ブログランキング

  • 皆さんのお力を頂ければ幸いです。下のバナーをクリックすると、ポイントが入ると同時に、現在のランキング状況の確認も出来ます。皆さんの温かいワンクリックを宜しくお願いします。↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

■北海道地方

2012年4月 7日 (土)

一幻。

昨日、北海道の出張から

自宅のあります福岡県福岡市

へ戻ってきました♪

(写真は、4/5~4/6北海道札幌市札幌市~福岡県福岡市にて撮影した風景です。)

Dsc00992 Dsc00993
Dsc00996 Dsc00994

気温4度だった昨日の札幌。

その地を離れ、福岡空港で偶然にも

擦れ違った方の服装を観てビックリ。

Tシャツ姿にジージャン

を引っ掛けているだけの姿(笑)。

Dsc00998 Dsc01001
Dsc00999 Dsc01000

同じ日本だというのに、

それほどの温度差があることに

いまさらながら気づかされました♪

Dsc01003 Dsc01005
Dsc01010 Dsc01014

さて、北海道に住まれていない方の間でも

その存在を知る方は多いかも知れませんが、

北海道で話題となっている

“えびそばラーメン”

『一幻[イチゲン]』 さん。

Dsc01013 Dsc01018
Dsc01020 Dsc01021

札幌を訪問する度に

気になっていたラーメン店

ではあったのですが、

店の場所が

私が日頃 仕事をしている所からは

少し離れていることもあり、

想いとは裏腹に

足が遠ざかっていました。

Dsc01025 Dsc01027
Dsc01030 Dsc01036

昨年の夏に

新千歳空港ターミナル内の

「北海道ラーメン道場」

にもオープンしたとの情報を聞きつけて、

福岡へ戻る最終日(昨日)に

念願叶って、足を運ぶことができました(笑)。

Dsc01038 Dsc01037
Dsc01039

私が注文したのは

「えびしお」「そのまま」味。

しおラーメンとはいえ、

味噌味 風味で非常に美味しく頂きました♪

正直、癖になる独特の味で、

一度この味を覚えてしまえば

何度か通ってしまうことになりそうです(笑)。

「えびそば一幻」公式サイト:
http://www.ebisoba.com/index.htm

Dsc01040 Dsc01041
Dsc01043 Dsc01046

ものごと何にでも

似たような事がいえるのかも知れませんが、

自分が欲しているもの

が簡単に手に入る状況より、

やっとにして手に入れたもの

の方が、

記憶にも残り、更には

その後の成長(ステップアップ)

や、

自信(尊厳・尊重)にも繋がる

のかも知れません。

Dsc01047 Dsc01048
Dsc01051 Dsc01052

英語でも

“Easy Come, Easy Go.”

という有名なことわざがありますが、

「簡単に手に入るものはすぐに出ていく。」

「得やすいものは失いやすい。」

「あぶく銭は身につかない。(悪銭身につかず。)」

※「気軽にいこうぜ。」と誤解されている方も多い、とか。

Dsc01053 Dsc01054
Dsc01057 Dsc01062

そのようにして

“苦労しなければ掴めないモノ(夢)。”

温かく、濃厚なスープを味わいながら、

自分にとっての「目標

目指す「着地点

もう一度 見直す

良い機会を頂いたような気がしました(笑)。

Dsc01066 Dsc01067
Dsc01070 Dsc01072

「皮肉な話だが、過去の成功こそが、未来の成功を阻む最大の敵なのだ。」by.ジョン・C・マクスウェル

「自分を変えたかったら、夢の大きさを変えることから始めるんだ。」by.ロバート・キヨサキ

「“不安”や“孤独”がこの山(いまの環境)にあるのではない。あるとすれば、それは自分の心の中にあるのだろう。」by.栗城史多

「情熱がなければ、偉大なことはなにひとつ達成できない。」by.ラルフ・ウォルドー・エマソン

「素直な心とは、自らの至らなさを認め、そこから惜しまず努力する謙虚な姿勢のこと。」by.稲盛和夫

「“自分”という定義に、自分が作った鎧の中に入り込み、枠を作らない。」by.フランソワ・デュボワ

「誰も見ていない時、あなたは何をやっているか?」by.ジョン・C・マクスウェル

Dsc01074 Dsc01071
Dsc01076

いずれにせよ、

なにかを達成しようとするのであれば、

大切な要素として

・忍耐力

・継続力

・情熱

が必要で、

更に、ワクワクしながら 取り組めると、

思った以上の結果が伴うのかも知れません(笑)。

Dsc01077 Dsc01079
Dsc01081 Dsc01083

このたびのご訪問、まことに ありがとうございます。

↑ポチッと押して応援して頂けると非常に嬉しいです♪

Dsc01084 Dsc01085
Dsc01086

皆さんが、苦労して手に入れたものは何ですか?

