ブログランキング

  • 皆さんのお力を頂ければ幸いです。下のバナーをクリックすると、ポイントが入ると同時に、現在のランキング状況の確認も出来ます。皆さんの温かいワンクリックを宜しくお願いします。↓
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

■中国地方

2012年4月15日 (日)

自分自身を磨く教育(ねがい)。

先日、

日本テレビ「アナザースカイ」

を見ていると、ゲストに

“尾木ママ”こと教育評論家

尾木直樹 さん

が出演されていました。

(写真は、4/12に仕事の都合で訪問しました福岡県福岡市山口県防府市福岡県粕屋郡にて撮影した風景です。)

Dsc01160 Dsc01161

金八先生のモデル

にもなった方ですし、

頻繁にTVにも出ていますので

ご存知の方も多いかと思います♪

Dsc01163 Dsc01165

そんな尾木さんが

「海外にある、第2の故郷」

として、向かった先は

世界一の教育国と言われている

オランダ

Dsc01166 Dsc01169

その、先進教育

自分でモノを考え、

人との比較・競争をするのではなく、

“自分自身を磨く教育”

でした。

Dsc01171 Dsc01172

時間割がなく、
(時間割は自分で決める。)

学年もなく、

チャイムもなく、

宿題やテストまでない。

Dsc01173 Dsc01175_2


“大人と子供”

ではなく、

“人と人”

としての人間関係を築き上げる。

Dsc01176 Dsc01178
Dsc01179 Dsc01180

B’zというバンド

は皆さんもご存知の方が多いかと思いますが、

彼らが歌う曲の中に

「ねがい」

という曲があります。

Dsc01181 Dsc01182
Dsc01183 Dsc01184

この曲は、私が東京在住時に

日付が変わるか変わらないかの時間まで

一生懸命 仕事をし、

その帰宅をするときに

聴いていた曲でした♪

Dsc01185 Dsc01187
Dsc01188 Dsc01191

「最終電車に揺られて~♪」

から始まるその歌詞が

当時の自分自身に

とても合致していたからです(笑)。

Dsc01192 Dsc01193

Dsc01196 Dsc01197

その歌詞には非常に素晴らしい台詞が沢山含まれています。

「“いつのまにか”じゃない、

 自分で選んで歩いてきたこの迷路。」

「願いよ叶え、いつの日か、

 そうなるように、生きてゆけ。」

Dsc01198 Dsc01199

「僕は僕に。君は君に。

 拝みたおして、泣けばいい。」

誰のためでもない、

 流れ落ちそうな、この熱い涙は。」

他人に頼ることなく、自らの力で道を拓く。

そんな力強い歌詞を

尾木ママの笑顔を見ていると

思い出しました(笑)。

Dsc01201 Dsc01203
Dsc01205 Dsc01206

信念を貫き通す

尾木さんの生き様

あの豊かな笑顔をつくりあげている。

そのようにも感じさせられました。

Dsc01208 Dsc01210
Dsc01212 Dsc01214

「人生は、自分でオーガナイズするもの。」by.滝川クリステル

「人は誰でも、時に過大評価され、時に過小評価される。」by.曽野綾子

「“がんばります”ではなくて、“がんばりました”と言える人間になってほしい。」by.三沢光晴

「“そこまでやるの?”“もうできているの?”と言われて初めてプロの仕事。」by.関正生

「人は、うまくいかない事で試されたり、うまくいく事で試されたりする。」by.福島正伸

Dsc01215 Dsc01216
Dsc01218 Dsc01219

私事ではありますが、

今日は嫁さんが東京で

“自分の願い”を叶えるために

独りで戦っています♪

Dsc01221 Dsc01222
Dsc01224 Dsc01226

私は、福岡に残り

明日からの仕事の準備と、

とあるロックバンドの

LIVEを楽しんできます♪
(元々は一緒に行くつもりでチケットを二人分用意していたのですが)

Dsc01229 Dsc01228
Dsc01230 Dsc01232

このたびのご訪問、まことに ありがとうございます。

↑ポチッと押して応援して頂けると非常に嬉しいです♪

Dsc01234 Dsc01235
Dsc01238

どこにいても、

なにをしていても

ねがいは同じ。

皆さんは、どのような願いを心に抱いていますか?

Dsc01241_2 Dsc01240

今日も長文にお付き合い頂きまして、まことに有難うございます。
つづきはまた今度♪

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2012年3月30日 (金)

いまを見つめる(出雲大社)。

久しぶりのブログ更新です♪

非常に多忙な一週間を過ごしています(笑)。

(写真は2012年3月22日に訪問しました島根県松江市出雲市にて撮影した風景です。)

Dsc00257 Dsc00259
Dsc00261 Dsc00263

この一週間の商談で訪問した先は、

福岡県福岡市、北九州市、飯塚市、田川市、太宰府市、宗像市、

熊本県熊本市、

大分県別府市、大分市、

長崎県佐世保市、

です♪

Dsc00268 Dsc00269
Dsc00271 Dsc00274

多忙になればなるほど、

以前まで

“忙しくて大変だ”

と思えていたことが、

笑えてくるものです(笑)。

Dsc00275 Dsc00276
Dsc00284 Dsc00288

人は、目先のことに気を取られてしまうと、

いつも『現在』に対して

“不安”“不満”

を感じてしまい、

愚痴をこぼしてしまったり、

弱気になってしまう

のかも知れません。

Dsc00289 Dsc00292

Dsc00299 Dsc00301

そして再び、

更なる“不安”や“不満”な状況に追い込まれて

実は『そのときの現在(いまとなっては『過去』)

の環境がいかに恵まれていたのか、

を知る。

のかも知れません(笑)。

Dsc00308 Dsc00309
Dsc00311 Dsc00314

とするならば、

いま目の前にある『現在』。

これをいかに楽しめるのか?

生き甲斐に感じることができるのか?

