ブログランキング

  • 皆さんのお力を頂ければ幸いです。下のバナーをクリックすると、ポイントが入ると同時に、現在のランキング状況の確認も出来ます。皆さんの温かいワンクリックを宜しくお願いします。↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

■中部(北陸・中央高地・東海)地方

2012年3月 4日 (日)

人生の意味(温もり)。

ご存知の方も多いかと思われますが、

いまアメリカはもちろん、

日本国内においてもレンタル店などでも

大人気の

「フリンジ」

という海外ドラマがケーブルテレビでも

放映されています♪

(写真は3/3に訪問しました福岡県福岡市愛知県名古屋市で撮影した風景です。)

Dsc09078 Dsc09079

一昨日晩に放送されたストーリーの中で、

自分の過去や人生そのものに悩み苦しむヒーローが、

「あなたは一体、ここで何をしているの?」

という質問に対し、

「わからない。でももしかしたら、

 意味のない事に、

 意味を見出だそうとしているだけ

 かも知れないな。」

と答えるシーンが印象に残りました。

Dsc09082 Dsc09088

さて、昨日は

先日も掲載させて頂きました
(過去ブログいのち。』[2012年3月2日]より)

友人の奥さまの葬儀に参加するため、

福岡県から愛知県尾張旭市へ足を運ばせて頂きました。

Dsc09089 Dsc09091

福岡(博多駅)愛知(名古屋駅)間は

約3時間半弱

いつもは出張などの移動の際は、

本を片手に過ごすことが多いのですが、

今回ばかりは、さすがに読書にも身が入りません。

Dsc09100 Dsc09101

とはいえ、

昔懐かしい青春時代に聴き入った曲が耳の中に入り、

窓の外で流れるように移り変わる景色を

眺めながら考えを巡らせていると、

あっという間です。

(実際、今回のブログの内容の大半は、
 葬儀に参加する前の新幹線内にて
 下書きした内容です。)

Dsc09103 Dsc09104

学生時代、何度も この福岡~名古屋間を

新幹線で行き来してきましたが、

これほどまでに足が重いにも関わらず、

近くに感じる

という矛盾を感じたことは初めてでした。

Dsc09106 Dsc09108

名古屋市内で、

約2年ぶりに不本意な形で
(過去ブログ歴史が動く場所。』[2010年4月29日]より、
 関ヶ原の地。』[2010年4月30日]より)

再会を果たす大切な友人たちと合流し、

共に葬儀に出させて頂きました。

Dsc09110 Dsc09113

いつもはくだらない会話が終始飛び交うのですが、

今回はさすがに足も重く、

口が開きません。

実際、私個人はカレに対しては

一言も声をかけてあげることが出来ませんでした。

Dsc09115 Dsc09117

葬儀の詳細な内容を

この場で述べるつもりはありませんので、

個人的な感情や思考だけを述べさせて頂きますが、

ここで述べる感情や思考におきましても、

日が経てば変化していくようにも思われますので、

(実際にはこの世のもの全てにおいて、
 同じようなことが近い形でいえる
 のかも知れませんが)