Dsc01090 Dsc01092
Dsc01095

今日も長文にお付き合い頂きまして、まことに有難うございます。
つづきはまた今度♪

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2012年4月 4日 (水)

暴風雪の中(旭川へ)。

今日は早朝から

北海道函館市を離れ、

札幌を経由し、旭川市

へ向かいます。

Dsc00825 Dsc00828
Dsc00831 Dsc00833

函館駅から札幌駅まで

特急列車で約3時間半弱。

札幌駅から旭川駅まで

特急列車で約1時間半になります♪

Dsc00834 Dsc00835
Dsc00840 Dsc00843

函館を出る際は

雨とも雪とも見分けられぬものが

ちらついていましたが、

札幌市へ着く頃には

暴風雪となり

見事な積雪が見られました(笑)。

Dsc00845 Dsc00853
Dsc00859 Dsc00862

ほんの数日前には、

九州にて

桜の花見を楽しんだ

とは思えない状況にさせられます。

Dsc00863 Dsc00869
Dsc00871 Dsc00874

旭川市へ訪問するのは

約5ヶ月ぶりですが、
(過去ブログ次の世代へ。』[2011年11月18日]より)

札幌市から旭川市へ向かう

景色はまさに白銀の世界(笑)。

Dsc00875 Dsc00876
Dsc00878 Dsc00879

旭川市内では

所々で吹雪いており

現地に住まれている

商談先の方々も

驚いているほどでした♪

Dsc00881 Dsc00884
Dsc00886 Dsc00888

当然のことながら、

4月になっても未だに

これほどまでの雪が吹雪く

というのは北海道でも

頻繁にあることではない

ことのようです(笑)。

Dsc00897 Dsc00898
Dsc00903 Dsc00908

今回の北海道の出張で出会った

暴風雨にしろ、

暴風雪にしろ。

非常に思い出深き出喜事(出来事)

になりそうです♪

Dsc00915 Dsc00918
Dsc00919 Dsc00920

目の前に現れた試練の大きさ

が大きければ大きいほど、

それを乗り越えたときの

感動成長

は、より一層大きくなる

のかも知れません(笑)。

Dsc00924 Dsc00926
Dsc00929 Dsc00938

「人間の生活やその一生の運命を決めるものは、一瞬間のほかありません。」by.ゲーテ

「この世はすべて観点にかかっている。」by.ウイリアム・ジェームズ

「私は災難が起きるたびに、結果的にそれがよかったといえるように努力してきた。」by.ロックフェラー

「心は天国も、地獄もつくり出すこともできる。」by.ミルトン

「未来とはいまである。」by.ミード

Dsc00940 Dsc00946
Dsc00948 Dsc00949

明日の商談に向けて、

旭川市から再び札幌市へ

戻ってきたそこは

やっぱり美しい街

が広がっていました♪

Dsc00950 Dsc00953
Dsc00958 Dsc00977

このたびのご訪問、まことに ありがとうございます。

↑ポチッと押して応援して頂けると非常に嬉しいです♪

Dsc00979 Dsc00981

旅をするたび、

大きな学びをさせて頂いている私は

本当に幸運かも知れません(笑)。

皆さんは、いままで どのような強運に出会いましたか?

今日も長文にお付き合い頂きまして、まことに有難うございます。
つづきはまた今度♪

Dsc00989 Dsc00990

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2012年4月 3日 (火)

暴風雨の中(函館へ)。

今日は皆さんもご存知の通り、

急速に発達した低気圧が

日本海を北東に進み、

西日本を中心に

“台風並み”

の暴風雨に日本各地が

見舞われました。

Dsc00787 Dsc00788

そのような中、

私は仕事の都合で

福岡県福岡市を離れ、

羽田を経由し、

北海道函館市へ訪問してきています♪

Dsc00789 Dsc00790

函館を訪問するのは

昨年2月以来ですので

実に一年以上も訪問していなかった

ことになります。
(過去ブログ成長力。。』[2011年2月1日]
 最期への道。』[2011年2月2日]より)

Dsc00791 Dsc00792

国内線の飛行機便の

乱れや欠航が相次ぐ中、

(午前の段階で、羽田と中国や四国、九州を結ぶ
 便を中心に計243便の欠航が決定していました。
 最終的にはANA、JAL含め550便以上が欠航したとのことです。)

私が搭乗したJAL

福岡空港(11:00)~羽田空港(12:35)

羽田空港(13:25)~函館空港(14:45)

の便は、奇跡的にも

全く影響を受けることがありませんでした♪

(福岡空港発 羽田空港着の便は15:00以降、
 羽田空港発 函館空港着の便は夕方から欠航。)

Dsc00793 Dsc00794

函館市内での仕事も

夕方からと夜の2件のみ

だったことも幸運でした。

しかも、うち1件は

非常に良い結果

を伴う仕事でした♪

Dsc00795 Dsc00796

4月になるというのに、

ここ函館市内では

あちこちで積雪が見られます(笑)。

Dsc00797 Dsc00799

春休みということもあるのか、

羽田空港を飛び立った機内は

なんと満席

早めにチケットを購入していなければ

間違いなくチケットを取れていなかった

と思われます(笑)。

Dsc00802 Dsc00803

これまでも何度も訪問させて頂いた

函館の地

ではありますが、

何度来ても

私が北海道の中で

最も愛する地であることに

変わりはありません。

Dsc00804 Dsc00805

今回は時間の都合上、

五稜郭タワー函館山

へ足を運ぶことが出来ませんでしたが

必ずいつか、ゆっくりと

嫁さんを連れて観光を楽しみたい地

の一つでもあります♪

Dsc00807 Dsc00808
Dsc00809

「人間は何を知っているかではなく、何をしようと思っているかによって、価値・無価値、能・不能、幸・不幸が決まる。」by.リントネル

「過ぎてから返らぬ不幸を悔やむのは、更に不幸を招く近道である。」by.シェイクスピア

「自分から逃げれば逃げるほど、生き甲斐も遠ざかる。」by.淡谷のり子

「人間が、いろんな問題にぶつかって、はたと困るということは素晴らしい“チャンス”なのである。」by.本田宗一郎

「自分自身の、そして他の人々の人生に意味を見いだせない人は、単に不幸であるばかりでなく、生きるのに向いていないと言える。」by.アルバート・アインシュタイン

Dsc00812 Dsc00813
Dsc00814 Dsc00815

明日は早朝から移動です♪

しばらくは移動の連続

の日を送ることになりますが、

いつものように楽しめれば幸いです。

Dsc00816 Dsc00818

このたびのご訪問、まことに ありがとうございます。

↑ポチッと押して応援して頂けると非常に嬉しいです♪

Dsc00822  Dsc00824

皆さんは、今回の暴風雨の中どのように過ごしましたか?