それらすべては

日頃の心掛けや習慣によって

つくられるのかも知れません♪

Dsc00315 Dsc00316
Dsc00323 Dsc00324

「人間の幸福は、決して神や仏が握っているものではない。自分自身の中にそれを左右するカギがある。」by.ラルフ・ワルド・エマーソン

「孤独が恐ろしいのは孤独そのもののためでなく、むしろ孤独の条件によってである。」by.三木清

「富を失う者は多くを失い、友人を失う者はさらに多くを失う。しかし、勇気を失う者はすべてを失うことになる。」by.セルバンテス

「節約しているのに貧乏になる人もいれば、お金を使いながら裕福になる人もいる。あたしは、人を判断するのに、お金の使い方で見分けることにしている。」by.ココ・シャネル

「やってみなはれ。」by.鳥居信治郎

Dsc00326 Dsc00325
Dsc00328

このたびのご訪問、まことに ありがとうございます。

↑ポチッと押して応援して頂けると非常に嬉しいです♪

Dsc00331 Dsc00339
Dsc00344 Dsc00348

皆さんは、これまで どのような苦労を乗り越えてきましたか?

Dsc00352 Dsc00359
Dsc00363 Dsc00366

今日も長文にお付き合い頂きまして、まことに有難うございます。
つづきはまた今度♪

Dsc00370

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2012年3月23日 (金)

ジカン(松江城)。

昨日は 朝いちから鳥取県米子市を離れ、

先ずは鳥取県境港市にて一件、

その後、島根県の東部に位置します

松江市出雲市 へ訪問します♪

(写真は3/22に、鳥取県米子市~境港市~島根県松江市にて撮影したものです。島根県出雲市~島根県益田市で撮影したものは、後日 掲載致します。)

Dsc00050 Dsc00051
Dsc00054 Dsc00058

それぞれ仕事を終えた後は、

明日の仕事に備え、

島根県西部に位置します

益田市へ一気に移動します。

Dsc00061 Dsc00063
Dsc00064 Dsc00069

朝早くからの仕事が入っていたこともあり、

松江市では約1時間半、

出雲市では約1時間

の仕事の空き時間ができました♪

Dsc00081 Dsc00084
Dsc00091 Dsc00094

そうなれば足を運ぶ先といえば、

『松江城』と、

『出雲大社

いずれも国の重要文化財に指定されており(出雲大社本殿は国宝に指定)、

日本でも非常に有名な観光地になります♪

【参考資料】
松江城公式ホームページ
http://www.matsue-tourism.or.jp/m_castle/
出雲大社公式ホームページ
http://www.izumooyashiro.or.jp/

Dsc00099 Dsc00108
Dsc00114 Dsc00117_2

松江城

日本さくら名所100選

に選ばれているほか、

日本三大湖城の一つでもあります。

(その他の三大湖城は、膳所城[滋賀県大津市]、高島城[長野県諏訪市]。)

Dsc00131 Dsc00133
Dsc00134 Dsc00136

天守閣から眺める風景

は、これまで登閣したどの城よりも

美しい眺めでした。

(個人的には、小田原城からの眺めも大好きです。)

Dsc00138 Dsc00139
Dsc00143 Dsc00148

出雲大社を訪問したときは

途中で あいにくの雨に遭いました。

Dsc00152 Dsc00156
Dsc00158 Dsc00160

しかしながら、

それはそれで 神秘的な姿にも映り、

日本神話などに その伝承が語られていたり、

全国から八百万の神々が集まる所以

を感じたような気もしました(笑)。

Dsc00169 Dsc00172
Dsc00174 Dsc00175

「そこから学び取るものがなければ、どんなものだろうと そのうち飽きが来よう。」by.ウィルギリウス

「人生は列車のようなもの。時に遅く走ることは予測のうちだが、脱線だけは困る。」by.ウィリー・スタージェル

「人間十人十色ではなく、実は 夢のある奴とそうでない男の二種類しかいない。」by.高橋慶一朗

「一番多忙な人間が、一番多くの時間をもつ。」by.アレクサンドル・ビネ

「あらゆる生あるものの目指すところは死である。」by.フロイト

Dsc00177 Dsc00182
Dsc00219Dsc00220

日頃から神社やお寺参りをするように

心がけてはいますが、

特に この出雲大社に関しましては

特別なスポットのようにも感じられました♪

Dsc00232 Dsc00226

このたびのご訪問、まことに ありがとうございます。

↑ポチッと押して応援して頂けると非常に嬉しいです♪

Dsc00231 Dsc00225

皆さんは、時間をどのように利用していますか?

Dsc00242 Dsc00247
Dsc00250 Dsc00252

今日も長文にお付き合い頂きまして、まことに有難うございます。
つづきはまた今度♪

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2012年3月22日 (木)

いつまでも。

昨日は仕事の都合で

福岡県福岡市から移動、

博多駅から岡山県の岡山駅まで

新幹線のぞみ号に乗車、

その後、特急スーパーいなば号に乗り換えて

鳥取県の鳥取駅へ♪

Dsc09810 Dsc09812
Dsc09822 Dsc09826

鳥取市倉吉市にて仕事を終えた後、

今日の朝一の仕事に備え、

鳥取県米子市まで移動してきました。

Dsc09827 Dsc09828
Dsc09829 Dsc09831

博多駅から鳥取駅までは

列車で合計 約4時間。

鳥取市から倉吉市、倉吉市から米子市へは

レンタカーの移動で

それぞれ約1時間半前後になります。

Dsc09835 Dsc09836
Dsc09845 Dsc09846

列車の中では

仕事はもちろん、

読書をしたり、音楽を聴いたりして

快適に過ごします♪

Dsc09850 Dsc09848
Dsc09902 Dsc09904

一昨日、久しぶりの休日の機会に

購入してきたばかりの本5冊

の中から、二冊だけを抜き取り

今回の出張バックの中に

詰め込んできました。

Dsc09909 Dsc09908
Dsc09913 Dsc09914

今回持ち出した著書は、

『クラウド「超」活用術(北真也著)』

『ココ・シャネルという生き方(山口路子著)』

Dsc09916 Dsc09917
Dsc09919 Dsc09920

私の場合は、仕事を通じて

家族や友人たちと旅行するより、

一人旅になる機会の方が

圧倒的に多くなります(笑)。

Dsc09921 Dsc09922
Dsc09926 Dsc09938

見慣れぬ風景に包まれながら、

本を読んだり、景色を眺めたり。

とても素晴らしく貴重な時間

を過ごさせて頂いています♪

Dsc09939 Dsc09943
Dsc09949 Dsc09952

人間は、

家族と暮らしていても

結婚していても

子供を抱えていても、

Dsc09953 Dsc09955

結局は

“孤独”