これらの言葉に対しても

今回ばかりは、責任を持てる自信もありません。

Dsc09118 Dsc09119

正直、本音をさらけ出すならば・・・

わからなかった、のです。

この出来事が、

私の友人はもちろん、

私自身にとっても、

どのような意味を持ち、

どのように受け止めたら良いのか、が。

Dsc09120 Dsc09121

私個人、

本音は今回の葬儀には参加したくなかったのだと思います。

状況が状況なだけに。

でも一つだけ、

参加させて頂く前から、

はっきりとわかっていたことは、

きっと参加しても、参加していなくとも、

なに一つとして楽にはなれないこと。

だとすれば、私が出来ること。

Dsc09122 Dsc09124

いや、

そんなことを考える気持ちの余裕すらなかった。

気がつけば名古屋まで来ていた。

今回の出来事やそれを取り巻く環境の中、

ただただ、非力で弱い自分自身を支え切れなくて、

きっと、それを分かち合えるであろう仲間たちと、

会って一緒に語り合い、

支え合う時間が欲しかった、

そういうことかもなのかも知れません。

Dsc09125 Dsc09127

このようなときにいうと、

考え方によっては、

非常に不謹慎に受け止められてしまう

のも仕方ないことかもしれませんが、

敢えて誤解を恐れずにいうならば、

この世の中は、

壮大な宇宙から見れば

人間社会の日常の出来事はもちろん、

偉大な功績や

何日間も眠れなくなったり息苦しくなるような苦悩、

いや 人間の死や自然災害でさえも、

とてもとても小さなことに過ぎず、

そのような中で

私たち一人ひとりは、

喜び、もがき苦しみながら、

「意味のない事に、

  意味を見出だそうとしているだけ

  かも知れない。」

本当にそうなのかもしれない、

そのような気持ちにもさせられながら

葬儀に参加させて頂きました。

Dsc09128 Dsc09133

結果として、

今回の葬儀にご一緒させて頂くことができ、

故人を愛した方々、

その愛した方々を支えあっている仲間たち

と一緒に一つになり、

故人を温かく見送り出すことができ、

本当によかったと思っています。

Dsc09136 Dsc09142

そのように、

自分の非力さに押し潰されるような思い

に駆られながらも、

いや それでも私たちは前進するしかない。

そのようにも感じました。

Dsc09146 Dsc09155

「命というものは、はかないからこそ、尊く、厳かに美しいのだ。」by.トーマス・マン

「人生の大きな目的は知識ではなく行動にある。」by.トーマス・ハクスリー

「過去から学び、今日のために生き、未来に希望を持て。大切なことは、何も疑問を持たない状態に陥らないことである。」by.アルバート・アインシュタイン

「花が咲こうと咲くまいと、生きていることが花なんだ。」by.アントニオ猪木

「愛に燃えるその瞬間が“永遠”なんだよ。」by.岡本太郎

Dsc09157 Dsc09158

福岡へ戻るため、

駅で大切な友人たちと別れる際、

共に触れ合った手の平の感触を、

きっと私は忘れることがないと思います。

Dsc09159

このたびのご訪問、まことに ありがとうございます。

↑ポチッと押して応援して頂けると非常に嬉しいです♪

Dsc09161 Dsc09160

皆さんは、手を差し延べたら、きちんと手を握り返してくれる人を大事にできていますか?

Dsc09162 Dsc09166

今日も長文にお付き合い頂きまして、まことに有難うございます。
つづきはまた今度♪

Dsc09173 Dsc09179

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2010年9月 9日 (木)

敵に塩をおくる。

今日は仕事で長野県長野市へ行ってきました♪
仕事後に川中島へ行ってきます。
この地は 私が約5~6年前、関東へ来て初めての史跡巡りの地として第一歩を歩んだ土地でもあります。

Dsc09774 Dsc09777

そんな川中島といえば、もちろん戦国武将 武田信玄上杉謙信が5度に渡って戦い、北信濃の支配権を巡って行われた5度にも及ぶの戦いをいうのですが、最大の激戦となった第4次の戦いが千曲川と犀川が合流する三角状の平坦地である川中島を中心に行われたことから、その他の場所で行われた戦いも総称として「川中島の戦い」と呼ばれているのだそうです。

Dsc09782 Dsc09791

いずれの戦いも引き分けたという両雄の因縁の土地でもあり、永禄4年(1561年)の戦いの舞台になったのが、ここ「八幡原の戦い」であり、第一次から第五次にわたる川中島の戦いの中では唯一大規模な戦いとなり、多くの死者を出した地でもあります。

Dsc09796 Dsc09812

そのようなライバル関係にあった信玄と謙信ですが、今川氏真によって信玄が塩止めを受け、信玄が最大のピンチを迎えた時には、氏真の行為を謙信が“卑怯な行為”と批判し、「私は戦いでそなたと決着をつけるつもりだ。だから、越後の塩を送ろう。」といって、信玄に塩を送った言葉から派生し「敵に塩を送る」という諺も生まれました。

Dsc09815_2 Dsc09817 Dsc09818_2

もちろん、この逸話に関しては信頼すべき支書の裏付けはなく、後世の創作ではないかと考えられているとのことでもありますが、少なくとも信玄公の死を伝えを聞いた(食事中であった)謙信は、「吾れ好敵手を失へり、世に復たこれほどの英雄男子あらんや」と箸を落として号泣したと言われています。

Dsc09819 Dsc09822_2 Dsc09825 Dsc09826

「敵に塩を送る」にしろ「勝てば官軍」にしろ、言葉は時代背景と共に曲げられ伝わることもあります。
いずれにしろ、「正しい」もしくは「間違っている」などという観点だけでは、物事は決まらないことばかりなのかも知れません。

Dsc09828_2 Dsc09827 Dsc09819_2

「この世は、あなたの“見方”次第。」by.ウォレス・D・ワトルズ

「美徳や卓越性があるから正しい行動をとれるのでなく、正しい行動をとるから 美徳や卓越性が身につくのだ。」by.アリストテレス

「小さな夢をみる人は、小さな人のまま、生きつづける。」by.ロバート・キヨサキ

Dsc09831_2 Dsc09832 Dsc09834 Dsc09835

皆さんのライバルは誰ですか?
そのライバルに為に、自分自身ができることは何ですか?

つづきはまた今度♪

Dsc09856_2 Dsc09862

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2010年7月30日 (金)

シンプルに生きる。

昨日は群馬県前橋市沼田市にて、今日は静岡県焼津市にて仕事でした♪

Dsc07997 Dsc07998 Dsc08000

昨日、上里パーキングがかなりの人で賑わっていて気付いたのですが、世の中は既に夏休みになっているところもあるようです♪
お子様がおられる家庭や学生さんは当然のように、その夏休みモードを感じとっているのかも知れませんね(笑)。

Dsc08002 Dsc08005 Dsc08009

また、昨日の関東は久しぶりに涼しく、東京で最高気温が30度を下回ったのは実に16日ぶりのことなのだそうです。
今日からはまた日差しが戻り、非常に暑くなりました♪

Dsc08026 Dsc08028

さて、皆さんの自宅を見まわしてみて、本当に大切な物がどれほどあるか考えたことはあるでしょうか?

著書『シンプルに生きる』の著者ドミニック・ローホーさんは次のように述べています。

シンプルで豊かな生活への第一歩として、
身のまわりのものは、旅行かばんひとつ、もしくはふたつに収まってしまうくらいの量まで減らすのが理想。

Dsc08032 Dsc08034 Dsc08035

身のまわりにあるもので、本当に自分が大事にしている物はどれくらいあるでしょうか?

