としていたかも

知れない。

そう考えると、

やはり日頃からの

自分の習慣や勉強というものは

非常に大切なのだ、

と改めて 気づかされました(笑)。

Dsc07922 Dsc07923
Dsc07930 Dsc07933

「チャンスに出会わない人などいない。ただ、それを捕えられなかっただけだ。」by.カーネギー

「機会は鳥のようなもの。まだ飛び去らぬ前に捕えなければならない。」by.シラー

「チャンスが二度、ドアを叩くなどと考えるな。」by.シャンフォール

「もし機会が見つけられないなら、自分で機会をつくれ。」by.スマイルズ

「みずからを助けない者にはチャンスは巡ってこない。」by.ソフォクレス

Dsc07936 Dsc07937
Dsc07942 Dsc07946

これらの偉人たちの名言に、

共通項があることに

皆さんは、お気づきになられましたか?

20代から折れない自分をつくる 100の言葉(川北義則著)』
-チャンスをつかむための共通項がある-より

Dsc07947 Dsc07949
Dsc07952 Dsc07958

個人的な話になりますが、

今日は嫁父の誕生日でもあります♪

いつも二人を温かく支えて下さり、

まことに有難うございます。

そして、お誕生日おめでとうございます♪

今後とも 末永く 宜しくお願い致します。

Dsc07961 Dsc07965
Dsc07967 Dsc07968

このたびのご訪問、まことに ありがとうございます。

今日も長文にお付き合い頂きまして、まことに有難うございます。
つづきはまた今度♪

Dsc07974 Dsc07975
Dsc07979 Dsc07994

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2012年2月 5日 (日)

多少 忙しくとも。

久しぶりのブログ更新になります♪
この一週間ほどは非常に多忙な日々を送っていました(笑)。

週末ですら

なかなか のんびりできない

充実した日々を送らせて頂いています♪

とはいえ、私にとって

いくら多忙な日々の中でも

読書だけは欠かせられないものです(笑)。
(写真は1/31に訪問しました宮崎県宮崎市内で撮影したものです。)

Dsc07628 Dsc07631

先日、頂きました著書

『強運を呼び込む51の法則(本田健著)』

より素敵な一説をご紹介させて頂きます♪

Dsc07630

「不幸を幸せに変える力が運をつくる」

運のいい人は、ずっと運がいいように見えます。

それは、彼らが、多少運が悪くなっても、

そこから復活する技術を身につけているからです。

自転車に乗っていて こけそうになっても、

しっかりバランスを取って、

体勢を元にもどすのと似ています。

Dsc07633 Dsc07634

冷静に物事を観察していると、

実は、運のいい人にも、悪い人にも、

同じようなことが起きています。

Dsc07638 Dsc07640

長い人生のあいだには、

リストラがあったり、

病気になったり、

家族が不幸になったりということがあります。

そういうときには

目の前が真っ暗になって、

無力感を感じることがあるかもしれません。

Dsc07644 Dsc07645

しかし、

運のいい人が運の悪い人と

決定的に違うのは、

一時的な不幸を

幸せに変える力

を持っていることです。

Dsc07646 Dsc07648

悲しいこと、つらいことは、

誰の身にも起きます。

人間には寿命があるし、

人生に変化はつきものだから、

変化に伴う喪失

を避けることはできません。

Dsc07649 Dsc07650

その変化を

苦しみ

と とらえて嘆くのか、

それをテコに使って

自分の人生をおもしろく、

すばらしいものにするのかは、

私たち次第です。

Dsc07651 Dsc07652

人生では

何がプラスになるか

マイナスになるかは、

わからないものです。

Dsc07653 Dsc07654

どんなことが起きても、

自分の幸せに変えていこうという気持ち

さえ持っていれば、

いい運を引き寄せることができます。

Dsc07656 Dsc07658

「運命は偶然には訪れない。選択の問題である。」by.ウィリアム・ジェニングス・ブライアン

「感情的にムラがある人からは運が逃げる。」by.本田健

「成功して満足するのではない。満足していたから成功したのである。」by.アラン

「困難とは、作業衣を着た好機会に過ぎない。」by.H・カイザー

「運は“なにげない日常の一瞬”に劇的に変わる。」by.本田健

Dsc07660 Dsc07661

この著書の中には、

まだまだ素晴らしい記事が

溢れるように盛り込まれています♪

このたびのご訪問、まことに ありがとうございます。

是非、書店にて手に取られてみては

いかがでしょうか♪

Dsc07663

皆さんは、どのような運をお持ちですか?