今日も長文にお付き合い頂きまして、まことに有難うございます。
つづきはまた今度♪

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2011年11月22日 (火)

冬化粧。

久しぶりのブログ更新になります♪

先週一週間の北海道出張では さほど寒さを感じなかったのに、
九州に戻ってきた途端 寒さを感じてしまう不思議な感覚を味わっているのは、
昔から あまのじゃくだった性格のせいでしょうか(笑)。
(写真は11/18に撮影した北海道旭川市羽田空港福岡にて撮影したものです。)

Dsc01969 Dsc01970

辺りを見渡すと、
いつの間にか 冬らしき景色に変化しており、

嫌でも自分が年齢を重ねていることを
知らされる思いになります。

とはいえ それはそれで、
日本の季節の良さ、を知らされる思いです♪

Dsc01972 Dsc01973

北海道出張から帰宅した私に、
嫁さんが とあるミュージシャンのライブが
福岡で行われる予定があるため
聴いてみたい。

ということで、
あちこちのレンタル店へ足を運んでみましたが、
その名前はどこにも並んでいませんでした(笑)。

Dsc01974 Dsc01978
Dsc01977

いまはパソコンでなんでもできる時代です♪
You Tubeで調べてみると、

そこには素敵な男性が
飛び出してきます。


「クリス・ボッティ with violinist Lucia Micarelli」(「You Tube」より)
http://www.youtube.com/watch?v=m8NN4fpdm40&feature=related

まさに、冬を彷彿させる音楽。

いや、正確にいうと
どの季節にも、
心の感じ方ひとつで
それなりに聴こえてくるもの

なのかも知れません(笑)。

Dsc01979 Dsc01982

週末にはクリス・ボッティのアルバムを4枚購入させて頂きました(笑)。

結局、色々と調べている内に
福岡公演分のチケットの一般受付は終了していたようです(笑)。


「-Shape of My Heart- クリス・ボッティ with Sting & J. Groban」(「You Tube」より)
http://www.youtube.com/watch?v=DpYYJgvgDmo&feature=relmfu

「Samon Promotion」より
http://www.samonpromotion.com/jp/live/cb/

他の地域でも公演されているようなので、
機会があれば、足を運ばれてみるのも
いかがでしょうか♪

Dsc01990 Dsc01993

さて先日、スティーブ・ジョブズⅡ(ウォルター・アイザックソン著)』を読み終えました。

最後に載っていましたエピソードが、ずっと私の心に残っています。

「神を信じるかと言われれば半々というところだね。
 僕は、目に見えるものだけが世界ではないはずだと
 ずっと思ってきた。」

死に直面したジョブズ氏が、来世があると信じたい気持ちが
強くなっているのかもしれない状況で発した台詞です。

Dsc01995 Dsc01997

「死んだあとも
 なにかが残るって考えたいんだ。

 こうして色々な体験を積んで、
 たぶん、少しは知恵もついたのに、
 
 それが ふっと消えてしまうなんて、
 なんだかおかしな気がする。

 だから、
 なにかが残ると考えたい。

 もしかすれば
 自分の意識が存続するのかも
 しれないって。」

Dsc01998 Dsc02000

長い沈黙のあと、

「でも、もしかしたら、
 オン・オフのスイッチみたいなものなのかもしれない。

 パチン!
 その瞬間に
 さっと消えてしまうんだ。」

「だからなのかもしれないね。
 アップルの製品に
 オン・オフのスイッチを
 つけたくない
 と思ったのは。」

Dsc02004 Dsc02014

このエピソードで、

私の心の中に、
さっと 冷たい風が吹き抜けました。

Dsc02017 Dsc02018

「人生が長かろうと短かろうと、その価値は何を目的に生きたか、ということによる。」by.デイヴィッド・スター・ジョーダン

「何を行うにしても、結果について考えよ。」by.プブリリウス・シルス

「自分の行き先がわからないと、おそらく別の場所に 行ってしまうだろう。」by.ローレンス・J・ピーター

「できないと思うことに 挑戦しなければならない。」by.エレノア・ルーズベルト

「生きる“理由”がある人は、ほとんど どのような類の“生き方”でも 耐えることができる。」by.フリードリヒ・ニーチェ

Dsc02024 Dsc02025

ただでさえ、

寂しくさせられもする冬景色が、

一層 寒さを感じさせるものにしたのかも知れません。

Dsc02021

このたびのご訪問、まことに ありがとうございます。

それにしても、
今年も残り、本当に僅かになりました(笑)。

皆さんは、今年立てた目標をどこまで遂行できていますか?