なのかも知れません。

Dsc09958 Dsc09963
Dsc09965 Dsc09972

しかしながら、

出張に出かけても

家族がいる自宅へ戻っても

一人暮らしであっても、

Dsc09977 Dsc09978

結局は、一日を通して

様々な方々から支えられて生きている。

そのように感じずにはいられない一日でした(笑)。

Dsc09994 Dsc09995
Dsc09996 Dsc09999

「なぜいつも遠くへばかりいこうとするのか?見よ、よきものは身近にあるのを。」by.ゲーテ

「一番 多忙な人間が、一番 多くの時間を持つ。」by.アレクサンドル・ビネ

「ただ幸福のつかみかたを学べばよいのだ。幸福はいつも目の前にあるのだ。」by.ゲーテ

「人は誰しも、一人で生き、一人で死ぬものである。」by.ヤコブセン

「成功は、焦らない人にやってくる。」by.リチャード・カールソン

Dsc00003 Dsc00005
Dsc00012 Dsc00018

「切符を拝見しまーす♪」

「お気をつけて、いってらっしゃいませ♪」

列車の車掌さんや

レンタカーの店員さんが

温かく声をかけて下さる姿に、

改めて、感謝させられました。

Dsc00020 Dsc00021
Dsc00031 Dsc00034

あたかも“当たり前”に思える

何気ない瞬間。

いつまでも続いたらいいのに。

そのように思いながら、

また、刻々と過ぎ行く一日を過ごしました。

Dsc00039 Dsc00040

このたびのご訪問、まことに ありがとうございます。

↑ポチッと押して応援して頂けると非常に嬉しいです♪

Dsc00042 Dsc00043

皆さんは、いまある幸せを 大事にしていますか?

Dsc00047 Dsc00048

今日も長文にお付き合い頂きまして、まことに有難うございます。
つづきはまた今度♪

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2012年1月20日 (金)

仕事の喜び(防府天満宮にて)。

正月を明けて、再び平日の忙しい日々を迎えております♪

(添付の写真は2012年1月18日に仕事で訪問しました山口県防府市にて撮影したものです。)

Dsc07076 Dsc07077

先日、仕事の都合で山口県へ訪問してきました♪

昨年途中から中国地方のエリアに関しましては、

他の営業が担当をするようになったこともあり、

久しぶりの中国地方への訪問となりました。

Dsc07078 Dsc07082
Dsc07080 Dsc07081

プライベートも含めると

中国地方への訪問は

嫁、嫁両親と訪問させて頂きました

萩旅行(2011年11月26日)
(過去ブログ志(萩の歴史)』[2011年11月27日]より)

以来です♪

Dsc07083Dsc07084Dsc07085

今回の訪問は、そのような仕事の経緯もあり

本来 私が訪問する地ではありませんでした。

Dsc07086 Dsc07087

しかしながら、

以前、訪問させて頂いたことのある顧客より

なにかの縁を感じて頂けたのか、

強い要望もありまして、

私が引き続き挨拶に伺うこととなりました♪

本当に有難いことです。

Dsc07088 Dsc07089
Dsc07090 Dsc07092

とは言いつつ、

仕事の話は ほんの数分程度(笑)。

顧客が準備して下さっていた

ケーキ

を頬張りながら、

楽しい会話がメインとなりました♪

三度目の挨拶とはいえ、

非常に有難い訪問をさせて頂くこととなりました。

Dsc07097 Dsc07098
Dsc07100 Dsc07103

そのようなこともありつつ、

昨日、同じ職場の同僚と熊本県熊本市まで

仕事で同行してきました♪

Dsc07108 Dsc07109
Dsc07111

彼との付き合いは、

彼が 入社の面接の際に遅刻してきた日

以来の付き合いになりますので、

約10年の付き合いになります(笑)。

そう、彼の面接をさせて頂いたのは

(当時の)社長と私でした♪

同じ年齢、似たような趣味、

私にとっても会社にとっても

非常に頼りになる素敵な同僚です。

Dsc07112 Dsc07114
Dsc07115 Dsc07116

そんな彼と、数件の仕事を終えて

帰路の車中で聞いてきます。

「毎日、このような楽しい仕事をしているのですか?」

Dsc07118_2 Dsc07119
Dsc07120

彼がいうには、

他の人と同じように

同行して客先へ訪問しても

このような楽しい仕事

ではなかった、

というのです(笑)。

Dsc07121 Dsc07122

ちなみに、昨日の熊本県での商談の際は

2011年“ゆるキャラ”

全国グランプリ一位

に輝いたことでも話題となりました、

熊本県PRマスコットキャラクター

「くまモン」

の話題でおおいに盛り上がりました(笑)。

Dsc07124 Dsc07125
Dsc07127 Dsc07130

「僕はIさん(仕事先の方)とは

 これまで電話で、何十回も会話していたのに、

 “くまモン”とかプライベートな話をしたのは

 今回が初めてでしたよ。」

私はIさんとお会いするのは今回で三度目でした(笑)。

Dsc07131 Dsc07132
Dsc07135 Dsc07138

“くまモン”の存在を知らなかった彼は、

他のスタッフからも散々イジられていました♪

※参考「くまモンオフィシャルサイト」
http://kumamon-official.jp/

Dsc07140 Dsc07142

Dsc07143 Dsc07145_2

「顧客が欲しいものは、“製品”ではない。」by.大前研一

「人間としての基本は、自分で考え、自分で行動し、自分で責任をとることにある。」by.マーガレット・サッチャー

「人に好かれようとするより、人を好きでいられる自分になる。」by.阿部敏郎

「自信があるフリをするのよ。新人のときは いつもそうだった。でも そうしていくうちに、いつか自分のものになっていくの。」by.ジュリア・ロバーツ

「お客様の数だけ、喜びがある。」by.中谷彰宏

Dsc07146 Dsc07147
Dsc07150 Dsc07151

“仕事のやり方”

には色々と、

人それぞれのやり方

があるのかも知れません♪

このたびのご訪問、まことに ありがとうございます。

仕事の中身

も確かに大切なのだと思います。

しかしながら、

私個人の意見としては

それ以上に、

仕事に対する取り組み

の方が非常に大切だと感じています。

Dsc07152 Dsc07153
Dsc07155

皆さんは、どのような仕事(趣味、恋愛、勉強)のやり方をしていますか?