ほどほどに良いもの、ほどほどにお気に入りだったものは処分し、飛びきり良いものだけに囲まれて生活する。
そして、高くても良い買い物は、それだけ人生に満足感を与え続け、それを取り出して眺めるたびに喜びを与えてくれる。

Dsc08043 Dsc08050 Dsc08052

限られたものだけに囲まれて生活すると、生活の質が向上する。
「とりあえず使えるもの」で間に合わせてしまうと、結局は自分がその程度のものに馴染んでしまうことになる。

Dsc08058 Dsc08060

「敵が来ても、すぐにほとんど何も持たずに数秒の間に家を後に出来るように、コンパクトに用意周到に生きる。」
by.ヘンリー・デイヴィッド・ソロー

Dsc08071 Dsc08066 Dsc08067

部屋の中を見渡してみて、
・自分の生活を複雑にしているのは、なにか?
・自分が一番幸せを感じるのは、どんなときか?
・ものを持つことはそれほどまでに重要なことか?
・どのくらいの持ち物があれば、自分は満足できるのか?

Dsc08068 Dsc08069

このような疑問を自分に投げかけて、自分自身を見直してみる。
身のまわりに本当に必要なものはなにか?人生において、重要なことはなにか?

著書「シンプルに生きる。」から大事なヒントを頂きました♪

Dsc08075 Dsc08077

もちろん、群馬県へ行ったり、静岡県へ行ったり、北海道へ行ったり、東北地方へ行く日頃の私の行動が、シンプルかどうかは疑問ではありますが(笑)。
その分、出張慣れ・旅慣れをしているので、身軽に行動できるための品が何なのかは、日頃から準備しているといえるかも知れません♪

Dsc08087 Dsc08084 Dsc08085

皆さんが、本当に大事にしている物はなんですか?

つづきはまた今度♪

Dsc08080 Dsc08081 Dsc08082

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2010年7月16日 (金)

出会い。

今日は山梨県甲府市長野県松本市で1件ずつの商談でした♪
話題になっている集中豪雨が日本全域で発生しています。

Dsc06726 Dsc06730 Dsc06744

関東はそれほど被害が出ていないので、あまり豪雨の恐怖の実感がないながらにも、少々心配しながら甲府市、松本市へと向かいますが、以外にも雨の心配は小雨程度で心配ありませんでした♪

Dsc06745 Dsc06749 Dsc06752

山梨県~長野県へ訪問するのは久しぶりになります。
甲府市、松本市に至っては初めて足を地につける場所となります。

Dsc06757 Dsc06758 Dsc06759

商談の時間の合間が2時間近く空いていましたので、いつものように史跡巡りを致します(笑)。

Dsc06760 Dsc06778 Dsc06779

先ず、最初に足を踏み入れた甲府市では「甲府歴史公園「甲府城(舞鶴城公園)」「信玄公像(甲府駅前)」清運寺(千葉佐那墓武田神社」「信玄公墓」を次々と、急ぎ足に観光します。

Dsc06784 Dsc06795 Dsc06799

武田信玄公の話の前に、今回は坂本龍馬の許嫁ともいわれる千葉佐那さんのお墓参りへも行ってきました。
実は、私は坂本龍馬に関する幕末物語を語る上で、坂本龍馬のファンというわけではありません(笑)。実は、一番興味がある人は千葉佐那さんです。他には勝海舟近藤勇(新撰組)が大好きです♪

Dsc06815 Dsc06817 Dsc06818

龍馬が千葉定吉の千葉道場に通いきた頃に知り合い、のちに婚約したという。
「馬に乗り、剣も強く、(平井)加尾よりもう少し美人、心栄えは男も及ばない、それでいて静か」
と、龍馬は姉の乙女に宛てた手紙に記していますが、二人が結ばれることはありませんでした。

龍馬の死後も、佐那さんは結婚せず、一生独身を通し、その信念の表れとして、墓碑には後ろ部分に「坂本龍馬室」と刻まれています。

皆さんは、現在 出会った素敵な方々と、一生過ごしていけるための何か心得をお持ちですか?

Dsc06819 Dsc06829 Dsc06828

そもそも、私が歴史好きになったのは、父の影響がかなり大きいと思われます。
さかのぼること、私が小学生の頃、当時 厳しいしつけで育てられていた私は平日は基本的に20時までには布団の中に入っていなければならなかったのですが、父がNHK大河ドラマを見ることもあり、大河ドラマを見るのであれば、日曜の夜(一部、水曜)に限っては21時まで起きていられる・・・という決め事がありました。

Dsc06834 Dsc06835 Dsc06842

そこで、私は「宮本武蔵[1984年]」「真田太平記(真田幸村)[1985年]」「武蔵坊弁慶[1986年]」「独眼竜正宗(伊達政宗)[1987年]」「武田信玄[1988年]」「春日局[1989年]」と歴史ドラマを見ると共に、当時 流行していたファミコン(ファミリーコンピューターゲーム)の「信長の野望」というゲームや「三国志」に友人と共に熱中していきました(笑)。

Dsc06843 Dsc06846 Dsc06852

私の当時の記憶では、父は上杉謙信が好きだったように記憶しています。
私は、ドラマの影響もあり真田幸村、伊達政宗、織田信長が好きになりました。
今日は、そんな上杉謙信の最大のライバルとなった武田信玄公をまつった神社 武田神社へも足を運んできました♪

歴史好きである。そのことだけで、いまの仕事も何倍にも楽しめるようになったことを考えると、父に対する感謝はこの場で述べられるほど簡単なものではないかも知れません。しかしながら、父だけでなく母に対しても同様に大きく感謝しております。