Dsc02028

今日も長文にお付き合い頂きまして、まことに有難うございます。
つづきはまた今度♪

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2011年11月18日 (金)

次の世代へ。

昨日は北海道札幌市から旭川経由で名寄[ナヨロ]市へ北上し商談、
その後 今日の商談の準備のため再び旭川市まで戻ってきました♪

Dsc01840 Dsc01841
Dsc01842 Dsc01843

名寄市は初の訪問、旭川市は二ヶ月ぶりの訪問となります。

札幌市から旭川市までは列車で約1時間半、
旭川市から名寄市までも同じく約1時間半の道のりでした♪

世界を知る力 日本創生編 (PHP新書) Book 世界を知る力 日本創生編 (PHP新書)

著者:寺島実郎
販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今日、列車内で開いた著書は『世界を知る力-日本創生編-(寺島実郎著)

前作、世界を知る力(寺島実郎著)』は私にとって衝撃的な著書となり、

私が全面的にお薦めする著書の一つでもあります。

世界を知る力 (PHP新書) Book 世界を知る力 (PHP新書)

著者:寺島 実郎
販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今回も僅か30ページほど開いた時点で、体中から衝撃が走るほど惹きつけられる内容でした(笑)。

まだ半分ほどしか読み終えていませんが、その中で

「自分がいま・ここに在るということを

時間軸を遡[サカノボ]って考える。」

は、思わず鳥肌が立ちました♪

Dsc01846 Dsc01845
Dsc01848

自分(私たち)が存在するためには、

まず、両親の存在があるわけです。

Dsc01851 Dsc01853
Dsc01856 Dsc01858

では、その父や母はどうだったかというと、

やはり同じで、二人とも生まれ出づるためには、

それぞれ二人の親を必要とする(つまり私たちにとって祖父母)。

Dsc01859
Dsc01860 Dsc01861

こうやって考えていくと、

私たちが、いま・ここに存在する上で必要だった人は、

一世代前だけを考えれば二人だが、

二世代前まで遡ると四人が必要だったということになり、

同様に、三世代前には八人、

四世代前には、十六人。

世代を遡るごとに、私たちの生命に直接かかわりある人が倍増していく計算になる。

というのです。

Dsc01864 Dsc01863
Dsc01866 Dsc01868

そこで、試しに10世代前を計算してみると、二の10乗で

1024人が、私の生命につながっていることになります。

そこで、一世代前(両親)から10世代前までの直系の祖先を合算すると、

自分(私たち)と直接血のつながりがある人々は全部で2046人に達する。

というのです。

Dsc01871 Dsc01872
Dsc01876 Dsc01879

仮に、一世代を25年と計算すると、10世代前は250年前。

江戸時代中期となります。

20世代前ともなると約500年前の戦国時代。

ここまで遡ると、血のつながった祖先の数は二の20乗で104万8576人。

一世代前(両親)から20世代前までの祖先を合算した数は、209万7150人に達します。

Dsc01882 Dsc01883
Dsc01886 Dsc01888

私たちの生命に直結する100万人以上の人々は、

男性も女性も少なくとも次世代を宿すまでは生きながらえたわけです。

もちろん、その後の世代の人びとも命をつないできたわけで、

戦国時代以降も、決して生きるのに楽な環境が整えられていたわけではなく、

深刻な大飢饉[ダイキキン]が何度も日本列島を襲っているし、天災は絶えることなく、疫病もあったわけで、

明治以降は対外的な戦争も加わっている。

Dsc01889 Dsc01890
Dsc01896 Dsc01899

そういった時代を生き抜き、生命のバトンを私たちの世代に至るまで

リレーしてきた祖先が全員恵まれていたなどとは、到底考えられず、

むしろ現在とは比較にならないほど貧しく、差別をはじめ、

途方もない不条理が存在していた時代の日本を、

誰もが生きてきた。

というのです。

Dsc01901 Dsc01903
Dsc01916 Dsc01922

これは、もう『奇跡』以外の なにものでもないように思えます(笑)。

寺島実郎さんは、最終的には東日本大震災

「あなたは独りではない。つながっている。」

という言葉に結びつく内容として、これらのことを述べられていましたが、

改めて、自分自身の命に どれほどの重みがあるのか。

を考えさせられました。

Dsc01923 Dsc01924
Dsc01928 Dsc01933

「大切なのはどの本、どのような経験を持つべきかではなく、それらの本や経験の中に、自分自身の何を注ぎ込むか である。」by.ヘンリー・ミラー

「努力より他に我々の未来を良くするものはなく、また努力より他に我々の過去を美しくするものはないのである。」by.幸田露伴

「人生とは結局、ハードルの連続である。ひとたび飛び越えてしまえば、考えていたよりもずっと簡単に見える。」by.ジョセフ・クラーク・グルー

「罵声をもらって頑張れる人間は、勝てる。」by.高橋がなり

「目的地に達しうるかどうかは頭のよしあしなどには関わらない。信じて持続できるものを見つけたか否かのみに関わる。」by.堀田善衛

「軽い荷物にして欲しいと願ってはいけない。強い背中にして欲しいと願わなくてはならない。」by.フランクリン・ルーズベルト

Dsc01937 Dsc01940
Dsc01944 Dsc01943

寺島さんの著書は、他にも多くの学び(太平洋戦争末期の昭和20年7月19日の福井大空襲の話などは、涙なくして読めません)を得ることができます♪

是非、購読してお読み頂ければ 間違いなく 世界を知る第一歩に繋がるものかと思われます。

Dsc01953 Dsc01959
Dsc01960 Dsc01963

旭川駅から少し離れた場所で、

福岡県出身の私に、
「旭川駅はどちらの方向ですか?」
と問われました(笑)。

よく旅先で道を聞かれることの多い私ですが、

常にiPhoneの地図を手にしながら歩いているので、

どこに居ても(GPSのおかげで)、迷う心配はありません♪

Dsc01965 Dsc01967

皆さんは、次の世代の人々のため

どのようなことに、己の命を使いますか?

これは、自分自身への問いでもあります(笑)。

いま、貴方はどこに居て

なにをするために 時間を費やしていますか?