今日も長文にお付き合い頂きまして、まことに有難うございます。
つづきはまた今度♪

Dsc07159 Dsc07162

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2011年11月27日 (日)

志(萩の歴史)

昨日は嫁さん、嫁さん両親と共に山口県萩市へ訪問してきました♪

萩へ訪れるのは、幼少時代に薄らと記憶に残っている程度です。

Dsc02041Dsc02042
Dsc02043 Dsc02047

東京在住時から、ずっと訪問したかった土地の一つでもあっただけに、

朝から 非常にハイテンションになれる一日でした(笑)。

Dsc02057 Dsc02059
Dsc02062 Dsc02063

福岡県福岡市から高速道路を利用して約2時間半、

途中の関門海峡で ゆっくりくつろぎながら道中を楽しみます♪

Dsc02056 Dsc02052
Dsc02048 Dsc02050

先ず最初に訪問したのは松本方面

『松陰神社』

そこで、

『松陰神社』
『松下村塾(しょうかそんじゅく)』

など、吉田松陰所縁の地へ足を運びます。

萩市観光協会公式サイトhttp://www.hagishi.com/

Dsc02065 Dsc02067
Dsc02079 Dsc02080

そこから、

『吉田稔麿誕生地』
『伊藤博文旧宅』
『伊藤博文別邸』
『玉木文之進旧宅』

Dsc02085 Dsc02090
Dsc02105 Dsc02097

さらに歩いて15分ほど山を登ったところへ、
(実際には登ったところに5~6台の駐車スペースが存在しました)

『吉田松陰誕生地』
『吉田松陰銅像』
『吉田松陰の墓』

『高杉晋作の墓』

この吉田松陰誕生の丘の跡地は、

萩市内が一望できる素晴らしい光景でした♪

Dsc02098 Dsc02123
Dsc02127 Dsc02129

松本方面から移動し、次は城下町方面へ車を走らせます♪

城下町では、

『菊屋横町』
『菊屋家住宅』
『旧久保田家住宅』
『江戸屋横町』

『木戸孝允(桂小五郎)旧宅』
『青木周弼 (あおきしゅうすけ)旧宅』
『円政寺』

へ足を運びます。

Dsc02130 Dsc02133
Dsc02077 Dsc02152

そこで一息、昼食休憩にて

『萩の里』さんで、

私は「晋作そばセット」をご馳走になります♪

Dsc02157 Dsc02158
Dsc02162 Dsc02168

美味しい昼食を楽しんだ後、

『高杉晋作立志像』
『高杉晋作誕生地』

『田中義一誕生地』

Dsc02175 Dsc02176
Dsc02181 Dsc02183

そして、私一人で少し脱線して

『久坂元端旧宅跡』

へも足を伸ばさせて頂きます♪

Dsc02192 Dsc02185
Dsc02186 Dsc02194

これらの密集した地域にて、

日本の歴史を変える所縁のある地を探索します。

Dsc02200 Dsc02202
Dsc02217 Dsc02220

当時の面影を残す風景の中を

ゆっくりと時間をかけて

自分の身を預けていると、

まるで時間がトリップするような感覚の中。

Dsc02223 Dsc02226
Dsc02237 Dsc02238

歴史の重み、

時代の流れ、

当時の人々の苦労や志、

などなど。

様々なものが心の中から湧きあがってくる想いでした。

Dsc02244 Dsc02246
Dsc02256 Dsc02255

誤解を恐れずにいうならば、

この小さな一つの街から。

吉田松陰誕生の丘の跡地から一望できてしまうほどの

小さな小さな街から。

Dsc02260 Dsc02261
Dsc02265 Dsc02267

日本をひっくり返すような人々が

生まれ、育ち、学び、

または、

そこに志を持った人々が

集まった。

Dsc02269 Dsc02273
Dsc02274 Dsc02259

いまでこそ、車や列車・飛行機などを利用すれば

日本の隅から隅まで行くことでも容易い とはいえ、

当時は、約150年前の出来事。

Dsc02287 Dsc02288
Dsc02292 Dsc02293

私たちのいまの豊かな暮らしは、

まさに当時の彼らの志により

恩恵を受けていること

を改めて考えさせられました。

Dsc02295 Dsc02296
Dsc02303 Dsc02307

「とにかく行動すること。恐怖心は誰にでもある。恐れること と、怖くて身動きできなくなること は全く別である。」by.ジョン・C・マクスウェル

「失敗は“志”に磨きをかけてくれる。」by.藤巻幸夫

「考えても答えの出ないものはある。しかし、志のある人は 歩いて尋ねて、教えを請い、いずれ答えを出すだろう。」by.松下幸之助

「小さな夢を見る人は、小さな人のまま生き続ける。」by.ロバート・キヨサキ

「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ。」by.勝間和代

Dsc02320 Dsc02323
Dsc02329 Dsc02330

帰路の車内の中で、

温かな光に包まれ、

幸せな気持ちいっぱいにさせられました♪

Dsc02335 Dsc02338
Dsc02332

今回は時間の関係もあり、全ての地へ訪問することは出来ませんでしたが、

次へ楽しみを残す、非常に有意義な一日を過ごすことが出来ました♪

次回は是非、堀内方面菊ヶ浜海水浴場の方まで

足を伸ばしたいと思っています。

このたびのご訪問、まことに ありがとうございます。

皆さんは、どのような時を過ごされていますか?