父と母の大きな支えにより、その息子のブログは、まだまだ続くことになります・・・(苦笑)。

Dsc06847 Dsc06848 Dsc06849

武田神社は元来、武田氏三代が63年に渡り国政を執った由緒ある「つつじヶ崎」の館跡で、国の史跡に指定されています。
つつじヶ崎の館は戦国大名としては全国最大規模を誇るものだそうです。

Dsc06855 Dsc06860_2 Dsc06864

武田神社に足を踏み入れると、戦国時代に戻ったような空気を感じることが出来ました。
幽玄な世界観の中、空気や水などの自然の囁きと鳥たちの鳴き声・・・心が美しいものに囲まれたような気分を味わえました♪

Dsc06870_2 Dsc06869 Dsc06874

実は、武田神社に来る前の信玄公像前で素敵な出会いがありました♪
信玄公像の裏にて、デジカメで写真を撮影している最中に、そこで腰を下ろしていた50代前後の女性に声をかけられたのです。

Dsc06879 Dsc06883 Dsc06888

私が何枚も何枚も撮り続ける様子に関心して、声をかけて頂いた様子(笑)。私自身も甲府の地は初めてだったため、いくつか疑問に感じていた事や知りたかったことを伺いました(笑)。
5分程度の短い会話のやりとりでしたが、非常に楽しませて頂きました♪
考えてみると、私は仕事や旅先でよく見知らぬ方々と、言葉を交わす機会が多いように思います。

Dsc06890 Dsc06891 Dsc06892

商談先の方やタクシーの運転手はもちろん、食事をしている最中や、道端などでも見知らぬ方から声をかけられたり、自分から声をかけたり・・・。旅先では色々な素敵な出会いがあります

Dsc06903 Dsc06906 Dsc06907

ちなみに、今回 訪問した信玄公墓は遺体を火葬した場所だといわれているのだそうです。
信玄公の墓はこのほかにも日本全国にあちこちにあるようです。これは信玄公の遺言により、喪を3年間秘めていたことや、万一の外敵を恐れて、埋葬地を秘密にした結果ともみられているのだそうです。

Dsc06893 Dsc06895 Dsc06899 Dsc06901

信玄公はこの緑に囲まれた地で、いま何を思っているのでしょうか?

Dsc06909 Dsc06914 Dsc06917 Dsc06922

更に、次の商談先に向かうため長野県松本市へ向かいますが、今回は甲府の商談後の時間をあまりにも堪能し過ぎたため、夕方過ぎに足を踏み入れた松本市での商談先へは10分も遅刻してしまいました(苦笑)。
商談先の方へは大変申し訳ないことを致しました。

Dsc06928 Dsc06930

しかし、懲りることはありません(笑)。
無事に商談を終えた後は、松本城を訪問させて頂きました♪

Dsc06942 Dsc06945 Dsc06947

今日の全走行距離は約470キロ
車での走行としては一日でも充分にこなせる大した距離ではありませんが、武田信玄公や坂本龍馬の時代でも、何日もかけて同じように歩いていた人々がいることを考えると、とてつもない距離になると思われます(苦笑)。

Dsc06948 Dsc06955

明日からは、暦では三連休♪
私は無事に休むことが出来ますが、もちろん仕事をされる方々もおられると思います。

Dsc06963 Dsc06972 Dsc06973

今日は非常に長文のブログにお付き合い頂きまして、まことにありがとうございます。
一般的に、ブログな短く表現される方が多いようですが、私はあまり“一般的なこと”を気にしておりません(笑)。
悪気はないのですが、思ったことを“そのまま”伝えたいだけです♪

Dsc06970 Dsc06971 Dsc06978

「読んだものによって精神的に成長するのでなく、それについて何を考えるかによって成長するのだ。」by.ウォレス・D・ワトルズ

「1日 0.2%の努力をすると、1年後には 207.3%になる。」by.勝間和代

「天才は、誰もが見えているものを見て、誰もが考えたことのないことを考える。」by.アルバート・セント・ジョルジ

Dsc06979_3 Dsc06755_2

皆さんは、今日どのような“気づき”がありましたか?
(今回のブログを最後まで、お読み頂いた方が本当にいるのか心配でもありますが・・・苦笑。)

つづきはまた今度♪

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2010年7月14日 (水)

みちしるべ。

今日は仕事の都合で静岡県伊東市にて2件の商談です。
東京都内から静岡県伊東市へは車で片道3時間半前後(平日の渋滞していない場合で)の道のりとなります♪
この伊東市へ足を運ぶこと自体が数年ぶりとなりますので、仕事とはいえワクワクさせられるのも無理はありません(笑)。

Dsc06497 Dsc06512

静岡県伊東市・・・地図上で確認すると分かりますが、私が最近 意識的に訪問している“幕末の歴史”上を語る上で、重要な地となる静岡県下田市が近くにあるように思えるのも気になるところです(笑)。

Dsc06516 Dsc06519

なんとか足を延ばせないものか、商談時間より2時間の余裕を見て早目に行動しますが、時間の合間を潜り抜けれるほどの余裕はありませんでした(笑)。
何せ、伊東市へ足を運んで実際にカーナビで調べて分かったのですが、伊東市~下田市は片道でも1時間半前後の距離感があったのです。

Dsc06526 Dsc06527 Dsc06528

そうなると、仕事を終えた後を狙うしかありません(笑)。
往復すると伊東市~下田市間だけでも3時間前後の時間がかかります。
今年の9月で関東を離れ、九州へ戻ることを考慮すると、今回ですら数年ぶりの伊東市訪問であることを思えば、下田市へ足を運ぶ機会は 今日を逃すと一生に一度あるかないかの事となりかねません(笑)。