今日も長文にお付き合い頂きまして、まことに有難うございます。
つづきはまた今度♪

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2011年11月17日 (木)

ゼロから100へ。

昨日は北海道札幌市から帯広市へ移動し、商談をしてきました♪
札幌市から帯広市まで列車で約3時間弱の移動です。
帯広市へ足を運ばせるのは実に二年ぶりです♪

Dsc01712 Dsc01715
Dsc01718 Dsc01719

前回の訪問時は、この札幌市から帯広市へ向かう途中で、
私にとって衝撃の出喜事(出来事)が起こりました(笑)。

Dsc01720 Dsc01722
Dsc01725 Dsc01728

読書中に、いままで過ごしていた人生が
まるで嘘のように、パッと晴れていくかのような感覚、
目の前の風景から、頭の中まで虹が差し込んでくるような感覚、
神が舞い降りてくるような、幻想的な感覚
を味わった、忘れることの出来ない、

衝撃の2009年9月17日(過去ブログ札幌~帯広で見つけた空【2009年9月17日ブログより】』[2009年9月21日]より)。

Dsc01729 Dsc01730
Dsc01731 Dsc01732

私の人生が変わった瞬間でもありました(笑)。
(当時のブログと比較しても、随分 現在との違いが表れているかと思います、笑)

Dsc01733 Dsc01734
Dsc01735 Dsc01737

さて、いつものように列車内は基本的に読書をして過ごしますが、
本日 開いた著書は『スティーブ・ジョブズ vs ビル・ゲイツ(竹内一正著)
片道だけで読み終えてしまうほど、熱読させて頂きました♪

スティーブ・ジョブズvsビル・ゲイツ (PHPビジネス新書) Book スティーブ・ジョブズvsビル・ゲイツ (PHPビジネス新書)

著者:竹内 一正
販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この著書の中で、多くの言葉を学びましたが特に記憶に残った言葉がありました。

「ジョブズは“発明”を“製品”に育て上げる力を持った経営者である。
 言ってみればゼロを一に変えことができるCEOだ。」

Dsc01747 Dsc01752

「ゲイツは、独創的なことを始めるよりも、
 今ある仕事の取組み方法を改良することを好んでいた。
 つまり、一を100に増やすことを得意としたCEOである。」

いずれにせよ、どちらも素晴らしい功績を残されていることは言うまでもありません♪

Dsc01758 Dsc01759
Dsc01761 Dsc01766

さて、帯広市で商談を終えた後、札幌市へ向かう列車の中で
たまたま隣に乗り合わせた方と素敵な出愛(出会い)がありました♪

Dsc01769 Dsc01770
Dsc01772 Dsc01778

列車に乗り込んで、手にしたサンドイッチを広げながら私の方から隣のサラリーマンへ声をかけます。

「すみません、昼食を取る時間がなかったものですから(笑)。
 少し臭いますが、構いませんか?」

「もちろん、どうぞ♪私も なんだかんだで昼食摂れなかったものですから
 気持ちは分かります(笑)。 お互い、大変ですね。」

「そうですか、それではご一緒にいかがですか?」

「有り難うございます♪それじゃ、お一つだけ(笑)。」

Dsc01779 Dsc01781
Dsc01783 Dsc01785

同じ境遇だからこそ、ビビビと波長が合いました(笑)。

その後は、相手の方から

「日本シリーズですね♪」

私はあまり野球に興味がないので、話題が広がりません(笑)。

Dsc01787 Dsc01788
Dsc01790 Dsc01792

私がイヤフォンをしている姿を見て、

「どのような曲を聴いているのですか?」

日頃は、読書をしながら様々な曲を聴いているのですが、
この時は たまたま持っていた著書を読み終えてしまっていたため、
オーディオブック(いわゆる耳で読む本)を聴いていたため、音楽は聴いていませんでした(笑)。

Dsc01793 Dsc01794
Dsc01797 Dsc01799

こうしたやりとりが何度か繰り返され、
ようやく手にしていたiPhoneで話題が共通化し、話が盛り上がります♪

どのような事柄にも共通していえますが、

知識がゼロ、であれば
そこからはなにも生まれません。

Dsc01800 Dsc01802
Dsc01804 Dsc01805

ところが、

知識が一あれば、
そこからは十にも百にも広がっていくことができます。

Dsc01808 Dsc01809
Dsc01810 Dsc01811

「ジョブズは、ゼロを一に変えることができる。」

「ゲイツは、一を100に増やすことができる。」

二人が成してきた世界を動かすレベルのことまでは成せないとしても、

私たち一人ひとりの力でも、

「ゼロから一に、一から100に広げる力を、誰もが一人ひとり持っている。」

そのように感じさせられました。

Dsc01812 Dsc01813
Dsc01815 Dsc01818

「我々の人生は我々の後にも前にも、側にもなく、我々の中にある。」by.ジャック・プレヴェール

「生きることは、冒険である。挑戦しても、後悔しても、挑戦しないで後悔しても、必ずリスクがある。」by.栗城史多

「死ぬならば、散るように。生きるならば、枯れることなく。」by.モハメト・ガンジー

「墓場で1番の金持ちになることは私には重要ではない。夜眠るとき、我々は素晴らしいことをしたと言えること、それが重要だ。」by.スティーブ・ジョブズ

「愛は決して求めることをせず、与えるものである。」by.モハメト・ガンジー

Dsc01821 Dsc01823
Dsc01826 Dsc01827

話は少し戻りますが、帯広に向かう列車の中で、

北海道の大地の上に浮かぶ空を眺めながら、

北海道の空は、やっぱり他の土地の空より、本当に少し広いのではないか?

そのように感じさせられました(笑)。

Dsc01828 Dsc01834
Dsc01836 Dsc01838

空や大地などの自然から、すれ違う全く見知らぬ人々から、
多くのことを学ぶことができるものです。

皆さんは、最近どのような出愛(出会い)がありましたか?