Dsc02340 Dsc02349
Dsc02393 Dsc02364

今日も長文にお付き合い頂きまして、まことに有難うございます。
つづきはまた今度♪

Dsc02408Dsc02409

Dsc02421 Dsc02428

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2011年5月13日 (金)

いばらの道。

昨日は岡山県井原[イバラ]市へ福岡県から日帰りで出張に行ってきました。
博多駅から岡山駅まで新幹線、岡山駅からJRやローカル路線などを乗り継いで、自宅から目的の井原駅までは4時間の道のりとなります。

Dsc05812 Dsc05816

昼から夕方過ぎまで素敵な方々と仕事を完了させ、自宅へ戻る頃は ぎりぎり日を跨らない程度の時間帯になってしまいます。考えてみると東京在住時は そうやって東京の自宅から秋田県まで新幹線でよく日帰り出張をしていたものです。昨晩は新幹線の帰路の途中、真っ暗な窓の外の風景を眺めながら、様々な思いを巡らせました。

Dsc05824 Dsc05825

ところで、昨日 とある女性タレントの方が自殺をしたという悲しい報道を仕事先で知りました。

私は仕事柄、鹿児島から北海道まで飛び回ることや、東京に6年間住んでいたこともあり、多くの芸能人を見かける機会が多いのですが、実はこの女性タレントの方も先月の東京出張時に羽田空港の南ウイング周辺で多くのスタッフに囲まれている姿を見かけていました(過去ブログ『トウキョウ。』[2011年4月11日]より)。

Dsc05828 Dsc05830

この日は震災から丁度一か月を迎えた日で、羽田空港の人の出入りは未だ非常に少なかったため、芸能人やタレントさんのような存在はいつもより目立っていました(その他にも、福岡空港から羽田空港までの飛行機内でも、とある女性ミュージシャンがスタッフに囲まれながら乗り合わせていました)。

Dsc05832 Dsc05835

敢えて 判別されるようには撮影していませんが、実はその女性タレントさんも私の掲載ブログの写真の中に、非常に小さく写り込んでいます(ガラガラの空港の中で、遠くの一部の椅子周辺にだけ5~6名の集団がありますが、その中にいます)。
皮肉にも、彼女自身のブログにもその時の写真が掲載されていました。

(リンク先「種子島発 みゆ号はっしゃ~」:http://ueharamiyu.fc.yahoo.co.jp/6/580/?a=201104&m=ueharamiyu_19/media/580/1.jpg

Dsc05837 Dsc05838

まだ24歳の若さでした。まだまだこれからの人生だったはずです。

人は生き続けている限り、多くの障害が付きまといます。

特に、“過去の出来事や存在”がいまの生活に、追いかけてくるが如く感情を湧きあがらせてしまうことに、誰もが何度も苦しめられたことはあるはずです。

Dsc05840 Dsc05844

今回の東日本大震災による悲劇で、少なくとも日本人であれば誰もが“命の尊さ”に関して、多かれ少なかれ感じるものがあったと思います。

正直、私個人としては このことで自殺を考える人や無差別事件などが減るのではないか、と 不幸の中から少しでも希望を見出せればと願っていました。

Dsc05849 Dsc05850

しかしながら、そのような考えが甘いものだということを再度知らされたような気がしました。

生き続けるということは、まさに茨[イバラ]の道を駆け抜けているようなものなのかも知れません。

Dsc05855 Dsc05856

相次ぐ芸能人や著名人たちの自殺は、一般の方々がする自殺とは事情も環境も全く違うかも知れません。

しかしながら、この地球上で、自殺をする生物は おそらく人間だけなのではないか?という点におきましては、同じ性質のものを感じます。

その複雑な思考により発達・発展してきた人間が、自らの命を絶ってしまう皮肉をも身につけてしまった事に、非常に切なく感じさせられました。

Dsc05857 Dsc05864

井原[イバラ]を去る列車から眺める外の風景は、駆け抜けても駆け抜けても 真っ暗でした。

Dsc05875 Dsc05879

「人は男であろうと女であろうと、基本的には一人で生きて行かなくてはならない。それができない人は“自由人”ではなく、一人になったらどうしようかという恐怖に捉えられている“不自由人”である。」by.曽野綾子

「ネガティブな思いに落ち込むのは、実に簡単だ。」by.ジョー・ヴィターリ

「長期的な関係にはすべて、いつかは“行き詰まり状態”が訪れる。」by.デイヴィッド・シュナーチ

「目の前のことを一生懸命にやらないといけない。その先に未来がある。」by.中谷彰宏

「人は、過去を美化し、現在に不平を言い、未来を恐れる。」by.ジョー・ヴィターリ

「本当は、教育、結婚、毎日の生活、老後、病気、死と葬式、などというものは、強烈にその人の好みに従っていいものなのである。他人がそうするから、とか、そうしないから、ということが、すなわち自己からの逃走なのである。」by.曽野綾子

「人間が本当に必要としているのは、不安のない状態ではなく、価値ある目標のために努力することである。」by.ヴィクトール・フランクル

Dsc05886 Dsc05893

亡くなられましたタレント、M・Uさんには 心よりご冥福をお祈り致します(正式には 「哀悼の意を表します」「哀痛の極みに存じます」「謹んでお悔やみ申し上げます」 などというのが正しい表現方法だということです)。

皆さんは、命の尊さについて どのように感じていますか?

今日も長文にお付き合い頂きまして、まことに有難うございます。
つづきはまた今度♪

Dsc05898

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2011年4月 2日 (土)

交差点。

昨日は広島県広島市にて朝を迎えます。山口県防府市にて仕事を終え、久しぶりに福岡の自宅に帰宅することが出来ました♪
最近、出張が続いており金曜日になると嫁さんと外食し、お酒を嗜みながら その週にあったことを語り合うのが日課になりつつあります(笑)。(写真は4/1の広島県広島市~山口県防府市~福岡県での撮影風景です。)

Dsc04414Dsc04415

昨日、私の友人とメールのやりとりをしている最中に、彼から素晴らしい言葉を頂きましたので、ここで紹介させて頂きます♪

子供怒るな、来た道じゃ。
年寄り笑うな、行く道じゃ。

短い言葉ではありますが、40歳を迎えようとしている私たちには とても大切な言葉に思えました。

Dsc04417 Dsc04420

彼はこのブログでも度々コメントを下さる双子の父親です♪
私より2つ年上ですが、元々の出会いは私が働いていた職場に彼が入ってきたことからお付き合いが始まりました。私の結婚式にも参加して頂き、もう10年近くお付き合いをさせて頂いています。