Dsc06531 Dsc06542

無事に商談を終え、今日の仕事を終わらせると伊豆半島を更に南下し、静岡県下田市へ向かいます♪

Dsc06547 Dsc06551 Dsc06554

「ペリー艦隊来航記念碑」、「開国記念碑」、「吉田松陰拘禁之跡」、「宝福寺(山内容動 勝海舟 会見の地)」、「吉田松陰 踏海の地(吉田松陰・金子重輔銅像)」、「三島神社(吉田松陰像)」などなど、“黒船来航と開国”にまつわる地を巡ります♪

Dsc06565 Dsc06574 Dsc06581

特に、憂国の情から密航を企て失敗してしまいましたが、吉田松陰の激越な教えは高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文などの門下生に引き継がれ、やがて維新の原動力となって開花していきました。

Dsc06581_2 Dsc06585 Dsc06586

とはいえ、一方で新撰組や会津若松の白虎隊などの悲劇を生むきっかけにもなりました。
歴史上から「勝てば官軍」という言葉が生まれたことを考えると、なかなか歴史の中での正義や認識を考える上でも、人間の考え方というものは非常に複雑で難しいものだなぁ。そのようにも考えさせられる一日でもありました。

そんな私は、今年初旬の高知県土佐市へ旅行に行くまでは、幕末の知識は皆無に等しい状態でした(笑)。坂本龍馬に関する地へ足を運んだことにより、幕末物語を知りたいと思うきっかけが生まれました♪歴史上の土地を巡るのは、新しい“気づき”を得ることができます。

Dsc06604 Dsc06607_2 Dsc06609

勝てば官軍・・・。
力がなければ「正義」など何の意味も持たないという理不尽な現実を表す言葉のように思えます。

Dsc06611 Dsc06613 Dsc06618

ちなみに英語でこれに相当する言葉は、
「Might is right.」
直訳すると、「力は正義」になるのだそうです。

Dsc06628 Dsc06629 Dsc06635

今回の参議院選挙でも再び「ねじれ状態」となりました。
与党も野党も、どちらも揺れている(あるいはブレている)時代なのかも知れません。

Dsc06636 Dsc06638 Dsc06641

皆さんが持つ、ブレない思想や信念はどのようなものなのでしょうか?

Dsc06647 Dsc06648 Dsc06650

皆さんは今日という一日をどのように過ごされたでしょうか?

Dsc06655 Dsc06656 Dsc06663

今日の静岡~関東は曇りを中心とし、晴れ間が見えたり雨が降ったりと、天候の変わりやすい一日でした♪
人生も同じかも知れません(笑)。
そんな中で、帰路の途中で一筋のと遭遇致しました。

Dsc06666 Dsc06670 Dsc06691

「人生には、道標(みちしるべ)などない。」by.齊藤茂太。

自分の生きる道を見つけるためには、何度も道に迷わなくてはならない。
迷いながら、やっと見つけ出し、今度はそのでこぼこ道をならし、舗装していかなければならない。
脇道を生かして、本道にする。

Dsc06692 Dsc06699 Dsc06703

つづきはまた今度♪

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2010年6月21日 (月)

自分の存在。

今日は静岡県焼津市へ行ってきました♪
毎回のことではありますが、この焼津市の商談先の方々は非常に楽しい気分にさせられます(笑)。
もしかすると、私と同じ福岡県出身の方がいるからかも知れません。

Dsc05866 Dsc05869

九州に住んでいる頃は気付かなかったのですが、日本中を飛び回っていると意外に九州出身の方に出会うものです♪
しかも、九州に住んでいる頃は隣の県の方々と接していても特別な感情が湧くこともなかったのですが、本州や北海道などで出会った方が“九州出身”というだけで、急に身近に感じたり、親しくなったりするのですから不思議なものです(笑)。

Dsc05870 Dsc05871

そのような中で、今日も商談の合間合間に福岡や九州の話題で盛り上がりを見せ、非常に楽しいひと時を過ごさせて頂きました♪

Dsc05873 Dsc05876

ところで、
楽しそうな人と一緒にいると、とても楽しい気分にさせられるものです♪
その一方で、
いつも気分が落ち込んでいる人や、愚痴ばかりこぼしている人と一緒にいると、とても不快な気分にさせられたり、こちらの気分まで落ち込んでしまうもです(笑)。

皆さんは、どちらの方の人間でしょうか?

Dsc05881 Dsc05886

いつも笑顔で素敵な方に見えても、実は苦労の絶えない日々を過ごしていたり、大変辛い環境の中で頑張っている人もいます。
逆に、いつも愚痴ばかりこぼしていますが、それほど不幸に見えない環境や実は恵まれているように思える人も沢山います。

Dsc05883 Dsc05885

結局、環境や世間体というものは ほぼ関係ないのかも知れません(笑)。

自分自身の個性や幸・不幸を決めるのも自分自身であり、出身地や年齢、育った環境なども含め、すべては自分自身の気持ちや思い込みにより“自分自身が自分を作り上げている”のだと思います。

明日は東京都八王子市で、福岡県飯塚市出身の方と商談です。なぜか、それだけなのに身近に感じられ、ワクワクさせられます(笑)♪

Dsc05890 Dsc05891

皆さんは、誰と会うと元気や笑顔をもらえますか?
そして、自分自身はそのような存在になれていますか?