今日も長文にお付き合い頂きまして、まことに有難うございます。
つづきはまた今度♪

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2011年11月16日 (水)

温まる言葉。

昨日は北海道札幌市内にて2件の商談を行ってきました♪
1件目は昼過ぎから、2件目は夕方からの商談だったため、私としては珍しく午前中は ゆっくりとホテルで過ごす時間がとれました(笑)。

Dsc01654 Dsc01656
Dsc01657 Dsc01662

昨日は一昨日よりも更に気温が冷え込み、夕方からはパラパラと雪が散らつくほどでした♪
また、日頃は九州にいることも多いため、改めて北海道と九州の太陽の日照時間の違いを感じました(笑)。(北海道は夕方5時前だというのに、既に真っ暗です。)

Dsc01661 Dsc01663
Dsc01664 Dsc01670

2件の商談を終えた後、現在 別の商談で交渉している福岡の院長先生の携帯に仕事の用件で連絡を入れると、非常に陽気な声で返事が返ってきます。

「少し遅い 時間帯でしたが、いま お電話大丈夫でしたか?」

「よかよか♪いま、事務長と飲んどるけんが、構わんよ♪君からの電話、待っとったばい♪確か今日は札幌出張やったやろ?どうね、そっちは やっぱ寒かね?」

Dsc01666 Dsc01676
Dsc01672 Dsc01674

院長(正確には未だ院長ではありませんが)は来年1月中旬に福岡駅前にて開業をされる予定です♪
見た目は少し怖い印象ですが、初めてお会いした時から意気投合させて頂き、夢・開業にかける思い など熱く話す言葉が印象的な本当に素敵な先生です。

実は、仕事上では未だご契約を頂いておらず、他の業者さんとのコンペ状態で交渉をしている段階なのですが、既に私の大事な大事なお客様の一人に違いありません(笑)。

Dsc01675 Dsc01678
Dsc01692 Dsc01694

「いまねぇ、ホント気持ち良く飲んどって、実はさっきも事務長と君のことを話しとったとこなんよ(笑)。君はいつもタイミングがよかけんが面白ろかねぇ♪」

明るい声で話して下さるその声と、嬉しい言葉の数々に、
先ほどまで寒くて凍えそうだった身体が、
心の底から温かくなりました。

Dsc01699 Dsc01701
Dsc01702 Dsc01703

「我々の人生は我々の後にも前にも、側にもなく、我々の中にある。」by.ジャック・プレヴェール

「生きることは、冒険である。挑戦しても、後悔しても、挑戦しないで後悔しても、必ずリスクがある。」by.栗城史多

「死ぬならば、散るように。生きるならば、枯れることなく。」by.モハメト・ガンジー

「墓場で1番の金持ちになることは私には重要ではない。夜眠るとき、我々は素晴らしいことをしたと言えること、それが重要だ。」by.スティーブ・ジョブズ

「愛は決して求めることをせず、与えるものである。」by.モハメト・ガンジー

Dsc01704 Dsc01705
Dsc01707 Dsc01708

温かい言葉を頂くと、気持ちが楽になり、思わず笑みがこぼれるものです(笑)。

自分たちは日頃、どのような表情をしていたり、どのような言葉遣いをして、周囲にどのような影響を与えているのだろうか?
つい、そのようなことを考えさせられた一日でした。

Dsc01711

今日、お会いする予定の方は 実は未だ一度もお会いしたことがないのですが、何度も電話にてやりとりをさせて頂いている方で、既に意気投合させて頂いている方です♪
やっとですが、お会い(お愛)できるのを非常に楽しみにしています(笑)。

皆さんは昨日、どのような嬉しいことがありましたか?

つづきはまた今度♪

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2011年11月15日 (火)

成長。

昨日は仕事の都合で、午前は福岡県福岡市にて会社のミーティングに参加した後、北海道札幌市へ移動してきています。
おそらく今年に関しては、北海道を訪問するのは今回が最後になりそうです♪

Dsc01600 Dsc01599

福岡空港での気温18度、着陸した千歳空港では7度、温度差が11度ほどありました。
昨日 札幌市内にて一緒に商談させて頂いた方の話によりますと、札幌市内は一昨日までは暖かく、昨日になって一気に気温が下がったのだそうです♪

Dsc01601 Dsc01602

福岡空港からの機内の後方座席では、高校の修学旅行で賑わっている学生たちで盛り上がっており(おそらく飛行機を利用すること自体が初めての方も多かったのかも知れません)、飛行機が滑走路で加速し、離陸する時は

「キタキタキタキタ~!」
「ヒャッホォ~♪」

「スゲー!スゲー!スゲー!」

など、叫び声にも近い歓声で賑わっていました(笑)。

Dsc01603 Dsc01604

私自身は、旅行などプライベートで飛行機に乗る機会が1年に1度程度、仕事では1~2ヶ月に1~2度程度搭乗させて頂いています。

そんな私も 少しは飛行機には慣れているつもりでいたのですが、今日は千歳空港へ降りる時に 気流が良くなかったのか、非常に気持ちの悪い揺れを感じました(笑)。

もちろん、後ろの方からは非常に賑やかな声があがっていました♪
(ちなみに、ベルト着用のサインが消えた時間帯は 皆さん寝ていたようで、非常に静かでした。)