Dsc04422

正直、当時の彼と いまの彼は、良い意味で別人のように変わりました♪
当時から自分自身の意見を持つ強い性格の方ではありました。いまはそれに増して、責任感と優しさと、人を思いやる温かさが倍増しました(笑)。

Dsc04423 Dsc04424

共に、出会った頃の職場を離れることになり、いまは別々の環境で仕事にもプライベートにも励んでいますが、一時は同じ職場で同じような悩みを持ち、プライベートでも釣りやギター、サッカーや格闘技・洋楽の趣味に至るまで私と似ており、一緒に楽しませて頂いている仲♪

Dsc04426 Dsc04427

そんな彼が下さった言葉。

人間、やる気と努力と気の持ちようで進化もするし、退化もする。
いまの現状(普通に食事して布団に就寝できる何気ない生活など)に幸せと感謝をして生きていけるか、現状に不満ばかりでイライラしているのかでも人それぞれ。
ただ、後者は自分で開拓や努力をせずに、常に受け身姿勢な人間ばかり。
(中略)
人間は巡り会わせで人生観がかなり変化します。私もまだまだですが、人間は謙虚になると幸せがたくさん増える気がしますね。

Dsc04428 Dsc04434

その職場で出会った友人の一部の方とは、今でもお付き合いさせて頂いていますが、一時期は、同じ職場で同じ多くの時間を過ごし、交差させた人生を送ったというのに、いまでは全く別々の人生に変化しました。

そんな彼と一緒に話していると、多くの力を頂いた気分になりました♪この場を借りて、お礼申し上げます。

温かい言葉、といえば いつも温かいコメントを下さる ちゃま様も本当に有難うございます♪

Dsc04430 Dsc04431

さて、この季節になると毎年決まって嫁さんと観ているTV番組があります♪アメリカのFOXテレビにて放映されている『アメリカン・アイドル』です。
最初に見たのがシーズン4でしたので、今年のシーズン10から考えると かれこれ7年近く(実際はシーズン7だけ見ていません)見ています♪アメリカではトリノ五輪(当時)の倍という とんでもない視聴率を誇る番組ですので、洋楽に関心のかる方はご存じの方も多いかと思います。

Dsc04432 Dsc04433

簡単にいうと、全米規模で行われるアイドルオーディション番組です。
毎回 与えられたお題の曲を、オーディションに勝ち上がってきた歌手を目指す素人の方々が歌い、その都度 視聴者が電話投票で選考していく番組です。人気の秘密は、いわゆる視聴者参加型の投票による選考なので、自分の応援している人を自分で選出できる点が一つあると思われます。

Dsc04440 Dsc04443
Dsc04441 Dsc04442

予選の段階でプロの審査員(今回の審査員はスティーブン・タイラージェニファー・ロペスランディ・ジャクソン)が一次審査で10万人から数百人程度、ハリウッド予選でその数百人の中から男女各12人ずつの24人のファイナリストまで選考、そしてセミ・ファイナルから視聴者の参加が始まります。

毎週セミ・ファイナリストのパフォーマンスが放映され、その後 視聴者の電話投票で得票数下位4人ずつが落とされていき、最終的には応募者はファイナリストの12人(今回のシーズン10では13人)になります。ファイナルでは毎週、得票数最下位の1名のみが落とされていくので、優勝者が決まるまで実に12週間に渡り熾烈な戦いが続く番組です♪
つまり、前回良かったパフォーマンスが、次回も支持されるとは限りません(笑)。

Dsc04444Dsc04445
Dsc04446

番組をご覧の方は既にお気づきだと思いますが、この番組の魅力的は点は単純に視聴者参加型番組という点だけではありません(笑)。
この熾烈な戦いの中で、共に10万人の中から選出され、同じ苦労や辛さを知り尽くした戦友たちが、最終的には一人ずつ番組から離れ、その中から一人の心身ともにアメリカの視聴者から支持されたアイドルだけが勝ち上がっていく点です。

Dsc04450 Dsc04453
Dsc04451 Dsc04452

その中には、喜び・哀しみ・そして何よりも候補者たちの友情を見ることができます。
そのようなこともあり、実際の優勝者は“番組当初から優勝候補”と呼ばれていた人ではなく、選考に勝ち上がっていく度に成長していった人間が最終的に優勝するケースが多い点も興味深いところだと個人的には思っています♪(実際、シーズン8で優勝したクリス・アレンは一次審査での段階ではカメラマンがほとんど目をつけておらず、ファイナリストの中では一番 舞台裏のカメラ撮影記録が少なかったといいます)

Dsc04454 Dsc04455
Dsc04459 Dsc04469

皆さんも、共に人生を交差させた多くの友人や先輩、恋人たちがいたかと思います♪
その方々はいま、どこでなにをしているのでしょうか?

その大事な時間を共に過ごした人々たちに感謝しつつ、また新たな自分自身の一歩を歩めていければ、素敵な道が開けていくと思いませんか?

Dsc04470 Dsc04474
Dsc04480 Dsc04483

子供怒るな、来た道じゃ。
年寄り笑うな、行く道じゃ。

「勝負事というのは、最後は気持ちの強い者が勝つと思う。」by.清原和博

「どんな状況においても、逃げずにその状況と向き合う。」by.川口能活

「限界に近いトレーニングをしていることによって、最後の本当に追い込まれたところでは、絶対に負けないんだっていう自信がついていると思います。」by.川口能活

「“僕は恵まれた良い環境にいるのに、何で立ち止まる必要があるんだろう”と考え始めてから、少しずつ前に進めるようになりました。」by.中澤祐二

「去年までの投球法は良い結果をもたらしてくれましたが、今年は忘れることにしました。」by.岩隈久志

「自分には技術がまだ全然足りないということがわかったんで、“タフガイ”になってもう一回勝負します。」by.北島康介

Dsc04435 Dsc04438
Dsc04436 Dsc04432_2

皆さんが元気をもらえる友人はどんな人ですか?
そして、自分自身はどのような印象を 人に与えているのでしょうか?