Dsc05900 Dsc05911

つづきはまた今度♪

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2010年5月28日 (金)

環境やトラブルに左右されない心。

今日は仕事の都合上、静岡県へ向かいます♪
しかしながら、向かっている新幹線の中で突然のハプニングのため、急遽 今日の商談は中止となり数週間後へ延期(笑)。やっぱり、ハプニングはつきものです♪

Dsc04479 Dsc04481

このまま黙って帰るわけにもいきません♪
せっかくの静岡、今まで仕事ばかりで楽しむ機会も少なかったため、駿河公園へ向かいます(笑)。

Dsc04486 Dsc04490 Dsc04489

今日の静岡での商談は延期となり、良い結果にはならなかったのかも知れませんが、そんな中でも今の時代は携帯電話一つで仕事ができる世の中です(笑)。
数本の電話をかけただけで、数件の商談をまとめられ、契約に結びつけられるのも現代ならではかも知れません♪

Dsc04498 Dsc04503 Dsc04505

こうやって、駿河公園を観光しながらでも、携帯電話一本で数百万の商談が何件も稼働する恐ろしい世の中です。

Dsc04510 Dsc04512 Dsc04519

新幹線の中で、時代ものの本を読んでいただけに、江戸時代前後と現代とでの“時の流れ”の早さの違いに少し違和感を感じながら、駿河公園の徳川家康公の像を目にします。
時の流れを、歴史的建造物と携帯電話を片手にしながら、感慨深く楽しませて頂きました。

Dsc04520 Dsc04522 Dsc04557

「人の一生は重荷を負て遠く道をゆくが如し急ぐべからず。不自由を常と思えば不足ない心に望みおこらば困窮したる時と思ひ出すべし。」

Dsc04574 Dsc04576 Dsc04585

今日出会った素敵な言葉です。
「世界が美しく見えるのは、“美しいものを、美しく見える心”を持っているから。」

Dsc04579 Dsc04582

仕事上でハプニングがあったおかげで、素晴らしい一日を送ることができました♪

“幸せ”と感じるのも“不幸”と感じるのも、自分の心 次第なのかも知れません。

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2010年5月19日 (水)

新たな気づき。

今日は東京と静岡県浜松市にて商談です♪
ここ数カ月は北海道や東北への出張が集中していましたが、最近、静岡方向へ行く機会も増えてきています(とはいえ、北への出張が減ったわけでもありませんが・・・笑)。
いずれにせよ、日本中を動き回るというのは本当に気持ちの良いものです(笑)。

Dsc04060 Dsc04061

自分の住む町ばかりに留まっていると、新しい発見や日常の変化に なかなか“気づかない”事が多くなりがちです。
色々な場所へ行って、そこで今までにない発見をし、更に戻ってきて日頃は気づかなかった事に気づかされる♪

Dsc04062 Dsc04063

個人的には、最近は少し仕事の方が忙しくなってきてはいますが、そのような中でも 心にゆとりを持てるか?という点も重要だと思っています。焦っていたり、土壇場で計画が変更になったり、想定していた展開にならなかったり、どんな仕事でも、勉強、恋愛、遊び、子育てにおいても、トラブルやハプニングはつきものです♪

Dsc04064 Dsc04065

そのような時に、
「こんなはずでは無かった。」
とか
「自分の実力はこんなものでは無い。」
と思いたくなる時は、誰にでもあるものです(笑)。

Dsc04069 Dsc04070

とある著書で、このことについて
「“不調こそ、我が実力”と思え。」
と述べています。

Dsc04071

調子のよい時に「これが自分の実力」と浮かれるのをやめ、不調を自分の基準にすれば、安定した調子がつくれる。

Dsc04072 Dsc04073

トラブルやハプニングを楽しむ♪くらいの心構えが日頃から出来ていれば、どんな状況にも動じない度胸や冷静さが、返って 被害を最小限に食い止めたり、むしろ大逆転劇の展開を生むことにも繋がるかも知れません(笑)。
「チャンスの時こそ十分に用心し、危機の時こそチャンスと思え。」
とはよくいったものです♪

Dsc04075 Dsc04076

いつも会う度に、素敵なオーラに包まれたような方がいます。
まさにそんな方は 日頃の素敵な習慣が身についているのかも知れません♪

Dsc04084_2 Dsc04085

昨日、商談先のカレンダーにたまたま記載されていた言葉を思い出したので、掲載致します(笑)。
「打ち込まずして、成功は おぼつかない。」

私自身、今日は商談の先々で新しい気づきと出会いました。商談先でお世話になった方々へ感謝致します♪

Dsc04086 Dsc04053

皆さんは、どのような人と一緒にいると安心しますか?
そして、どのような人に会うと どのような場所へ行くと“新しい気づき”を得ることができますか?