Dsc01606_2 Dsc01608

さて、今年も残り僅かです(笑)。

先日、嫁さんと何気ない会話をしている時に感じたことです。

人はなにかしらの感動や刺激を欲っしながら生きているのかも知れません。

Dsc01610 Dsc01614

そこには、

・今までにないものを手に入れることができる。
・人から賞賛を得る。
・今までに感じたことのない自然や建物の風景や美しさと触れ合える。
・一瞬の快感に酔いしれる。
・新たな発見・発明を得る。
・美味しいものを食べる。
・音楽に浸る。
・アロマや香水で癒される。

などなど。
人には、それぞれの楽しみ方があるものです♪

Dsc01616 Dsc01617

そのような中で、一時的なことよりも

「継続的に楽しめる。」

更には、

「日々、成長できる。」

そのような出来事が、一つでも二つでも増えていくと

人生はもっともっと楽しめるのかも知れない。

そのように感じました(笑)。

Dsc01619 Dsc01621
Dsc01625 Dsc01628

現在は2011年だと言うのに、

この札幌市内を、ビートルズローリング・ストーンズレッド・ツェペリンを聴きながら歩いて周りました(笑)。

「素晴らしい♪いまでも尚 新鮮味を感じる。」

そのような感動を感じながら、見慣れた札幌の街を散歩させて頂きましたが そこはいつもの街とは違ってみえ、とても刺激的に感じました♪

Dsc01630 Dsc01631
Dsc01634

「そもそも我々は一体なにものなのか?我々が普段、自我だと思っているものは、好き嫌いや、習慣、パターンの寄せ集めに過ぎない。」by.スティーブ・ジョブズ

「他人からプレッシャーをかけられた時よりも、自分で自分を駆り立てる時の方が、人は遥かに大きなことをやってのける。」by.カルロス・ゴーン

「実は欠点はね、将来の長所がいっとき世を忍ぶ仮の姿なの。だから、みんな本当の姿になろうと努力するだろ。もし いつまでも仮の姿だったら、努力を怠ってきたんだよ。」by.志茂田景樹

「楽譜なんてのは気愛(気合)があれば一日で読めるようになる。別に大したことじゃない。それを言い訳にするな。基礎練習は、当たり前にやれ。歯磨きと一緒だ。考えている暇があったらウダウダ言ってないで少しでも練習しな。」by.GACKT

「“必要なら”動け、“可能なら”ではない。」by.スティーブ・ジョブズ

Dsc01642 Dsc01645

遠い記憶ではありますが、私にも学生時代の思い出があります(笑)。

昨日、出会った学生たちも やがては各々が 飛行機のように、
夢や将来に向けて、何度も何度も 飛び立つようになるのかも知れません♪

彼らにとって、今回の修学旅行が思い出深き旅になればいいな、
そのように感じながら 美しい札幌の夜景の中に包まれました。

Dsc01650 Dsc01653

皆さんは、いま どのようなことを楽しまれていますか?

今日も長文にお付き合い頂きまして、まことに有難うございます。
つづきはまた今度♪

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。

2011年9月10日 (土)

帆の張り方。

昨晩、短い出張の旅を終え 札幌から無事に福岡へ戻ってきました♪

考えてみると、今回の出張はスケジュールの関係で、7日(水)から昨日までの三日間 昼食を採ることが出来ませんでした(笑)。
日頃から多忙な方にとっては珍しくもない事かも知れませんが、私にはこのようなケースは少なかったかも知れません。

Dsc08530 Dsc08528

さて、昨日も素敵な出会いがいくつもありました♪
商談先の方、機内で偶然 隣の席に乗り合わせた素敵なマダム(笑)、たまたま立ち寄ったお店で親切に応対して頂いた店員などなど。

Dsc08526 Dsc08527

どれもこれも偶然の出来事なのでしょうが、時々

「これは意図的になにか大きな神のような存在が、私を試しているのではなかろうか?!」

とすら感じてしまうほど、人生は次から次へと様々な出喜事(出来事)が起こるものです(笑)。

Dsc08533

また、日頃と違う土地に足を運ばせると、いつもは眠っていた動物的本能や人間感情が姿を表して、いつも以上に研ぎ澄まされた「感覚」になるのも不思議なものです♪
旅をよくされる方は 何度もそのような感覚を味わっているのではないでしょうか?(笑)

Dsc08539 Dsc08538
Dsc08537 Dsc08536

さて、今日も機内で著書を開き素敵な言葉たちに包まれます

私にとって、大好きな音楽と美しい言葉に囲まれながら時間を過ごせるときほど、至福を味わえるときはありません♪

ドラッカー最後の言葉 (講談社BIZ) Book ドラッカー最後の言葉 (講談社BIZ)

著者:ピーター.F・ドラッカー
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

壁を破る言葉 Book 壁を破る言葉

著者:岡本 太郎
販売元:イーストプレス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

本番力 〜 本番に強い人が必ずやっている26の習慣 Book 本番力 〜 本番に強い人が必ずやっている26の習慣

著者:和田裕美
販売元:ポプラ社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

原発と、危ない日本4つの問題 (だいわ文庫) Book 原発と、危ない日本4つの問題 (だいわ文庫)

著者:武田 邦彦
販売元:大和書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「7つの習慣」に生きるための格言集 新訳 Book 「7つの習慣」に生きるための格言集 新訳