今日も長文にお付き合い頂きまして、まことに有難うございます。
つづきはまた今度♪

Dsc07664

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2012年1月21日 (土)

愛を知る。

今日は著書、

『8つの鍵(ロイス・クルーガー著)』

より

一説を紹介させて頂きます。

Dsc07112

「人生の選択をしないことで起こる結果」について。

不幸やいら立ちというものは、

選択の法則を理解し、

実践する能力が欠如していることによって

起こるものだと私は思う。

Dsc07113

マイナス思考でイライラしている人は、

常に不安を抱えている。

それゆえ、人生のあらゆる状況に対して

保守的になってしまう。

他人の悪いところばかりが目につき、

自分の不幸を他人のせいにする傾向がある。

置かれている環境に対して

選択をすることを考えずに行動するため、

その結果も伴わない。

しかも、不幸なことに、

悪い結果の原因が自分にあることに気づかない。

Dsc07114

何も行動せず、

ただ良い結果を待つような人たちが、

このタイプにあてはまる。

Dsc07115

自分が選択しないということは、

他のだれかや、

自分の置かれている環境によって

選択が行われてしまっているのだ。

すなわち「依存」である。

Dsc07116

以前、このブログ内でも紹介させて頂きました

NHK『コロンビア白熱教室』

をご覧になられた方は、既にご存知かと思われますが、

上の一説と似たようなことを

シーナ・アイエンガー教授

が何度も繰り返して説明しておられました♪

Dsc07117

実は、私自身も学生時代は

典型的な上記のような傾向のあるタイプの人間でした(笑)。

そして、高校を卒業し

愛知県名古屋市にて一人暮らしをして

気づきました。

Dsc07118

どの地へ行っても

どのような人と触れ合っていても

状況が変わっていないということは、

自分自身の内に大きな問題がある

のだと♪

Dsc07119

「幸福は美徳の上に築かれる。そして、その基盤には 真実がなければならない。」by.サミュエル・テイラー・コールリッジ

「徳ある人を見たら、その人に並ぶことをめざせ。徳なき人を見たら、我が身を振り返り自省せよ。」by.孔子

「楽天家は、困難の中にチャンスを見出す。悲観論者は、チャンスの中に困難を見る。」by.ウィンストン・チャーチル

「一般に、言い訳のうまい人は たいてい それ以外のことには何も長けていないものだ。」by.ベンジャミン・フランクリン

「日頃から親切な行動を心がけていれば、その報酬として 幸せという“究極の通貨”を常に得ることができる。」by.タル・ベン・シャハー

Dsc07171

そんな名古屋で出会った 同じ寮生の友人のKさんがある日 語ってくれました。

「僕は、名古屋で一人暮らしをして、
 初めて色々なことに気づかせてもらったよ。

 愛知県って字は、
 “愛を知る”と書いて“愛知”と呼ぶんだ。
 この地に来て、本当に良かったよ。」

Dsc07172

このたびのご訪問、まことに ありがとうございます。

皆さんは、いまの環境に満足できていますか?

今日も長文にお付き合い頂きまして、まことに有難うございます。
つづきはまた今度♪

Dsc07035

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2011年12月16日 (金)

道は開ける。

年末に向けて、多忙な日が続いている方もおられるかと思います。

なかなか時間がない中、やりたいことが進んでいない。

そのようなことも多々あるかと思います(笑)。

(写真は12/14に訪問しました福岡県~熊本県熊本市にて撮影した風景です。)

※日頃から愛用しているデジカメ
SONY Cyber-shot DSC-WX1)は現在 修理中のため、
嫁さんが愛用しているデジカメ
Panasonic LUMIX DMC-FX500)を借りて
撮影したものです。

P1110066 P1110067
P1110068 P1110069

今日は、現在 読んでいるいくつかの著書の中から

『道は開ける。(D・カーネギー著)』

より一説をご紹介させて頂きます。

P1110071 P1110079
P1110072 P1110073

人生の進み具合というものは、

なんと奇妙なものだろう。

P1110075 P1110076
P1110077 P1110078

小さな子どもは、

『もっと大きくなったら』

と口にする。

P1110081 P1110082
P1110083 P1110084

だが、どうしたことだ。

大きくなった子どもは、

『大人になったら』

と言うではないか。

P1110085 P1110086
P1110087 P1110089

そして、おとなになると、

『結婚したら』

と言う。

P1110091 P1110093
P1110094 P1110095

けれども、

結婚したらいったいどうなるか?