新たな“気づき”があれば、ポチッして頂けると幸いです♪

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2010年5月14日 (金)

心の扉。

今日は朝一からとんでもない幕開けを迎えました(笑)。

今日は、午前から静岡にて商談というわけで、早目に起床をしていました。
しかしながら、予想外のことは必ず起こるものです・・・お腹がギュルギュルギュルっと(笑)。

Dsc03627

新幹線の時間があるため、慌ててトイレに駆け込み時間ギリギリまでトイレの中で頑張ると、今後はトイレットペーパーが切れて、新しいペーパーを補充しようとタンスを見ると、普段片付けられているタンスが今日に限って服で埋め尽くされています(笑)。

更に、慌てて今度は玄関へ駆け込むと、日頃は片付いている玄関が今朝に限ってスペースがないほど靴が散らかっていました(笑)。

Dsc03631

私が幼少の頃、玄関が散らかっていると、鬼のような顔をした父が必ず私に怒鳴り声をあげていました。
「玄関だけは常に綺麗にしろって言ってるだろうが!」
その父の気持ちが今日になって初めて、理解出来ました(笑)。

Dsc03633

その玄関の散らかっている靴を片付けるために、屈んだ瞬間・・・股間からベリベリベリッ♪
最も聴きたくない音が聞こえてきました。
そこには、2年間愛用し続けていたHUGOのスーツのズボンがパックリと股間で裂けていました。数ヶ月前、手直しのためにメーカーに出して、戻ってきたばかりのズボンです(笑)。

Dsc03634

もう間に合わないほど時間を圧している!
そう思いながら着ていたスーツを脱ぎ、慌てて取りだした次のHUGOのスーツは数日前にクリーニングから戻ってきたばかりのスーツでした・・・
しかし、事前に購入していた新幹線のチケットは、学生の団体によって既に「禁煙席」の指定席の多くを買い占められていました。
仕方なく予約したチケットは「喫煙席」(その時は、東京~静岡間は1時間だから我慢すれば良いと判断したため)だったため、クリーニングあがりのスーツに煙草の臭いが・・・・・(笑)。

Dsc03636

起こった事実に対して、嘆いたり、悲しんだり、怒りを感じても仕方ありません(笑)。
事実とどう向き合うか?同じ失敗を二度と繰り返さないよう今後どうするのか?

失敗は 多くのことを教えてくれます♪

Dsc03637

そんな酷い朝を一掃してくれたのが、車の扉を開きながら「どうも、ご無沙汰してます♪相変わらず いつも忙しそうですが、元気そうなので安心しました。」と迎えてくれた笑顔でした。
そう、静岡駅にて待ち合わせていた仕事仲間です♪

Dsc03638

「また爽やかな笑顔ですが、なにかいいことでもありましたか?」
そう、そう言って下さるその瞬間は忘れていました・・・朝からいいことなんて何一つなかった(笑)。
唯一、新幹線内で読書に夢中になっていたため、朝の一連を全て忘れていました・・・「いいことでもありましたか?」と言われるその直前まで(笑)。

Dsc03639

その静岡駅から商談先に向かうまで約30分、その方とはまだ3度しかお会いしていませんが密度の濃い話をさせて頂きました♪その方も、おっしゃっていましたが初対面の時からプライベートな話ができるというのは、素敵だと思います(笑)。

Dsc03645

「どうしてだろうなぁ~?!私は日頃からプライベートな話を人とペラペラとするタイプではないのですが、いつも楽しくお話しさせて頂けるので、会う度にワクワクさせられちゃいますよねぇ。」
嬉しいことを おっしゃって下さいます(笑)。こちらの方こそ、いつもワクワクさせられています♪

Dsc03650

車の中で、多くの“気づき”を頂きました。

「“瞬間”の大切さ」
現代は効率化が進み、時間を有効に使うツールや手段が非常に多くなりました。
ところが、それらの“手段”や“テクニック”にばかり目を向け過ぎるため、“瞬間”の大切さに気づけなくなりがちになってきたのではないか?というのです。

Dsc03652

その点に比べ、坂本龍馬や戦国時代の方々の時代は“瞬間”や“一期一会”の大切さを「当たり前にして」知っていたのではないでしょうか?
誰かに会う(または商談する)ために、事前に電話が出来る状態でもないのに、何カ月もかけて歩いて、その人と会う時代です。
「○○さんは、今日はご不在です。」といわれて、
「そうですか♪」と簡単に諦めて帰れるはずがないのです(笑)。
「では、待たせて頂きます。」
それが何日か何カ月かは分かりません。
しかも会えたところで、話しが成立するとは限りません(笑)。

Dsc03654

いまは移動の手段も楽になりました。
「では、またの機会に♪」
そんな台詞も日頃からよく聞かれるような気が致します(笑)。

粘り強さ。我慢。情熱。
これらが昔と比較すると、薄れつつあるのではないでしょうか?
“瞬間”の大切さに、気付けていない可能性があるのではないでしょうか?

Dsc03659

もちろん昔と現代を比較し、昔のモノやコトが全て優れているというつもりはありません。
いや、むしろ現代の方が優れている点は多いと思います♪

Dsc03660

「昔の方は、その商談に向かう際、“この商談が上手くいくかなぁ。失敗するかも知れないなぁ。”なんて思いながら何カ月もかけて商談先に歩いて行っていたわけじゃないと思うんですよねぇ(笑)。“必ず成功させる。”そう思ってないと何カ月も歩いて来れないですよねぇ(笑)。」

彼の言葉を聞きながら、遠くの“目標”を見つめながら日々努力している昔の人々と、目先のことで精一杯に日々を追われながら“手段”で悩まされている現代の人々の姿が頭に浮かびました。

Dsc03664

今日の商談は大成功でした。大成功というより、とても素敵な商談でした。
あの商談の中で交わされた多くの話題(仕事の話はほとんどなく世間話ばかりでしたが)は、私の気持ちだけでなく、あの場にいた全員の心に残る深みのある会話ができていたような気がします(笑)。それは・・・言葉ではなかなか伝え辛いのですが、人と人との繋がりが“一つの点”から(水面に石を投げた波紋のように)“円になり広がっていく”ような感覚を肌で感じました♪
まさに“奇跡”の瞬間を見たような気が致しました(笑)。

Dsc03665

良い種を植えても、悪い種を植えても、やがてその種は早かれ遅かれ育っていきます
自分自身が日頃 何気なく蒔いている種、それはどんな種なのでしょうか?