販売元:キングベアー出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

出張する度に、出張先で購入した本が少しずつたまるのも、困ったものですが(笑)。

Dsc08540 Dsc08544

「徳ある人を見たら、その人に並ぶことをめざせ。徳なき人を見たら、我が身を振り返り、自省せよ。」by.孔子

「人生の悲劇は、まだ生きているのに、心が死んでいるということである。」by.アルベルト・シュバイツアー

「一隻の船は東に行き、別の船は西へ行く、吹く風はまったく同じなのに。帆の張り方が行く先を教える、風の向きではなく。」by.エラ・ウィーラー・ウィルコックス

「一般に、言い訳のうまい人は たいていそれ以外のことには なにも長けていないものだ。」by.ベンジャミン・フランクリン

「人の本性はみな ほとんど同じである。違いが生じるのは、それぞれの習慣によってである。」by.孔子

「自立の精神は、個人のあらゆる真の成長の源である。」by.サミュエル・スマイルズ

「人間性に関して最も悲劇的なことの一つは、生きることに どうしても嫌気がさしがちだ、ということである。遠い地平線の彼方に、何か不思議なバラ園を夢見てしまうのだ。今日この日に、自分の窓の外に咲く、バラを楽しまないで。」by.デール・カーネギー

Dsc08545 Dsc08546

今回の短い出張の旅は終えました。しかし、明日 いや今この瞬間から、溢れるように新たな旅が続きます♪

この旅が、いつ終えるのか、誰にもわかりませんが、一歩一歩踏みしめていければ幸いだと思っています。

Dsc08547 Dsc08552

皆さんは、どのような時間に囲まれていますか?

Dsc08556 Dsc08558

今日も長文にお付き合い頂きまして、まことに有難うございます。
つづきはまた今度♪

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2011年9月 8日 (木)

無意識を生む。

今日は北海道旭川市にて朝を迎えます。

道内では、今日一日 真夏日のような暑さだったとTV局は報道していますが、数日前まで九州や関東にいた私には とても過ごしやすい気持ちの良い一日でした(笑)

そんな今日は、旭川市にて二件の商談を追え、夕方からは北海道札幌市へ移動です♪

Dsc08469 Dsc08470
Dsc08472 Dsc08474

今日の札幌市内は、一週間前からどこのホテルも予約が満員で、宿泊先を予約するのが非常に困難でした(笑)。
ようやく見つかった宿泊先のホテルのフロントの方に伺うと、どうやら「国際的な学会が札幌市内で行われているから」と教えて下さいました。

Dsc08475 Dsc08476
Dsc08478 Dsc08480

確かに、よくよくホテル内を見ると 周囲はお髭を生やした立派な方々や ご婦人たちがなにやら難しい顔をして語り合う姿をみかけます♪

ネットで検索してみると、それらしきサイトを見つけました。
参考サイト「日本生物環境工学会2011年札幌大会」
http://jsabees.bpe.agr.hokudai.ac.jp/

Dsc08482 Dsc08483
Dsc08485

さて、今日も旭川市にて とても素敵なトラブルが発生しました♪

トラブルを目の前にし、その出来事にどのように対応するのか?
そのトラブルが対人関係であれば、なおさらです(笑)。

Dsc08486 Dsc08487
Dsc08488

問題は、
トラブルそのもの(出来事)ではなく、相手の方の姿勢(態度)でもないのかも知れません。

一番の問題は、
それらに対する自分自身の姿勢(対応)や考え方

Dsc08489 Dsc08491

そのトラブルが重大であればあるほど、それを乗り越えたときに得るものも大きい♪

問題が大きいから、乗り越えたときの感動を得られる。

立場や経験は関係なく、目の前の出来事に対して“自分ができること”に一生懸命尽くす。

ここ数日 連載したブログの内容(過去ブログ地図。』[2011年9月4日]明日へ繋がるもの。』[2011年9月5日]いつか。』[2011年9月7日]より)と、無意識ながら同じ内容になってしまいました(笑)。

Dsc08492 Dsc08493
Dsc08494 Dsc08497

考えてみると、私は毎回毎回このブログ内で一つのことしか語っていないのかも知れません(笑)。
まさに、それが このブログのテーマ♪

Dsc08505 Dsc08508

“気づき”“充実感”を得るためには、

自ら考え、そして一つひとつ乗り越え(解決)、偶然に起こる出喜事(出来事)を見逃さないための 心がけ(習慣)や努力(勉強や訓練などの行動)を日々 継続している必要があるのかも知れません。

Dsc08510 Dsc08511

「人間は瞬間瞬間に、いのちを捨てるために生きている。」by.岡本太郎

言葉というのは便利な道具だ。でも、時として間違った風に言葉を使ってしまうと、自分が発する言葉によって、自分の可能性に限界を作ってしまうこともある。」by.イチロー

「意識の連続が、無意識を生む。」by.川島永嗣

「学び続けることは、どんな分野においても、成功するための最低条件だ。」by.デニス・ウェイトリー

「いつも危険だと思うほうに自分を賭ける。それが生き甲斐だ。」by.岡本太郎

Dsc08514 Dsc08515
Dsc08518

旭川駅から札幌駅へ向かう列車の中では、約1時間40分ほど時間に余裕があるため一冊の著書を購入し、読ませて頂きました。素敵な言葉がズラズラと並べられており、全身から力が湧いてきました♪

壁を破る言葉 Book 壁を破る言葉

著者:岡本 太郎
販売元:イーストプレス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「おのれだけが自分じゃない。向こうから追ってくる運命というのも、自分自身なんだよ。」by.岡本太郎

自分の運命は、自分自身が発したもの(こと)が、追ってくるという この言葉。
強烈に胸に突き刺さる一言でした。

Dsc08519 Dsc08520
Dsc08521

皆さんは、トラブルに遭遇したとき どのような姿勢で向き合っていますか?

その危機をチャンスに変えるため、日々どのようなことを心がけていますか?

Dsc08522 Dsc08524

今日も長文にお付き合い頂きまして、まことに有難うございます。
つづきはまた今度♪

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

より以前の記事一覧