Dsc04493 Dsc04494
Dsc04501 Dsc04497

本日も長文にお付き合い頂きまして、まことに有難うございます。
つづきはまた今度♪

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2011年3月31日 (木)

思い出。

今日は仕事の都合で、広島県広島市から島根県邑智郡川本町まで車を走らせます♪
見慣れた広島市の風景も、少し車を走らせただけで全く違う風景へと変わります(笑)。
先月、島根県邑智郡を訪問させて頂いた際は多くの雪が残っていましたが(過去ブログ『目的の地。』[2011年2月20日]より)、今回は所々で見かける程度にしか残っていませんでした。

Dsc04280 Dsc04281

ここ数日、このブログを見ていた友人の数人から
「車の移動は大変だから、疲れるね。」
と励ましのお言葉をメールで頂きました。まことに有難うございます♪

Dsc04282 Dsc04283

でも、私の仕事は“移動すること”ではなく、“移動先で仕事をすること”です(笑)。移動すること自体は、自分なりに時間を有効に利用させて頂いていますので、皆さんが思っている以上に苦痛に感じていません(笑)。

Dsc04284 Dsc04285

とはいえ、40代を迎えている方々からは
「40歳を迎える頃には、心は大丈夫でも、身体は意外に堪えているよ。」
と注意されます。そうなのかも知れません♪
久しぶりに自宅に帰宅すると、自分自身が思っている以上に身体が動かないことがあるのも事実です(笑)。

Dsc04286 Dsc04289

男性にとっては、いろいろな意味で30~40代というのは大事な年齢なのかも知れません。仕事は一番充実してくる頃でしょうし、家族を養っている方は尚更です。身体を崩さない程度に、自分の出来る範囲で、身体に気を遣いながら頑張りたいと思っています♪

Dsc04293 Dsc04294

皆さんの身体は大丈夫でしょうか?
私の知人は、私よりも努力家が非常に多いのですが、日頃は大丈夫でも意外に頑張り過ぎてダメージが溜まっている方も多いかも知れません(笑)。

Dsc04295 Dsc04296

自分自身はもちろん、家族のために頑張っている方々も多いかと思いますが、自分自身の時間を大切にしつつ、無理しない程度に毎日を充実させたいものですね♪

Dsc04297 Dsc04299
Dsc04300 Dsc04302

私の友人は、私の年齢に近い年齢が多いため、皆様から頂いた励ましの言葉を、この場を借りて 同じ(いや、それ以上に過酷な状況におかれた方々には尚更)同士たちに向けて応援させて頂きます♪

Dsc04304 Dsc04307

ところで、皆さんは“過去の自分が思い描いた人生設計”を現在 思い描いた通りに生きているでしょうか?

私には皆さんが、どのような人生設計を描いていたのか、想像すら出来ません(笑)。

Dsc04306 Dsc04305

実は、私が高校生の頃に描いた 自分自身の人生設計は
「24歳までに結婚し、26歳までに一軒家を建てて、のんびり過ごすこと」
でした(笑)。

Dsc04308 Dsc04309

私をよく知る方々は、事実をご存知だと思います(笑)

28歳で、やっと最愛なる嫁さんと結婚することが出来ました♪
そして36歳を迎えた今、“一軒家を欲しい”とすら思ってもいません(笑)

Dsc04310 Dsc04312

そんな今の私の考えを、一変させる出来事が今後あるとするならば・・・容易に想像出来るのが“自分の子供”の存在です。さすがに子供が産まれると、生活が一変するに違いありません(笑)。

嫁さんのご両親は充分にご存知だと思いますが、最近 私のブームは“嫁さんの子供の頃の写真”を眺めることです(笑)。

Dsc04314 Dsc04317
Dsc04315 Dsc04316

私自身は、“過去の自分の写真”を見ることがほとんど無いのですが、実は私自身“中学生から高校生の頃の写真”というのは ほとんど残っていないと思います。
と、いうのは そのころの私は“将来の自分”が“その頃の時代の自分自身”を見るのを嫌うのでは無いか?と、予め察していて 写真撮影の度に写ることを避けてしまって、敢えて残していなかったのです(笑)。

Dsc04318 Dsc04321

事実、いま現在“その頃の自分自身の姿”を見たいか?と問われると、否と答える以外ありません。その頃の私は、正しい判断をしていたと思います(笑)。

なぜなら、その頃の自分は「自分が生きたい生き方」が出来ていなかったからです。
(以前、私は“過去の自分自身”に対して自虐的であると、友人から指摘をされたことがありますが、私自身はそれほど自虐的に思っていません(笑)。ただ、過去の自分があり、現在の姿があることを素直に受け入れているつもりです♪私自身、自虐的な生き方をしている人はあまり好きになれません(笑)。)

Dsc04322 Dsc04323

結果 私は高校を卒業し、初めて“自分が望む専門学校”へ入学しました♪

当初、母は私を愛するが故 私が大学に入学することを懇願し、私が望む専門学校への入学は反対したと聞いています。

Dsc04326 Dsc04329

これは、いまは亡き当時の専門学校の担任)S氏の言葉ですが、
「実は150名近く この専門学校へ入学依頼があったが、お前たち13名はその中の“俺が選らんだ”生徒なんだ!」
という言葉を、私は忘れることができません。そう、専門学校とはいえ競争率は決して低くはなかったのです(笑)。

Dsc04330 Dsc04331

私の父は存知の通り、私が就職活動の面談の際に専門学校の校長、担任、私、そして私の父の4者面談の際にも、私は面談の最後に 福岡から愛知県名古屋市へ折角 足を運んでもらった父には席を外してもらってまで、校長と担任に“私自身の個人的な考えや思い”を述べさせて頂きました(笑)。

Dsc04334 Dsc04340
Dsc04338 Dsc04341

残念ながら、当時の担任)S氏は既にこの世にいません。
しかも、私はその葬儀の場に参加できませんでした。

唯一、当時の私の苦悩を察している担任ですらあったのに。

Dsc04350 Dsc04352
Dsc04348 Dsc04346

皆さんにも多くの思い出があると思います♪
伝えきれない思いを、きちんと感謝すべき方々へ述べることができていますか?