良いことも、悪いことも、全ては大きな波紋となり繋がっていく。
そんな気が致しました(笑)。

Dsc03666

思えば、朝のスーツのズボンが一気に破れたように、その銃声が鳴るまで、引き金がひかれるまで、弾が刻々と積められている準備は迫っていたのかも知れません(笑)。
お腹の調子、トイレットペーパー、玄関の状態・・・
もちろん、これらは全て“思い込み”といい替えるのは簡単だし、事実 その可能性も大きくあります♪

Dsc03667

“全ての捉え方、種の蒔き方は 自分自身で決めることができる”のだと思います(笑)。
全ては世の中でなく、自分の心の中で決めているのだと思います♪

“世の中で起きている”と思い込んでいることの多くは、“自分の心の中で起きている”
そんな風に思うのは、極端過ぎる話とはいい切れないかも知れません(笑)。

Dsc03669 Dsc03670

素敵な扉は、車の扉が開いた瞬間の笑顔から始まっていました。
いや、そもそもその前から開かれていたのかも知れません♪

Dsc03671

今日、私と同行して頂いた仲間はもちろん、その場に居合わせた方々は今日の話の中で“奇跡”が生まれる瞬間の数々を共に感じて頂けたと思います(笑)。
このブログでは、とてもではありませんがそれらの内容全てが書けるはずもなく、ほんの一部のみ掲載し、そのほとんどを割愛させて頂きました。
その場に居合わせた方々、そして今日という素敵な一日へ、深く感謝致します。

また、今日は長文の記事となりました(笑)。
最後までお読み頂いた方々へも深く感謝致します。

Dsc03674

幕は既にあがっています
皆さんがいま、開こうとしている扉の先にはなにが見えますか?

↓新たな“気づき”があれば、ポチッして頂けると幸いです♪

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2010年5月 2日 (日)

旅から学ぶもの。

昨晩、東京へ戻ってきました♪
昨日は下呂温泉で、素敵な大自然の景色の中で朝を迎えました。

Dsc02778Dsc02779Dsc02780

ゴールデンウィークに入ってからこの数日前半、非常に良い天気に恵まれました♪
特に大きな出費もしていない中で、一生忘れないであろう沢山の思い出が詰まった貴重な体験を味わえ、本当に素敵な日々を送らせて頂いています♪

Dsc02794 Dsc02795

昨日は下呂温泉街をのんびりと過ごさせて頂きました。
大自然で触れる風、川の音色、見たことのない綺麗な鳥、鷹の美しい鳴き声などなど・・・
どれもが新鮮で、心が安らぎました♪

Dsc02802 Dsc02807

途中でチャップリン像に出会いましたが、近くにいた現地の方に聞くと実はチャップリンと所縁があるわけでなく、観光の一つとして“皆を喜ばせたい”そんなチャップリンと同じ気持ちで、像を作ったのだそうです(笑)。

Dsc02830 Dsc02841

旅は本当に良いものです♪
知らない場所で、知らない方々と触れ合い、様々な知らないことが自分自身に入り込んできます♪

Dsc02856 Dsc02869

昨日読み終えた著書は、次のように述べていました。

Dsc02862 Dsc02864 Dsc02872

「かつて自然と接して生活していた時代は、自然の厳しさを絶えず感じていたに違いありません。自然は人間に優しい恵みを与えてくれますが、本来は厳しいものです。」

Dsc02907 Dsc02911 Dsc02932

「厳しさとは激しさのことであり、その厳しさを克服し打ち破ることが“感激”を生みます。楽なほう楽なほうへと流れている限りは感激は起きません。感じたら動くことが“感動”です。」

Dsc02958 Dsc02966 Dsc02994

人間には“何も楽しめない人間”“自分だけ楽しむ人間”“周りにも楽しみをつくれる人間”の3つのタイプがいます。仕事も遊びも全部楽しくしてしまえばよいのです。」

Dsc03001 Dsc03028 Dsc03016

私個人は地方へも足を頻繁に運びますが、東京から出る機会の少ない嫁さんにとっては全てが新鮮だったかと思います(笑)。
旅は様々な学びを与えてくれますが、人生そのものもまた 旅の連続といえるのかも知れません。

Dsc03042 Dsc03049 Dsc03059

今回の旅行を影で支えて下さったホテルの従業員の方々や列車を運営している方々、そして街の方々や大自然に対して 心より感謝致します♪

Dsc03076 Dsc03080 Dsc03092

岐阜県の下呂温泉を離れ、5時間弱の短い道のりで東京の自宅に着いてしまいます(笑)。本当に便利な世の中になりましたが、昔の方は歩く道中で 更なる大きな学びがあったに違いありません。

そしてまた今日、新たな一歩が始まります♪
皆さんはこのゴールデンウィーク前と後では、どれほどの多くの新しい発見をするのでしょうか?

Dsc03126 Dsc03158 Dsc03163

↓下呂温泉に興味が湧いた方、もしくは既に行ったことのある方、更には新たな“気づき”があった方は、ポチッして頂けると幸いです♪

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