考えがコロリと変わって、

『退職したら』

とくる。

P1110098 P1110099
P1110103 P1110101

やがて退職が現実のものとなると、

自分の過ぎし日の光景を思い浮かべる。

そこには木枯らしが吹きすさんでいるようだ。

どういうわけか、すべてを取り逃がしてしまった。

もはや、過ぎ去ってしまっていたのだ。

P1110102 P1110105
P1110107 P1110108

そして遅ればせながら、われわれは学ぶ。

人生とは、

生きることの中、

つまり

毎日毎時間の連続の中にあるのだ

ということを。

スティーヴン・リーコックの言葉です。

P1110109 P1110110
P1110111 P1110112

「私たちはだれも、水平線のかなたにある魔法のバラ園を夢みている。そのくせに、わが家の窓の外で今日も咲きほこるバラの花など見向きもしないのだ。」by.デール・カーネギー

「賢者には毎日が新しい人生である。」

「今日という日は、もう二度とめぐっては来ないことを忘れるな。」by.ダンテ

「良い考え方をすれば、因果関係を見極めることができ、論理的で建設的な計画が得られよう。一方、悪い考え方をすれば、緊張と神経衰弱に陥るのだ。」by.デール・カーネギー

「昨日は夢にすぎず、明日は予感でしかない。精一杯に生きた今日は、すべての昨日を幸せな思い出に変え、すべての明日を希望の見取り図とする。」by.カーリダーサ

P1110113 P1110116

いますぐ始められることが

沢山あるのに、

私たちは どうして様々な言い訳をしながら

つい、それを先延ばしにしたりするのでしょうか?(笑)

このたびのご訪問、まことに ありがとうございます。

忙しい方も、そうでない方も、

いまを生きることの大切さ。

当たり前でありながら、

つい忘れがちなことなのかも知れません♪

P1110118 P1110119
P1110120 P1110121

皆さんは、未来に不安を感じたり、過去の出来事に悩まされてはいませんか?

今日も長文にお付き合い頂きまして、まことに有難うございます。
つづきはまた今度♪

P1110123 P1110126
P1110128 P1110131

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2011年12月 6日 (火)

信じてはいけない10のケース。

昨日は仕事の都合で大分県大分市へ訪問してきました。

年末に向けて、忙しくなってきた方も多いかと思われます(笑)。

Dsc02623 Dsc02625

今日は以前にも何度か紹介させて頂いた著書『ブッタの言葉』より

「信じてはいけない10のケース」

を紹介させて頂きます。

Dsc02626 Dsc02627

君よ、多くの人々が

「自分の言うことは正しい。
 あいつの言うことは間違っている。」

と言うため、

誰の言っていることが正しいのか、

わからなくなることもあるだろう。

Dsc02628 Dsc02629

他人にだまされ洗脳されて

自由を失わぬためには、

次のように注意するといい。

Dsc02636 Dsc02637

「○○さんが君についてこんなことを言っていたよ」

と聞かされても、

確かめるまでは信じ込まないこと。

Dsc02638 Dsc02640

「この国では昔からこうするものだから」

などと伝統を持ち出されても、

信じ込まないこと。

Dsc02643 Dsc02648

それが流行していて

評判がよくても、

信じ込まないこと。

Dsc02649 Dsc02651

聖典やお経や本に

書いてあるからといって、

信じ込まないこと。

Dsc02655 Dsc02657

実際に確かめていない憶測を聞かされても、

信じ込まないこと。

Dsc02660 Dsc02661

いかにも正しそうに、

「○○理論」や「○○主義」による

とされていても、

信じ込まないこと。

Dsc02662 Dsc02663

常識に合っていても、

信じ込まないこと。

Dsc02665 Dsc02667

自分の意見に合っていても、

「私もそう思っていたんですよ」

と安直に信じ込まないこと。

Dsc02673 Dsc02675

相手の服装が立派だったり

職業が素晴らしかったり

態度が羨ましくても、

それらの見せかけに

惑わされて、

信じ込まないこと。

Dsc02676 Dsc02677

相手が自分の先生だからといって、

盲目的に信じ込まないこと。

Dsc02680 Dsc02681

「ありとあらゆる苦しみは、何かに依存することを きっかけにして生じる。」by.ブッダ

「好き嫌いなどの感情や気分によって、途中で決して投げ出さない。最後まで広い愛を持つ。」by.フリードリヒ・ニーチェ

「行動しながら、常にその意義について考えることが大切である。」by.福島正伸

「困難な問題に挑むのが、一流の人間がとる思考・行動パターンである。」by.児玉光雄

「持論に固執するほど、反対される。」by.フリードリヒ・ニーチェ

Dsc02685 Dsc02692

このたびのご訪問、まことに ありがとうございます。

この情報社会の中で、なにを信じるべきか、

自分自身の勘や違和感も含め

なかなか難しいものなのかも知れません♪

Dsc02686 Dsc02688


余談ではありますが、

先日伺ったLIVEは

ヴォーカル兼ベーシストであり、リーダーでもあるMさんが

ステージから投げたフェイスタオルを

見事にゲットさせて頂く幸運なハプニングもあり、

非常に盛り上がりました♪

次は4月にも公演があるようなので再び参加させて頂きます(笑)。

Dsc02689 Dsc02687

皆さんが信じているものは何ですか?