Dsc04355 Dsc04356
Dsc04375 Dsc04382

「運命とは何である。時計の針の進行が即ち運命である。」by.幸田露伴

「幸福以外のものを目的として生きるとき、人は幸福になれる。」by.ジョン・スチュアート・ミル

「恐怖は常に無知から生ずる。」by.エマーソン

「成功するところまで続ければ、それは成功になる。」by.松下幸之助

「私の誇りは打率の高さや、ホームランなどの数字ではなく、数しれぬ敗北とスランプからそのつど立ち上がったことだ。」by.スタン・ミュージアル

「人間は自由であり、つねに自分自身の選択によって行動すべきものである。」by.サルトル

Dsc04385 Dsc04388
Dsc04389 Dsc04395

自分の生き方は、その時々で様々に変化させながら成長できれば良いと思います♪
どんな過去があっても、今の自分次第でどのようにも未来は変えられますし、今できないことも“今日の行動の積み重ね”により、未来はできるようになることも多いに違いありません♪

皆さんはいま、自分の生きたい人生を歩めていますか?

Dsc04402 Dsc04403

今回も長文にお付き合い頂きまして、まことに有難うございます。
つづきはまた今度♪

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

2011年3月30日 (水)

過去から学ぶ。

今日は岡山県岡山市にて朝を向かえ、夕方まで仕事をさせて頂きました。朝は少し時間があったため岡山城周辺を探索してきました。岡山にて仕事を終えた後、夕方からは東から西へ約2時間、広島県広島市へ車を走らせます♪

Dsc04205 Dsc04206
Dsc04207 Dsc04208

昨晩は「東日本大震災復興支援チャリティーマッチ」として、日本代表チーム対Jリーグ選抜チームのサッカーの試合がありました。私自身はホテルにチェックインした時間が少し遅く、後半のカズ選手のゴールシーンには何とか間に合ったものの、ホテル内でも仕事をしていた事もあり、ほとんど観戦することは出来ませんでした。しかし、日本が一つになった素晴らしいイベントであったことには違いありません♪個人的には、日本サッカー界のパイオニア的存在として、世界の舞台で最初に活躍した日本人といっても過言ではないカズ選手が得点を決めたことが、今後の日本サッカー界を更に盛り上げるような気がして、嬉しい気持ちになりました。

Dsc04209 Dsc04210
Dsc04211 Dsc04212

今回の東北地方太平洋沖地震は、1995年の阪神淡路大震災と比較される機会が度々あります。
もちろん、犠牲者の数(今後も増えると思われることも含め)や福島原子力発電所などの二次災害を考えると、今回の被害の数は比較にならないほどともいえるのですが、その比較にならない犠牲者の種の一つとして、気になる点があります。

Dsc04214Dsc04215Dsc04216

阪神淡路大震災は1995年1月17日午前5時46分52秒に発生しました。今回の東北地方太平洋沖地震はご存知の通り2011年3月11日午後14時46分頃に発生しました。

Dsc04219 Dsc04217

早朝に発生した阪神大震災は親子や妻子などの家族が共に助かるか、共に犠牲になってしまうケースが多かった一方で、今回の地震は昼間に発生したため、家族が離れ離れになってしまっているケースが多いという点です。

Dsc04223 Dsc04224

親と子が生死を分けてしまう状況が発生してしまっていることや、被災地の避難場所においても親と子や家族が離れ離れになっており、その安否確認が未だにわからない状態になっているという点です。

Dsc04222 Dsc04225
Dsc04226 Dsc04227

そういう点では、被災地の復興に力を入れることはもちろんのことながら、生き残った方々の心のケアも阪神淡路大震災のとき以上に大切なことになることは間違いありません。

Dsc04228 Dsc04229
Dsc04231 Dsc04233

今回の地震後、日本中では 日頃会うことのなかった家族と久しぶりに会ったり、一緒の時間を過ごす時間が増えたという話をよく聞きます。

Dsc04220 Dsc04221

日頃は意識していなかったことも多いかと思いますが、側にいる家族に対してはもちろん、少し離れた親族や友達などへも電話やメールなどで連絡を取り、日頃の感謝を述べる大切な機会なのかも知れません。

Dsc04236 Dsc04237
Dsc04239 Dsc04240

今晩宿泊している広島も原爆による多くの悲劇が生まれてしまった土地です。
そんな悲しい過去を持つ広島のホテルの部屋からカーテン越しに夜景を眺めていると、川沿いのベンチに腰をかけている恋人たちの風景を見ることができました。
少しだけ救われた気持ちになりました。

しかし、ここでも・・・。東北関東大震災は、大自然による災害。広島の原爆は、人類が人類に対して行ったコト。とても、同じ出来事とは言えません。

このことから、私たちはなにを考える必要があるのでしょうか?

Dsc04241 Dsc04242
Dsc04247 Dsc04249

「世界は苦難に満ちている。また、それを乗り越えることにも満ちている。」by.ヘレン・ケラー

「天使とは美しい花をまき散らすものではなく、苦悩するもののために戦うものである。」by.ナイチンゲール

「天賦の才能がないといっても悲観すべきではない。才能がないと思うのならば、それを習得すればいいのだ。」by.ニーチェ

「人間は負けるように作られてはいない。」by.アーネスト・ヘミングウェイ

「障害と戦い、これに打ち勝つことが人を幸せにする。」by.アルトゥル・ショーペンハウアー

「青年は、未来があるというだけでも幸福である。」by.ニコライ・ゴーゴリ

皆さんは、いま幸せですか?

Dsc04253 Dsc04260
Dsc04271 Dsc04275

今回も長文にお付き合い頂きまして、まことに有難うございます。
つづきはまた今度♪

このブログが、少しでも皆さんのお役に立てれば 幸いです♪
お読み頂きまして、まことに ありがとうございます。
本日が皆さんにとって、素晴らしい一日となりますように♪

より以前の記事一覧