今日も長文にお付き合い頂きまして、まことに有難うございます。
つづきはまた今度♪

Dsc02693 Dsc02695

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2011年11月30日 (水)

11月に読み終えた著書。

昨日は、福岡県鞍手郡北九州市門司区にて商談でした♪

さて、今月読み終えた著書を紹介させて頂きます。

・『スティーブ・ジョブズⅠ(ウォルター・アイザックソン著)』

スティーブ・ジョブズ I Book スティーブ・ジョブズ I

著者:ウォルター・アイザックソン
販売元:講談社

・『スティーブ・ジョブズⅡ(ウォルター・アイザックソン著)』

スティーブ・ジョブズ II Book スティーブ・ジョブズ II

著者:ウォルター・アイザックソン
販売元:講談社
発売日:2011/11/02

・『一流の習慣術(伊藤ミナ子著)』

・『スティーブ・ジョブズ vs ビル・ゲイツ(竹内一正著)』)』

スティーブ・ジョブズvsビル・ゲイツ (PHPビジネス新書) Book スティーブ・ジョブズvsビル・ゲイツ (PHPビジネス新書)

著者:竹内 一正
販売元:PHP研究所

・『世界を知る力-日本創生編-(寺島実郎著)』

世界を知る力 日本創生編 (PHP新書) Book 世界を知る力 日本創生編 (PHP新書)

著者:寺島実郎
販売元:PHP研究所

・『スティーブ・ジョブズ 夢と命のメッセージ(ジョージ・ビーム編)』

以上、6冊です。

「大切なのはどの本、どのような経験を持つべきかではなく、それらの本や経験の中に、自分自身の何を注ぎ込むか である。」by.ヘンリー・ミラー

「未来を予測する最良の方法は、自ら それを創造することである。」by.スティーヴン・R・コヴィー

「若いときに学んだ経験や学習は、後になってジワジワと効果を表す。逆に、その苦労をしなかった選手、考えなかった選手は、ベテランになってからも同じ過ちを繰り返す。」by.野村克也

「できないと思うことに 挑戦しなければならない。」by.エレノア・ルーズベルト

「人生が長かろうと短かろうと、その価値は何を目的に生きたか、ということによる。」by.デイヴィッド・スター・ジョーダン

このたびのご訪問、まことに ありがとうございます。

皆さんは、日頃どのような著書を読まれていますか?

つづきはまた今度♪

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2011年11月18日 (金)

次の世代へ。

昨日は北海道札幌市から旭川経由で名寄[ナヨロ]市へ北上し商談、
その後 今日の商談の準備のため再び旭川市まで戻ってきました♪

Dsc01840 Dsc01841
Dsc01842 Dsc01843

名寄市は初の訪問、旭川市は二ヶ月ぶりの訪問となります。

札幌市から旭川市までは列車で約1時間半、
旭川市から名寄市までも同じく約1時間半の道のりでした♪

世界を知る力 日本創生編 (PHP新書) Book 世界を知る力 日本創生編 (PHP新書)

著者:寺島実郎
販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今日、列車内で開いた著書は『世界を知る力-日本創生編-(寺島実郎著)

前作、世界を知る力(寺島実郎著)』は私にとって衝撃的な著書となり、

私が全面的にお薦めする著書の一つでもあります。

世界を知る力 (PHP新書) Book 世界を知る力 (PHP新書)

著者:寺島 実郎
販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今回も僅か30ページほど開いた時点で、体中から衝撃が走るほど惹きつけられる内容でした(笑)。

まだ半分ほどしか読み終えていませんが、その中で

「自分がいま・ここに在るということを

時間軸を遡[サカノボ]って考える。」

は、思わず鳥肌が立ちました♪

Dsc01846 Dsc01845
Dsc01848

自分(私たち)が存在するためには、

まず、両親の存在があるわけです。

Dsc01851 Dsc01853
Dsc01856 Dsc01858

では、その父や母はどうだったかというと、

やはり同じで、二人とも生まれ出づるためには、

それぞれ二人の親を必要とする(つまり私たちにとって祖父母)。

Dsc01859
Dsc01860 Dsc01861

こうやって考えていくと、

私たちが、いま・ここに存在する上で必要だった人は、

一世代前だけを考えれば二人だが、

二世代前まで遡ると四人が必要だったということになり、

同様に、三世代前には八人、

四世代前には、十六人。

世代を遡るごとに、私たちの生命に直接かかわりある人が倍増していく計算になる。

というのです。

Dsc01864 Dsc01863
Dsc01866 Dsc01868

そこで、試しに10世代前を計算してみると、二の10乗で

1024人が、私の生命につながっていることになります。

そこで、一世代前(両親)から10世代前までの直系の祖先を合算すると、

自分(私たち)と直接血のつながりがある人々は全部で2046人に達する。

というのです。

Dsc01871 Dsc01872
Dsc01876 Dsc01879

仮に、一世代を25年と計算すると、10世代前は250年前。

江戸時代中期となります。

20世代前ともなると約500年前の戦国時代。

ここまで遡ると、血のつながった祖先の数は二の20乗で104万8576人。

一世代前(両親)から20世代前までの祖先を合算した数は、209万7150人に達します。

Dsc01882 Dsc01883
Dsc01886 Dsc01888

私たちの生命に直結する100万人以上の人々は、

男性も女性も少なくとも次世代を宿すまでは生きながらえたわけです。

もちろん、その後の世代の人びとも命をつないできたわけで、

戦国時代以降も、決して生きるのに楽な環境が整えられていたわけではなく、

深刻な大飢饉[ダイキキン]が何度も日本列島を襲っているし、天災は絶えることなく、疫病もあったわけで、

明治以降は対外的な戦争も加わっている。

Dsc01889 Dsc01890
Dsc01896 Dsc01899

そういった時代を生き抜き、生命のバトンを私たちの世代に至るまで

リレーしてきた祖先が全員恵まれていたなどとは、到底考えられず、

むしろ現在とは比較にならないほど貧しく、差別をはじめ、

途方もない不条理が存在していた時代の日本を、

誰もが生きてきた。

というのです。

Dsc01901 Dsc01903
Dsc01916 Dsc01922

これは、もう『奇跡』以外の なにものでもないように思えます(笑)。

寺島実郎さんは、最終的には東日本大震災

「あなたは独りではない。つながっている。」

という言葉に結びつく内容として、これらのことを述べられていましたが、

改めて、自分自身の命に どれほどの重みがあるのか。

を考えさせられました。

Dsc01923 Dsc01924
Dsc01928 Dsc01933

「大切なのはどの本、どのような経験を持つべきかではなく、それらの本や経験の中に、自分自身の何を注ぎ込むか である。」by.ヘンリー・ミラー

「努力より他に我々の未来を良くするものはなく、また努力より他に我々の過去を美しくするものはないのである。」by.幸田露伴

「人生とは結局、ハードルの連続である。ひとたび飛び越えてしまえば、考えていたよりもずっと簡単に見える。」by.ジョセフ・クラーク・グルー

「罵声をもらって頑張れる人間は、勝てる。」by.高橋がなり

「目的地に達しうるかどうかは頭のよしあしなどには関わらない。信じて持続できるものを見つけたか否かのみに関わる。」by.堀田善衛

「軽い荷物にして欲しいと願ってはいけない。強い背中にして欲しいと願わなくてはならない。」by.フランクリン・ルーズベルト

Dsc01937 Dsc01940
Dsc01944 Dsc01943

寺島さんの著書は、他にも多くの学び(太平洋戦争末期の昭和20年7月19日の福井大空襲の話などは、涙なくして読めません)を得ることができます♪

是非、購読してお読み頂ければ 間違いなく 世界を知る第一歩に繋がるものかと思われます。

Dsc01953 Dsc01959
Dsc01960 Dsc01963

旭川駅から少し離れた場所で、

福岡県出身の私に、
「旭川駅はどちらの方向ですか?」
と問われました(笑)。

よく旅先で道を聞かれることの多い私ですが、

常にiPhoneの地図を手にしながら歩いているので、

どこに居ても(GPSのおかげで)、迷う心配はありません♪

Dsc01965 Dsc01967

皆さんは、次の世代の人々のため

どのようなことに、己の命を使いますか?

これは、自分自身への問いでもあります(笑)。

いま、貴方はどこに居て

なにをするために 時間を費やしていますか?

今日も長文にお付き合い頂きまして、まことに有難うございます。
つづきはまた今度♪

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

より以前の記事一覧